« 右前 | トップページ | あんかけチャーハン »

2023/12/22

慢性足関節不安定症

Nenza

先日ご紹介した月刊スポーツメディスン256

慢性足関節不安定症について書かれた記事がありました

私自身は漠然と知ってますという程度の知識ですが

現場で活躍される方は定義づけなど正確な認識で

具体的な対応もケースバイケースでなさっていることがわかりました

 

ザクっとご説明しておきますと

慢性足関節不安定症とは捻挫からくる完治後の

足関節の不安定性の問題です

 

まあフツウは完治したからなんの問題もなさそうに思えますが

実は爆弾を抱えて競技復帰するアスリートも少なくはなく

「軽い捻挫」とたかをくくっていて

後々に競技を続けることができなくなるアスリートもいるのが現実

 

もうずいぶんむかしの話になりますが

遠方から何度も来ていただいてたアスリートも

膝を悪くして結局引退されたということがありましたが

施術しているうちに気づいたのは

足関節の可動性が左右で著しく異なり

知らず知らずのうちにフォームが乱れたのが原因で

膝に負担がかかったのかもしれないと感じました

 

この場合問題は膝ですが元凶は足関節の捻挫が

可能性として考えられるという程度の話ですので

慢性足関節不安定症の問題にすること自体おかしいでしょうが

私が思うのはその時その時の的確な判断と処置

そして経過に対する観察が大切であるという点では

こういった記事で書かれていたように

より正しい分析を心がけて取り組む方がいることで

少し救われた気がしました

 

当人がわからないからこそ専門家が先を見据えた取り組みをしないといけないわけです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« 右前 | トップページ | あんかけチャーハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 右前 | トップページ | あんかけチャーハン »