« 骨格筋のキネシオロジー | トップページ | 芸は身を助く »

2023/04/18

トレーニング動作を指導するポイント

Tj202305

月刊トレーニングジャーナル5月号

今月の特集は「トレーニング動作を指導するポイント」

私が自分なりにトレーニングするときは

書籍やYouTubeなんかの動画を参考にしてやることがありますが

そういうのはあくまでも広い範囲の人を対象とするもので

個人や特定の団体に向けたものではありません

 

それぞれのレベルやトレーニングの目的など個別の事情を勘案したものではないというのが

本特集を読んで明確な差を感じました

個人のみならずチームともなれば

メンバー全体の把握も必要なわけで

各々がの指導において指導のポイントの違いに対応しておられるのがわかります

 

昨今仕事だけではなくトレーニングの世界でも

オンライン上の指導が普及しているようです

コストやスケジュールの問題もクリアしやすく

時代に応じて指導スタイルの変化もあるようです

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今回のテーマは「血で血を洗う」

連載史上最も穏やかではない言葉だと思います

 

ビジネス用語で「レッドオーシャン」「ブルーオーシャン」という言葉がよく聞かれますが

どんな仕事でも自分の優位性を活かすためにどのようなフィールドで

どのような戦い方をするのかという戦略は必要です

私のような手技療法家でもアスレチックトレーナーでも

技術や知識を習得して漠然と仕事にありつこうとしても

弾き飛ばされて望んでいるような活動はできません

 

高いレベルの技術や知識の習得は必須ですが

それだけでは競合に勝てないと思っています

生き残りが厳しい世界での戦略を持つ必要があります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 骨格筋のキネシオロジー | トップページ | 芸は身を助く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 骨格筋のキネシオロジー | トップページ | 芸は身を助く »