« 大腿筋膜張筋と大殿筋と腸脛靭帯 | トップページ | 水餃子 »

2023/10/06

脛骨内側ストレス症候群

Sq254

月刊スポーツメディスン254

今月の特集は「脛骨内側ストレス症候群(MTSS)」

 

正直、MTSSというワードは聞き始めだったので

読んでいるうちに「シンスプリントと何が違うの?」

という疑問が生じてきました

 

ネットで調べてみるとシンスプリントの医学的な正式名称というか

近年は「MTSS(Medial Tibial Stress Syndrome)」で統一されているようです

私の認識ではシンスプリントは疲労の蓄積で

ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋が硬くなり

脛骨内側の骨膜に炎症を起こすと捉えています

現実には扱った経験もないので

あまりピンとこなかったのも事実です

 

チェックすべきポイントや対処法が記されています

なかなか治らない症状なので

根気よく続けていくことも大切みたいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 大腿筋膜張筋と大殿筋と腸脛靭帯 | トップページ | 水餃子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大腿筋膜張筋と大殿筋と腸脛靭帯 | トップページ | 水餃子 »