2017/05/24

ジャングル

Imgp0274

発泡スチロールの箱に植えた大葉が
例年よりも大きく育ちました
はじめて鶏糞を混ぜて土を作りましたが
まさかこんなにも大きくなるとは思いませんでした
もはやジャングルさながらです

| | コメント (0)

2017/05/22

人を診る

日本人の平均寿命が延びたのも現代医学のおかげだと思っています
「人生僅か五十年」と織田信長が言ってから400年以上の時が流れましたが
今では人生80年ていうんですからすごいものです
数十年後には日本人の平均寿命は100歳を超えるという試算まであるくらいですから
どこまで行くのか楽しみでもあり
また苦しみなのかもしれません

一方で現代医学の問題点も多く指摘されてはいますが
現代医学そのものを全否定するわけにはいかなくなっているのが現状です
数百年前だったら私も墓の下で眠っていたかもしれません

ただ現代医学も代替医療もそれぞれ
問題点や解明されていないことはたくさんあるわけですから
改善の必要もあるでしょうし
解明されるであろうとこも多いだろうと予測します

あるときから気になりだしたのは
現代医学とそれ以前の医学との違いってどこにあるかなんですが
現代医学が病気と向き合ったことでしょう
病原菌やウィルスの存在や姿を暴きだしたところから
現代医学の進撃が始まったといっても過言ではありません
その話はあちらこちらでされているでしょうから
ここで無い知識を振り絞ってご説明はいたしません

むしろ私が興味を持っているのは古い医学の特徴
紀元前からある医学でもけっこう馬鹿にはできないものもあるようですが
一つの特徴として「人を診る」ところにあると思います

紀元前の古代ギリシア・ローマ医学でも
四体液説というのが唱えられ
19世紀ごろまで支持されててきたというから
相当歴史のある医学だったと言えます

血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁の4つの体液のバランスで
病気が発生するというような考え方です

実は四体液説の素になったのがインドのアーユルベーダといわれていますが
トリ・ドーシャ説という考えがあり
「ピッタ(胆汁、胆汁素)、カパ(粘液、粘液素)、ヴァータ(風、体風素)」
3つの体液のバランスにより病気になるといわれました

要するに人と切り離して病気をいうものを探り出すというのではなく
人の属性として病を考えていたということなります

漢方でも似たような発想が考え方の基礎となりますし
日本でも明治時代に野口晴哉先生が十二体癖というのをまとめ上げられ
人を診るところからのアプローチをされていました

むかしは人を診て病気を治していたというわけです
目ざましい発展を遂げた現代医学は
そのスピードについていくのに躍起になって
ついつい人を診るという作業が疎かになってきたというか
そんなにメンドクサイことをしなくてもよくなったという環境もあったんじゃないでしょうかね

それでもそうことに気づいた方もおられ
EBMとNBMを同じテーブルに上げることの必要性も説かれています
ナラティブ・ベイスト・メディスン(物語に基づいた医療)
一人一人の患者の物語を生かし
治癒までの物語を構築しようとする発想ですが
少し人を診るということの大切さが思い出されつつあるように感じていますし
実際にそれをなさっておられる医師もいらっしゃいます

医師であるかどうかにかかわらず
今、私の見えているところにはそういった取り組みをしている方がおられます
簡単な取り組みではありませんが
試行錯誤しながら様々なアプローチをされています

面白くなってきました

| | コメント (2)

2017/05/19

洗う

Imgp0256

気温も上がりいいお天気続き
洗濯日和が続きます

立て続けに施術時に履く靴を洗いました
たまに靴は洗ってたんですが
一番嫌なのが洗った後干したら
黄色いシミが目立つこと

たまたまネットで見つけたんですが
あの黄ばみは洗濯石鹸のアルカリ性のものが付着した色なんだそうです
だからお酢を使って中和させるという方法が紹介されていました

でも黄ばみをとるのに酸性のお酢を使わなくても
漂白剤が強い酸性なわけですから
その方が合理的だと思い試してみました

洗剤を使ってブラシでゴシゴシ洗い
水で流した後に希釈した漂白剤に靴をつけておき
しばらくしてから水洗い
それから干したら黄ばみも消えてきれいになりました

気をよくしてもう一足も洗いました
誰でもやってるようなことなんですが
私にとっては新発見

気持よくきれいな靴を履いています

| | コメント (0)

2017/05/12

マーマレード

Imgp0223

自家製のマーマレードをいただきました
このマーマレードに使われている夏ミカンは
広島にあるご自分の畑で栽培されたもの
原材料から自家製というから驚きです

毎朝ヨーグルトを食べてますが
そこに入れて食べることにします

| | コメント (0)

2017/05/09

忖度

GWも終わりみなさん日常に戻っておられることでしょう
私の方は6年ぶりにGWはフルで仕事でした
毎年GWは福島県に行ってましたので
こんな感じで過ごすのは久しぶりでした

GWに入る前の一週間はそこそこ忙しく
これは連休中も忙しくなるかなと思ってたら
3日からの連休に入ると見事にヒマ

そして連休最後の土日になると急に忙しくなりました
話を聞いているとみなさん連休中は福島に行っててお休みだと思ってた方が多いらしいです
それで気を利かせて早い目に来てくださったり
連休が終わってから来てくださったりのようです

連休の前後が忙しいので帳尻はあってきたというのも面白いですね
結局どのように過ごしていてもある一定のニーズはあるということなんでしょう
ありがたいことです

連休中はちょっと焦りましたけど…
なかなかメリハリの利いた今日この頃です

| | コメント (0)

2017/05/08

黄砂

Imgp0207_2

GW最終日の昨日はいい気候でした
一日中窓を開けて仕事をしていました
こういう日は気持ちがいいものです

忙しかったのは私だけではありません
空気清浄機もかなり活躍していました
自動運転なんでセンサーが反応したら強くなります

昨日は大陸から黄砂が飛んできたそうです
そのせいで風が吹きぬけるたびに空気清浄機がうなりだします
普段一日中作動していても静かなのに
黄砂が混じると頑張るようです

| | コメント (0)

2017/05/04

起きる

Imgp0159

開業以来こういうタイプのベッドを使っています
カイロベッドといってカイロプラクターが使うタイプなんですが
師匠のところでこういうのを使ってたので
同じタイプのものを選びました

頸椎のカウンターストレインをするときに
ヘッドピースの角度が変えられるので便利なんですが
むかしに比べると使う技が変わってきたので
ヘッドピースの角度はあまり問題にならなくなってきたので
今度買うときはマッサージベッドでもいいかなと考えています

このタイプの特徴として比較的幅が狭いという問題点があります
横幅の大きい方が仰向けに寝ると手の置く場所がありません
もう一つの問題は仰向けの状態から起きるとき
手が上手く使えないのと身体をずらすスペースがないので
体幹の力がないと上手く起きられません

ひどい腰痛の方や体幹の力が乏しい方は
私につかまってもらって起こさないと起きられないという問題点があります

逆にいうと一人でサッと起き上がることができるようになれば
だいたい治ってきたという証拠にもなります

だからいけそうだなと思った人には
わざと手をお貸ししないで自力で起きていただきます
それが上手くいけばOKという評価ができます

また起きる時に手を使わずに起きることができる人は
相当体力が戻ったということにもなります

使いにくいベッドではありますが
長年使っていると起き方で評価できることもあります

| | コメント (0)

2017/05/03

ゴールデンウイークは

Imgp0180

ゴールデンウイーク初日にやってきたヨッシー
6年生になったおねえちゃんはついてきませんでした
さすがにいつもおかあさんといっしょという年頃ではありません

ゴールデンウイークはどこに行くの?
って聞いても「知らん」のひと言
まあお休み期間にいいところに連れてってもらえるんでしょうね

腰痛館は久しぶりにGWは休まず営業
この時期に大阪にいることに多少の違和感もありますが
いつもの通り頑張ります

| | コメント (0)

2017/04/27

半世紀

Imgp0150

四月も今日を入れてあと4日
早いもので2017年も三分の一が終わろうとしています
朝、腰痛館の前を通る小学一年生も制服姿が板についてきたようです

ふと思い出したのですが
私がここで使っている事務机は
小学校の入学祝に叔父から送られたものでした
考えてみればこの机を使いだしてちょうど50年

開業したとき新しい机は買わず
とりあえずあるものを使っただけのことなんですが
小学校の入学祝をこの年になるまで使うとは思っても見ませんでした

ただ塗装もあちらこちらが剥げ
机の天板は彫刻刀で掘ったあとがいくつもありますので
テーブルクロスで覆って敷物で誤魔化して何食わぬ顔で使っています

この机を使いだしたころはまさか50年後にも
お世話になっているなんて想像しませんでした

| | コメント (2)

2017/04/26

種の寿命

ベランダで野菜を育てだして4年目
経験を積んだ分だけ育てるポイントもわかってきました
それでも簡単にいかないから面白さもあります

去年の秋口から葉物野菜が上手く育たなくなりました
発芽さえしないものさえあります

趣味で農業をされている方に相談しました
「去年と同じ種を使っているのにどうして発芽さえしないんですか?」
とたずねてみると「去年と同じ種を蒔いたんですか?」
と聞かれました

「それが原因ですわ」
「種には有効期限があってそれを過ぎたら発芽する力を失います」とのこと…

まさか種が期限切れになるなんて知りませんでした
3年も同じ種を使ってたら当然なんだそうです

植物も生き物
うごきはしませんが死ぬこともあるようです
いい勉強になりました

| | コメント (0)

より以前の記事一覧