« 組曲「惑星」 セント・ポール組曲 | トップページ | 本日休業 »

2023/08/14

動作のフォームをどうとらえるか

Tj202309

月刊トレーニングジャーナル9月号

私らが学生だった頃週刊ベースボールに

ピッチング・バッティングのフォーム解析のコーナーありました

数枚の連続写真を見て解説者の文章が添えられていました

あれが一番楽しみだったのは当時、川上哲治・稲尾和久・中西太・山内和弘ら

かつての名選手がわかりやすく説明してくださるので

何となくわかったような気がしていました

 

21世紀になりフォーム解析が大きく変わったのは

デジタルによるところが大きいです

アナログでは不可能だった精度の高さで

様々な方向からの分析が可能になりました

本特集を読んでいて3次元の動作解析も行われているというのは驚きです

解析するのが昔の名選手ではなく解析のプロが行うのですから

「理論」ではなく「具体的な事実」を認識することにより

問題点の抽出がしやすくなったようです

ハイテクノロジーがスポーツの世界に革命を起こしています

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今月のテーマは「脚下照顧」

最近努力していると思っている時点で勝てないような気がします

「努力」に勝るのは「習慣」

必死でやっても長続きしませんが

当たり前の習慣に落とし込むといくらでも続けられそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 組曲「惑星」 セント・ポール組曲 | トップページ | 本日休業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組曲「惑星」 セント・ポール組曲 | トップページ | 本日休業 »