2017/04/23

Vida

515yf2cf2l_sx355_
Vida akiko

久しぶりに彼女のアルバムを購入
「パステルカラーのブラジル」という謳い文句
聞いてみるとブラジル音楽と彼女の歌がぴったりマッチ
ジャズのイメージ、クラブミュージックのイメージが払拭されるほど
いい感じに仕上がっています

クールな歌い方だからこそブラジル音楽に合うのでしょう
「いろいろやりたい年頃なのです。」とジャケットに書かれていましたが
何をやっても上手くまとめ上げる彼女の底力に脱帽です

| | コメント (0)

2017/04/16

A RELEASED TREE (End of a day) 一日の終わりに・・・

61ycmcbdmql_ss500

A RELEASED TREE (End of a day) 一日の終わりに・・・ Maya

門馬綾子さんがMayaの名義で出された最初のアルバムです
門馬さんとは長い付き合いになりますが
毎回異なるジャンルのアルバムを出されるというのは
とても彼女らしさを感じます

あえてカテゴライズするならヒーリング系
とてもプリミティヴな音楽です
リズムを刻むような音楽ではなく
空気のように漂い心の中に深く染み込むよう

優しさ、穏やかさ、ぬくもり、慈愛
心の中に染み込んではこういった情緒を生み出します

CDが届いてからリピートにして聴いていますが
ゆりかごに抱かれるような心持になります

このアルバムに参加されている
堀口和子さん(バイオリン)
金子竜太郎さん(和太鼓、音叉、おりん、ヴォイス 他)
金子聖子さん(コーラス、チャイムバー、ティンシャ 他)
のお三方はスマイルアゲインの活動でもご一緒しました

3年前に金子竜太郎さん・聖子さんご夫妻の音浴セッションを受けましたが
重力を感じなくなり身体が宙に浮いたような感覚を覚えました

そういうとても不思議な感じがこのアルバムにも漂います
スピリチュアルな音色は「音を楽しむ」音楽とは少し違うかもしれません
自然のすべてに畏敬の念をいだき
音をささげた古来の宗教的な音楽に通じるものがあります

| | コメント (0)

2017/04/10

レッドチキンライブ

001

津軽三味線の久保比呂誌さんアコーディオンの後藤ミホコさん尺八の星田一山さん
このお三方のライブは5年ぶり
前回は「チキンGo Go ライブ」
酉年の同級生三人が55歳になったということで行われたコンサートでしたが
今回は還暦を迎えられるということで
赤いちゃんちゃんこになぞらえて「レッドチキン」

それぞれの分野の第一人者が集うライブなので
とにかく引き出しの多さに驚かされます

まさかこの楽器でこの音楽を…
しかも雰囲気たっぷりに演奏されるわけですから
感動ものです
私が大好きなドビュッシーの「月の光」なんか
ピアノより尺八の方がいいんじゃないかと思うほど
「ジャングル大帝」のテーマなんて
子供のころに聴いた懐かしい音楽がよみがえってきます

MCの軽妙さはベテランの味
演奏以外にも見どころ聞き所はいっぱい

アンコールは前回同様「宇宙戦艦ヤマト」で予定終了
ワクワクが詰まったステージでした

| | コメント (2)

2017/04/09

Astrud for Lovers

71ezdvt3dal_sl1050_
Astrud for Lovers アストラッド・ジルベルト

春になるとボサノバが無性に聴きたくなります
軽快なリズム抑揚のない歌い方
なんとなくのんびりした春の日差しにピッタリな音楽です

ナラ・レオンがブラジルで愛されたのに対し
アストラッド・ジルベルトはブラジルではあまり評価は高くなかったそうですが
ボサノバを世界に広めたという功績で知られています

彼女が「イパネマの娘」を世界に広め
彼女自身の代表曲となりましたが
ポルトガル語ではなく英語のボサノバもまたステキです

| | コメント (0)

2017/04/02

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック

51pgp8pirll_ss500

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック 澤野弘之

最近頻繁に聴いています
アニメのBGMとはいえ安っぽさはありません
すごく迫力のある音楽だと思います

今月続編のアニメも公開されるらしく
ギャオでもこのアニメが放映されていますが
改めてみるとBGMが作品の臨場感を上手く演出しているのがわかりました

アニメを見ていなくとも十分音楽だけで楽しめます

| | コメント (0)

2017/03/26

ARTPOP

51re9o9snzl_sy355_
ARTPOP LADY GAGA

最近、このアルバムをよく聞くようになりました
オーディオシステムが充実してきたので
同じアルバムでも迫力が全く違い
今まで聞いていたアルバムでも全く違った印象を持つようになりました

とりわけサブウーハーがズシンと響く低音を出しますので
このアルバムのような音楽が迫力を増しました
楽曲のノリの良さも手伝って聞いているとワクワクするんですよ

このアルバムだけではなく
今まであまり聞かなかったものも引っ張り出してみては聞きなおしています

| | コメント (0)

2017/03/19

HIP POP BOP

41qg1sf50kl

HIP POP BOP akiko

10年くらい前に好んで聞いていたシンガーです
アルバムごとにイメージが違って戸惑ったものです
当時はスタンダードジャズが好みで
このアルバムはちょっとそういう点ではハズレという評価でしたが
好き嫌いなく何でも食べられるようになってからは
10年前とは違った印象を持つようになりました

スタンダードナンバーもあればポップスもありで
ジャンルは幅が広いのですが
ライト感覚の彼女の世界観に収まっているという具合です

気楽に聴くにはいい音楽だと思います

| | コメント (0)

2017/03/12

My One & Only Thrill

51z7szgd04l_sy355_
My One & Only Thrill メロディ・ガルドー

エエ年したオッサンがいうのもアレですが
このアルバムを聞いていると「大人だなぁ」って感じがします

若い人にはこういうシブイ音楽ってわからんのじゃないかとさえ思ってしまいます
しかしながら歌っているメロディ・ガルドー自身はまだ30代になったばかり
このアルバムをリリースしたのは24歳ごろのはず

まあ、才能に年齢は関係ないってことですね
彼女自身が事故で重傷を負い
リハビリとして音楽セラピーを始めたっていうから
人の人生ってわからんもんです

良くも悪くも抑揚のない歌い方は
逆に心に響き渡ります
むしろ聴き手の想像力が掻き立てられるからかもしれません
好きですわぁ こういうのん

| | コメント (0)

2017/03/05

Barbee Boys

51xapezgsml_sl1121_

Barbee Boys Best of

バブル時代の音楽といえば米米Clubとこのバンドが真っ先に浮かんできます
浮かれていた時代にふさわしい華やかなグループでした

KONTAと杏子の掛け合いのボーカルは
他のバンドとは一線を画します
2人の力強い個性のぶつかり合いは
独特の緊張感を生み出しました
そういう点では不世出のバンドだと言えます

歌詞もバブル時代らしい強気なものが多く
当時の男女の恋愛事情が赤裸々に描かれています

酔った勢いでポチッとしました(汗)

| | コメント (0)

2017/02/26

ジャズで聴くクラシック 明るい陽射しの中で

Img041
ジャズで聴くクラシック 明るい陽射しの中で トーマス・ハーデン・トリオ

このアルバムを買ったのはたぶん10年以上は前だったと思います
よくスーパーの片隅に安いCDが売られていますが
そんなのをあさっているときに買ったものでしょう

プロデューサーの神山純一さんは
こういった癒し系の音楽をよく作っておられるので
何枚かアルバムは持っています
優しい感じの音楽に関しては実績がおありの方です

この作品はピアノ・ドラム・ベースというオーソドックスなトリオ編成
ヘンデル・シューマン・バッハ・ドビュッシーらの名曲をジャズにアレンジ
正直よくありがちな内容ですが
奇をてらうわけでもないので
素直にジャズが楽しめる作品です

イージーリスニングには持って来いの音楽です

| | コメント (0)

より以前の記事一覧