« 思考と行動における言語 | トップページ | 古書事情 »

2024/05/16

成長痛とシーバー病

Kakato

むかしむかしのお話です

私が小学5年生の時、かかとに痛みが走りました

どこかにぶつけた記憶もないのですが

そこそこ痛かったので病院で診てもらったのですが

「成長痛」という診断が下りました

成長期に入り身体が大きくなる時に

筋肉と骨のスピードが異なることで引っ張られて痛むというようなお話でした

 

実は今の時代成長痛はそういった説明だけではなく

ストレスもかかわっているのではないかとみられています

ただいまだにその原因がハッキリしていないことだけはハッキリしています

私も小学校高学年くらいのお子さんの成長痛は何度も見てきましたが

結局時間がたてば治ってしまうというのが実際のところです

 

そして成長痛と間違えがちなのはシーバー病です

シーバー病はかかとに付着するアキレス腱が引っ張る形で

踵骨に血行障害がおき骨軟骨炎が起きたり壊死することもある病気です

踵骨骨端核に痛みが走る点と10歳前後のお子さんに起きやすい病気なので

成長痛と間違えやすいのですが

成長痛は痛みが不定期ですが激しい痛みが継続的にある場合は

速やかにレントゲンを撮ってもらった方がいいと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 思考と行動における言語 | トップページ | 古書事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思考と行動における言語 | トップページ | 古書事情 »