2018/06/18

関節の可動性と安定性

新しく買った一本歯の下駄ですが
ここへきてようやくコツが飲みこめてきました

下駄の歯の高さが5cmから10㎝になったことで恐さも倍増
何度か転んでいるもんだから恐さもリアルです
それが原因で力んでしまい不要な力が入ることで
逆に安定性を損なってしまってたということに気づきました

先日あることがきっかけで
股関節に力が入ると膝関節の安定性が損なわれ
膝の位置がグラグラ動くことに気づき

それを自分に当てはめてみれば同じ感じで
股関節に力みがあり膝の位置がグラつくのを感じました
それから股関節をユルユルにすれば
膝の位置がピタッと決まることを体感しました
さらに足関節の動きを大きく柔らかくすれば
さらに安定性が高まりました
それ以来こけることも不安定さもなくなりました

マイク・ボイルとグレイ・クックというアメリカの理学療法士が
「Mobility &Stability Alternating Pattern」という理論を提唱されています
人間の関節は可動性と安定性が交互にできているということなんですが
可動性の性質を有する関節の可動域が減少すると
次に来る安定性を生み出す関節に影響し
安定性をも阻害するという趣旨の理論です

この問題に当てはめれば
股関節と足関節は可動性の関節で
膝関節は安定性の関節ということになりますが
股関節や足関節の可動性が奪われると
膝関節の安定性が損なわれるということになります

単純に動きの問題だけではなく
安定性が特徴の関節が不安定になれば
痛みが生じる可能性が高くなるという問題にまで発展するということです

いろんな関節に痛みが生じる可能性はありますが
パーセンテージでいえばやはり腰と膝の痛みは
数的には多くなります

この理論によると腰や膝の痛みの原因となるのはその前後の可動性のある関節に対し
何らかの理由でバリアゾーンが発生したときに痛み出すという理屈になるわけです
これは私の経験上でも納得できる話です

もうちょっとこの理論を深く勉強してみたいと思って
書籍を探してみると何冊か出ていました
その中でよさそうなものを選んでみれば
出版社がいつもお世話になっているブックハウスHDさんだったりします

考えてみればこの理論を知るきっかけになったのは
月刊スポーツメディスンの特集記事でしたから
ここに行きついたのは必然だったのかもしれません
さっそくその本を注文しました

またこの続きはその本を読んでみてから後日ブックレビューという形でお届けすることになりそうです

| | コメント (0)

2018/05/03

マイオカイン

骨格筋から分泌される生活性因子(マイオカイン)の探索

首都大学で研究がこちらのサイトで紹介されています

筋肉が収縮することでマイオカインという物質が発生し
その健康効果は多岐に及ぶという内容です

現時点では仮説にしかすぎませんので
証明されるには至っていません

平たく言うと運動することでマイオカインという物質が発生し
うつ病・糖尿病・アルツハイマー・骨密度の増大・膵臓機能の向上・肝機能の向上・がん発症率の低下などなど…
数え上げたらきりがないほどの効果を謳っておられます

運動の健康効果はいろいろな角度から言われてはおりますが
マイオカインというのは聞き始めです
サイトによってはすでに立証されているかのような口ぶりで紹介されていましたが
まだまだ研究段階にしかすぎません

この間も運動によって得られる行動体力と防衛体力について教えていただいたばかりですが
運動することで活性酸素を積極的に作り
その環境の中でミトコンドリアの能力を高め
活性酸素をコントロールできる身体づくりができることも可能だと聞きます

運動と健康の関係については様々な機序があり
こういったものが相互に関係し一つの機能として働いているのかもしれません

いずれにしても共通しているのは適度な運動
過度な運動で健康効果を謳っているものは見たことがありません

この研究もさらに進んで人間の機能として証明される日が来るのでしょうか?
それともポシャってしまうのでしょうか?
マイオカインは覚えておくことにします

| | コメント (0)

2018/04/24

行動体力と防衛体力

運動で風邪をひきやすくなる?運動負荷と免疫の関係

先ずは上記のサイトをご覧ください
こちらはいつもお世話になっているアスレチックトレーナーの西村典子さんの記事です

治るためには最後は体力ですといつも申し上げています
手術にせよ薬にせよ整体にせよ
治っていくためには体力が不可欠です
治療や施術と称して行われるものは
すべて体力があることを前提としています

だから常々皆さんに運動してくださいと申し上げていますが
「運動」という言葉のイメージにギャップがあることも少なくありません
「運動しろ」と言われたら学生時代に頑張ったクラブ活動など
激しい運動をイメージされる方がいらっしゃるのですが
私の考える運動とは20分程度のウォーキングやラジオ体操などの軽度のものなんです

紹介したサイトには「行動体力」と「防衛体力」にわけ
目的と効果の違いそしてデメリットまでわかりやすく説明されています
私も「防衛体力」なんて言葉は初めて聞きましたが
私が皆さんに備えていただきたいのはまさにこの「防衛体力」

誰も早く走っていただこうとか高く飛んでいただこうと思っているわけではありません
治るための体力、防衛体力を必要としています
免疫力だけではなく自然治癒力も防衛体力
本来なら自分の持っている防衛体力で自然に治っていかないといけないはずなのに
いつまでたっても治らないから薬や手技療法のお世話になるわけですが
防衛体力が弱っていたらなかなか上手くいくはずもありません

それと激しい運動が好きな方もいらっしゃいます
これはこれでOKなんですが激しい運動だと鍛えられると同時に
体力を消耗し免疫力が低下するという要素を
こちらのグラフで明確に説明されています

運動でもそれぞれの目的に応じたやり方があります
大は小を兼ねるというわけにはいかないのです
目的が明確であればそれに対し適したやり方があるということをご理解いただきたいです

| | コメント (0)

2018/04/13

プライオメトリックス

筋力トレーニングにもいくつか種類があってプライオメトリックスもその一つ
日本語でいえば反動(衝撃)法」といいます
筋肉を伸ばした状態から素早く収縮させる方法です
一定方向に伸ばした筋肉を切り返しで反動をつけて反対方向に動かすのです
伸張反射という筋肉の法則性を利用しているのですが
この運動により今現在ある筋肉の力をマックスまで引き出すことができます

地道に筋力アップするのとは目的は違いますが
これからスポーツをしようってときはこういう運動が一番メリットが大きいわけです
皆さん思ってらっしゃるほど能力を使えていないのですが
プライオメトリックスを利用して存分に動ける状態に持ってくるのはとても意義のあることです

で、私が言いたいのはここから先の話なんですが
スポーツ選手だけではなく我々フツウの人でも
身体が動きやすい状態に持ってきてから仕事をした方が楽に動けますし
あまり動けない状態でどこかに負担をかけて動いているうちに
いずれケガにつながるというのが実に多いのです
わずかな負担でも日々の生活を重ねるうちに
5年10年と月日がたてばどこかが痛くなるのはよくある話

そういった方が腰痛館に来られた時
「何もしていないのに痛くなった」と言われます
本人さんにすれば思い当たるフシはないのですが
私の解釈は違います
「何もしてなかったからこそ痛くなった」と考えます

もし毎日十分に動ける身体にしておいたら
負担もアンバランスもなく動くことができ
痛みのない生活がより長く続いたんだろうと想像します

プライオメトリックスはスポーツ選手だけのメソッドだとは思っていません
運動の程度を軽くすればお年をお召の方でも簡単にできたりします

しかし反動をつけて動くって具体的にどうすればいいのか?
特別な知識がない限りわかるはずもありませんよね

で、私が皆さんにお勧めしているプライオメトリックスはラジオ体操
あれってなんとなくやってましたが反動をつけた動きが実に多い
しかも主要な関節の可動域を十分に使えています

長々と語ってきた難しい理屈なんてどうでもいいですよ
とりあえず身体にいい体操という認識だけもっていただいて
毎日ラジオ体操をしていただければ何年か後に大きな差がつくはずです
今まで多くの方にラジオ体操をお勧めしてきましたが
実際に続けてくださった方はもれなく身体に変化が出ています
もちろん1年やそこらではたいした実感もないでしょうが
3~5年続けた人は効果を実感してらっしゃいます

子供のころ適当にやらされていたラジオ体操も
年を取ってから真面目にやれば
快適な生活を保障してくれる強い味方になります
もちろんお金も使いません
ただし人によってできることが異なりますので
くれぐれも無理はしないでくださいね

| | コメント (2)

2018/03/13

気づき

ひと月ほど前に芦原橋まででかけ
Erico先生のオーラルコンディショニングを受けてきました
その時にいくつかのことを指摘されましたが
早食いの習慣を見事に言い当てられました

どこをどう見てその事実を見抜かれたのかはいまだに不思議ですが
我ながらあきれるほど食べるのが早い
誰に盗られるわけでもないのに

噛むのもそこそこで喉が詰まりそうになりながら
胃袋に押し込みすぐさま口の中に詰め込みます
元々胃腸が弱いのもお酒だけのせいだとはいえません

以前勤めていた会社でも
昼食は5分で帰ってこいと命令され
猛ダッシュでお店まで走り
あらかじめ用意されていたカレーライスを
2~3分で食べてまた走る
明らかに身体に悪そうな食事をしていました

それでも昼飯にありつけたらまだマシな方で
昼食抜きも日常茶飯事
今でいえば典型的なブラックなんでしょうが
当時はそれがフツウなんだと思ってました
それを強制した上司も胃がんになり
まったくもって酷い環境で育ったものでした

人間、一度身についた習慣はなかなか変わりません
仕事が変わってゆったり時間をかけて食べられるのに
今でも早食いは変わっていませんし
早食いという認識すらありませんでした

ところがErico先生に指摘され
あらためて自分のクセを認識した次第です
以降できるだけゆっくり噛んで慌てないで食べることを意識付けしました

それで気が付いたのは食べているときに
無意味にイライラしていたことを知りました
味わうどころか食べてからの予定を考えながら
食べることに集中していませんでした

最近気が長くなったつもりではいたんですが
元々の気性は極度のイラチ
大阪以外ではせっかちだとか気が短いと表現します
歳を重ねることでイラチを隠すすべを身に着けてはいたものの
根っこの性格は変わっていなかったようです

何が悲しくて食事のときにイライラしないといけないのか?
無意味ですよね
得することなんてひとつもありません

食事を介してもそういうことがわかるなんて面白いものです
もちろん少しずつでも変えていかないといけません

| | コメント (2)

2018/02/09

オーラルコンディショニング

オーラルコンディショニングを体験してきました
歯科医で受けるオーラルケアとは全く別の代物
口腔内の状態で生活習慣や身体の不調がわかるというのですから驚きです

その手技や発想にはうなってしまいました
普段脱力をテーマにして生活しているつもりでしたが
未だに無意識のうちの緊張に気づいていなかったようです
かなり右の奥歯をかみしめていたようです
そういわれると思い当たる点もあります

オステオパシーのクラニオワークで口内法も受けたことがありますが
まったく別の視点で口で身体全体を見られます

カウンターストレインまで登場するですから
お株を奪われた格好です

Imgp0012

足の指と口の関係も教えていただき
今までに経験がない身体観を体験してきました
画像のように足の親指に輪ゴムをかけて
親指に対する意識付けをするのは
私が下駄や雪駄を履いているのと共通項も感じました

今まであまり勉強してこなかった口腔にも
身体の不思議が隠されていることを実体験
また機会を設けてErico先生のお話しをうかがいたいですね
世の中にはスゴイ人がいらっしゃるもんだと思いましたよ

| | コメント (0)

2018/02/06

足首が硬いと

最近、注目の部位が足首
とりわけ背屈の角度が気になっています

Img074

この図のように足の甲を上に挙げる動作です
通常ニュートラルなポジションから20度上がります
逆に底屈は45度くらい下がります

これはあくまで自分の筋肉を使って動かせるいわゆる生理的可動域ですので
体重をかけるなど外部からの力が加わるともう少し動きます

ここ数年足首の可動域に注目しているのは足の冷えとの関係
背屈がしづらいのは下腿三頭筋が拘縮して伸びないから
下腿三頭筋とはふくらはぎのことなんですが
多くの方は足元から冷えて二次的に様々な症状に変化していきます

私の仮説ではありますが
下腿三頭筋は内臓と関連していると考えています
内臓は自律神経系によって動くわけですが
内臓の動きに異常があれば自律神経系全体にも影響が及ぶことがあります

様々な症状がありますが内臓の不調と関わり合いがあるケースは意外に多いと感じています
だからその切り口の一つとして足首の角度のチェックを毎回します

同時に下腿三頭筋が拘縮しているということは
筋肉の中の毛細血管が使いきれていないことを意味します
血流は体温の一定化の役割も担いますが
血液が流れる道筋が少なければ血流量も低下します
これが足の冷えの実態です

昔から足が冷えると体調が悪くなると言われています
とりわけ女性やご高齢の方になると
深刻なお悩みを持つ方はかなりいらっしゃいます

自律神経系が乱れてくると精神的な状態も不安定になるようです
お話ししていても目がうつろだったり視線が定まらない方もいました

足首の関節といえば捻挫の時以外にはあまり注目されることもない部位かもしれませんが
こういう考え方をすると体調不良を見極める重要な部位といってもいいかもしれません

| | コメント (0)

2018/01/10

上腕骨内側上顆炎

「内科の借金ちょうど千円」
こんな語呂合わせがあります
何かといえば上腕骨内側上顆という部位に付着する筋肉のお話し

尺側手根屈筋
長掌筋
橈側手根屈筋
浅指屈筋
円回内筋

Imgp0036

これらの筋肉を覚えるための語呂合わせなんです

場所でいえば肘の内側の出っ張った部分
実は年末から私の左肘のこの部分が痛いのです
こういうのを上腕骨内側上顆炎またはゴルフ肘とか呼びます

お仕事柄手は酷使してますし
なんといっても腹筋ローラーで
これらの屈筋群もかなりお疲れの様子

とりわけ尺側手根屈筋は触っても緊張していて痛みを感じます
自分で治すのもやりにくいのですが
そんなことも言ってられません

尺側手根屈筋がほぐれだしたら
幾分肘の痛みも消えました

自らの痛みで久々に筋肉のお勉強を思い出しました

| | コメント (0)

2018/01/09

騙されない感覚

ウジェーヌ・ミンコフスキーという精神科医が
皮膚感覚を他の4つの感覚を基礎づけるということを言われています

どういうことかといえば
視覚・聴覚・嗅覚・味覚は存在しないものに対し
騙されることがある感覚だということです

イマドキの世の中はバーチャルの技術が進化していますから
存在しないものでも存在するかのような錯覚を生み出すことができます
人は視覚を最も頼りにしますが
NHKのニュースあたりで「怪獣が現れた」といって嘘の映像を流せば
信じる人もいるでしょうし
もっとリアルにありそうな虚偽なら信じる人はもっと増えるでしょう

真っ暗闇で犬の鳴き声を流せば
そこに犬がいるものだと信じるでしょう

嗅覚や味覚に関しては食品に使われている材料で
日常的に騙されています

それに対して触覚だけは存在しないものを触ることはできないわけですから
他の4つの感覚の基礎となりうるわけです

もちろん触覚で誤魔化そうとする方法もあるでしょうが
少なくとも存在しないものを存在すると認識することはできません

人間の手のひらには皮膚感覚の神経がいっぱいあります
手と顔は人間の部位の中でも
感じ取りやすい皮膚を持っています

毎日仕事で手を使っていると
手から多くの情報が入ってくることも経験済み
あとはこの皮膚感覚の精度をどれだけ上げられるかが問題です

| | コメント (0)

2018/01/08

笑う門には福来る

先日「フェイシャルフィードバック仮説」というのを知ったんですが
これが実に面白いのでご紹介しておきます

被験者に笑顔を作ってもらうと眉間の部分の血流の温度が0.1℃くらい下がります
眉間から視床下部につながる血管があってそれが冷やされます
それが「快感」として感じられるようになるんだそうです

逆にしかめっ面をしていると眉間の血管が0.1℃ほど上がります
これによって視床下部では温度の上昇を「不快」と感じるんだそうです

もっともドイツやアメリカでこのような実験をしたそうですが
エビデンスを得られるには至らなかったそうなので
眉唾なお話しなんですが
眉毛に唾を塗っても快感を得ることはできません

「刺激を受けて情動が変化し、それに伴って身体的変化が起きる」のではなく、「刺激を受けて身体的変化が起き、それに伴って情動が変化する」のではないかという説

これをジェームズランゲ説というそうなんですが
情動と身体の変化の関係はとても興味深いです

いずれにしても笑ってたら楽しいものです
周りも巻き込んで楽しめばみんなが幸せな気分になります
今年一年も笑って過ごしたいものです

| | コメント (0)

より以前の記事一覧