2017/04/17

生体の調節機能

Img043

生体の調節機能 高木健太郎

皮膚というのはとても興味深い組織で
内臓に対して「外臓」なんて呼ばれる方もおられるほど
単なる身体のパッケージという機能以外にも不思議な面を持ちます
今まで皮膚に関しては何冊かの本を読んできましたが
身体の内側の状態が皮膚表面に現れるという側面もあります
それならば「逆もまた真なり」ということで
皮膚に対する刺激をもって身体の内側にアプローチをすることも可能なわけです

本書では鍼や指圧を念頭に書かれたものですが
キネシオテープなんかも皮膚に対するアプローチで
身体の内側に影響を与えるといった点で共通するものがあります

ただ問題はどこの皮膚にどういった刺激を与えると
どういう効果があるのかがあまり明らかにされていないというところ
本書はそういった疑問に様々な角度から検証していったことをまとめたものです

体の右側をの皮膚を押すと左半身の発汗が促進されるという発見からスタートして
様々な実験で数多くの興味深い結果を述べられています
よくもまあこんな仮説を考えついたなと感心しました

正直言ってここに書かれた結果について
頭から全部使用はできないというのが率直な感想です
筆者は他人が自分の意見を聞くときは先入観抜きになることを要求されておられますが
自説を述べられるときは少々強引にご自身の仮説が正しいという方向にもっていかれます
そういう傾向を少なからず感じました

例えば皮膚を圧迫するということは皮膚だけではなく
筋肉などの内側にも刺激が行くことがフツウに考えられますが
筆者はそれを論じることなく
すべて皮膚に対する刺激としておられます

だから間違っているというつもりはありませんが
ここに書かれたことは留保つきで覚えているにとどめた方がいいかもしれません
それにしても面白い研究です

私が小学6年生のときに出た本ですが
引き続きこういう研究をされている方はいらっしゃるんでしょうかね?

| | コメント (0)

2017/04/13

月刊トレーニングジャーナル5月号

Tj

月刊トレーニングジャーナル5月号
今月のテーマは栄養摂取と水分補給

どうも私が学生のころはクラブ活動中に水を飲むのが厳禁だった時代
いかにさぼって蛇口に近づくかが頭の使いどころ
下級生の間はそれもできずにひたすら消耗戦に耐えたものでした

今では真逆に積極的に水分補給を促されるのですが
それでも最近は水を飲む量やタイミングまでもが管理できるようになったからスゴイもの
飲みたくなったら飲むでは効率が悪いようです
環境や競技に応じた飲み方もあるそうです

この記事で体重の2%の水分喪失で
運動機能の低下や脱水症状が起こることを初めて知りました
体重50㎏の人で1kgというのが目安になるわけですね

水分だけではなく栄養の摂取に関しても
様々な工夫がされているようです

Imgp0081

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「鼻つまみ」
今回で90回目となりますが
初登場なのが鼻

まあ、言っちゃなんですがあまりいい言葉が見つからない「鼻言葉」
どうして鼻がそんな扱いを受けるのか?
鼻が虐げられてきた歴史を紐解きます

| | コメント (0)

2017/04/04

アスリートの骨盤を守る

Sq189
月刊スポーツメディスン189

今月の特集は「アスリートの骨盤を守る」

治療家を名乗る人には骨盤に対し一家言を持つ人が多いでしょう
ただそれが幅広い見識であるかどうか甚だ疑問です
人様のことより自分がそうであることを感じました
薄々は気づいていたんですけどね

ここまで骨盤のマルアライメントについて幅広い研究が進んでいるとは思いませんでした
マルアライメントとは平たく言えば「歪み」
骨盤の歪みといえば我々の飯のタネみたいなもの
それなのにこれだけきめの細かい分析があるんだとはちょっと焦りましたね

原因因子、症状、運動機能障害、防御反応
それぞれについての関係性が整理して書かれてあるのはすごくありがたいです
そして評価法もあるので使ってみようと思います
疼痛の原因やどこに問題があるかがわかれば
すごく助かります

| | コメント (0)

2017/03/28

電子書籍

Photo

初めて電子書籍なるものを買いました
今までお試しの作品なんかを無料でダウンロードしたことはありましたが
お金を払って購入したのはこれが初めて

51wfinbzual_sx350_bo1204203200_
カラー図解 筋肉のしくみ・はたらき事典
これなら調べものをするときいちいち本を出して探さなくても済みます
しかもKindle版だと216円という価格
これは安いです

日本人は古いものを大事に使うという美徳があります
FAXなんてビジネスで使っているのは日本だけなんだと聞いたことがありますが
これからは電子書籍の時代だと言われて久しいのですが
そんなに普及してないんじゃないですか?

私もやっぱり紙でできた本の方がありがたみを感じます
そして何より所有感があるんですよね
けっこう古い頭してるんだなと感じてしまいます
800枚ほど音楽CDを持っているのがその証拠
音楽配信なんていまだにやったことがありません

このブログのサイドバーで音楽配信のダウンロードをお願いしているにもかかわらず
当の本人は音楽配信のやり方もわからないというこの矛盾(笑)
ここから電子書籍になじんでいくのでしょうか?

最近、筋肉のことを知っているようで
実は知らないことが多すぎると感じています
これを見てしっかり勉強しなおしたいと思います

| | コメント (0)

2017/03/22

長生きの統計学

51ppo3lfepl_sx340_bo1204203200_
長生きの統計学 川田浩志

東海大学医学部教授の川田浩志先生の新刊です
この間禁煙して9年が過ぎました
ということは川田先生に出会って10年目ということになります
川田先生の本を読んだことがきっかけで突然禁煙を始めました
なにせタスポを申し込もうと写真を撮った翌日ですから
その突然さはご理解いただけるでしょう
それだけその本の説得力があったのと
川田先生ご本人の激励の声も私の支えとなりました

以来健康情報・アンチエイジング情報を数えきれないほど提供していただき
自分で取り入れられることだけは長く続けました
もっとも健康オタクともいえる川田先生が実践なさっていることを全部やってたらきりがありません
長く続けるためには自分がいいと思ったもの
長く続けられるだろうと思ったものを自分で選択して実践しております

なんやかんやで10年の歳月が流れましたが
確実に若返ったことは声を大にして申し上げておきたいです
まあ、普段の私の生活を知る人なら
どれくらい元気であるかはお分かりいただけるでしょう

さて今回の新刊ですが
「長生きの統計学」というタイトルですが
様々な健康情報が巷にあふれる中
実際に効果のあるものってどれくらいでしょう

中には裏付けのない健康情報や
誤った知識によるアンチエイジング法で
逆に健康被害を受けたケースもよく耳にします

健康法の取捨選択のキーワードはエビデンス
この本に書かれている情報は
きちんとした裏付けがあってのものですから
信頼に足りるわけですし効果に対する期待も高まります

冒頭に書かれていましたが
身体に対する変化を求めるなら
それ相応の時間が必要です
私も何年も実行したうえで効果を感じているのです

ココアがいいと聞いたらスーパーに買いに走って
一週間ほどでやめてしまうなら
効果を望む方がムリというもの

年数をかけてじっくり取り組むのであれば
なおさらしっかりした裏付けを提示していただきたいものです
本書ではそういう点で「なるほど」と感じることばかりです

一度お読みいただいて自分自身長く続けられそうなことを
いくつかピックアップして2~3年ほど試してみられることをお勧めします
そしてもっといろんなことを試してみたくなれば
その時にもう一度読み返していただいてやってみることを増やすというのもアリだと思います

「食事」「運動」「メンタル」「生活習慣」
健康にとって重要な要素は一つだけではありません
これらのバランスが整っていてこそ得られるものだと思います

例えばメンタルだって単なる自己啓発の本ではありませんので
科学的な裏付けがしっかりと解説されています
心と身体の若さと健康をしっかり面倒見てもらえる一冊だといっていいでしょう


とりあえず今回は鷹の爪とニンニクとオリーブオイルを使って
キノコのマリネでも作ってみようと思います
それを食べながらどんな健康法を試してみるか考えることにします

| | コメント (2)

2017/03/21

どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害

41285382jyl_sx349_bo1204203200_
どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害
「生きにくさ」の理解と援助のために

引き続き自閉症スペクトラム関連の本を読み漁っていますが
本などの情報だけではだんだんまとまりがつかなくなっていたところです
タイミングよくこの本に出合ってなんとなく整理ができたような気がします

アスペルガーの正しい理解のための
解説は非常にありがたかったです
人によりそのパターンも異なりますので
個別の理解はなかなか難しいところです

具体的なエピソードも多く紹介されていましたので
ご家族や支援者の方がどういう対応をされているかも知ることができました

そして関わり合いの中でどう考えどう行動すればいいか
いわば家族や支援者にとって一番知りたいことが書かれています

各々のケースで全く違うというのがスペクトラムたるゆえんでもあります
それだけに関わり合い方には正解はないのかもしれませんが
ヒントになることは間違いないと思います

| | コメント (0)

2017/03/20

技を育む

41cidx2whal_sx343_bo1204203200_

技を育む 神田橋條治

なんかしら惹かれるところがあるお方です
精神医学の権威で精神科のお医者さんたちにも尊敬され
患者からも愛され
医師としてだけではなくその人格態度に至るまでスゴイと思うお方です

たいてい我々のような民間療法士の尊敬を集める医師というのは
他の医師からはあまり相手にされない方が多いのですが
神田橋先生はその辺のところが大きく違います

「技を育む」というタイトルのこの本
神田橋先生の治療は俗に言う西洋医学にとどまらず
手技療法や漢方など手あたり次第とでもいうべきか
とにかく使えそうなものは何でも使っておられます

こだわるのは治すということだけで
西洋医学にこだわるという内向きの姿勢ではありません
この本を読んであきれるほどいろんなことを学んでこられたことが初めてわかりました

この本を読んで何でもいいからおこぼれに預かることがあれば
そんな期待感もあってというよりそれがモチベーションで読んでみたんですが
それがムリだということに気づきました
というのは一つ一つの技が膨大なる研究や思考によって裏付けられたものであるから
本を一冊読んだくらいで得られるものはないという
至極当然のの結論に達したのであります

逆に言えば神田橋先生が長い時間をかけて会得したことは神田橋先生にしかできなくて
私が長い時間をかけてこれから会得するであろうことは私にしかできないということ
それだけがこの本を読んでわかったことかもしれません

| | コメント (2)

2017/03/16

トレーニング負荷の設定

Tj

月刊トレーニングジャーナル4月号

今月の特集は「トレーニング負荷の設定」
最近私の周りでウェイトトレーニングをなさっている方が増えています
流行りなんでしょうかね?
近くにジムが増えてきましたからね

しかし問題なのは負荷に対してどう考えているか
多くの人はトレーニング自体が目的になってますんで
負荷は大きければ大きいほどいいという発想になりがちです
より多くの困難を乗り越えた方が将来幸せになれるみたいな感じですかね?

ところが競技のためのトレーニングになると
負荷や回数、休息など競技特性に適したやり方でないと
効率が悪くなるばかりかケガのリスクも高くなりがちです

その点についての指針が紹介されています
様々なチェックポイントで負荷の設定をすることができるようです

今回の特集で気になったのは「シナプソロジー」

私が説明するよりこの動画を見ていただいた方が
ご理解いただきやすいでしょう

本特集では競技中での状況判断に対する訓練という位置づけで解説されていますが
このメソッドだと介護や発達凸凹っ子の支援にも有効だろうと感じました
ちょっと試してみたいと思います


Imgp1733

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今回のテーマは「一目散」
一目散に逃げてどこへ行くのでしょう

逃げるのは本当に恥なんでしょうか?
そして逃げたらどのように役に立つのでしょう?

話題のアノ人たちのセリフをもう一度検証してみます

| | コメント (0)

2017/03/08

脳を鍛えるには運動しかない!

51hm6jlezol_sx346_bo1204203200_
脳を鍛えるには運動しかない! ジョンJ.レイティ

「発達障害は治ります」を読んでいるとこの本のことが紹介されてましたので即座にAmazonで購入
発達障害だけではなくこういうアプローチに興味があったので迷わず取り寄せました
以前に「運動も勉強もできる脳を育てる 『運脳神経』のつくり方」という本を読みましたが
運動でも勉強でもまずどこが鍛えられるかといえば脳
運動器だけでは運動はできないんですよね
言い換えれば身体を動かすことが脳の発達必要だということ

本書はストレス、不安、うつ、ADHD、依存症、ホルモン変化、加齢という項目に分けて
それぞれの問題点を分析して
その解決策としてそれぞれに適した運動の方法論を解説したものです
やみくもに動けばいいというものでもなさそうです
やはり効果の高い運動を選択することは大きな期待可能性を生みます

筆者が実際に実験したデータをもとに
有効性の有無を検証されています
少なくとも想像の産物ではないところに信憑性があります

そういった点でこの本が高い評価を受けるのも納得できます
ただこれらの諸問題はケースバイケースで
かなり個人差があるのですべての人に有効に作用するとは考えづらいのが正直な感想
自分に不利な条件は無視したりする場合もあるでしょうから
ある程度の一般論だと受け止め他方がよさそうです

まあ、薬でも万人に利く薬はありませんから
そういう認識も持っておかないと現場で個人個人に対応できないでしょう

それでも一つの方向性を示してくれるという点で
読んでよかったと思う本です

あと個人的な感想ですが
米英の方って必ずと言っていいほど
エピソードの紹介に紙面を割きます
こちらの知りたい情報よりも多くのエピソードを積み重ねることが米英式なんでしょうかね?
むかしからこういう書き方だと余分な情報が多く
いらち(せっかち)な私としては飛ばし読みをしてしまいます

むかしから米英の学者さんよりドイツ系の学者さんの書いたものの方が読みやすくて納得できたものです
これは文化であり国民性なんでしょうかね?

多少の文句も申しましたが
覚えておくと役に立ちそうな情報が
きちっと整理してあるので面白かったです

| | コメント (0)

2017/03/07

発達障害は治りますか?

41rniiruoel_sx345_bo1204203200_

発達障害は治りますか? 神田橋 條治

神田橋先生は日本で有名な精神科の医師です
10年ほど前に「精神科養生のコツ」という名作を読んで心酔
私の施術においてこの先生の考え方がかなり反映されるようになりました
やっぱり我々の仕事は運動器に対するアプローチが一般的でしょうが
この本を読んでから脳に対する影響をを考えるようになりました

発達障害に関する本を出しておられるのを知ったのは最近の話
いずれ読んでみたいと思ってようやくかないました

内容もさることながら神田橋先生の医師としてのスタンスは
単純に薬や手術で機械的に治そうとする方法とは逆に
しっかりと患者さんに向かい合い
一人一人の患者さんの特性を掴もうとして
そこから病態との関連性を考えだし
神田橋先生ご自身の表現としての治療を展開される
そんなオーダーメイドの治療を本質とされます

言葉で言えば簡単ですが
患者さん一人一人の違いを見抜く目
そして情報を整理できる能力
それらを具体的に治療にできる表現力がないと不可能なこと
そういう発想を知れたこともこの本を読んでの収穫です

だからこそこの本の内容はいろんな視点からアプローチを試みておられる分だけ難しかったといえます

今まで何冊かの本を読んできましたが
発達障害って認定されている人だけではなく
周りにも大勢そういう傾向を持つ人がいると感じるようになりました
だから発達障害と定型発達という分類って便宜上必要なんでしょうが
現実的には難しいと考え出したのですが
私のこういった疑問にも大きなヒントを与えてくれました

正直幅の広いお考えでかえってわからなくなった部分もありますが
わかったような顔をして誤解するよりマシかもしれません

あと一つ気になったのはいろんなお話がでている中で
原始反射に対する言及がなかったことに気づきました
本を書かれた時系列の問題なんでしょうか…?

やっぱりオーダーメイドの治療って難しいけど面白そうです
頭の中を柔軟にしておかないといけませんね

それにしても神田橋先生の使っておられる手技
チャンスがあれば教えてほしいですな


本を読んでいるうちに気になることがあって
関連した本を三冊一度に注文してしまいました
読む時間あるのかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧