2024/03/04

プラセボ学

51knwy6zhwl_sl1117_

プラセボ学 中野重行

「偽薬」つまり偽物の薬のこと

このように訳してしまうと患者を欺く薬という印象になってしまいますが

プラセボの語源は「患者を満足させるか、心理的効果を期待して与えられる活性を有しない物質」だと書かれています

これって方向性が真逆になってしまい

医学的には効果が期待できない物質であるが病気を治してしまう、もしくは治ることを期待してしまうという意味になります

そこからさらに視点を薬に向けると

薬の効果で治ったのかプラセボで治ったのかという疑問すらわいてきます

 

私が言いたいことは本書において

プラセボを批判する内容でもなく

逆に安易にプラセボを肯定するのでもなく

淡々とプラセボに関する研究結果を紹介したものであるということ

つまりはフラットな立場からプラセボを考察し

また薬というものの効果を見つめなおした内容であるということ

 

「プラセボ」についてあまり知らない人の方が

何かしらの先入観を持って語ることも見受けられますが

まずその前にプラセボを客観的に見つめなおすための資料となりうる本です

 

興味深いのは疾患のタイプ別でプラセボの効果の割合が高まったり

そうでなかったりするという現実

当然心理的な要因の強い病態の方がプラセボ効果が高いわけですが

外傷性の痛みに関してはプラセボ効果が高いというのは興味深いです

痛みに強い人とそうでない人の関係ってそういうところにあるのかもしれません

 

そして治癒に至る要因として

薬の効能、自然治癒、そしてプラシーボがあり

原則的に人は自力で治るものであるということも強く関係しているので

単純に薬かプラシーボかという比較にならないのが

プラシーボを評価するにあたり一筋縄でいかないところです

 

その他プラシーボの副作用であったり

プラシーボに関係する要因であったり

様々な角度からプラシーボの研究が紹介されています

 

とてもクールにプラセボに関する研究が紹介されているのですが

表紙に書かれたサブタイトルが実に意味深です

「プラセボから見えてくる治療の本質」

この一言に筆者が本当に問題視しているのが何か

それがなんとなく感じられたりするのです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/28

ずるい考え方

71ncms0furl_sl1111_

ずるい考え方 木村尚義

まずタイトルがいいですよね

「ずるい」というワードにはネガティブなイメージがあります

フツウの考え方なら好印象のワードを使うはずです

推測するに筆者は本書を見かけた人に対し

「なんでこんな不謹慎そうな本があるの?」という違和感を覚えたり

「騙し方でも教えてくれるのかな?」という興味を持つでしょう

「悪名は無名に勝る」とむかし新聞屋の大将が言ってましたが

印象に残らず興味がないというのが最悪のパターンならば

逆張りで「ずるい」というネガティブなワードを持ってくる発想が大好きです

私自身も目立たないくらいなら悪目立ちしたいタイプなんですごく共感します

 

本書の内容はいたってまっとうなラテラルシンキング入門ですので

内容自体は正統派というのが現実です

ロジカルシンキングといって物事を結論と根拠に分け

その論理的なつながりを捉えながら物事を理解する思考法は

学校教育で叩き込まれますが

物事への視方における角度を変えていくことで

さまざまな視点から自由に発想することを試みる思考方法であるラテラルシンキングは

抜け道、裏道みたいな発想なんで教え込まれるような代物ではありません

イメージ的には一休さんみたいにとんちの利いた発想なんでしょうかね?

お笑い芸人さんって常識的な真面目なこといってたら干上がってしまいます

他人が思いつかないような非常識ことをやるから面白いんですね

後は人から嫌われないようなバランス感覚もいるからスゴイ大変だと思います

コンプライアンスが厳しいご時世ですので都合のいいときだけ常識を問う人もいますけどね

 

本書にはきちんと真面目にラテラルシンキングに必要な要素が紹介されています

けっこう今まで類似の本を読んできたんですが

案外覚えていないもので

本を読んだら賢くなれるというものでもなさそうです

しっかりと覚えて行動して身に着けないと

読んでいないのと同じだということも身をもって証明されました

これから年を取ると頭が固くなっていくので

ラテラルシンキングを身に着けて柔軟な発想を身に着けたいものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2024/02/27

経営者にふさわしくない人材の見極め方

712hbreabdl_sl1500_

経営者にふさわしくない人材の見極め方 アイーシャ・デイ

筆者はハーバード・ビジネス・スクールの准教授

イマドキは論文を電子書籍で買うこともできるんですね

紙媒体の本にしても薄っぺらなんで

ちょいと論文を読んでみたいと思うときは

電子書籍は気軽でいいですね

値段も手ごろですしきっとこれからこういうのが増えるんでしょうね

 

米国では2000年代に企業の不祥事が相次いだ。企業はコーポレートガバナンスに経営資源を投じ、規制当局は法律に基づいて監視を強めたが、不正行為はなくなっていない。筆者はこの解決策として、制度や規制を重視するのではなく、企業を率いる人に着目し、CEOのライフスタイルを調査した。その結果、不正行為と相関する資質を2つ特定した。本書では、この研究を概説したうえで、倫理的な過ちを犯しがちな「経営者にふさわしくない人」を、どのように見極めるのかについて解説する。

Amazonの紹介文をそっくりそのまま拝借してきましたが

米国のみならず日本でも不祥事を起こす経営者っているようで

この論文の冒頭でもカルロス・ゴーンの話題に触れられています

こういうヤバイ経営者の特徴を研究されています

 

そんなに難しい話でもないので

軽くネタバレさせてもらいますが

「規則をやぶる」「物質主義」

この二大要素が共通項のようです

 

結局物欲におぼれて規則を破るというのは

そもそも犯罪者的な素質と言ってもいいかもしれませんが

ポイントは犯罪が明るみになってから

容疑者の生活が報道されるから

「悪いやっちゃ」となるのですが

法を犯さずともこういう傾向がある人ってそこらへんにいると思います

犯罪にならない程度なら問題はないはずなんですが

要はこういう生活をしている人が経営者になったら危険という警鐘なわけです

 

私だって物欲はありますが

悪いことをしてまでは欲しいと思わないという規範意識はありますので

一応経営者としてはセーフということになります

ただ他人ごととして捉えるのではなく

抑えている物欲でも大きなお金を動かすことができる環境になったときに

全能感みたいなものが頭をもたげ

軽い規則違反を起こして高級品をゲットして

それが成功体験になり次第にエスカレートするのが

人間の性であったり業であったりするならば

常に戒めの気持ちをもって過ごさないといけないように思います

 

本書は企業のトップにすえる際に

過ぎた豪邸に住んでいるとか高級品を集めているとか

そういう普段の生活を調査してから

任命すべきという内容でした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/21

古書あるある

0022

ビンボー人の私としては高額な医学書は手が出ません

ネットを利用して古本を探すのが常

電子書籍が普及しようとしている現代

値段が安い古本がいずれなくなるのは残念でもあります

学生時代から古書街に通い詰めていた私としては

古本を漁ることが楽しみにもなっています

 

先日ヤフオクで医学書を落札しました

新品で買えば3冊セットで3万円以上の代物

それが送料込みで1700円ですから買わない手はありません

 

到着して現物をみればかなりきれいな古書です

ただ面白いのは「図書除籍証明書」という紙切れが挟んであったこと

ある医大の図書館からのお下がりということになります

さすがに図書館で保管されていたものですから

書き込みや線引きもなく状態はとてもよかったです

図書カードを差し込む袋もそのままついているのが懐かしいです

 

以前も著者から献本を受け取った方が

そのまま売ってしまった本を入手したことがありましたが

古書にもそれぞれ固有の歴史があり

偶然それを知るのは面白いです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/19

スポーツ医科学のこれから

Tj202403

月刊トレーニングジャーナル3月号

今月の特集は「スポーツ医科学のこれから」

むかしは経験則にたよるところが大きかったスポーツ医科学も

近年客観的に捉えられる基準が増えてきたように思います

それは医科学そのものが進化し

そのままの流れでスポーツの世界に組み込まれてきたようです

 

とりわけ指導者の体験を基にしたものから

トレーナー、医師、PTなどスポーツ経験のない専門家が

それぞれの強みを活かして異なる視点からのアプローチが

次第に広がってきていることは間違いありません

「以心伝心」という言葉は尊いものである一方

必ずしも共通した認識が各々に共有されているとは限らず

ギャップがあることも事実です

そこで意思疎通に客観的なデータがその媒介となることにより

明確な基準が設けられ

組織全体がしっかりとした共通認識を得ることが可能になります

 

また病気やケガから元に戻す目的のリハビリテーションの知識も

視点を換えれば身体機能のレベルアップにも役立つという面は

現代のスポーツにとって欠くことのできない要素となりつつあります

機能向上という目的はそれぞれの段階において目標となりうるようです

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今回のテーマは「膝で腸詰を折る」

とうとうフランス語の諺まで登場するようになりました

今の時代「腸詰」という言葉もご存じない方も多いみたいですが

羊などの腸にミンチ肉を入れて作っているのがウィンナーソーセージです

 

いうまでもなく歯で噛むか、ナイフやフォークを使ってウィンナーを折ります

膝でウィンナーを折る人は見たことありません

それだけ非常識な手段ということです

でも合理的な手段を取れる人ってどれくらいいるんでしょうね?

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/13

末梢神経と筋のみかた

71zzbqo9qxl_sl1500_

末梢神経と筋のみかた

2020年のことです

夏のある日、突然首が痛くなり

右腕まで激痛が走りました

しかも寝てたらマシですが

起き上がって頭の重みが頸椎にかかると痛みがひどく起きてられなくなりました

 

こういうケースは頸椎のヘルニアや脊柱管狭窄症などの可能性もあり

下手に動かすと悪化する恐れがあると感じました

仕事でもこういうケースではまず病院で画像所見による判断が第一だと促しますので

当然、自分の時もそれに従いました

結局、MRIでも異常はなかったので

自分で第5頸椎にかかわる神経を全部調べたら

C3~5から横隔膜まで走行する横隔神経が怪しいと感じ

自分で横隔膜に刺激を入れたら

アッサリと治ってしまいました

Oukakusinnkei

フツウ、首から腕に激痛が走る場合

横隔膜を疑うことはしませんが

それは末梢神経についての知識がないからという結論に達して

それでこんな本を買って末梢神経についてしっかりと勉強すべきだと痛感しています

 

考えたら筋肉について学ぶときに

支配神経を覚えるという作業が多く

逆に末梢神経から筋肉を見るという作業をしていないことに気づきました

我流でやってきた勉強の限界みたいなのを感じながらも

今までの知識もさらに軸が増えていくような期待感もあります

 

そんな感じで本書を見ています

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2024/02/09

パーソナリティを科学する

51q8l0wgfxl

パーソナリティを科学する ダニエル・ネトル

年末のご紹介して橘玲さんの「スピリチュアルズ」のブックレビュー

元ネタの「ビッグファイブ理論」というのがあると申し上げました

「外交性」「神経質的傾向」「誠実性」「調和性」「開放性」の

パーソナリティの特性5因子について書かれたのが本書です

 

まず面白いかどうかで言えば

橘玲さんの方が作家としての面白さや

取り上げた例の身近さという点で上回ります

本書はひたすら学術的な要素ばかりで単調といえば単調ではありますが

心理学的な要素にとどまらず遺伝子の問題に踏み込むなど

研究として奥行きの深さを感じました

 

今後新説が登場する余地も考えられますが

パーソナリティを考察するときの基礎となることは確かだと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/08

言語と呪術

81t0m2c23el_sl1500_

言語と呪術 井筒俊彦

アタックネットにブックレビューが掲載されました

こちらをご覧くださいませ

 

どうして歴史の上に言葉が生まれたのか

太陽 酸素 海 風

もう充分だったはずでしょ

こんな歌がありましたが

言語が生まれて育った理由とはなにか?

ワンでもカーでもよかったかもしれないのに

人間にはきめの細かい言語が確立しました

 

そんな疑問に答えたのが本書なのかもしれません

呪術はアニメの世界だけのものではなくて

すべての人が生きるために必要な願いであり希望であり

それを実現するためのものが言語であると筆者は言いたいのかもしれません

 

ただ我々が呪術というフレーズにいだく印象が

火を焚いて呪文を唱えるという儀式に固執すると

本書は離れていってしまいます

むしろ本書はジャンルにとらわれない人文科学の知恵に裏打ちされた

言語に対する哲学であると確信します

 

ここ十数年の中で一番難しくて面白い本だと思います

難しすぎるところは飛ばして読むくらいでちょうどよかったと思います

脳みそがオーバーヒートしそうになりましたが

筆者の意図するものが理解できた時

腑に落ちるような感覚になりました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/02/05

自分を諦めない

71pdnbqotl_sl1500_

自分を諦めない 館山昌平

昨年お亡くなりになったロッテの村田投手以来

トミージョン手術を受ける投手が増えました

阪神でも才木投手や島本投手の活躍はご承知の通りですが

彼らもまたトミージョン手術を乗り越えての復活です

 

肘の内側側副靭帯損傷というケガも

野球ファンの間では認知度も高くなったみたいです

ただネットなんかで見られるのは

トミージョン手術をしたら復活できると思い込んでいる人が相当数おられるようです

現実的には術後に復活した選手にはスポットライトが当たりますが

復活できずに消えていった多くの選手たちは記憶の外に追いやられますので

フツウに復活できると誤解されている方が

トミージョン手術をしない選手に対し批判されているのを見受けます

 

本書は三度トミージョンを受けた館山さんの自叙伝なんですが

その壮絶な体験記が記されています

彼がトミージョンを語るYouTube動画を見ても

トミージョンが必ずしも正解ではないと語っておられ

あくまでも他の方法がなく手術がもっとも適している場合にのみ手術適応と診断されるといわれてました

 

近年、MLBでは手術を受ける投手が増えているそうですが

決して高い確率で復活されているわけではなさそうです

本書でも記されている通り

手術をしたのちのリハビリが大変で

その時期に身体全体を作り替えることで

元のパフォーマンスが可能だといわれています

だから術後の14か月で肘だけではなく

身体全体を改造することで可能なことで

通り一遍のリハビリでは復活する確率はあまり高くないようです

 

なかなかスポーツ紙中心の情報では

内側側副靭帯損傷の個々の状況はわからないでしょうし

本書を読んで著者の場合靭帯が切れたのではなく

伸びきって関節をつなぎ留めておくことが不可能になるという状態であったことを知りました

私もそういうケースがあることを知りませんでした

 

本当は手術関係の専門書が欲しかったんですけど

2万円ほどするのでこちらの本を買い求めました

著者一人のケースだけでも我々では知りえないことがたくさんありました

 

日本でトミージョン手術をを受けるのは

小中学生が多いとも聞いております

大人が子供をつぶしてどないするねん

そんな憤りもあるのですが

まずはケガをしないための方策を真剣に考えるべきかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2024/01/22

怠惰への賛歌

71gqmdsq0ul_sl1500_

怠惰への賛歌 ラッセル

タイトルを見て「悪徳の栄え」や「悪の華」を思い出しましたが

実にまっとうな内容です

「努力」「勤勉」は称賛され「怠惰」は非難の対象

それが世間一般の価値判断であることはいうまでもありません

私もかつて学校の先生に「怠惰である」とお𠮟りを頂戴したことはありますが

先生に教わった教科にはまったく興味がなかっただけで

私自身は怠惰だとは1㎜も思っていませんでした

もちろん先生から怠惰であると評価されるに足りる十分な実績があったわけで

その角度からは正当な評価であることは間違いはなく

違う側面をご存じない先生からすれば至極当然の言葉だったと思います

 

つまり努力・勤勉・怠惰の評価は

評価する人の立場によって決められるものであり

怠惰が必ずしも無価値であるとは限らないというのが本書のポイントです

 

社会の大きな矛盾点として

コツコツ真面目に働き残業が多く休む暇もない労働者よりも

働かずに豊かな暮らしができる資産家の方が尊敬され憧れるのですが

勤勉が評価されるはずなのにこれっておかしくないですか?

 

むかしから貴族や王族など

勤労に従事しない人の方がエライというのは歴史を見ても明らかですが

彼らを支えるためには平民が過酷な労働を強いられることで

利益を上げそれを吸い上げることがエライ人たちを支えているわけです

時代が変わっても貴族や王族が会社に変わっただけのこと

もちろん会社の持ち主は株主という資産家であって

時代が変わってもシステムはさほどかわってはいません

 

勘のいい人ならお気づきかもしれませんが

ラッセルは共産主義・社会主義に近い考え方をお持ちのようです

ただし私自身思うのは世界中でマルクスが掲げた理想的な共産主義国はどこにもなく

共産主義を掲げた独裁国家があるだけです

さしずめジオン・ダイクンの名をかたって独裁政治をしたザビ家のような感じでしょう

本書においてはその辺の政治信条についても語られていますので

きちんと読んでみれば納得のいく部分も多いです

 

さてラッセルが怠惰を勧めたのは政治思想からではなく

怠惰というよりも「余暇」と表現した方が人々からの納得を得られるのでしょうが

あえて「怠惰」という言葉のチョイスはインパクト狙いだったのではないでしょうか?

文化や芸術は余暇がないと育たないという理屈です

私事で恐縮ですがかつて会社員をしていたころ

休みは月に3日程度で毎日残業

毎週日曜日は手書き書類作成のため午前2時ごろまで自宅で仕事をしてました

少ない従業員で人件費を減らしその分馬車馬のように働いた結果

私もそこそこ給料をいただいていたので文句はありませんが

少なくとも会社が潤っていたのは事実

そういう労働環境だったおかげで

同業他社がバタバタと倒産するなか今も健在であるのは

徹底的に利潤追求をされていたからだと思います

恨み言を言いたいわけではありません

私自身もそういう環境の中で育てられましたので

今の仕事でもなんとかここまで生き残ってこれたと思っております

そういう点では今でも亡き社長をはじめ上司の方々には感謝しております

 

ただそれだけ働いて休暇もないと

気持ち的にも疲れ果てていたので

本を読む時間も心の余裕もなく

「本当にバカになる」と危惧していたのは事実

考えることを放棄して働いていた感もあったので

やめてからわかったのは人間暇がないと

文化的な生活ができないと感じました

現在いろいろなものに興味を持ち

本をいっぱい読んでいるのは

あの時代に感じた渇望が大きな力となっていることは間違いありません

 

だいたい文化・文明・芸術はヒマがあって金がある人によって育まれるものです

自らやらなくても芸術のパトロンとなる人はだいたいそういう人

馬車馬が本を読みますか?馬車馬が哲学しますか?

否!そんなことしたら馬車を引かなくなるでしょう

それが具合悪いから努力や勤勉を推奨しひたすら働かせる

 

それがラッセルが言いたいことのようです

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧