2017/05/21

GOLDEN☆BEST/加藤登紀子

71h3d4fonml_sx425_

GOLDEN☆BEST/加藤登紀子

わりと人に感化されやすいタイプだったりします
いいなと感じたら昨日まで無関心だったものにでも心酔します
強情だと言われる反面あっさりと豹変するのも
自分の良さであったり悪さだったりします

ちょうど一週間前に行ったコンサートに
シークレットゲストとして登場した加藤登紀子さん
その瞬間会場の空気の色が変わったのを目の当たりにしました
出番が終わってステージを去るとき
観客に向かって手を挙げた颯爽とした姿が忘れられません

私と同じ思いをした人が多かったことは
声援の大きさが如実に物語っていました

…で興奮した勢いで買ったのがこのアルバム

正直いって生のステージみたいに感動できるわけではありませんが
このアルバムをおかずにして
あの時の感動をよみがえらせているところです

森山良子さんのCDも欲しかったんですが
やっぱり生のステージの方が圧倒的によさそうですから思いとどまりました

浮かんでは消えるああいう世界で
長年第一線で活躍されるにはそれなりの理由があるということ
長く続けるには力が要るということを教わりました

| | コメント (0)

2017/05/17

大阪城ホール

002

大阪城ホールに来たのは23~4年ぶり
長男がまだ小さかった頃の話ですからね

003

開場はほぼ満員
この日は母の日のコンサート
母ではありませんが行ってきました
こういう感じのステージを見るのは初めてです


森山良子・南こうせつ・由紀さおり・安田祥子・秋川雅史・麻衣・黒柳徹子
さらに特別ゲストで登場した加藤登紀子・氷川きよし
すごい豪華メンバーです

それぞれが独特の世界観で会場を塗り替えるのには驚き
シークレットゲストで加藤登紀子さんが登場したら
一瞬で会場の空気が変わりましたもんね

氷川きよしさんの出番ではマダムたちが大はしゃぎ
あんなにたくさんどこに潜んではったんでしょう?

かつてフォーク少年だった私にはやっぱり南こうせつさん
やっぱりトークは惹きつけますね

黒柳徹子さんのグダグダのおしゃべりには年齢も感じますが
今もなお一線で活躍されているんですから大したものです

トリの森山良子さんがあんなにエネルギッシュだったとは驚きです

久々にちょっと興奮しましたねぇ

| | コメント (0)

2017/05/14

SWING SLOW

41t6vmb2ytl

SWING SLOW

細野晴臣と越美晴のユニットSWING SLOW
越美晴といえばレッツゴーヤングのサンデーズとしてレギュラー出演していたバリバリのアイドル歌手という認識だったんですが
大人になってこんなふうに活躍されているとは知りませんでした

名義も越美晴からコシミハルと変わり
テクノポップに鞍替えされてたんですね

それにしても前衛的な音楽です
細野晴臣と組んだ時点で予想がつきそうなもんですが
非常に遊び心の強いアルバムとなっています

楽しそうな印象が残ります
時代が一周りしてまたテクノポップが流行っているみたいですが
Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅよりもこっちの方が味があって好きですね
大ヒットという点ではピコ太郎にはかなわないかもしれませんが…

| | コメント (0)

2017/05/07

ショナ族のムビラ2

41rvks7yqsl
《ジンバブエ》ショナ族のムビラ2 アフリカン・ミュージックの真髄2

ずっと以前から民族音楽は好きでよく聞いていましたが
とりわけアフリカの音楽はリズミカルなので好んで聞いてました
ムビラという楽器の音色は独特で
オルゴールに似た音色が印象的

このアルバムはジンバブエのショナ族に伝わる民族音楽で
ムビラを中心としたものです
むかしはこういうCDを入手するのも専門のサイトでしか買えなかったんですが
今やAmazonなんかで簡単に手に入るからありがたいものです

とてものんびりした雰囲気があり
ある意味癒し系かもしれません
自然の中でのびのび暮らしているような感じは
都会であくせく暮らす我々にはうらやましくも思えたりします
実際にジンバブエで暮らしたいとは思いませんが…


| | コメント (0)

2017/04/30

BAN BAN BAZAR HIGHLIGHT

51xdnrnegl_sx425_
BAN BAN BAZAR HIGHLIGHT

バンバンバザールも今では福島康之さんと黒川修さんのお二人ですが
けっこう出入りの激しいバンドなんですね
2004年のアルバムですから最近脱退したギター富永寛之さんとクラリネットの安藤健二郎さんがいたころ
いわば最強だったころのライブの二枚組

やっぱりこのバンドはライブがステキです
とはいってもテレビで一度見ただけですけどね
笑わせるところ、酔わせるところ、興奮させるところ
緩急自在のジェットコースターみたいなアルバムです

| | コメント (0)

2017/04/23

Vida

515yf2cf2l_sx355_
Vida akiko

久しぶりに彼女のアルバムを購入
「パステルカラーのブラジル」という謳い文句
聞いてみるとブラジル音楽と彼女の歌がぴったりマッチ
ジャズのイメージ、クラブミュージックのイメージが払拭されるほど
いい感じに仕上がっています

クールな歌い方だからこそブラジル音楽に合うのでしょう
「いろいろやりたい年頃なのです。」とジャケットに書かれていましたが
何をやっても上手くまとめ上げる彼女の底力に脱帽です

| | コメント (0)

2017/04/16

A RELEASED TREE (End of a day) 一日の終わりに・・・

61ycmcbdmql_ss500

A RELEASED TREE (End of a day) 一日の終わりに・・・ Maya

門馬綾子さんがMayaの名義で出された最初のアルバムです
門馬さんとは長い付き合いになりますが
毎回異なるジャンルのアルバムを出されるというのは
とても彼女らしさを感じます

あえてカテゴライズするならヒーリング系
とてもプリミティヴな音楽です
リズムを刻むような音楽ではなく
空気のように漂い心の中に深く染み込むよう

優しさ、穏やかさ、ぬくもり、慈愛
心の中に染み込んではこういった情緒を生み出します

CDが届いてからリピートにして聴いていますが
ゆりかごに抱かれるような心持になります

このアルバムに参加されている
堀口和子さん(バイオリン)
金子竜太郎さん(和太鼓、音叉、おりん、ヴォイス 他)
金子聖子さん(コーラス、チャイムバー、ティンシャ 他)
のお三方はスマイルアゲインの活動でもご一緒しました

3年前に金子竜太郎さん・聖子さんご夫妻の音浴セッションを受けましたが
重力を感じなくなり身体が宙に浮いたような感覚を覚えました

そういうとても不思議な感じがこのアルバムにも漂います
スピリチュアルな音色は「音を楽しむ」音楽とは少し違うかもしれません
自然のすべてに畏敬の念をいだき
音をささげた古来の宗教的な音楽に通じるものがあります

| | コメント (2)

2017/04/10

レッドチキンライブ

001

津軽三味線の久保比呂誌さんアコーディオンの後藤ミホコさん尺八の星田一山さん
このお三方のライブは5年ぶり
前回は「チキンGo Go ライブ」
酉年の同級生三人が55歳になったということで行われたコンサートでしたが
今回は還暦を迎えられるということで
赤いちゃんちゃんこになぞらえて「レッドチキン」

それぞれの分野の第一人者が集うライブなので
とにかく引き出しの多さに驚かされます

まさかこの楽器でこの音楽を…
しかも雰囲気たっぷりに演奏されるわけですから
感動ものです
私が大好きなドビュッシーの「月の光」なんか
ピアノより尺八の方がいいんじゃないかと思うほど
「ジャングル大帝」のテーマなんて
子供のころに聴いた懐かしい音楽がよみがえってきます

MCの軽妙さはベテランの味
演奏以外にも見どころ聞き所はいっぱい

アンコールは前回同様「宇宙戦艦ヤマト」で予定終了
ワクワクが詰まったステージでした

| | コメント (2)

2017/04/09

Astrud for Lovers

71ezdvt3dal_sl1050_
Astrud for Lovers アストラッド・ジルベルト

春になるとボサノバが無性に聴きたくなります
軽快なリズム抑揚のない歌い方
なんとなくのんびりした春の日差しにピッタリな音楽です

ナラ・レオンがブラジルで愛されたのに対し
アストラッド・ジルベルトはブラジルではあまり評価は高くなかったそうですが
ボサノバを世界に広めたという功績で知られています

彼女が「イパネマの娘」を世界に広め
彼女自身の代表曲となりましたが
ポルトガル語ではなく英語のボサノバもまたステキです

| | コメント (0)

2017/04/02

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック

51pgp8pirll_ss500

TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック 澤野弘之

最近頻繁に聴いています
アニメのBGMとはいえ安っぽさはありません
すごく迫力のある音楽だと思います

今月続編のアニメも公開されるらしく
ギャオでもこのアニメが放映されていますが
改めてみるとBGMが作品の臨場感を上手く演出しているのがわかりました

アニメを見ていなくとも十分音楽だけで楽しめます

| | コメント (0)

より以前の記事一覧