« 心臓震盪 | トップページ | 一銭焼き »

2024/03/01

大円筋

Img_20240229130550

肩甲骨から上腕骨に付着する筋肉のうち

棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つをローテーターカフと呼びます

それぞれの動きはあるものの主な役割は肩関節(肩甲上腕関節)の安定性

私らの仕事においてはけっこう問題になる筋肉でもあります

 

ただ一つ肩甲骨から上腕骨に走行する筋肉の中で

ローテーターカフに属さないのが大円筋

なんか一つだけ仲間外れにされているのは停止部が

上腕骨でも結節間溝内方に付着するので

どちらかというと広背筋に近い筋肉だともいえます

 

大昔、大円筋もローテーターカフの一員だと勘違いしてたこともありますが

のちに大円筋だけハブられているのを知り不憫に思ったのですが

この筋肉はいろいろ調べてみても

私の知る範囲教科書通りの作用しか書いてなくて

支配神経が違うくらいのことしか書かれてないんですが

大円筋の走行を見ているとローテーターカフの補助的な役割で

肩関節の安定性を維持しているのではないかと考えています

私の考えにご意見のある方はコメントをくださるとありがたいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 心臓震盪 | トップページ | 一銭焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 心臓震盪 | トップページ | 一銭焼き »