2017/06/15

風邪をひく日

一週間前に梅雨入りはしたものの
先週の水曜日から雨は降っていません
前半戦は空梅雨なんでしょうかね?

ここのところの気温の推移を見ていても
最高気温と最低気温の差が激しく
それが原因で自律神経系の問題を抱えた人が多く来られます
また逆に予約を入れていただいていたのに風邪をひいてしまい
キャンセルを余儀なくされる方も毎週何人かいらっしゃいます

冬でもないのになぜ風邪をひく人が多いのかといえば
昼間の暑さに慣れた身体が逆に明け方の寒さに耐えられず風邪をひく人が多いと見ています
最高気温と最低気温の差が8℃を超えると耐えられなくなると聞いたことがありますが
やはり差が10℃を超えると忙しくなるのが現実

私はいつも天気予報を見ていますが
明け方の気温が前日よりも2~3℃下がる日は
「風邪をひく日」として要注意
必ず寝るときに厚手のものを着るか
一枚多い目に着るようにして用心します
あるいは厚手の布団を傍に置いていつでも使えるようにしています

そうしないと寒くて目が覚めることがこの時期でもありますからね
そうなると喉が痛くなったり鼻が詰まったり風邪の兆候が出だします
事前に注意しておけばそれも未然に防ぐことができます

毎朝8時すぎに体温と血圧を測りますが
体温がいつもより低い日は「風邪をひく日」と認定し
一日中上着を羽織ったりします
間違えても靴下を脱ぐことはしません

私の場合体温が36.3℃以下になると調子が悪くなります
油断していなくてもこれだけ気温差があれば
フツウについていけません
だからこそ予防の意識だけは持っていないといけません

| | コメント (0)

2017/06/09

足関節

Img044

最近、私の周りで足関節に興味を持つ人が多いようです
実は私自身もここ数年、足関節の注目し
施術時に必ずと言っていいほど足関節の可動性をチェックし
問題があれば矯正するようにしています

足関節の動きといえば伸展(底屈)と屈曲(背屈)ばかりが注目されますが
回内・回外と内反・外反という動きも見せます

そういう複雑な動きができるからこそ
平坦ではないところでも安定性をもって立つことができるわけです
ひと昔前のロボットで伸展・屈曲しかできないようなものだと
ぎこちなく安定性に欠ける動きになるのを想像していただければ
ご理解いただけるでしょう

足には26個の骨と31の関節があり
それぞれが共同してきめの細かい動きに関与します

逆にいえばそれらが健全な動きをしないと
他の部位に負担をかけトラブルになることもあるのです
二本の足で体重を支えているわけですから
立っているだけでも結構な労力になる上に
歩いたり走ったりすればなおさらのこと
「ああ~しんど」という声が聞こえてきそうです

実は足関節に興味を持ったのは筋膜の連続性を勉強してからのことなんですが
筋膜の連続性は何種類かに類型化されています
そしてそれらのほとんどに足関節をまたぐ筋肉や筋膜からスタートしているのです

こういう考え方では一つの部位に起きた症状を
連続性を基に多角的に考えることになります
簡単にいうと痛い場所と違うところに原因を求める
そんな感じになります

結局私が今感じているのは足関節の問題で
様々な部位に影響を及ぼしているのではないかということ

例えば腰痛や膝痛でも足関節が影響しているかもしれない
実際はそれ以上に広範囲にかかわってくる問題じゃないかとさえ思っています

ところが足は痛いわけでもないし
普通に歩くこともできるので本人は無自覚
私が触ってみると可動域に問題があることが露呈します
さらに足関節の可動域が改善すると
主訴も軽減してくるというケースがかなりありました

私の周りの生活では山のような勾配のある所の上り下りもなければ
土や石で凸凹の道をあることがほとんどありません
いわば足関節が複雑な動きをする必要性は感じられません
そんな生活を続ける間に知らず知らずに可動域が制限されているのではないかと推察します

それが身体に様々な影響をもたらしているのなら大いに問題ありです
まだわからないことの方が多いので私の頭の中もまだ整理されていませんが
当分意識して足の動きに注目したいと思います

| | コメント (0)

2017/05/16

間違った動き

今、武道系の身体操法に関する本を読んでいます
その中で人間は「地球上唯一、身体の使い方を間違える動物」というくだりがありました
確かにそういう雰囲気はありますよね

人間は身体の動きだけではなく
身体の機能においても間違うことがしばしばありますし
能力の面を見ても犬ほど鼻が利かないし
渡り鳥と比べると私なんかかわいそうなほど方向音痴ですし
第六感も利きません

こういう考え方をすれば人間ってすごく劣っているようにも思えます
それでも地球上でこれだけ我が物顔で生きているのは
動きを間違えてもたいして問題なく過ごせる環境にあるからなんでしょうね

人間は服を着ます
だから体温調節は服でもできるし
屋内だと冷暖房で調節できるから
人間本体の体温調節機能は低下してるんじゃないかと感じています
体温調節の間違いで体調を崩す人は多いですからね

歩くのだって走るのだって間違えたってそんなに大きな問題は起こりません
走り方を間違えると当然速度は出ません
でも人間は天敵から逃げる必要もないし
獲物の動物を全力疾走で追いかける必要もないから
効率的な走り方ができなくても死ぬことはありません

靴を履きなれたせいで足の指の使い方が下手な人がけっこういます
それでも死にはしませんからね
ある意味野生の動物でなくてよかったかもしれません

以前読んだ本で「野生のゴリラは人間よりも元気」だということを前提に書かれた健康法を見たことがあります
おそらくそういうデータをとったのではなく
筆者の想像で書かれたものだと思います

これはどういうことかといえば
人間は病気になっても医者や薬、あるいは手術まであるわけで
病気になってもすぐに命を落とすわけではないということ
野生の動物は病気になっても頼れるものは自然治癒のみ
病気が治らなければ死んでしまいます
あるいは食料を獲れないと飢え死にします
だから野生のゴリラは元気というよりも
元気でないゴリラは生き残れないといった方が
同じ想像でも事実に近いんじゃないでしょうか?

結局文明というものは生きるのに好都合だということ
身体の使い方を間違えても死にはしませんし
病気になってもすぐ死ぬとは限らないし
走るのが遅くても天敵に食われずにすむわけで

安易に自然界の動物と比較して
どちらかがいいとか悪いとかの問題じゃなく
いい面もあれば悪い面もある

そのうえで本来の身体の正しい使い方を知って
より元気により効率的に生きて動ければ
なおよいということではないでしょうか?

| | コメント (0)

2017/05/10

連鎖

近年ギョーカイでは「筋膜の連続性」に着目する方が増えています
私が知らなかっただけなんでしょうが
この世界に入ったことは骨格の歪みを治すことが主流で
こういう発想をする方はまだそんなに多くなかったように感じています

どちらが正しいというのは実にナンセンスでして
身体の中で起こっていることは決して一つだけではなく
身体の中で不活性が生じると様々な部位や器官の機能が損なわれ
骨がゆがむこともあれば、筋拘縮も起こります

10年ひと昔くらいかもうちょっと早いサイクルで
ギョーカイの視点が移り変わるだけのことだと考えています
どうしても新しい視点には注目が集まり
古い発想による主義は軽視される傾向は否めませんが
それでもそこそこ効果があったからこそ
その時代時代の注目を浴びたわけで
古いから効果がない(薄い)というのは当たりません

ここ10年ほど注目を集めてきた筋膜でさえ
年数がたてば同じようなことになるかもしれないということ

なぜかというと筋膜リリースを使う術者のすべてが
上手く技を使いこなせるとは限りませんし
それ以前に身体の見立てができないようならお話にならないでしょう

いかなる新しい技が登場してもきちんとした見立てをして
的確な施術ができる者はそんなに多くないから
結果を出せなかった術者は問題を技に転嫁し
違う手技に手を出すからいつまでたっても中途半端なままなのかもしれません

かく言う私もこれまで様々な手技に手を出してきました
だからここで申し上げた辛辣なお話しは
人様のことというよりは私自身のことです

中途半端に覚えた手技は結構数多いのですが
それぞれが未熟なせいもあり上手くいくときもあれば
かすりもしないときもあります

ただそれぞれの技になっとくできる理(ことわり)を感じたからこそ
会得したいと思って勉強したわけですから
そんなに悪いものではないと思います

むしろ問題なのはこれまで触れてきた考え方やそこから導き出される技法が
孤立しているところにあるのではないかと思っています

最初に申しあげたとおり筋膜のみならず
身体には無数の連鎖があるわけでして
その事実に対峙するには技も連鎖させないと
大きな効果を生み出せないのではないかと思うようになってきました

オステオパシーの創始者A.T.スティルが「身体はひとつのユニットである」と言ってたように
我々が使う技もバラバラの単品であってはいけないように思います

| | コメント (0)

2017/03/09

寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー


温度差による刺激によって鼻の粘膜の血管が広がり、むくんで鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こすもの。血管運動性鼻炎vasomotor rhinitisともよばれる。寒いと体温を保持し、暑いと体温を発散させる自律神経が、摂氏7度を超えるような温度差に対応できなくなったものである。花粉症の時期でもないのに、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状が出て、不眠、いらいらする、疲れやすいといった症状のほか、じんま疹(しん)のような皮膚症状が加わることもある。風邪気味なのに熱はなく、目の炎症や充血もなく、無色透明の鼻水が出ることなどが特徴である。暑さ・寒さの温度差が大きい日々のなかで、考えられるアレルギーの原因物質(アレルゲン)を検査してもみつからない場合には、寒暖差アレルギーである可能性が高い。
 男性よりは女性に多い。とくに運動不足の成人女性は筋肉量が少なく、冷え性・自律神経失調症になりやすく、服装などの問題もあり発症しやすい。近年の日本の秋、梅雨期、夏などの気象は変化が激しく、温度差が年々拡大しており、患者は増えている。治療法はアレルギー性鼻炎と同様、抗ヒスタミン剤とステロイド点鼻薬が中心であるが、冷え性・自律神経失調症対策として漢方薬や鍼灸(しんきゅう)も有効なことがある。

今年は暖かいので杉の木花粉の飛散量が多いと聞きました
私も一応花粉症は治ったものの
花粉がたくさん飛んでいるときは心なしか鼻がムズムズ
花粉症に悩まされていた時期はホント嫌な季節でした

しかも花粉症だけではなく寒暖差アレルギーというのもあるそうです
ここのところ天気予報を見てても
最高気温と最低気温の差が10℃前後の日が増えています
だいたい腰痛館でもそういうときは忙しくなります
来られる方の多くは自律神経の乱れが原因だろうと思しき方

温度差が10℃前後になれば体温調節機能が追い付きませんもんね
それで引き起こされる症状は様々ですが
寒暖差アレルギーというのまであるんですね

私がかつて悩まされた花粉症は湿式と乾式の花粉症があるといわれる中
(漢方ではそんな分類があるそうです)
典型的に湿式の症状だったのです
でも寒暖差アレルギーというのを見たら
どちらかといえば花粉症ではなくて
寒暖差アレルギーに該当しそうな気がします

治ってしまった今では検証の術もありませんが
当時は冷えで悩んでいた時期だったので
雨が降ったり花粉の飛散量が少ない時にでもきつい症状に悩まされていました

それにしてもいろんなアレルギーがあるもんです

| | コメント (0)

2017/02/14

運動後急性腎不全

たまたま目にしたネット上の論文で「運動後急性腎不全」というのを知りました
名前だけ聞くと全く関係なさそうなんですが
短距離をダッシュで走ったときなんかに
激しい腰痛を起こすことがあるそうですが
その原因が急性腎不全ということもありうるというお話

腰痛と言ってもこういうケースは我々の守備範囲外
早急に病院に行ってもらわないといけませんが
こういうことも知っておかないと
わけがわからないままに施術してしまうかもしれませんからね

無酸素運動をした若い男性によく起こる症状だそうですが
低尿酸血症が影の要因になるとの指摘もあるそうです

無酸素運動をしたことがきっかけで
腎臓の血管攣縮が起こることで腰に痛みが走るんだとか

詳しいことはこちらの論文に書かれています

| | コメント (0)

2017/01/31

膝窩筋

100
(図:身体運動の機能解剖より)

膝の構造は複雑で伸展・屈曲が機能の中心となりますが
ほんの少しだけ回旋運動もします
それにお気づきの方はあまりいらっしゃらないでしょうが
この膝窩筋が内旋する役割を果たします

ただし単独で内旋をするというのではなく
半腱様筋、半膜様筋、縫工筋、薄筋らと共同して内旋します
ところが膝窩筋を除いてはすべて二関節筋といって
二つの関節をまたぐ筋肉ですが
図をの通り膝窩筋だけは単関節筋です

膝関節は最終伸展時にスクリューホームムーブメントといって
わずかに脛骨が外旋をします
その状態が膝関節にとって一番安定した状態となります
クローズパックドポジションと呼ばれるこの状態は
関節にロックがかかったような環境で
膝窩筋はそのロックを外すために下腿を内旋させる
いわば鍵のような役割を果たします

この作業がスムーズに行われて初めて
安定した伸展・屈曲が可能になります
先ほど半腱様筋・半膜様筋・縫工筋・薄筋も下腿を内旋する筋肉として挙げましたが
膝窩筋同様これらも下腿の内旋をするので
これらの筋肉によっても膝関節の屈曲・伸展にも影響があるということになります
ということは股関節に何らかの問題がある場合膝関節に影響を及ぼすわけです

だから膝関節の伸展・屈曲の問題において
分けて考える必要があるのは
股関節にかかわる問題からの影響を受けているか
あるいは膝関節単独の問題点であるかどうかということです
私の経験則ではどちらかが単独で膝関節に影響しているケースはむしろまれで
多くの場合、複合型が多いという認識です

一応股関節からアプローチして
それでも変わらない場合膝窩筋に問題があると判断してはいますが
最初にどちらかに問題があったとしても
当然膝関節の動きに大きなストレスとなりますので
痛みが発生する段階では両者にも問題が生じているのでしょう

原則としては膝関節の伸展制限は前面の筋肉の問題
そして屈曲制限は後面の筋肉の問題
単純にそう捉えていますが
スクリューホームムーブメントという独特の動きを考えれば
膝窩筋という小さな筋肉も無視できない存在になってきます

| | コメント (0)

2016/12/20

心で食べる

私が子供のころ60歳を超えると腰が曲がった人も多く
見るからにお年寄りって風体をされてました
自分自身がその年代に近づくと
今の60代の人って若く見えますし
実際に体力もおありです

60代だけではありません70代の人も80代の人もお元気です
寿命が伸びただけではなくそれなりに体力がある方も大勢います
一方寿命が延びた分だけご病気に罹る人も増えます
問題は寿命よりも健康年齢がどれだけアップしているかだと思います

やはり戦後から食糧事情や環境が変わったことが長寿の理由だと思います
むかしは体にいいものを食べていたとも思いますが
いかんせん量的な問題もありましたし
決して種類も豊富ではなかったようです

一部の食品だけを見て昔はよかったとするむきもありますが
全体像を見れば現代の方が寿命も延びたし
元気なお年寄りも増えたと思います

半面、有害物質を含む食品も多く
食べ過ぎによる病気も増えているのは事実です
世の中いいことだけではなくデメリットも必ずついてくるようです

人々が健康でありたいと思う気持ちは今も昔も同じ
それで様々な健康法や食事療法、サプリメントなどが
今の時代あふれかえるに至りました

これはこれで玉石混交
先日も充分なエビデンスがない水素水
効果・効能をうたった宣伝に対し待ったがかかりましたが
儲けたいがためにいい加減なものも少なくありません

効果のないサプリメントや健康食品
有害物質の入った食料品
そこそこ栄養が取れる時代になったらなったで
余計な心配事を抱える羽目になりました

健康に関する様々な情報があふれかえります
誰しも自分の身は可愛いので
身体にいいものを採り
身体に悪いものを排除したいという気持ちは
ひと昔前に比べて強くなったようです

ともすればお腹がすいたから食事をとるというよりも
健康情報を食べているような人も見受けます

それぞれの方が信じておられる健康法を批判するつもりはありませんが
美味しくいただく、楽しんでいただく
そんなシンプルな食べ方が出来なくなった人もいらっしゃるようです

| | コメント (0)

2016/12/16

遺伝

先日のことです
施術中の会話で身内の方がガンでお亡くなりになったそうで
調べてみると親戚の多くがガンになられたとか
それで急に不安になって
自分もガンになるに違いないと考え
沈んでおられた方がいました

こういう発想の方って世間ではけっこうおられるんですが
私はあっさりと笑い飛ばしました
「遺伝が原因でガンになられる方がどれくらいの割合かご存知ですか?」
こう尋ねたのですが、そんなことまでご存知の方は少ないはず

実は遺伝が原因でガンになられる方は
わずか5%にしか過ぎないのです

私が言っても信用してもらえないでしょうから
いつもアンチエイジングの情報をいただいている
東海大学医学部教授の川田浩志先生の著書
サクセスフルエイジングのための3つの自己改革
詳しいデータが載っているのをお見せして説明しました

多くの方が遺伝でガンになると思ってらっしゃるようで
その実は似るのは遺伝子ではなく
ガンになりやすい生活習慣だったということです
食事・タバコ・ウィルス・運動不足など様々な原因があるようですが
意外に自分でコントロールできる項目が多いことを知っておくべきです

この本にはそれ以外にも有益な情報が満載ですので
興味がおありの方は一度お読みいただきたいのですが
ガン以外にも様々な病気があります
そして自分でリスクを減らすことができるものも多いのです

「年を取ったから」ということを言い訳にしても
病気になれば苦しむのはご自身
生活習慣を変えたからといってすべてのリスクを排除できるほど
世の中は甘くはありませんが
何もしないで手をこまねいているより
積極的にリスクを減らす努力を
生活習慣に取り入れる方が
万が一何かあっても後悔しないですむかもしれません

| | コメント (0)

2016/11/30

腰痛と横隔膜

Img032

横隔膜というのは胸とお腹を分ける仕切り版みたいな筋肉です
「膜」と呼ばれてはいるのですがこれがれっきとした筋肉
お肉屋さんに行けば「ハラミ」として売られています

私が施術する際に最も重要視する筋肉の一つです
横隔膜の仕事は何といっても呼吸
横隔膜を引き下げることで息を吸うことができます

たまに世間で妙な誤解をされている方もいて
横隔膜を使って腹式呼吸をしながら歌うなんてことを言う人を見かけたことがありますが
横隔膜は息を吐くときには使いません
むしろ脱力状態でなければ十分に息を吐いて声を出すことはできません

なぜ横隔膜を必ずチェックするのかといえば
腰痛の人は高い確率で横隔膜が緊張しているからです

腰痛関連で重要な筋肉はたくさんありますが
その中でも大腰筋とは胸椎12番でつながっています
筋肉単独でいえば別々のものではありますが
これらの筋肉を覆う筋膜が連続性を持ち
緊張は様々な方面へと連鎖することがあります

そういう点で大腰筋が緊張している人の多くは
横隔膜も緊張しています

腰痛だけではありません
横隔膜が緊張すると次に連鎖するのは
胸郭を覆う筋肉が硬くなります
肋骨は首の付け根から12対の骨が出て胸郭を構成しますが
肋骨の上あたりが緊張すると「肩こり」と呼ばれるようになります

言い出したらきりがないほど横隔膜は
様々な症状に一枚噛んできます
逆にいえば腰痛で腰だけをアプローチしても
その場は気持ちいいのですが
2~3日たったらまた元に戻ったというケースもよく聞きます

横隔膜が緊張したままで放置すると
そこからジワッと元通りの症状に引き戻されることも少なくありません
施術する側にしたらすごく厄介な要素があるんですよ

もちろん横隔膜だけ楽になっても症状が取れることってあまりありませんが
無視するとけっこううるさいヤツだったりします

| | コメント (0)

より以前の記事一覧