« 感じることと表現 | トップページ | ギャップ »

2024/03/27

五感のフィルター

地元の方によく言われるのは

「毎日、ここの前を通っていたけどこんなところに整体院があることに気づきませんでした」

ということ

知名度もありませんし、一人ずつしか施術できないので

自転車がたくさん止まっていることもないので

どうみたって流行っているように感じません

 

結局人の感覚ってそんなもんで

目には見えていても興味のないものには見えなかったことになっています

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚と5種類の感覚器官が備わっています

これは古い考え方だそうで本当は20種類くらいの感覚器官が存在すると言われています

 

まあ、それは置いといて…

現実に五感がフル活用されたらとんでもないことになり

街に出たらすべての音が音として認識されたら

間違いなくパニックになるでしょうし

実際にそういう感覚器官にお困りの方もいらっしゃります

 

要するに働いているはずの感覚器官は

その人のその時の興味によって取捨選択がされていて

興味のないものはなかったことになるみたいです

RAS(脳幹網様体賦活系)という機能が脳に備わっていて

興味があるものだけをインプットできる自動装置みたいなものです

 

お店などに入ったとき

私の場合BGMで流れている音楽が耳に入ってきます

後から調べてCDを買ったこともあります

(この間もCDを買ってしまいました)

まあだいたいお店で流れているBGMに興味を持つ人もいないので

聞き流すのがフツウなんでしょうけど

興味を持っている人にはしっかり情報として伝わってくるわけです

 

「集中力を高めて五感を研ぎ澄ます」なんて

何かの修業をしている人みたいなセリフもありますが

インプットする情報が多い方がアイデアが浮かんできたり

問題解決の糸口が見つかったりすることもあります

ボーっと生きてる方が脳は疲れないのですが

こういう切り替えはできた方が好ましいですし

私らくらいの年になると

脳をフル回転させる機会が少ないと

だんだん頭の回転が悪くなったりします

そういうことを意識して生活しないと

20年先に怖いことが待っていそうな気がします

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 感じることと表現 | トップページ | ギャップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感じることと表現 | トップページ | ギャップ »