2022/07/25

抗重力

20220725_082242091

筋肉は動作の時に働くもの

そういったイメージがありますが

意外に静止しているときにでも働く筋肉があります

それらは「抗重力筋」といって文字通り重力に抗う筋肉です

 

我々は生まれたときから重力を受けて育っているので

特に意識することなく生活をしていますが

体重というのは重力がかかっているからこそ重いのであって

気づかぬうちに体重を支えるという活動をしているのです

 

具体的には上の図に書かれたものが中心選手となりますが

私にとってはこれらの筋肉は

腰痛・膝痛など私の仕事で関係する症状の原因となるものばかりといっても過言ではありません

逆に言えばそれ以外の筋肉が傷みの原因となるケースは稀なんです

スポーツ選手にはありがちなんですが

一般人にとって痛みの原因となることはあまりなかったりもします

 

何年か前にWHOが腰痛などの原因は抗重力筋にあることを示唆していますが

20年ほど前とは腰痛などの障害の捉え方が変わりつつあります

 

仮に50㎏の体重の方が、その50㎏を重いと感じることはそんなにありませんが

別に50㎏のものを担いだりするとその重さはとんでもなく重たく感じます

要するに50㎏は本人が感じようと感じまいと重いのであって

黙ってその体重を支えている筋肉にとってはかなりの重労働になるということ

 

若い間はいいんです

高齢になって抗重力筋が50㎏の体重を支えきれなくなるほど弱ればどうなるか?

そうぞうすればわかると思いますが

歩くことも立ちあがることも困難になり

いつしか車椅子を利用するようになったり

寝たきりになることは皆さんもご存じだと思います

 

私が常に運動を推奨する大きな理由がここにあります

誰しもが高齢になり抗重力筋が弱ってきて

歩けなくなる可能性を秘めています

自分だけはそうならないと思ってらっしゃる方もいるでしょう

でもそれには相応の根拠が必要です

もし「なんとなく」でそう思っておられるなら

数十年後の答え合わせがありますので覚えておいていただきたいです

けっこうコワイお話でした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

| | コメント (0)

2022/07/21

「屈筋優位」と「伸筋優位」の身体

初孫も大きくなりつかまり立ちができるようになりました

小さな子供の成長は早く

この間寝返りをうったと思ったら

今度はつかまり立ちですから

成長のスピードはあやかりたいと思うわけですが

意に反して衰える一方です

 

子供の動作を観察していると

生まれたての頃はお母さんのお腹にいるときのように

丸くなった姿勢が主です

それに対し成長してくると

寝返りをうち、頭をもたげてくるようになりました

 

これは生まれたての頃は屈筋が優位に立っていて

成長するに従い伸筋が発達し

丸まった状態から身体を反らすことが可能になります

寝返りをうったわいいけど

顔は布団についたままでは呼吸もしづらいですから

自然と頭をもたげてくるようになります

これは背筋群が強くなり身体を反らせることが可能になります

 

20220720_161324748

(画像:誰でもわかる動作分析Ⅱより)

上の絵は「屈筋優位」と「伸筋優位」の分かりやすいイメージですが

どう見ても伸筋優位の方が活発な印象があります

つかまり立ちができるようになったのも屈筋に対し伸筋が優位に立ち

背骨を伸ばすことでバランスが取れて立つことができたということ

そしてその姿勢から手を伸ばして今まで出来なかった動作が増えてくることを意味します

 

小さなお子さんが成長する様はいろいろ勉強になることが多いので

孫の姿を目を細めて見ながらも

しっかりチェックすべき点はチェックしています

 

小さなお子さんを見るのは将来の希望を見ている感じがしますが

高齢者にも同じ理屈があてはまります

背筋を伸ばしてかくしゃくとされていた方も

年を取るに従い伸筋優位から屈筋優位にかわり

背中が丸くなり活動能力が低下します

どちらかといえば仕事柄そういったケースの方がほとんどで

あまりうれしいことではありません

 

いつも運動をオススメしている理由の一つがコレだと言ってもいいでしょう

伸筋のみならず普段から身体を動かす習慣があれば

極端に伸筋が衰えることもないはず

現に毎日決まった運動をしておられる方で

90歳を超えても伸筋優位と思われるケースはあります

子供の成長のスピードとは違います

衰えるには何十年もかかるのがフツウ

そんなに衰えていないと思っていても

30歳を過ぎたあたりから学生時代にできた動きができなくなります

後期高齢者のそれとは比べるべくもありませんが

それはそれで立派な衰えだと認識すべきです

いくら頑張ってもいつまでも20代の力を維持することはできませんが

90歳を超えてもフツウの生活をフツウに送る程度の筋力があればいいわけです

 

孫の成長を喜びながら自身の衰えも認めざるを得ません

それでもまだまだ人生は長いのですから

後期高齢者になって「こんなはずじゃ」と嘆くのは御免です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2022/07/20

腰椎すべり症

最近お目にかかることがなかったんですが

久しぶりにすべり症を訴える方がお越しになったので

もう一度知識を整理するために調べてみました

 

腰椎すべり症は女性に多い症状ですが

下の図のように腰椎の椎体が前後に滑ったような状況になり脊髄を圧迫する症状です

20220719_100318744

椎体は前十字靭帯と後縦靭帯に挟まれ本来ずれることはないのですが

脊椎の自然湾曲が著しく、筋力低下により本来の状態を維持できなくなった時

椎体に筋拘縮により斜めに力が加わることですべり症がおきます

 

もっともスポーツ選手などに見られる

背骨に急激な力が加わり腰椎分離(骨折)を伴う分離すべり症とは少しパターンが異なります

 

理屈を説明しても臨床になると結構ややこしい問題も加わるので

現場での判断が微妙な場合もありますので

必ずしも教科書通りにいかないのも難しいところだったりします

 

周辺筋肉が拘縮している場合でも

単純な腰椎を圧迫することによる痺れもありますので

いろんな可能性を排除することなく

臨機応変な施術が必要になってきます

(これはすべての施術にも当てはまります)

 

結果的に腰椎を圧迫する周辺筋肉を弛緩することで症状がとれたのですが

はたして腰椎すべり症だったのかどうかはわかりませんでした

立場的にそこにこだわる必要もさほどないとは思うんですが…

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2022/06/30

ニンニク

Dsc_0205-4

大量のニンニクをいただきました

個人的には好きなんですが商売柄アノにおいはNG

いつもニンニクの醤油漬けを大量に購入し

刻んで料理に使っています

 

今回は生ニンニクを刻んでオリーブ油に漬け込みました

鷹の爪もけっこう入っています

イタリアンを作るときには重宝しそうです

 

今日は醤油も買ってきて醬油漬けも作る予定です

日持ちもするしとても便利です

 

同じ日に面白い動画を見たのでご紹介します

生ニンニクを食べることで肺がんのリスクが44%軽減するという研究結果についての動画です

Dr Ishiguroチャンネル

いつも信頼性の高い情報をいただいています

けっこう食に対する情報って針小棒大で我田引水みたいなものが多い中

ちゃんとした研究論文を引用されているので信頼に足ります

 

一緒に黒ニンニクもいただいたので

食べ方を調べてみます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2022/06/29

梅雨明け

昨日、近畿地方が梅雨明けしたそうです

もちろんこの後のお天気次第で修正もありえますが

この後の天気予報を見てたら梅雨の気配がありません

ここ何年か6月は空梅雨で7月に災害を伴うような豪雨に見舞われるイメージがあったので

今年も7月に雨が集中するのではないかと予想してましたが

このタイミングでまさかの梅雨明け宣言

 

平年より21日早い梅雨明けは

今までの記録では最も早い梅雨明けなんだそうです

うっとうしいお天気は皆さん嫌がられますが

私としては猛暑日の方が身体に堪えるので

幾分か涼しい梅雨はさほど嫌いではありません

家庭菜園も水やりの手間が省けるのですが

猛暑日になれば一日2回ほど水やりをしないといけないので

けっこう面倒です

実際暑すぎる気温にほうれん草も干からびてしまいました

水を欲しがるキュウリや大葉なんかは気になるところ

 

この分だと農作物に影響が出ることも予想され

また価格高騰の可能性もあります

 

人の身体だって高温が続けば体力を消耗し

体調不良になる方も少なくないし

逆にクーラーをつける機会が増えて

体温調節ができなくなり自律神経が乱れる方も出てくるでしょう

 

気象は農作物にも人の身体にも影響を与えます

コロナウィルス感染者もここにきて

増加傾向がみられます

何となく沈静化したような雰囲気を感じますが

決して油断できる段階ではありません

 

いろんな不安が頭をよぎりますが

最後はやっぱり体力勝負

運動して、食べて、よく寝る

地味に身体を鍛えていきたいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2022/06/23

効果

最近は父親の介護をしながら生活しています

まあ、典型的な老々介護といったところですが

病院に行く機会が増えてきました

 

先日、待合室で順番待ちをしていると

前に座っていた方が文句を言ってるのが耳に入りました

ある投薬治療をなさっておられるようですが

その効果を医師に問いかけると

「投薬治療をやめますか?」と答えられたということで

憤慨されていました

患者側からいえばキツイ副作用があるけど

辛抱して投薬治療をしているけどその効果があるのかを問えば

期待していた答えではなく「やめますか?」という言葉

 

あまり聞きたくもない話ではありますが

多少興奮気味で「説明責任を果たしていない」と声高に繰り返されるもんで

否が応でもことの詳細まで伝わってくるのです

 

たぶん「今は辛いけどこの治療をすれば治る」という明確な返事が欲しかったんだろうなと推測します

ただ医師の立場からすれば「絶対に治る」とうことは口が裂けても言えないでしょうね

あくまでも確率のお話で何%は治って何%は治らないというのが現実で

副作用や治療費など患者側にかかる負担と治癒確率を天秤にかけて

続けるかやめるかを判断するのがフツウなんでしょうが

そこに「治りますか?」的な質問をされると困ってしまうのも無理はないところ

もうちょっともののいい方もあるだろうなとは感じたものの

患者側が100%を期待されているのを察知して

いい方をミスったのかもしれませんね

 

病院と整体院ではまったく異質なものなので

わかったような顔をしてこうだろうと私の考えを述べるのも憚られますが

それでも似たような受け答えは頻繁にあります

っていうか私の場合こちらから積極的に

メリット・デメリットを挙げて説明してご納得いただいた上で施術をします

こういった要素はやる側とやられる側にとって最も重要な部分であり

信頼関係を構築するのもぶち壊すのもこういった要素からだと思っているので

いささかご期待とは正反対のことをハッキリと申し上げたうえで

ご納得いただけない場合はお帰りいただくこともたまにあります

そのは私の性格のキツさはありますが

こちらとしても施術をしてお金を頂戴して生活をしております以上

わざわざお越しいただいた方の耳障りのいい言葉をかけることもなく

場合によっては気分を害されることもあることを承知の上で

伝えるべきことはしっかりとお伝えするのが私なりの誠意だと思っています

 

誰もが専門家に診てもらう以上「治る」ことを期待しておられるのですが

世の中なんでも都合よくいくとは限りません

さすがに説明もなく「やめますか?」とは言えませんが

しっかりとご説明した上でご理解いただけない場合

「やめますか?」ではなく「やめときましょう」と

強めのセリフを口にするあたりは

まだまだ人間ができていないと感じるのですが

ウソをついたりごまかしたりはしたくないので自分では納得しております

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2022/06/13

全か無かの法則

こんな法則は耳なじみがないでしょうね

考えようによっては実に哲学的ともいえる法則なんですが

「全か無かの法則」は刺激の強さと反応の大きさに関する法則をいい

筋線維や神経線維に見られる現象で

刺激の強さがある限界閾値(いきち))以下では反応がなく、それ以上では刺激の強さに関係なくつねに最大の反応を示します

つまり刺激の強さが一定量(閾値)以上・以下でAll or Nothingの反応をします

 

具体的に言えば私が施術中身体を触っていて悪いと感じても

その刺激が閾値を超えなければ痛みは感じず

閾値を超えれば激しく痛むことになります

本人さんの感覚と私が触った感覚に乖離があっても

それは閾値を超えるか超えないの問題ということになります

 

たいていの場合痛みはある日突然やってきます

思い当たることがなかったとしても

体の中では刺激が閾値を超えた瞬間から痛み出しますが

それまでは何もないくらいに思ってらっしゃる方がほとんどです

 

身体にはこのような法則性があり

気が付かないうちに日に日に悪くなって

ある日突然痛み出すのはこのような法則があるからです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2022/06/09

ヒハツ

Dsc_0206-1

香辛料のヒハツ(ロングペッパー)を買いました

きっかけはこの本

死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい

でも本は読んでません

YouTubeで本の要約を見てヒハツという香辛料が内臓を温める効果が高いということを知りました

正直本の内容にはあまり惹かれることがなかったので

本を買うより香辛料を買った方がいいと判断

でもお店ではなかなか見つからず結局ヨドバシカメラで購入

 

効果のほどは試してみないとわかりませんが

現実問題として腰痛館に来院される方の多数に内臓の冷えが認められ

それが原因で内臓ではなくそれ以外の部位に症状が出ているケースが多く見受けられます

腰痛なんかも半数以上の方がお腹が冷えていることが

要因の一つとして捉えています

 

私自身も若いころからよくお腹が冷えるので

そこからの症状が少なくはないので気にはしていました

もちろんこの香辛料だけで問題解決に至るほど

世の中甘くはないと思いますが

300円足らずで購入できるので

けったいなサプリメントを買うよりよほどマシ

 

とりあえず詰め替え用の袋入りも購入したので

当分使えそうです

味も独特の個性があるとのことで楽しみにしています

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2022/06/02

時間軸

いつもお世話になっている高澤昌宏さんのブログで時間軸の話題が出ていました

我々は技法・手法とは別に身体をどう読み取るかが大きな課題となります

その人に起きていることをどう評価するかで仕事は半分終わったようなもの

私自身はそれくらいに比重を置いて身体を見ています

 

私達手技療法家の弱点であり長所でもあるのは

機械的な客観的評価ができない分

想像(推理といった方がいいかもしれません)により

身体に起きていることを推察した上で施術を行い

その結果を見て帰納的にそれまでの考察が正しかったかどうかを見るしか方法がありません

 

非常に怪しげな要素も多分にありますので

整体屋という存在が信用されないという現実もあります

一方いい結果を出す人は考察が正しかったという評価にもなりますので

ゴッドハンドやらカリスマと呼ばれる人も存在するのでしょう

もっとも自らそういった称号を吹聴する輩は

周りの人がそう言ってくれないから自分でいってるのだと解釈してます

 

話がそれてしまいましたが身体を読み解く想像力こそが

技量の大きな要素だと位置づけてます

その中に必要なのが時間軸

 

どんな名医でも「今」というタイミングでしか客観的な評価はできないのですが

そこから先は経験則という主観的判断が重要になってきます

つまり客観的評価の限界は想像力でその経緯を推察するしかありません

ここで客観的方法で知りえない過去をイメージし

どういったプロセスをたどって発症するに至ったかを考えなければなりません

 

老化なんて一日や二日で送るものでもありません

よく耳にする生活習慣病なんて

「習慣」という言葉を使う限りはそれなりの年月を必要とするのです

でも本人が自覚していることなんてごく一部のことが多く

本質的な問題までわかることは少なく

そこは専門家の経験値からアバウトな推測にしろ

流れというものが見えてきたりします

 

なぜこのような時間軸という要素が必要かといえば

20年も30年もかかって弱ってきたことが原因で痛み出したんだとすれば

今すぐにパッと治せというのは無理な話

いわば老化をすぐに治せというようなものです

だから体力を少しずつ向上させて痛みの原因となる筋力低下を改善しない限り

求める結果は実現するはずがありません

そこで専門家がどう考えるのかといえば

ここの部位に痛みが出たということは

別の部位の筋力低下があってのことという発想になるのです

それで的確に弱っている部分を改めて評価して

それぞれの問題点を洗い出し

適切な処置が行われるべきだと考えています

 

人間とそれ以外の動物との分水嶺は「想像力」だと思います

それをフルに使いなおかつ精度を高めれば

自ずと結果が出るはずです

 

私もよく独りよがりな想像をしがちではありますが

それがよりレベルの高いものになれば

今よりさらにいい仕事ができるように思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2022/05/31

動作の段取り

動くというのは動物と植物を分ける分水嶺ともなる活動です

骨格筋の収縮により骨格が動く

大まかないい方をすればそんなところになるだろうと思います

 

人間は立ったり座ったり歩いたりと様々な動きをしますが

単に筋肉の収縮で、というわけではなく

実に複雑なプロセスがあります

 

その一部分を取り上げると

動作をする際の前提となるのが安定性です

片足をあげて歩き出した途端バランスをそこなって転んでしまう

それこそケガをしてしまうので最悪な状態です

だから動作の段取りとして第一に安定性を確保する作業が行われます

 

最近ではあまり言われなくなったインナーマッスル

要は深層筋という奥の方にある筋肉が

関節の安定性を図りこれから動くという動作に際して

問題なく動けるポジショニングをしてから

動くための筋肉が収縮し始めます

 

Dsc_0210

 

実はこのことを説明したかったのは

腰痛などの痛みについて考え方を展開する上において

こういった安定性を維持する筋肉の機能低下が原因となるケースがほとんどだからなんです

どういうことかと申しますと

相動筋と呼ばれる関節を動かす役割を担う筋肉は力強く動くのですが

関節内が不安定な状態だと彼らの大きな力が

関節を痛めつける役割をするばかりか

スムーズに動かない関節を動かそうとより大きな力を出さざるを得ないために

自らもダメージを受けることがあります

 

我々がお話を伺うとき

痛みのある場所を尋ねると表層にある相動筋をいわれて

深層筋にある痛みは気づかれていないケースが多々あります

私が触って初めて痛みを感じることも稀ではありません

だからクライアントの話を聞いてそのまま受け止めるようでは

本当に悪くなり始めたポイントを知らずに施術してしまう恐れがあります

だからある程度推定的に関節の安定性を作る深層筋も悪くなっているという前提をしておいてから

施術の手順と量的な・質的な要素を考慮苦する作業が必要だと考えています

 

もしその前提が間違ったものであれば

あとからいくらでも修正は効くのでそういう事態も想定しながら施術すれば

いろんな状況に対応できるというわけです

 

いずれにしても身体が動くメカニズムを理解することは

施術の方針を決める上で重要な要素だと言えます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧