2017/08/15

イップス

最近、阪神の藤浪投手や巨人の澤村投手がイップスだとかいう報道もあるようですが
たぶん裏も取らない憶測の記事なんでしょう
もっとも確認に行っても正直に答えてくれるはずもありませんけど
無責任に騒ぎ立てて記事にして利益を出すのが商売ですから
話し半分くらいに聞いておくぐらいでないといけません

ところでイップスというのはたまに聞きますが
精神的な原因で可能だった動作が思うようにできなくなる障害をいいます
どちらかといえばパワーにかかわる問題ではなく
コントロールにかかわる微妙な動作ができなくなります

元々はゴルフのパターができなくなることをイップスと言ってましたが
ゴルフ以外のスポーツでもイップスが言われるようになりました

コントロールを重視する動きは
細かい動作を要求されますが
コントロールを得るために反復継続してその練習をします
そしてコツをつかむと意識することなく勝手に身体がその通り動くようになり
考えることなく無意識にその動作ができるようになります
「身体で覚える」というやつです

このプロセスは何度も繰り返し練習することで
シナプスが連結したりして神経回路を変化させ
新たな動きに対する機能を構築し保存することをいいます
「シナプスの可塑性」とか「神経の可塑性」などと呼ばれます

要するに脳の中に新しいプログラムが組み込まれたことになります
だからいったんインストールされたプログラムを起動させると
半ばオートマチックで処理してくれるようなものです

例えば初めて自転車に乗るときは
そのプログラムは形成されていないので
自転車になることはできませんが
練習しているうちに脳の中に新たなプログラムを作り上げると
あとはずっと自転車に乗れるようになります

これはどんなスポーツでも新しい動きは何度も繰り返し練習することでのみ会得出来ます
魔法のような都合のいいことで構築することはありませんし
根性や気合をもってしても不可能です
メンドクサイですが一つのことを繰り返し繰り返し練習するだけです
もちろんそのときに正しくない方法で練習すればどうなるかは考えるべきです

そうやって努力して会得したプログラムも
緊張しすぎたり失敗がトラウマになってしまって
不安緊張状態が高まると身体の機能も興奮しすぎて
冷静沈着さを必要とするコントロールにかかわる動作に邪魔が入ります

そうなると今までできていた動作も正確に再現できなくなり
さらに考え込んでしまいます
無意識でできていたことが再び意識の上に戻ってしまいます
そうなると最初にプログラムされたこととのズレが発生してしまうと
泥沼状態に陥ることもあり
シナプスの閉鎖回路が形成されたりすると
さらに厄介な状態に陥ることもあります

イップスから抜け出すためにいろんな方法が言われていますが
これといって決め手になる方法はありません
むしろそのプレイヤーに合った方法を選択し気長にやるしかないようです

せめて無責任に騒ぎ立てるのはやめてもらいたいものです

| | コメント (0)

2017/08/11

硬いお腹

猛暑とクーラー
これが真夏の問題点

暑いからこそクーラーを強くする
朝から晩まで暑いから一日中クーラーをかける

それにより温度のギャップが激しくなり
自律神経が乱れる
最近同じような話ばかりしていますが
8月に入って顕著なのは
内臓までが冷えて硬くなってしまっている人が多いということ

ご本人は痛くもかゆくもありませんので
ほとんどの方がこの事実を認識していません
ところが仰向けに寝てもらって
ゆっくりとお腹を押さえていくと
硬くなった部分が固まりになっています
そこからさらに押し込むとようやく痛みを感じます

たまにお腹全体が硬くなっている人もいますが
たいていは1か所か2か所くらいに
ゴルフボールくらいの大きさの塊があるくらいです

それが原因となって便秘や下痢になるのはまだわかりやすいですが
これが原因となり腰痛や肩こり
場合によっては頭痛と関連する場合もあります
私はお腹の硬さがどこに影響を及ぼすかはその人の身体次第だと思っています

こういうおかしな話を確信をもってできるのは
お腹の塊がなくなったり小さくなったりすれば
最初に訴えておられた症状が改善するという結果があるからこそ
いろんな推察はできるんですけど
やっぱり結果オーライですから
どんな理屈をこねても結果がでなければ理解を得られません

皆さんも一度ゆっくりとお腹を指で押さえてみてはいかがでしょう?
そんなに強い力でやると危ないのであくまでもソロっとですよ
塊に到達したらそれ以上押し込めないですし
それ以上力を加えると急に激しい痛みを感じます

なんとなく内臓の調子が悪いと感じていても
ピンポイントで悪い部分がわかる人はあまりいません

別に夏だけに起こる現象ではなく
一年中そういう方はいくらでもいらっしゃいますが
特にこの季節はクーラーで冷えてしまったというのは知っておいていただきたいのです

こんな暑い時期にクーラーなしで過ごせというのではありません
ただ温度設定などで上手くコントロールしていただけば
多少はマシになるかもしれないというお話しです

| | コメント (0)

2017/08/01

暑いけれど

今日から8月夏も本番を迎えたという感じです
例年7月から9月までは閑散期なんですが
珍しいことに7月は今年の中で一番忙しい月になってしまいました
しかも前半は例年通りヒマだったんですが
後半2週間でかなり忙しくなりました

今年は梅雨明け前から猛暑日が続き
去年や一昨年より暑さが激しいのですが
そうなると大活躍なのはクーラー
腰痛館でも梅雨の間は昼間の暑い時間帯だけクーラーをつけて
朝晩の涼しいときは窓を開けて過ごしていました
ところがこれだけ暑くなると
朝から晩までクーラーをつけ通し

これが大きな落とし穴となります
外は35℃の猛暑なのに
室内に入れば27~8℃の快適な空間

だいたい室内外の温度差は5℃くらいまでが限界だと聞きます
そうなると最近は限界を超えた温度差だといえそうです
それが毎日毎日続くと体温調節機能が悲鳴を上げ
自律神経が乱れた状態に陥りやすいのです

6月ごろは最高気温と最低気温の差が10℃を超え
体調不良に陥る人が多かったのですが
今度はクーラーと外気温の差でやられる人が増えているわけです

まさか室内温度を30℃にするわけにもいかず
どうしようもない状態がまだまだこれから先も続くわけですが
とりわけ梅雨明けから一気に環境が変化し
環境に慣れる前にダウンした方が腰痛館に来られたのです

そういう私も腎臓の動きが鈍くなったようで
朝に歩いたり走ったりして汗をかくようにしたら
ようやく体調が整ってきたようですが
この暑さに今度は胃腸がやられはしないかと心配しています

クーラーがなければ過ごすことができない
でもクーラーに頼り切ってしまうと身体を壊す
そのバランスが難しい季節になってきました

| | コメント (0)

2017/07/27

神経痛

先日、急に膝が痛み出しました
じっとしてたのに突然痛みが走る
これは関節自体に問題があるわけではなさそうです

突然思わぬところに痛みがでることがありますが
こういったのはたいてい神経痛
坐骨神経痛のように物理的な神経圧迫がある症候性神経痛ではなく
原因不明の特発性神経痛の方です

医学的には原因究明はできないのですが
だいたいの予想で言えば
クーラーの当たりすぎで冷えたのが原因なんだろうと思います

毎年梅雨明け以降は猛暑日がきたりするもんですが
急激な暑さとそこから逃れるための冷房
これまでの時期とは違いそのギャップが激しいんですよね
私の場合たまたま膝に痛みが走ったわけですが
このタイミングで何らかの症状を訴えて来られる方の多くは
同じような理由が原因になってるんじゃないでしょうか?

Imgp0028_2

最近こんなものを履いて早朝の街を闊歩しています
もう慣れたのでこけることもなくなりました
朝のうちに動いてひと汗かいた日はこんな症状がでないんですよ

それから見ても動いていない日は特に足元が冷えているんでしょうね
年といえばそれまでですが
なんとか抗って生きていきたいです

さっきも歩いていたところ
ウチの常連さんとばったり遭遇
思わぬところでご予約をいただきました
早起きは三文の徳
実感した曇り空の朝でした

| | コメント (0)

2017/07/25

膝蓋骨

Img048
(画像:動きの解剖学Ⅰ)

「膝のお皿」なんて通り名もあるのは膝蓋骨
読んで字のごとく膝のふたの骨です

そそっかしい私はよく足をどこかにぶつけるのですが
膝には靭帯や半月板があり非常にデリケートにできています
膝にふたがあるから衝撃を中に伝えないという機能があります

それだけではありません
膝蓋骨には大腿四頭筋が付着しますが
膝の屈曲時には大腿四頭筋の滑走の役割もします
屈曲伸展時に張力のバランサーともなります

この膝蓋骨は私が膝を見る時のチェックポイントのひとつ
伸展時の膝蓋骨を動かしてみて動きの良し悪しを確認します
本来最終伸展時は大腿四頭筋の張力がかからず
上下左右に動きます

ところが膝の悪い方は膝蓋骨の動きが悪い
ハムストリングの筋拘縮が著しいときは
膝が完全に進展できず大腿四頭筋の張力も受けて膝蓋骨が動きません

また長期にわたって膝が悪いケースでは
膝蓋骨が大腿骨に癒着しているような場合も見られ
この場合は膝関節の可動性が著しく制限されます

「膝が悪い」というざっくりした言い方をしていますが
何種類かの原因があっても膝蓋骨の可動性が悪くなるということ
とりわけ高齢者の膝に関しては複合的な問題が多く
ひとつの見方で問題が解決しないことの方がほとんどです

そんなとき膝蓋骨の可動性である程度の量的なものを感じる目安となります

| | コメント (0)

2017/07/21

腰痛と呼吸

もうずいぶん以前のお話ですが
あるアナウンサーの方が腰痛で来られました
お話しをうかがっていて驚いたのは
アナウンサーという職業にもかかわらず
声が小さくて聞き取りにくいほどでした

別にアナウンサーでなくても
腰痛の人は声が小さくなるのがフツウなんです
例外もありますが腰痛の判断の時声の質もチェックポイントのひとつ

近年、腰痛に対し様々な角度からの考察があります
そのうちの一つに腹圧の問題を重要視する考えがあって
お腹の空気圧が上がらないと体幹が不安定になり
腰に負担がかかるというものです

自転車や車のタイヤがベコベコだと
車体が不安定になり乗りにくくなります
それに対しタイヤの空気圧が高ければ
車体は安定し乗りやすくなります

それと同じ発想なんですが
背骨は身体を支えていますが
上半身のすべてを背骨に預けてしまうのは実に酷な話
それよりもお腹とい大きなボールの中に
空気がパンパンに詰まっていて
その上に体重が乗るとイメージしていただくとわかりやすいのですが
明らかに背骨が支える重量が軽減します

背骨も大変なんですよ
一本の棒であればさほど問題はなくても
バラバラの椎骨が前にも後ろにも横にも動くわけです
動かないといけないのに体重も全部支えろ
そんな過酷な状態だと背骨や周辺筋肉はオーバーヒートするに決まってます
それが腰痛というわけです

だから背骨や周辺筋肉の負担を軽くするために
お腹の中の空気圧を上げる必要があるのです
それでお腹の空気圧を高める筋肉の多くは
呼吸筋として腹式呼吸をするときに使う筋肉だったりします

だから腰痛の人は腹式呼吸をする筋肉に何らかの問題があり
声が出にくくなるのは当然のこと
私自身ぎっくり腰になったとき喋ることどころか
最後は呼吸が痛くてしづらくなった経験もあります

最近は「体幹運動」といっていくつかのエクササイズが推奨されていますが
あれらはほとんどそういった筋肉を鍛えるためのもの
スポーツ選手ならほとんどの人がやってらっしゃるんじゃないでしょうか?
体幹を鍛えるということは腹圧を上げ
背骨から荷重を減らし動くことを容易にするということ

スポーツ選手が声を出すのにはそういう意味合いもあるんです

| | コメント (0)

2017/07/19

伸ばす

Imgp0003

本格的な夏がやってきました
6月後半から7月初旬にかけては
30℃を超えても湿度が低かったので
過ごしやすかったのですが

クーラーをかけても湿度が60%を下回ることがありません
こうなると体感温度が急激にアップ

これはこれで体調を崩す人が出てくるわけです
私も最近腎臓がしっかり動いていないというのを感じています

朝早い時間から歩き回りとにかく汗をかく習慣をつけて
腎臓の機能を回復しようと心掛けます

このボールを背中に当てて仰向けに寝ると
背筋が伸ばされ内臓にも刺激がいきます
内臓全体の機能が低下しているときって
お腹周りの皮膚もあまり伸びないんですよね
ボールを使って伸ばそうとしたら
皮膚が明らかに突っ張ります

午前中にこういうことをやっておけば
午後からの体調が変わってきます

ここからの季節は動いて汗をかいた者勝ちです

| | コメント (0)

2017/06/15

風邪をひく日

一週間前に梅雨入りはしたものの
先週の水曜日から雨は降っていません
前半戦は空梅雨なんでしょうかね?

ここのところの気温の推移を見ていても
最高気温と最低気温の差が激しく
それが原因で自律神経系の問題を抱えた人が多く来られます
また逆に予約を入れていただいていたのに風邪をひいてしまい
キャンセルを余儀なくされる方も毎週何人かいらっしゃいます

冬でもないのになぜ風邪をひく人が多いのかといえば
昼間の暑さに慣れた身体が逆に明け方の寒さに耐えられず風邪をひく人が多いと見ています
最高気温と最低気温の差が8℃を超えると耐えられなくなると聞いたことがありますが
やはり差が10℃を超えると忙しくなるのが現実

私はいつも天気予報を見ていますが
明け方の気温が前日よりも2~3℃下がる日は
「風邪をひく日」として要注意
必ず寝るときに厚手のものを着るか
一枚多い目に着るようにして用心します
あるいは厚手の布団を傍に置いていつでも使えるようにしています

そうしないと寒くて目が覚めることがこの時期でもありますからね
そうなると喉が痛くなったり鼻が詰まったり風邪の兆候が出だします
事前に注意しておけばそれも未然に防ぐことができます

毎朝8時すぎに体温と血圧を測りますが
体温がいつもより低い日は「風邪をひく日」と認定し
一日中上着を羽織ったりします
間違えても靴下を脱ぐことはしません

私の場合体温が36.3℃以下になると調子が悪くなります
油断していなくてもこれだけ気温差があれば
フツウについていけません
だからこそ予防の意識だけは持っていないといけません

| | コメント (0)

2017/06/09

足関節

Img044

最近、私の周りで足関節に興味を持つ人が多いようです
実は私自身もここ数年、足関節の注目し
施術時に必ずと言っていいほど足関節の可動性をチェックし
問題があれば矯正するようにしています

足関節の動きといえば伸展(底屈)と屈曲(背屈)ばかりが注目されますが
回内・回外と内反・外反という動きも見せます

そういう複雑な動きができるからこそ
平坦ではないところでも安定性をもって立つことができるわけです
ひと昔前のロボットで伸展・屈曲しかできないようなものだと
ぎこちなく安定性に欠ける動きになるのを想像していただければ
ご理解いただけるでしょう

足には26個の骨と31の関節があり
それぞれが共同してきめの細かい動きに関与します

逆にいえばそれらが健全な動きをしないと
他の部位に負担をかけトラブルになることもあるのです
二本の足で体重を支えているわけですから
立っているだけでも結構な労力になる上に
歩いたり走ったりすればなおさらのこと
「ああ~しんど」という声が聞こえてきそうです

実は足関節に興味を持ったのは筋膜の連続性を勉強してからのことなんですが
筋膜の連続性は何種類かに類型化されています
そしてそれらのほとんどに足関節をまたぐ筋肉や筋膜からスタートしているのです

こういう考え方では一つの部位に起きた症状を
連続性を基に多角的に考えることになります
簡単にいうと痛い場所と違うところに原因を求める
そんな感じになります

結局私が今感じているのは足関節の問題で
様々な部位に影響を及ぼしているのではないかということ

例えば腰痛や膝痛でも足関節が影響しているかもしれない
実際はそれ以上に広範囲にかかわってくる問題じゃないかとさえ思っています

ところが足は痛いわけでもないし
普通に歩くこともできるので本人は無自覚
私が触ってみると可動域に問題があることが露呈します
さらに足関節の可動域が改善すると
主訴も軽減してくるというケースがかなりありました

私の周りの生活では山のような勾配のある所の上り下りもなければ
土や石で凸凹の道をあることがほとんどありません
いわば足関節が複雑な動きをする必要性は感じられません
そんな生活を続ける間に知らず知らずに可動域が制限されているのではないかと推察します

それが身体に様々な影響をもたらしているのなら大いに問題ありです
まだわからないことの方が多いので私の頭の中もまだ整理されていませんが
当分意識して足の動きに注目したいと思います

| | コメント (0)

2017/05/16

間違った動き

今、武道系の身体操法に関する本を読んでいます
その中で人間は「地球上唯一、身体の使い方を間違える動物」というくだりがありました
確かにそういう雰囲気はありますよね

人間は身体の動きだけではなく
身体の機能においても間違うことがしばしばありますし
能力の面を見ても犬ほど鼻が利かないし
渡り鳥と比べると私なんかかわいそうなほど方向音痴ですし
第六感も利きません

こういう考え方をすれば人間ってすごく劣っているようにも思えます
それでも地球上でこれだけ我が物顔で生きているのは
動きを間違えてもたいして問題なく過ごせる環境にあるからなんでしょうね

人間は服を着ます
だから体温調節は服でもできるし
屋内だと冷暖房で調節できるから
人間本体の体温調節機能は低下してるんじゃないかと感じています
体温調節の間違いで体調を崩す人は多いですからね

歩くのだって走るのだって間違えたってそんなに大きな問題は起こりません
走り方を間違えると当然速度は出ません
でも人間は天敵から逃げる必要もないし
獲物の動物を全力疾走で追いかける必要もないから
効率的な走り方ができなくても死ぬことはありません

靴を履きなれたせいで足の指の使い方が下手な人がけっこういます
それでも死にはしませんからね
ある意味野生の動物でなくてよかったかもしれません

以前読んだ本で「野生のゴリラは人間よりも元気」だということを前提に書かれた健康法を見たことがあります
おそらくそういうデータをとったのではなく
筆者の想像で書かれたものだと思います

これはどういうことかといえば
人間は病気になっても医者や薬、あるいは手術まであるわけで
病気になってもすぐに命を落とすわけではないということ
野生の動物は病気になっても頼れるものは自然治癒のみ
病気が治らなければ死んでしまいます
あるいは食料を獲れないと飢え死にします
だから野生のゴリラは元気というよりも
元気でないゴリラは生き残れないといった方が
同じ想像でも事実に近いんじゃないでしょうか?

結局文明というものは生きるのに好都合だということ
身体の使い方を間違えても死にはしませんし
病気になってもすぐ死ぬとは限らないし
走るのが遅くても天敵に食われずにすむわけで

安易に自然界の動物と比較して
どちらかがいいとか悪いとかの問題じゃなく
いい面もあれば悪い面もある

そのうえで本来の身体の正しい使い方を知って
より元気により効率的に生きて動ければ
なおよいということではないでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧