« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023/03/31

仙腸関節の痛み

腰痛とひと言でいっても体の中で起きている現象は様々

ある程度お話をしているうちに可能性のある部分をいくつか考えるのですが

それがピタッと当たればそれなりに結果は出るのですが

何せクライアントご本人は何が起こっているのかわからないから来られているわけだし

伝える言葉によっても悩んでしまうのが実情です

 

先日久しぶりに仙腸関節に問題がある方を施術しましたが

最初は見当違いなところにアプローチしていたため

当然のことながら結果は芳しくなく

消去法で仙腸関節の問題を疑って

なんとか上手くいったのですが

仙腸関節の痛みは私にとってけっこう厄介だったりします

 

Kotuban

仙腸関節そのものに主な痛みがある場合って

仙骨と腸骨をつなげる靭帯にストレスがかかり痛み出すので

骨盤帯のアライメントを取り戻す作業と

後仙腸靭帯と仙結節靭帯の両方を視野に入れながら

痛みが出ないようにアプローチしないといけないのでデリケートな作業が必要です

アプローチの手段を(私が)持たない前仙腸靭帯もあったりします

癒着などがある場合カウンターストレインでは厳しいし

マッスルエナジーテクニックでは痛みが出たりもします

対象物にお伺いを立てるようにソロソロとしないといけないような場合もあるので

すごく気を使って時間も使って、さらには術後の痛みを予見しながら施術しないといけないのでけっこう難しいのですが

その割に全体のバランスが整っていないと痛みが増したりすることもあるので

苦労する施術の一つだともいえます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/30

どっきりパソコン

昨年末、パソコンにエラーが発生し

そのまま修復することもなく

新しいパソコンを購入しました

 

購入した当初はトラブルも多かったのですが

最近落ち着いてきて無事に使えるようになってきました

実は去年まで使ってたパソコンも購入当初は何度もトラブルがあったのですが

いつの間にか落ち着いていった記憶がありますが

今回もそうだったのかもしれません

 

デバイス自体の問題かアップデートの問題か

相性の問題か私にはさっぱりわかりません

 

Dsc_0392-1

数日前はこんな表示が出てきました

昨年末とは内容は違いますが

似たような表示です

 

幸いなことに今回は再起動も問題なくできて

通常通り使ってはいますが

こういうのって心臓に悪いですね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/29

東大読書

71wdtabegyl

東大読書 西岡壱誠

今まで東大を卒業された方に2人出会いましたが

頭がいいというのは当然なんですが

最も印象深いのは考える視点が面白いと感じたこと

私がまったく思いつかなかった角度からの考察を何度もなさっているのを目の当たりにし

どこから何が飛んでくるかわからないといったような面白さを感じました

 

本書は「読書」という切り口で東大生の思考をご披露されてます

「読書術」というのは本書の体裁となっています

各論としての読書術も面白いのですが

裏ミッションは情報を知識に変えるための思考法なのかなと感じました

対象が本ということになっていますが

筆者が言いたいことは視点の多様性をいかにして身に着けるかということに帰着しそうです

「頭がいいから東大生」ではなくて思考プロセスを豊かにすることの重要性を

読書という作業にスポットを当てて解説されているのでしょう

そういう点では筆者が執筆されたシリーズ本は共通する部分がありそうです

 

実際に役に立つであろう読書法もいっぱいありますが

これらは執筆法の裏返しとも読み取れそうです

文章の書き方のヒントもたくさん詰まっています

 

本書のトピックスは例示的なものが多く

そのまま受け取れば読書のHow to本にもなるのですが

それらを抽象化できれば「東大生の思考」に行きつくのではないでしょうか?

そう思ったらやっぱりそういう本を書いておられました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/28

それって捻挫?

たまに足首が痛いといって来られる方がいます

「捻挫したみたいなんです」

といわれるのですが、話を聞けば病院にいったわけでもない

ただ足首が痛いことを「捻挫」と表現されているケースがけっこうあったりします

捻挫(ねんざ)とは、外部から関節に強い力がかかることにより、関節を支えている靱帯(じんたい)や関節包(かんせつほう:関節を包む膜)、軟骨などが損傷すること

こういう解説を見つけましたが

捻挫の本質は靭帯などの損傷を言います

Photo_20230324142001

たまに捻挫の解説をするときに使う図ですが

申し訳ないのですが出典が不明になってしまいました

見えにくいかもしれませんが黒いマルで囲んだところが捻挫の部分

これらのように靭帯が損傷しているのがわかります

捻挫とひとくちにいっても部分損傷もあれば断裂もありますので

その程度は個々のケースによって異なります

 

こういった傷が整体などで何とかなるはずもなく

病院に行くことが先決なのはいうまでもありません

 

さてたまにあるのが強い力が加わるどころか

原因がわからないといわれることもありますが

靭帯などの損傷ではなく

距骨の可動制限というのも少なくありません

 

距骨の動きにより足関節の自由な動きが担保されるので

距骨そのものが動かないと足首が痛くなることもあります

こういった動きはレントゲンでは写りませんので

病院に行って捻挫ではないといわれたときはまずそこを疑います

 

さらにその前段階の原因として足関節をまたぐ筋肉の拘縮により

骨にかかる圧が上昇し動きが制限される場合もあります

またよく見られるのは皮膚が筋膜と癒着して動きを制限することもあります

腰痛館にはマラソンランナーが数名お越しになられますが

彼らはレース前に足の皮膚の癒着をとることで

筋肉の負担を軽減し疲労の程度を軽減する目的で施術を受けられます

皮膚や筋膜などの組織の癒着は無駄な負荷となり筋疲労を起こしますが

そういった状態が長く続けば痛みが発生することもあり得ます

 

足首の痛みは捻挫だけではないということだけでも知っておいていただきたいものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/27

日常生活に活かす『スポーツ科学リテラシー』

41z568pxel_sx348_bo1204203200_

日常生活に活かす『スポーツ科学リテラシー』 杉浦雄策

アタックネットのブックレビューが掲載されました

こちらをご覧くださいませ

 

「リテラシー」っていつのころから一般化したのか知りませんが

いろんなところで目にするようになりました

リテラシーは英語の「literacy」からきており、意味は「読み書きの能力」をいうそうですが

「活用術」的な意味で用いられます

 

いろんなところで気安く「リテラシー」といわれますが

活用、応用というのは知識の上に相当な経験を積んでこそ得られる能力だと思います

都合よく本一冊を読んでリテラシーが得られるものでもないと思います

読む方は数時間で読める本でも

書く方は長年の研究と経験の蓄積があってのことで

読み手と書き手の「重み」に乖離があるように感じてなりません

 

本書を読んでも素人がわかりやすく読めるように工夫してあるので

比較的読みやすかったという印象ですが

決してその内容は軽いものではないと感じました

ご大層な言い方をすれば人が人として健全に生きるための指南書といってもいいかもしれません

 

我々が何気なしに生活の中での運動や食事など

それら一つ一つが生きる上で重要であることは何となくわかってはいるんですが

それが具体的にどういうことなのか

どういうつながりがあるのか

そういったことをわかりやすく解説している本です

その中でのスポーツの立ち位置も踏まえて興味深い内容でした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/26

A FUNK ODDYSSEY

812nllekul_ac_sl1500_

A FUNK ODDYSSEY ジャミロクワイ

「最新の」と思っていたらもう10年以上前のアルバムだったんですね

「これだから年寄りは」と思ってしまうほど時の流れについていけなくなるんですよね

中古CDの最安値コーナーで見つけたくらいですから

それなりに年月はたってるわけで…

 

ヒット曲よりもアルバム全体を通して聴けば

意外といろんなジャンルの要素が詰まっているのに驚かされました

まさかしっとりとしたボサノバが収録されているとは

そんな意外な感覚に新鮮さを覚えたアルバムです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/25

ベーコンエッグ

Dsc_0368

なんてことないベーコンエッグなんですが

子供のころの思い出があります

 

小学低学年のころハムエッグとかベーコンエッグとかを食べたことがなくて

叔母の家に泊まった時

朝ごはんで出てきたのがハムエッグ

どうやって食べるかといえば

ご飯の上にのっけてウスターソースをかけて

どんぶりにして食べていたんです

 

子供のころの記憶の刷り込みって強いもので

大人になってもハムエッグとベーコンエッグはご飯の上にのせて食べるもの

そんな固定概念に支配されたままで今日まで来ました

 

画像こそお皿に盛りつけて

ポテサラを添えてはおりますが

この後そくご飯にのせてウスターソースをかけていただきました

それをごちそうと感じる私の感覚は昭和的なのかもしれません

なんでもご飯にのせて食べる習慣は実に庶民的で

安心感があるものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/24

開花

Dsc_0379

桜はもうちょっと先

そんな記事を書いたのがほんの数日前

しかし咲くときは咲きます

母校大阪市立喜連小学校の前を通るとずいぶん咲いてるじゃないですか

 

Dsc_0369-1

ベランダに上がれば山椒の木にも新芽が出ています

Dsc_0370-2 Dsc_0371-1 Dsc_0373-1

ほうれん草、小松菜、大葉も発芽しています

Dsc_0374-1

今年初めて植えた紫タマネギも着実に成長しています

 

日によっては「暖かい」と通り越して「暑い」ときもあります

春が本格的になってきたら間髪を入れずに夏が来ます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/23

一生、山に登るための体づくり

71kcog5gpql

一生、山に登るための体づくり 石田良恵

アタックネットにブックレビューが掲載されました

こちらをご覧くださいませ

 

「年寄りの冷や水」という言葉が似合うようになってきました

江戸時代には隅田川の水を飲み水として売っていたそうです

いくら昔の川はきれいとはいえ

生活排水も流されていたそうなので

年寄りがその水を飲むとお腹を壊すことがあったことから生まれた言葉だそうです

 

若いころはこれくらいは平気でやっていたという

数十年前の記憶で無理をすると痛い目に合うわけですが

山登りともなると命にかかわるケースもありますので

標高が低い山でも油断は禁物

適切な準備があってこそ自然を楽しめるのであって

自然をなめていると牙をむき出しにして襲い掛かってくることも知っておくべきです

 

本書の特徴は体力づくりの前提として

問題点やリスクをきちんと示したうえで

それらに備えるための準備を書かれている点でしょう

だからその必要性がしっかり認識してからの運動ですから

運動をしながらもう一度リスクを具体的に認識できるのは大きな意味があります

 

「登山のための体力づくり」と漠然としないのは

学者としての矜持を感じます



オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/22

腰痛と前屈

この間腰痛の人は内転筋が硬くて開脚ができない

そして開脚のストレッチをすることで腰痛が軽減したというおはなしをしました

似たようなことが別にあって

腰痛の人の多くは前屈ができないという傾向もあります

ただし前屈をすれば腰痛が軽減するかといえば逆で

たいていの人は腰痛が酷くなるだろうと思います

このことも筋膜のつながりを見れば理解できます

 

002_20230315085201

(画像:アナトミートレインより)

筋膜のつながりを示した図ですが

「スーパーフィッシャル・バック・ライン」と呼ばれるラインです

これを見ると足底からふくらはぎ・ハムストリングから脊柱起立筋などのつながりがわかります

細かいところは割愛しますが

要するにふくらはぎやハムストリングの硬さは

脊柱起立筋の硬さにつながります

 

脊柱起立筋という背筋は背骨に沿って走行しますが

これ(ら)の筋肉が縮めば背骨は圧迫されます

前回は大腰筋という中心部分に存在する筋肉が収縮することで

背骨を圧迫するということでしたが

この脊柱起立筋は背骨の後方から圧迫を加えることになります

 

私の施術を受けた方は納得されると思いますが

どちらかといえば腰よりも足に時間を割いて施術するのはそういう理由です

そして興味深いのはこのラインで示される筋肉の特徴は

重力に対して身体を支えることがメインの役割となる筋肉がほとんどです

 

私の愛孫が5か月になりますが

ようやく背筋群が強くなり重たい頭を持ち上げ

背中をそらし寝返りが打つことができるようになりました

もっとこれらの筋肉が強くなれば座ることも立つこともできるようになるでしょう

 

逆の見方をするとこれらの筋肉が弱体化すると

体を支えられなくなり身体をそらすことができなくなり

立つのも座るのもつらくなります

これって腰痛の人の特徴的なことだったりします

 

歩くことが腰痛予防や改善に最適なのは

ここで登場する足の筋肉を使うのも理由の一つです

(本当はもっと理由があるのですが)

 

運動をあまりしていなくて股関節が硬い人は少なくありませんが

前屈と開脚がしんどくなれば将来待っているのは腰痛だと思っていただいてもいいでしょう

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/21

走ってないのに痛いランナー膝

むかしむかし会社勤めをしていたころ

頻繁にゴルフコンペがありました

今でこそ偉そうにプロゴルファーにアドバイスしたりしますが

ゴルフの腕前は最悪

ベストグロスが129というから相当なもの

毎回ブービー賞をもらって帰った記憶があります

 

さてゴルフを始めて一番つらかったのは

後半から必ず膝が痛み出しました

パターを杖代わりに歩いていて

いつもきまって膝の外側が激しく痛みました

 

今の仕事をしだしてからはゴルフをまったくしなくなりましたが

その時の膝の痛みを調べてみると

腸脛靭帯炎、別の名を「ランナー膝」とも言います

マラソンランナーによく起きる症状ということでランナー膝と呼ばれるそうです

004_20230317080101

青色の部分が腸脛靭帯なんですが

一番下の付着部が膝の外側でここに炎症が起きていたわけです

 

腸脛靭帯は大腿筋膜張筋と大殿筋から始まり腓骨の外側まで走行します

大腿骨外側上顆という出っ張りが膝の少し上の部分にあり

膝の曲げ伸ばしの際にそこに引っかかった腸脛靭帯が炎症を起こすという説明が一般的です

マラソンランナーのように長距離を走ると擦れる回数も多いので炎症が起きやすいのはよくわかります

 

しかし施術しているとハッキリわかるのは

腸脛靭帯炎を起こしている人の腸脛靭帯の硬さが著しいことです

もともと靭帯ですから筋肉とは違い硬くて当然なんですが

それでもその程度が違いすぎる点が疑問です

 

施術の際には腸脛靭帯周辺の癒着をとり

付着している大腿筋膜張筋と大殿筋の緊張をとることが必須なんですが

そこだけやってもなかなか改善しないのが私の経験則です

まず大腿四頭筋やハムストリングというサイドではなく前方・後方の

出力の大きい筋肉が疲労困憊しているとき

骨盤から足にかけての安定性が損ない

大腿筋膜張筋というサイドの安定性を維持する筋肉に負担がかかるのではないかと考えています

003_20230317083601

そういった関連性を見るにあたって

大腿部を屈曲させる腸腰筋の疲労も

大きな影響を与えるのかもしれません

結局その辺全部をやらないとうまくいかないということなんですけどね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/20

まだ早い

Dsc_0000_burst20230317130506247

今年は2月下旬から気温が高く

最高気温24℃という日もありましたが

全体的に暖かい日が多く

春物の衣類を引っ張り出してきました

 

やっぱり寒いよりは暖かい方が気分も緩みます

ふと気づいて神社の桜を見たら

まだまだつぼみは固かったです

人間が浮かれ気分になろうとも

クールの咲き時を心得ているようです

 

毎年27日前後ですからまだ一週間ほど先

その辺は律儀に時期を選んでいるようです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/19

Lamb debut album

81zwir1uedl_ac_sl1400_

Lamb debut album

イギリスのデュオだそうです

例によって中古CDを漁っていてジャケットにひかれて購入

聞いてみると何となくどこかで聞いたことのあるような音楽

Amazonのレビューを見ていると

「ビョークのようなヴォーカル」というのがあって納得

ボーカルだけではなく世界観もビョークのアルバムで似た感じのがありました

もちろんアルバムは悪くはありません

けっこうアタリだと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/18

おでん豆腐

Dsc_0351-1

おでんを食べた翌日はほぼほぼおでん豆腐にしています

甘辛い濃厚な煮汁にアッサリした豆腐は相性抜群

付け合わせは個性派の春菊をサッと煮汁にくぐらせて

しっかり煮込んだ豆腐や鶏肉との差別化をします

 

豆腐は今回木綿を使いましたが

絹ごしのツルっとした触感も悪くありません

ただ器に入れるとき崩れやすいので

もっぱら木綿を使用しています

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/17

順応

昨日は初めてマタニティ雑誌を買ったというお話でしたが

いずれ来るであろう全書籍の電子化に対し

最初は慣れなくて読みづらさや不便を感じたのですが

さすがに3年目になれば逆に電子書籍ならではの面白さも感じるようになりました

 

最近はまっているのは音声による読み上げ

Dsc_0370

パソコン上でエッジで立ち上げると

音声による読み上げも可能になります

キンドルでもそういう機能があるか探したんですが

今のところ見つかってはいません

しかし活字を読むのと音声で聞くのとではかなり感じが違います

 

先日甥っ子が2歳の子供を連れて遊びに来ました

一緒に遊ぼうと試みましたが

彼女の関心は母親のスマホで見るアマプラのコンテンツ

やっぱりイマドキの子供です

 

驚いたことに長時間の視聴をしないために

制限をかけていたのですが

自分でパスワードを入力し解除して

涼しい顔でアニメを見てました

 

そうなんですよ

若い人の方が順応性が高いんですよ

 

むかし趣味で海水魚を飼っていた時

成魚を買ってくると環境が変わっておびえてしまい

翌朝には死んでいたなんてことがよくありました

体力的に劣っている幼魚の方が

すぐ違う環境に順応し当たり前のように餌を食べているのです

 

人間も大人より子供の方がいち早く環境に馴染みやすいようです

体力面で劣る子供の生き残り戦略として

環境に自分を合わせるというのは実に合理的だと思います

 

逆にいえば馴染みのある環境でしか生きられないというのは

私ら高齢者の最大の弱点ともいえそうです

 

いずれ遠くない未来に紙媒体の書籍がなくなったとき

電子書籍の新しい機能を我が物にするのは私らの生き残り戦略として必須なのかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/16

マタニティSTYLE2023

Dsc_0369

マタニティSTYLE2023

今まで読んできた本の中で最も私にふさわしくないものかもしれません

実は孫の写真が掲載されているから購入したのですが

予想通り見事に小さな写真が載っていました

 

たぶん彼女が大人になったとき

紙媒体の雑誌ってなくなっているように思います

「昔の本は紙に印刷してたんだよ」

てなことを言いながら見せてやりたいと考えています

 

昨日ご紹介した「月刊トレーニングジャーナル」も

2020年から電子書籍になっています

先日本屋に出かけてマタニティSTYLEを探した時も

昔とは違い雑誌の棚がガサガサで

種類が激減していたのでビックリ

雑誌の種類も減っているのでしょうし

徐々に紙媒体の書籍の割合が減りつつあるのを実感しました

 

さて私に無縁だったはずのマタニティ雑誌も読んでみると

けっこう有用な情報が満載

事実産後のまもなくの方が来られることもありますし

そんなとき私らの時代とはかなり変わっていることがわかりました

時代錯誤の情報に振り回されないように勉強しておきます

 

驚いたのは巻末の広告スペース

まあ、同業者の宣伝が多いこと!

腰痛館ではほとんど口コミで来られるお母さん方ばかりなんですが

産前産後のニーズも少なくないということなんでしょうね

私としてはリスクも高いのであまり積極的になる気はないんですが

そういうところを狙う整体院が多いことを知りました

 

一番役に立ちそうなのはレシピの記事であることは付け加えておきます

 

世の中なんでも勉強ですね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/15

ピリオダイゼーションを考える

Tj202304

月刊トレーニングジャーナル4月号

今月の特集は「ピリオダイゼーションを考える」

正直今回の特集は難しかったです

知らないワードがちょこちょこと登場するので

それを調べながら読んでいるとその前のワードを忘れていたり

年を取ると脳みその持久力が衰えているのがわかります

 

「ピリオダイゼーション」とは「試合に向けて、コンディションやパフォーマンスを最もよい状態に合わせるために、年間のトレーニングをいくつかの期間に分けて、それぞれのトレーニングの種類や量、強度を効率よく組み合わせ、実施すること」とありました

昔の「やればやるほど強くなる」という発想とは違います

量的に足りなくても多すぎてもマイナスになるということと

質的にどれくらいのことをどうやるかという問題も考えなければいけないという感じですかね?

 

何度か読み返したのは

筋肉を増やすメカニズムとして

トレーニングをすることでタンパク質を作るリボソームという工場が働くという点と

リボソームという工場を増やすという身体のメカニズムについての研究が書かれています

トレーニングをすれば筋肉を構成するタンパク質が作られ

筋肉が増えるというのは何となくわかってはいたんですが

トレーニングの方法次第で工場自体が増えるということは初めて知りました

 

石井直方先生は大昔私が筋肉の勉強をしているときに

科学的な観点からの解説をされているのに出会い

スポーツ医科学に興味を持ち始めたきっかけをくださった方

以来ずいぶん年数がたった今でも

石井先生の研究は興味深くて難しいというのが実感です

たまにこういう難しいものを読んで頭も鍛えないといけません

早速石井先生の本を注文しました(古い本ですけど)

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今月のテーマは「血肉と化す」

いろんな本を読んで知識を増やすことは尊いことですが

それを実践できる、知識を活かして行動する

それはまた別次元の尊さだと思います

 

むかし私が入学した小学校には

二宮金次郎の像が廃棄されていたのを覚えています

この人こそが知識を現実に展開する達人だったようです

現代において再評価されるべき人物です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/14

腰痛と開脚

「腰痛あるある」だと思うんですが

一般の方が医学的な知識はなくても

それぞれこうやったら痛みがマシになるという方法をご存じということを耳にします

 

私も仕事中に痛み出したらこうやって対処しますという方法を伺いますが

けっこう理にかなっていることも少なくありません

多いのはカウンターストレインの体位を知らず知らずのうちにやってて痛みを軽減するケース

腰が痛いと痛くない姿勢を探すのは自然なことだと思いますし

創始者のローレンス・ジョーンズ博士も

痛みがなくなる姿位を模索しているうちに

カウンターストレインのヒントを得たというくらいですから

やっぱり理屈よりも現場であれこれやることに意義を感じます

 

さて私が腰痛持ちのサラリーマンだったころ

もちろん体に関する知識もなかったのですが

経験則で開脚のストレッチをやると症状が軽くなったので

よく家で寝る前に開脚のストレッチをしていたものです

 

001_20230312104301

(画像:アナトミー・トレインより)

この図は筋筋膜経線を示したものの中で

「ディープ・フロント・ライン」と呼ばれるものの一部ですが

ここで注目すべきは腸腰筋や横隔膜など

腰痛と密接な関係にある筋肉が内転筋群とつながっているということです

 

いくつかの腰痛関連の筋肉が緊張することで腰が痛くなるのですが

それらと内転筋群の緊張がセットになっているという点に注目すれば

腰痛の人は内転筋が硬くて開脚ができないことが多く

逆から見れば内転筋がストレッチにより弛緩すれば

腰痛関連の筋肉にも影響するという理屈になります

 

現在、こういったつながりを利用して施術のベースにしているのですが

素人の時代にわけも分からず実践していたことになります

もちろん全体像の中の一部の減少にすぎませんので

それだけで腰痛が治ったわけではありませんが

やっていたことはその部分において正しかったといえそうです

 

腰痛に限ったことではありませんが

機能障害による体の痛みは単一の問題点ではなく

複数の問題点が集約した形で出ることが多いのですが

痛い部分だけではなくこういった関連性を紐解くことが

問題解決の糸口になることは間違いなさそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/13

マスクはずします

Img_97

今一番の世間の話題といえばマスクの着用について

なにせ3年間もマスクをし続けて急にはずせと言われても

世間の顔色を見ながらどうしようか決めかねている方も多いかと存じます

 

元々マスクはウィルスの大きさに対しほとんど効果はなく

現実に罹患している人が飛沫が飛ぶのを防ぐためにするものだったのですが

いつのまにかマスクをすれば感染が予防できるみたいな空気感が形成されていました

きっと今でもマスクをすれば感染を防げると思ってらっしゃる方も少なくないでしょう

 

一方長期的なマスク着用による問題点も指摘され

暑熱感や不快感、私のようなメガネ着用者は曇るというわかりやすい問題点もありますが

マスク内では通常の空気と比べて酸素がおよそ87%に減り

二酸化炭素がおよそ30倍に増えるというデータも出ています

脳や心肺機能、免疫力など様々なところに影響が出る懸念もありえます

それらが表面化するまでずいぶん年数はかかるでしょうが

出てからでは手遅れになるケースも考えられます

マスクを着用し続けて認知症になったらイヤだなぁ

そんな風にも勝手に想像しています

 

とりあえず腰痛館ではマスク着用をやめます

もっともずっと昔から仰向けになったときだけ

私はマスクをしていたのでそこは従来と変わらずマスクを使います

それとベッド・フェイスマット・バストマットのような直接肌に触れるものは

コロナ以前よりエタノールを散布しておりましたので

そちらの方は引き続き続行します

 

ただ個人の考え方は尊重しますので

私にマスクを着用してほしい方はお申し出いただければ

フツウにマスクをします

今さらちょっとくらいマスクをしたからといってどうだということもありませんので

その辺は臨機応変に対応します

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/12

Eye of the Storm

A1evpllieel_ac_sl1500_

Eye of the Storm  ONE OK ROCK

2月に次男夫婦がコンサートに行ってきたそうで

そんなこんなでこのアルバムを購入

 

楽曲がアメリカのポップみたいで

知らないで聞けば日本のグループだと気づかないでしょうね

 

大昔ピンクレディーがアメリカでデビューしたと大騒ぎになりましたが

所詮はプロモートの一環で

本当に世界で通用するレベルではなかったと思いますが

彼らのそれは世界の壁みたいな感じすらないように思えました

 

昭和の感覚とはずいぶん変わったものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/11

若ごぼう

Dsc_0324-1_20230225122901

八尾市で有名なものとしては「八尾の朝吉」と「若ごぼう」

前者はご存じない方も多くなってきたでしょうが

なぜか横浜生まれの今東光という小説家が書いた「悪名」という小説・映画の主人公が八尾の朝吉

 

そして八尾の春といえば若ごぼう

メインは茎なんですが毎年葉は佃煮にします

シンプルに薄揚げと煮込むのですが

ほんのりとした苦みが春を感じさせてくれます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/10

花粉症

昨日は久しぶりに暖房をつけずに仕事をしました

それでも室内は23℃を超え24℃に届こうかという勢い

先日から気温が上がりだして増えてきたのは花粉症の方

もちろん花粉症は私がどうこうできるわけもないのですが

今年は気温が高いせいか花粉症の方が多いように感じます

 

逆に今までがコロナウィルスを気にして四六時中マスクをされていたので

花粉症を訴える方の数が少なかったように感じています

具体的なことはわかりませんので

あくまでも私個人の主観にすぎないのですが

今年は神経質にマスクをすることが減ったので

ひょっとしたら花粉症の方が増えているのでしょうか?

それとも長時間マスクを着用することで

逆に免疫力が低下するとの指摘もありますが

数年間のマスク生活で多くの人の免疫力が落ちたのでしょうか?

 

個人的な推測にしかすぎませんが

実際のところは何年かたってからでないとわからないのでしょうね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/09

元気があれば何でもできる…?

「元気ですか~~?」
といえば先日お亡くなりになられたアントニオ猪木さん

私らが小学生のころのヒーローといってもいいでしょう

活動力の源になる気力、心身の活動力

それが元気です

 

何をやるにせよ「元気」は必須条件

しかし元気にもそれぞれの強さ、その時の強さがあります

「元気がある・元気がない」という

単純な二択ではありません

その人の「元気」の程度によってできることとできないことがあるのも事実

 

おかげさまで今私はとても元気ですが

10代のころにできたことができるかといえばそうではありません

間違いなく運動能力も衰えていますし

頭の回転も鈍っています

他人の事だと「当たり前だろう」とわかるのですが

自分のこととなると意外と正確に把握していないのが現実だったりします

 

「これくらいのこと前は当たり前にできていたのに…」

ぎっくり腰になってこういうセリフを吐く人は少なくありません

いつ頃の話かとたずねると

10年か20年前の話だったりするから何をかいわんや

その間に衰えていないと思っているのか?

といいたいところですが、そこはご本人もよく理解なさっています

ところがここ具体的な行動に関しては

実際にやってみて痛い目を見ないとわからないのは私も同じです

 

この判断と用心が一番難しいところなんでしょうね

これから先暖かくなってきて

体が動きやすいと思った時が意外と落とし穴

アッと思っても後の祭り

ここんとこをしっかりわかっているのが大人の知恵だと思うんですが

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/08

ChatGPTに訊け!

Chat

最近話題のChatGPT

人工知能チャットボットという程度しか知らないのですが

お遊びで「腰痛の治し方」を尋ねてみました

以下がその回答です

 

腰痛の治療方法は、原因や痛みの程度によって異なりますが、以下の方法が一般的に有効とされています。

  1. 休息:腰痛がひどい場合は、軽い運動や日常生活活動を制限し、休息を取ることが大切です。寝るときは硬いマットレスや枕を使い、腰を支えるようにしましょう。

  2. 湿布・温湿布:痛みを和らげるために、湿布や温湿布を使うことができます。湿布には、メントールやカンフルなどの成分が含まれているものがあります。

  3. 薬の使用:痛みや炎症を抑える薬を使用することができます。市販の鎮痛剤や、医師が処方する薬を使用することがあります。

  4. 筋肉のストレッチ・強化:腰痛を改善するために、筋肉を強化するためのエクササイズを行うことが有効です。特に、腰回りの筋肉を強化することが重要です。

  5. マッサージ・整体:マッサージや整体により、筋肉の緊張をほぐすことができます。専門家による施術を受けることをおすすめします。

  6. 病院での治療:痛みが強く、自己治療で改善しない場合は、病院での治療が必要です。痛みの原因に応じて、投薬や注射、手術などの治療が行われる場合があります。

腰痛の改善には時間がかかることがありますが、上記の方法を継続的に行うことで、改善される場合が多いです。また、腰痛が繰り返し発生する場合は、生活習慣の改善や予防方法にも取り組むことが重要です。

 

私らよりもはるかに優等生的な回答です

各方面からのアプローチが紹介されていて

主観抜きという点では人間のアドバイスよりもいいかもしれません

 

これからの時代検索エンジンよりも役に立つ情報が得られるかもしれません

少なくともお金を払っている情報から先に表示されるわけではないので

使いやすいかもしれません

 

まだ昨年の11月に公開されたばかりですので

問題点も出てくるかもしれませんが

場合によっては検索エンジンの終わりの始まりになるかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/07

けんすい

20230306_101249893

いつものきまぐれなんですが

最近、思いついて懸垂をしています

ちょうど一年前に買ったぶら下がり健康器

フツウならそろそろ飽きてくるころなんですが

私の場合エスカレートするのが持ち味だったりします

 

ほぼ毎日ランジやスクワットはやっているのですが

上半身に関してはアブローラーを断続的にやる程度

それで思いついたのは懸垂なんですが

そんなに力もないので懸垂して静止しているだけです

これなら高齢者でも可能

 

あるとき腕を上にあげたら背中が攣ります

間違いなく広背筋の痙攣です

懸垂の動作では様々な筋肉を使いますが

挙上した上腕を下げるのは広背筋のお仕事

しかも体重を支えながらですから

今までにない重労働を課していることになります

背中が攣るのは必然ともいえます

 

逆三角形の背中が出来上がるか

それとも音を上げるのが早いか

半年先には答えが出ていると思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/06

啓蟄

カレンダーを見たら今日は啓蟄

冬眠をしていた虫が穴から出てくるといわれる日です

二十四節気の一つですがやはり春を表す言葉でもあります

今年は驚くほど暖かいので

虫たちもチラホラと見かけるようになりました

 

3月6日というのが何となく引っかかっていたんですが

誰かの誕生日かと思いきや腰痛館を立ち上げた日だったんですよ

もうその日にちすら忘れてしまうほど永くやってるわけなんですが

調べてみるとその年の啓蟄は3月5日でした

道理で啓蟄=創立記念日とはならないわけです

 

むかしを思うよりあと何年できるかの方に興味が移ったので

記憶の片隅に追いやられたんでしょうね

今日もボチボチ仕事します

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/05

Green

51gvey4kgs_ac_sl1200_

Green 吉村宏

1986年の作品だそうですが

当時はアンビエント・ミュージックの存在すら知らなかったのです

きっとそのころに聞いても心にささることはなかったでしょう

そういう点では音楽との出会いも縁があるのは疑いようもありません

 

作品そのものには「自然」がバックグラウンドにあるようですが

私はコレを聞いてむしろ都会的と感じてしまいます

おそらく作者の意図とは真逆な受け止め方になるんでしょうが

洗練された感じは田舎の風景とはちょっと違うような気がするんですよ

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/04

ハリハリ鍋

Dsc_0345

子供のころハリハリ鍋といえばクジラを使いました

ずっとクジラが食べられなかったせいで

いつの間にかクジラは高級食材のイメージが付きましたが

むかしはクジラが安く肉が臭いという欠点もあり

クジラがおかずに出るとがっかりしたものでした

だからこそハリハリ鍋も臭みけしでみそ仕立てでしたし

竜田揚げのように味で臭みを消すのがフツウでした

 

人間ダメと言われると余計に欲しくなるもので

「クジラを食べるな」といわない方が

黙ってても美味しい牛や豚に変わったんじゃないかと想像するのです

 

で、大人になっても豚肉の方がアッサリとしているので

ハリハリ鍋は豚肉が美味しいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/03

試合間のリカバリー

Sq248

月刊スポーツメディスン248

今月の特集は「試合間のリカバリー」

サッカーワールドカップの期間中はどういうことでコンディショニングをするのか興味津々

期間中に何試合もあって肉体的・精神的に維持するのは難しいのはわかるんですが

漠然と「疲労回復」ということしか浮かんでこなかったのですが

その舞台裏はとにかく科学的な裏付けのある様々な項目から

選手をサポートされているようです

 

しかも疲れた選手を癒すという受け身ではなく

能動的な体制を作ることにより

より選手の能力を発揮させる取り組みがなされているようです

 

近年スポーツの世界において日本勢の進化が著しいのですが

選手個々の能力だけではなくバックアップの体制によるところが大きいのもよくわかります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2023/03/02

陽気

3月に入ったとたんに春の陽気

昨日は昼過ぎに所用で出かけました

行くところがいっぱいだったので

時間を気にしながら自転車を走らせます

外で汗をかいたのはいつ以来でしょう?

 

3月なんで新しいお店もオープンしてて

何のお店かと思ってのぞいてみたら

むかしいったことのあるうどん屋が近くでオープン

以前なら迷わず入ったでしょうが

今は気楽に外食もできない身分

 

帰ったら半そででもいいくらいの暑さ

こういった急激な温度変化は体調不良を惹起します

昨日は何度も電話がかかってきたので

いっそう忙しさがアップします

 

コロナ以来ヒマなのに慣れてしまったのか?

それとも老化現象なのか?

マイペースでないと頭も体も動かないようになりました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

けんびき

このブログも開始から20年近くになりますが

ちょうどその当時テーマにしたのが「けんびき」

私らの親の世代が肩こりを「けんびきがこる」と言ってました

子供のころはよく聞いた「けんびき」という言葉も

我々の世代でも使うことがなく

ましてや今のお若い方が知ってることもないかもしれません

 

当時、疑問に思ったのは人によってけんびきの場所が違い

けんびきとはいったいどの部位を指すのかということ

なんか地方によっても違いがあるみたいで

結局はっきりとわからずじまいで消化不良だった記憶があります

 

そのむかしネット検索というのも普及していなかったのですが

今更思い出してググってみると意外なことがわかりました

「けんびき」は漢字で書くと「痃癖/肩癖」となるそうです

痃(けん・げん)」は筋肉がひきつる病気を意味し

「けんびき」は部位の名称ではなく肩こりという症状そのものだということがわかりました

 

当然人によって肩こりの部位も違うわけで

これで20年前の疑問は解消しました

といってもイマドキ「けんびき」という言葉も使われなくなり

私自身の自己満足で終わったわけです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2023/03/01

今日から役に立つ! 使える「語彙力」2726

716a0hczyul

今日から役に立つ! 使える「語彙力」2726

先日なんばに出かけました

予定していた時間より早かったので

時間つぶしに本屋に入りました

 

たまたま手に取ったのが本書

「大丈夫です」って口癖になっていませんか?

という表紙のひと言が刺さりました

最近の「大丈夫です」の使い方に違和感を感じる世代としては

わが意を得たりってところです

 

ペラペラとページをめくってみると

知ってはいるけど詳しくは知らなかった言葉

全く知らない言葉

知性をうかがわせる言葉

いろんな言葉の解説が様々な角度からなされています

ついつい時間も忘れて読みふけっていると

いつの間にか予定時刻

 

書店で本を買うなんて何年振りのことでしょう?

辞典サイズの分厚い本がお手頃価格

しっかり読むというより気が向いたときパラパラめくるのが楽しそう

時間つぶしによし、ネタをひろうのによし

けっこう楽しめる本です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »