« 緊張を味方につける脳科学 | トップページ | 長月 »

2023/08/31

歯が浮く

お盆以降目についたのが

「歯が浮く」という訴え

まあ、歯に関しては門外漢ではあるんですが

いろいろなケースの中には私らの守備範囲のときもあります

 

Pxl_20230830_002207877mp

頭蓋骨の両サイドに側頭骨がありますが

この骨が上顎の部分にあたります

耳の穴を挟んで後ろ側に乳様突起という部位がありますが

ここに付着する筋肉が胸鎖乳突筋

 

Pxl_20230830_002319241

胸鎖乳突筋は乳様突起から鎖骨と胸骨に分かれて付着します

このブログでも胸鎖乳突筋に関する記事は今でもアクセスが最も多いのですが

この胸鎖乳突筋はなにかとトラブルの引き金になる筋肉でもあります

胸郭に緊張があると決まって胸鎖乳突筋は影響を受けます

 

胸郭の緊張といえばその代表格は肩こりかもしれませんが

肩こりというもの自覚のある部位はわずかでも

その緊張は胸郭全体に及ぶのが一般的

本人が気づいていないだけで肋骨まわり全部が固まってしまっている方って意外に多いのです

そんな時は鎖骨や胸骨にもストレスがかかっていますから

その流れで胸鎖乳突筋に緊張が及ぶことがあります

 

胸鎖乳突筋が緊張すると首が回りづらくなりますが

乳様突起を引っ張る力が強いと側頭骨にもストレスがかかります

ほんのわずかでも側頭骨が引っ張られると

下顎骨とのバランスが崩れます

これが歯が浮いてしまう原因のひとつとなります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 緊張を味方につける脳科学 | トップページ | 長月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊張を味方につける脳科学 | トップページ | 長月 »