« カウンターストレイン | トップページ | 始動 »

2024/05/22

1週間の歩行パターンと死亡リスク

週末にまとめてウォーキングでも死亡率減 毎日歩く人とそう変わらず

 

週に1、2日だけでも8千歩(約6キロ)以上歩くことで死亡リスクを下げられるかもしれないことを京都大などのチームが突き止めた。忙しかったり、めんどくさかったりして毎日は無理でも、週に数日のウォーキングをとり入れることで健康増進につなげられるという。

 ウォーキングは手軽に取り組める健康づくりの一つだ。これまでの研究で毎日8千歩以上歩くと死亡リスクが低減できるとわかっていた。ただ、週末だけ歩く人など、週に数日のみのウォーキングによる効果はわかっていなかった。

 チームは、米国の20歳以上の男女3101人(平均年齢50・5歳)を対象にした2005~06年の調査結果から、1週間の歩数と10年後の死亡リスクの関係を調べた。

 その結果、8千歩以上歩いた日が週にゼロの人に比べて、1~2日の人は14・9%、3~7日の人は16・5%、リスクが低下していた。歩く日数が多いほどリスクは下がったが、週に1~2日しか歩かなくても、3~7日歩く人と同じくらい、死亡リスクを低減できる可能性が示された。

 また、歩数を1日あたり6千~1万歩に変えた場合も調べた。その結果、いずれの歩数でも、歩いた日数がゼロの人に比べて、1~2日歩くだけで死亡リスクは大きく下がったという。

 チームの井上浩輔・助教は「週に1、2日歩くだけでも十分に死亡リスクを減らすことができる。毎日歩くということを気負わずに、まずは1、2日歩いてみることが健康につながる」と話す。

 

こんなニュースがありました

私自身も毎日のようにウォーキングをお勧めしていますが

正直言って具体的なデータをもっているわけではありませんので

あまりハードルを上げることなく

それぞれの人が長年続けられる程度にとどめておくことが大切だと申しあげています

現実問題、その気になって歩き出しても

最初から1万歩なんて張り切ってやる人に限って

ひと月も立たないうちにやめてしまわれるのを何度も見ていますので

言い訳できないくらいハードルを下げて

とにかく10年続けることだけ意識して歩いてくださいと言ってます

 

この研究でも毎日歩かなくても死亡リスクはさがると言われています

8000歩が本研究の基準ではありますが

たぶん歩数に関してもいろいろ変化は予想できますが

「歩く」ということを実行するのとしないのでは

大きな差はあるだろうと考えています

 

私としてももっといろんな条件で研究してくださることを願います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« カウンターストレイン | トップページ | 始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カウンターストレイン | トップページ | 始動 »