« 梨状筋 | トップページ | キノコパスタ »

2023/11/03

広背筋

Img_20231101135315

(画像:オステオパシーアトラス)

広い背中の筋肉と書いて広背筋

背部の表層にある大きな筋肉ですが

胸腰筋膜を介して背骨に付着し尾骨までつながるのですが

腸骨の上にも付着して

最終は上腕骨まで伸びています

 

広背筋の主な作用は上がった腕を下ろすことなんですが

逆にいえば広背筋が緊張すると腕を上げづらくなります

ちょうど服の裾を引っ張ると腕が上がらなくなるようなものです

いわゆる五十肩で腕が挙げられないとき

この筋肉が関係しています

まあ、フツウはそういうとき肩甲骨の筋肉や肋骨周りの筋肉にアプローチするのですが

あまり効果が見られない時には広背筋の周辺関係を洗います

まず多いのは背骨付近の筋肉、主に脊柱起立筋が固まっているときは

広背筋に緊張が伝わることもあるので

腰痛由来のケースもあったります

 

また広背筋は左右反対側の大殿筋と筋膜上の連鎖があります

何度か反対側のお尻にアプローチしたら

腕が上がるようになったということもありました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 梨状筋 | トップページ | キノコパスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梨状筋 | トップページ | キノコパスタ »