« 便利 | トップページ | 体内時計健康法 »

2024/03/13

腓骨粗面

Hikotusomen

左側の膝の図ですが

赤い丸で囲った部分を腓骨粗面といいます

膝のお皿を取り除いたので前か後かわかりづらいですが

一応前から見た膝です

 

腓骨粗面には大腿四頭筋が付着します

大腿四頭筋は膝を伸ばす役割の

大きく強い筋肉でそれらが付着するのが腓骨粗面

「粗面」という言葉はザラザラした粗い面という意味

なんで粗いのかというと

強靭な大腿四頭筋が付着するポイントですから

ツルツルしているとはがれやすく

ザラザラしている方がくっつきやすいというのが

「粗面」である理由なわけです

 

「リーズナブル」という言葉が世間で言われていますが

「値段が安い」とか「コストパフォーマンス」というニュアンスで使われています

でも「reason(理由)」が「able(可能)」

という語源から「合理性」というのが元々の意味であるわけです

 

合理性という側面からみれば

腓骨粗面が粗いのは十分な理由があると思います

しかしそのデメリットとしては

粗い分だけ大きな負荷が継続的にかかると

その部分は崩れてしまいやすく

オスグット病という運動障害を引き起こすのも納得がいきます

私自身オスグット病で中学生のころ膝のお皿よりも

腓骨粗面が崩れて飛び出した経験があるので

「腓骨粗面」という部位を知り

あらためて「名は体を表す」という言葉を

思い出したわけです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

 

|

« 便利 | トップページ | 体内時計健康法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 便利 | トップページ | 体内時計健康法 »