« 芽吹く | トップページ | ORIGINALS »

2024/04/04

ラジオ体操はフレイル対策に効果的

ラジオ体操はフレイル対策に効果的!? 日本の研究報告

 病気ではないものの、年齢とともに筋力や心身の活力が低下し、介護が必要になりやすい状態を「フレイル(虚弱)」と呼びます。予防するためには、適度な運動や栄養の管理が重要だと考えられてきました。

 ラジオ体操は、日本で最も有名な運動プログラムのひとつです。長い歴史を有することから、高齢者にとっても馴染みの深い運動プログラムといえるでしょう。

 ラジオ体操はまた、動作をスムーズに行うために必要な筋力、柔軟性、敏しょう性、バランス、持久力などに配慮されたプログラムであり、フレイルの予防に役立つ可能性があります。

 そんな中、フレイルに対するラジオ体操の効果を検討した研究論文が、日本疫学会誌の電子版に2024年2月24日付で掲載されました。

 この研究では、フレイル予備群もしくはフレイルと評価された日本人高齢者226人(年齢の中央値78歳)が対象となりました。

 被験者は、ラジオ体操および栄養指導を実施する介入群と、栄養指導のみを実施する対照群にランダムに振り分けられ、12週間後の生活の質(QOL)や動作の俊敏性、持久力などが評価されました。

 なお、介入群ではラジオ体操指導員による60分の集団指導が5回行われ、自宅でラジオ体操を毎日行うよう指導されています。

 調査の結果、介入群と対照群で生活の質に明確な差は認められませんでした。一方で、動作の俊敏性や持久力は、対照群と比べて介入群で統計学的にも有意な改善を認めました。また、運動に対する自信(自己効力感)は、介入群と比べて対照群で低下していました。

 論文著者らは「フレイルを有する高齢者にとって、自宅でのラジオ体操は安全で受け入れやすい運動プログラムである」と結論しています。

 

ずっと前からラジオ体操と20分程度のウォーキングを推奨していますが

私が言うよりもずっと説得力があるお話です

きちんとした研究論文として発表されたわけですから

これほど確かなことはありません

 

私自身も90才を超えた父親を介護していますが

毎日運動をしないとハッキリわかるほど動きは悪くなります

いくら長生きしても動くことが困難な状態では

逆につらくなるだけです

 

動けなくなってからではラジオ体操すらできません

「いつかやろう」と考え先送りにしていると

あっという間に身体は動かなくなってくるもの

私は仕事でそういう人を何人も見てきましたが

まさか自分がそうなるなんて夢にも思わなかったと言われます

一般論として高齢になってくると動けない人が増えていくには知っているくせに

自分のこととなると例外と思ってしまうのはなぜでしょう

明日やあさってにはそんなに変わらなくとも

10年後20年後には大きく変わってしまうものです

私だってこの間20代だったのにいつの間にか還暦を超えてしまったわけですから

月日の経つのはあっという間

驚いてしまいますよ

 

でも幸いにもずっと体を動かし続けているから

衰えたのは間違いありませんが

生活レベルでは問題ない状態です

 

20年後にどうありたいかを考えてみてはいかがでしょう

100歳時代がくるからそんなにやすやすと逝けるわけでもないみたいですよ

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 芽吹く | トップページ | ORIGINALS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 芽吹く | トップページ | ORIGINALS »