« 洗濯したけど | トップページ | キノコのカレー »

2023/04/28

老子

51xk5t8qe8l

老子 金谷治

2020年からコロナウィルスのおかげで生活が変わりましたが

私にとって有益だったのはYouTubeにはまったこと

すごくわかりやすい情報源として活用しているのですが

好んで視聴しているのに本要約チャンネルを見ています

本を購入するのにAmazonのブックレビューだけでは物足りず

30分程度の動画でまとめてもらえると

それだけで読んだ気になれるものもありましたが

結局私の場合本を買ってしまうことが増えました

しかしあらすじやポイントはわかっているので

「ハズレ」に当たらなくなりました

この事実は大きいですね

 

で、今さらながら老子を読んでみることになりましたが

やっぱりひと通り読んでみると私なりの感想もありました

まず哲学というカテゴリーになるのでしょうが

どちらかというと仏教的な教えというか

老子の考えのもとに生きていけたら悟りが開けそうな感じがします

もちろんその考えのレベルの高さゆえに実現性は乏しいと感じました

 

老子は「道(タオ)」という基本概念がありますが

なんとなくではありますが「進撃の巨人」で言われる「道」にそっくりな印象があります

諌山先生は老子を読まれたのかなと思いました

 

「上善如水」というお酒がありましたが

これも老子の言葉だったんですね

水のごとくその場に応じて形を変える

そして自ら低いところに進もうとする無欲さ

こういう生き方が最上というわけなんですね

 

あと印象に残ったのは器の本質は入れ物ではなく

水や物が入る空間にこそ値打ちがありという考え方

高い値が付く器も100均で買った器も

物が入ることにこそ価値がある

知ってはいたけど気づかなかったことです

 

脳みそが変幻自在にならないとできない発想かもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 洗濯したけど | トップページ | キノコのカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洗濯したけど | トップページ | キノコのカレー »