2018/11/28

ストレス

ストレスが原因もしくは引き金になって発症するケースってかなり多いと感じています
ところが私が「ストレス」というフレーズを発したとたん
我が意を得たりって感じで日ごろの不満をおっしゃる方が少なくありません

確かに人間関係が上手くいかず日ごろからストレスを抱えておられるのよくわかるんですが
「ストレス」は何も人間関係のあつれきから生まれるとは限らず
暑さや寒さ、気圧や湿度など気候からくるストレスも意外と多く
本人さんが認識していないストレスもたくさんあります

Wikipediaで「ストレス」を調べてみたら
「精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む」とあります
気候からくるものだけではなく騒音なんかも立派なストレッサーですから
人間関係のあつれきなどの精神的なものだけがストレスだというのも思い違いであるケースもあるということ

現代社会で悪者扱いされがちなストレスですが
ストレスは自律神経のスイッチの役割を果たすこともあります
例えば急に寒いところに出たとき
これもストレスとなり身体が反応します

急に寒くなったのにそのままだと
体温が低下し死に至ることも考えられます
寒さというストレスが自律神経に「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叱りとばし
体温を上げようとあれこれ動いてくれます
これをストレス反応といいます

サウナにいって水風呂に入るとしばらくしてたら
血液の循環がよくなりなんとなく暖かく感じるのは
体温を奪い危ない状況になった身体がストレス反応をして
血流をよくしているからです

暑い暑い夏の日にストレス反応がなければ
体温は上昇し熱中症になってしまいます
そうならないために自律神経が汗をかくことを促し
気化熱で体温を下げようとしてくれます

こういう機能もホメオスタシスの一部です
ただこういう機能が円滑に作用するためには
ある程度普段からストレスを受けて慣れておく必要があります
慣れていない状況だと反応のタイミングや程度が上手く働かず
身体に変調をきたすこともあります

運動をしている人の方がそういう変化に強いのは
普段から体温の上昇を頻繁に行い
汗をかく練習をしているからです

運動を中止してしばらくすれば体温は急激に下がりますが
これも頻繁にやっていればそういう環境に慣れてきたりします
だから適度な運動をしている人が健康なのは
ストレスに慣れているから少々のストレスに対しヘッチャラになっているということです

あくまでも過度なストレスというのが問題であって
軽度のストレスは身体を丈夫にする刺激だという認識も持っていただきたいですね

| | コメント (0)

2018/11/22

伸びてますか?膝

先週はテニス肘を訴える人が多かったって言ってましたが
今週は膝が主訴の方が目立ちます
寒くなると痛みを感じやすいんで
この寒さが堪えているようです

スポーツのやり過ぎで痛める人は少なく
その多くは運動不足と老化現象が原因
最近よく耳にする「サルコペニア」の現れです
「サルコペニア」をおさらいしておきますと
高齢期にみられる骨格筋量の低下と筋力もしくは身体機能(歩行速
度など)の低下という定義づけがなされています

現実問題としてウチだけではなく病院や整骨院に行かれるにしても
正座したときに痛みが出るというパターンが多いです

具体的に膝で何が起きているかという問題は今回は置いといて
今日はそのプロセスについて考えてみます

例外的のものもありますが代表的なのは
大腿部の筋力が衰えて自分の体を支えることが困難になってしまうのが
サルコペニアのパターンです

皆さんは正座ができなくなった段階で痛みを感じだし
膝が悪いことを認識されますが
私は痛みが出る前に膝が伸びきらなくなった段階で悪くなったと見ています

筋肉は弱ってくると縮む傾向がありますが
ハムストリングが縮んでしまうと膝が真っすぐ伸びなくなってきます
いや、本当は180度よりもう少し伸びるんですが
けっこう多いのはほんの少しだけ膝が曲がっている状態で過ごしておられる方がいます
その段階ではほとんど痛みとして感じないので
ついつい見過ごしがちになりますが
膝が伸びきった状態(最終伸展時)は筋肉はあまり力を入れずにすむ骨格上の性質があります
ところが膝が伸びきらない状態だと常に筋力を必要とし
必要以上に疲労してしまいます
いわば休憩なしで働いているようなもの
これじゃ筋肉にとって劣悪な環境だと言わざるを得ません

大腿部の多くの筋肉が疲れ切って縮んだ状態になると
膝の曲げ伸ばしの両方が難しくなってきます
たいてい痛みを感じるのはそこらへんまで悪くなってからのこと
実は違和感を覚えたり疲れやすくなっている段階で膝は悪化しているのです

何せ体重を支えているのですから
ゆっくり休ませるわけにもいきません
また休ませてばかりだとさらに弱体化するのだから
どちらにして困ったことが待っています

皆さんもそうなっているかどうか一度お試しいただきたいのです
仰向けになって寝たとき膝と床に隙間があると
膝が伸びきっていないことになります
正常な膝だと指を入れようとしても膝が邪魔で入りません

この方法は一人ではできませんので
二人一組でなさってみればすぐにわかります

伸びてますか?膝

Dscn0719

こんな風に膝の向こう側が見えたら要注意

| | コメント (0)

2018/10/26

肩甲骨を動かす

Img091

最近興味を持っているのが肩甲骨の動き
肩甲骨といえば肩甲上腕関節が我々の仕事でも
もっとも痛みが発生しやすい部位の一つ

肩甲上腕関節っていってもお判りになる方は少ないでしょうが
肩の関節といえばご理解いただけるはずです
俗にいう五十肩なんかはこのお話しの代表格だと言えます

五十肩における問題点やアプローチの方法は様々ですが
五十肩に至るプロセスにおいて肩甲骨の動きがかかわっているんじゃないかと最近考えるようになりました
肩甲骨自体は肋骨と関節しているわけではなく
様々な方向から筋肉が引っ張り合い宙に浮いたようなポジショニングになっています
肩甲骨は上腕骨と肩関節(肩甲上腕関節)を作り
前方では鎖骨と肩鎖関節を形成します

実は肩甲骨の動きが気になりだしたのはスポーツの動きからなんですが
例えば空手の正拳突きやボクシングのパンチなんかは
肩甲骨のダイナミックな動きがあってこそ威力が出ます
比べてみたらよくわかりますが
初心者のパンチは肩甲骨が上手く使えていないのに対し
上級者だと肩甲骨がしっかりと動いているから
速さと威力が断然違います

野球でもイチロー選手のバッティングでは肩甲骨をヒョイと伸ばして
数センチ分だけバットが届くというまさに奥の手を使います
以前テレビでイチローのトレーニング風景を放映してましたが
肩甲骨を動かすためのトレーニング器具まで自宅にあるそうですから
ちゃんと勉強されて意識的にそういう動きを身に着けておられるわけです

肩甲骨は腕を動かうときに一番根本の部分になるのですが
日常生活では肩甲骨まで動かすような動きはあまりなく
肩を上げて肘の曲げ伸ばしくらいでもそこそこ困ることがありません

要するに普通の生活では肩甲骨を大きく動かすことなんてないわけです
スポーツ選手でさえしっかりと肩甲骨を動かせない人が多いのに
ましてや日常生活ではさらに横着な動きでも十分暮らしていけることになります

筋肉や関節は動かさないと可動域や筋力は落ちていき
最後には筋拘縮・萎縮・癒着と関節が動かそうと思っても動けない状態に陥ります
普段仕事で多くの人の肩甲骨を触りますが
ある程度の年齢になれば肩甲骨の充分な動きが当たり前のようにできなくなり
しまいには肩甲骨が肋骨と癒着した状態になり肩甲骨の動きはほとんどできなくなります

そうなると今度は腕の動きにおいてそれ以外のところに負担をかけるようになります
それが何年、何十年と続けば五十肩や肘の痛み手首の痛みと先端部分に出るんだろうと考えるようになりました

それで最近施術の中に肩甲骨から手首に至るまで
本来の動きを誘導することでこれらの痛みを軽減する方法を試しています
もちろん行き着くところまで行けば結果においてさらに大きな問題が発生しているケースがほとんどなので
それだけですべての問題が解決することはありませんが
私がやっていた従来の手順の中に肩甲骨から前腕部までの動きを上手く誘導する方法を組み入れました

今のところプラスアルファという感じで成果は上がってはいますが
まだもう少し改善して精度を上げていけば
使える技になるかもしれません

それにしてもやっぱり身体は大きく動かさないといけない
当たり前のことではあるんですが
それが何十年も続けば大きな問題になっていくことを感じる今日この頃です

| | コメント (0)

2018/10/23

肝臓と肩こり

内臓の不調がまったく関係なさそうな場所に現れるというのはよくあることです
けっこう仲間内でも「○○が凝ると○○が悪い」なんて話をよくします
足つぼなんてその代表例かもしれません
まあ、この手の話はいろんな人がいろんなことを言ってます
医学的根拠なんてお構いなしで出まかせみたいなものも数多くあるでしょう

何せ現場ではもっともらしい理屈よりも結果が命ですから
やってみて何度か結果が出れば理屈抜きで信用してしまいます
逆に私なんかは出た結果に対して後から理屈を考えるのが好きなんで
後付けの理論を考えたり調べたりしています

その中でも肝臓と肩こりの関係は整体屋だけではなく
医師もそれを認めているからエビデンスはあるようです
肩こりと言っても限定的で右の肩甲骨上角あたりに限られ
それも痛みを伴うようなキツイ肩こりのときに肝臓を疑います

私なんかも深酒が何日か続くと右の肩甲挙筋の付着部がキリキリ痛み出します
こういう経験はあまり自慢できませんが実体験ほどわかりやすいものはありません

内臓といってもいろいろな病気がありますので
我々が扱ってはいけないこともありますので
施術して効果が出ないようなら内科を受診することを必ず申し上げています
場合によっては肝臓がんというケースも想定できますので
ちょっとでもおかしいと思ったら病院に行った方がいいってこともあるんです

肩こりといっても判断が難しいケースもありますので
あまり軽く見ない方がいいかもしれません

| | コメント (0)

2018/10/22

腰痛と腹筋

ずいぶん昔の話になりますがかつて私がまだ腰痛を抱えていたころ某所で施術を受けました
正直、あまり上手くなくて辟易していたら
「腰のあたりがこってますね」
「腰痛は腹筋・背筋をしたら治りますよ」
こう話しかけられました

確かに昔はそんなことを言ってましたが
いまどき逆にそんなことをしたらヘルニアのリスクが高くて
禁忌事項となっているんですけど
そのことをご存じないんでしょうね

施術の下手さと知識のなさから素人だと判断しました
たぶんそこの院長あたりからそう言えと入れ知恵でもされたのでしょう
たたみかけるように「毎日通え」とシツコク話しかけてくるので
「その腹筋とは腹直筋か腹横筋か外腹斜筋か内腹斜筋かどれのことを言ってるんですか?」
とたずねてみました
案の定筋肉の名前さえ知らなかったようで
それからひと言も喋らなくなりました

まあ、若い子をイジメている場合ではないのですが
腰痛と腹筋の関係は変わってきました
私らが業界に入ってきたころはまだ腹直筋を鍛えるべきだといわれていましたが
近年シットアップなんかのオーソドックスな腹筋運動は
ヘルニアのリスクが高まるからNGになりつつあります
私が学生のころは足上げ腹筋なんてやったもんですが
あれもとっくの昔にNGとなり今ではやらないのですが
最近は腹直筋ではなく腹横筋や腹斜筋を鍛え
腹圧を上げて体幹の安定性を図ることで
脊柱に対する負担を軽減するやり方が主流となっています

オリンピック日本代表帯同ドクターの金岡恒治先生らが提唱された体幹トレーニングはあちらこちらで実践されていまではポピュラーな方法となっています
腰痛そのものは昔とあまり変わっていないんでしょうが
アプローチ方法と考え方は昔と大きく変わっています
ひょっとしたら10年先20年先はもっと変わっているかもしれません

| | コメント (0)

2018/10/09

後頭直筋

Img089

後頭部には多くの筋肉が付着します
画像の後頭直筋は最も深いところにある筋肉です
頭斜筋と共同して頭を伸展したり、側屈したり、回旋したりする働きがあります

このあたりに付着する筋肉は動作だけではなく
5~6㎏ほどある顔面・頭蓋を支えるという仕事もあります

皆さん自分の顔や頭は生まれたときから当たり前についているので
重たいという感覚はあまりないと思いますが
ボーリングの球と同じくらいの重さがある頭を支えるには
それなりの労力が必要なことはちょっと想像してみたらわかることです

もちろんいわゆる「良い姿勢」をしていたら
その重量は脊椎にかかるのですが
そうそういい姿勢をずっと続けてらっしゃる方なんていませんよね
ということはこれらの筋肉にかかる負担は増えてくるわけです

オステオパシーに「頭蓋底の解放」という手技があります
私の師匠がこの技が好きでもれなく使ってたことは今でも記憶しています
そういう私も必ず使ってます

単純な肩こりにはもちろんのこと
頭痛などにも効果があるときもあります
(原因によって効果がない時もあります)
それだけではありません
カイロプラクティックに頸椎の1番と2番だけにアプローチすることで
自然治癒力を活かすという考え方をされている一派もありますが
脳脊髄液の循環にもかかわるという人もいます

だから私の場合は肩こりが取れて気持ちがいいからというよりも
全体の活性化を促す目的で頭蓋底の解放を使います

技自体は両手の示指から小指を直角に立てて
後頭部に当てて頭の自重で深部まで指が入るというやり方です
これって意外に難しくてねらい目が頸椎2番くらいを目指すのですが
滑ってもっと下部にずれてしまったりします
また指の力で修正しようとすれば頸椎に対し牽引がかかり
かえって妙な緊張を強いることになれば解放はできません

単純な技ではありますがけっこう熟練度が必要です
修行してた頃練習で間違ったやり方をされて
翌日逆に痛くなったりすることもありましたから
下手にやる怖さも体感しています

| | コメント (0)

2018/09/28

足がつる

ここ2日ほどよく足がつります
「こむらがえり」というのはふくらはぎを腓(こむら)といい
そこの部分の痙攣のことです

私の場合足の指が中心となって痙攣をおこしていますので
これは「こむらがえり」とはいいません

昨日まで雨が続いたのと気温が下がったのと疲労がたまっているのが原因だと思いますが
けっこう足の痙攣といってもいろいろな原因があると言われています
夏場汗を大量に書く時期ですと汗の中にカリウムやナトリウムなどの電解質も流れ出てバランスを崩すことが原因となる場合も多いようです

また糖尿病・腎不全・肝硬変などの
病気が原因である場合もありますので
甘く診てもらっても困ります
心当たりのある方は病院に行くことをお勧めします

以前人工透析を専門でなさっている病院の院長先生から
「どうしてこむらがえりが起こるんだろう?」とたずねられて
私もアタフタしたことがありますが
ベテランの専門医でも疑問に思うほど足の痙攣って様々なケースがあるんだろうと推察しました

わりとよくある症状ではありますが
奥の深い問題でもあります

| | コメント (0)

2018/09/26

三角筋

Img088

マッチョな人の身体で目が行くところといえば
分厚い大胸筋やシックスパックに割れた腹直筋
上肢の方はといえば上腕二頭筋でしょうか?
そしてガッチリした肩回りの三角筋

この筋肉が面白いのは付着部(起始部)が3か所に分かれます
肩甲棘・肩峰・鎖骨の外側部の1/3から
上腕骨三角筋粗面に停止します

付着部が違えば動く方向も変わり
肩甲棘部が上腕を伸展・内転・外旋
肩峰部が上腕を外転
鎖骨部が上腕を屈曲・内転・内旋
と逆の方向も含めて様々な動きを見せます

腕を挙げたり下げたり様々な動きの中で
腕の向きや方向性を決める重要な役割がありようです

先日父親が脳梗塞で入院し
幸い軽度の片麻痺があったのですが
そのときに問題があったのがこの三角筋
腕を動かすときに三角筋にわずかな麻痺があり
連結動作そのものが崩れたような印象を持ちました

ありがたいもので2週間にわたるリハビリで
生活レベルでは全く問題のない程度まで回復し
左右の筋力に若干の差がある程度までになりめでたく退院

正直私自身三角筋に対しあまり注目する機会がなかったのですが
今回、リハビリの様子を拝見していて
あらためて一つの動作が同時に作用する複数の筋肉と
そのバランスの大切さを目の当たりにした次第です

| | コメント (0)

2018/09/10

疲れをとる

何年か前に梶本修身さんの「すべての疲労は脳が原因」という本を読んで疲労に対する考え方が変わりました
従来は労働や運動をすることで筋肉に疲労物質(最近はこれも考え方が変わりました)がたまり疲労するという発想でした

ところがこの本に書かれたことで気づかされたのは
肉体労働とデスクワークなどのあまり動かない労働を比較して
疲労の本質は筋肉の問題ではないということがわかりました

たいした作業をしていなくても極度の緊張を強いる場面はムチャクチャ疲れるものです
逆にウォーキングや軽いジョギングなんて意外に疲労が取れることもあります

従来の私の常識では動けば動くほど疲れるというように思ってたんですが
実際はかなりそれに反することがわかってきました

仕事がら疲労をとるというのがクライアントの要望のひとつでもあります
だからこそ筋肉を正常な状態に戻ることを目的としていましたが
ちょっと自分の考えがズレていたことに気づかされました

この本にはそのタイトルの通り疲労の原因は脳であると説かれます
そして疲労は痛みや発熱と同様「これ以上継続するな」
という生体アラームだと説明されていました

筆者は過労死に対する研究をされていたのですが
疲労もある程度継続すると感じなくなり死に至るまで働き続けるという結論を出されていました

ここまで行けば整体でどうこうできるお話しではありませんが
やはり疲労をとることがニーズの一つである以上
脳や自律神経に対するアプローチは必須だと考えるようになりました

もちろん身体を触る以上筋肉を介してアプローチせざるを得ないのですが
施術の組み立ては自律神経を意識しながらの流れで展開しています

何年かに一度の割合で
考え方の根っこの部分を覆すような本に出合うことがあるんですが
その中に一つです

| | コメント (0)

2018/09/07

腸脛靭帯炎

25年くらい前、まだサラリーマンだったころ
そこそこの立場になってきて会社からゴルフをするように命じられました
社長に「やらんかったらワシにも考えがあるで…」
今だったら十分なパワハラ認定を受けるところでしょうが
時代も時代、ワンマン経営の会社において
社長命令を拒否することは居場所をなくすのと同義
それでも「ゴルフクラブをください」とちゃっかりおねだりして
中古のクラブセットをせしめた私も煮ても焼いても食えないタイプ

意気揚々とコースデビューを果たしたはいいのですが
力もないくせに力任せに振り回し150オーバーのスコアをたたき出した私でした
5番7番8番三本のアイアンをもってコースの右に左に全力疾走
社会人になってこんなに走り回ったのは初めて

後半になると膝の外側が痛み出します
最後はクラブを杖代わりに歩く始末
以来スコアがもう少し縮むまで毎回痛む膝を引きずってコースを周ってました

Img086

骨盤(寛骨)に付着する大臀筋と大腿筋膜張筋は
腸脛靭帯を両サイドから挟むようにして付着(停止)します
その腸脛靭帯は膝下の外側までついています

私が毎回痛かった膝の外側の部分です
当時は身体のことなんて全く知りませんでしたのでわけがわかりませんでしたが
今の仕事に就いて自分を苦しめた痛みが腸脛靭帯炎であることを知りました
その別名を「ランナー膝」ともいいますが
いったい私はゴルフ場でどれだけ走り回ったかというお話し

今さらながらに納得して苦笑いするのですが
痛いのは膝のあたりになるのですが
腸脛靭帯が上方に向かって引っ張られたのが炎症の原因ということです
走りすぎて大腿筋膜張筋や大臀筋が疲弊し筋拘縮を起こしたのが本当の原因といっていいでしょう

この腸脛靭帯炎はスポーツのしすぎが原因と言われてはいますが
逆に運動不足で大臀筋や大腿筋膜張筋が弱体化し委縮した場合にも多く見られます
私としてはそちらのケースの方が多く扱っていますし
とても厄介な状態として捉えています

運動のし過ぎなら休めばそのうちに治まるでしょうが
運動不足・老化で弱体化した場合
安静にしていても弱体化が進むだけ
ある程度痛みを軽減させたのちウォーキングなど
これらの筋肉を使って活性化しないときれいさっぱりによくなることはありません
またいつか同じ痛みを訴えて来院されるのが予想されます

そしてこういうケースでは大臀筋と大腿筋膜張筋のみならず
周辺筋肉が同じように弱体化するのが一般的
だから結局全体にアプローチかけないといけなくなります
それと腸脛靭帯が長期間緊張していると癒着している場合も少なくないので
腸脛靭帯自体の滑走性を取り戻す必要があります
とりわけ大転子付近は要注意です

| | コメント (0)

より以前の記事一覧