« シューベルト 即興曲 | トップページ | 立冬 »

2022/11/07

腰を回す

この仕事に就いてからはやらなくなりましたが

サラリーマン時代は接待ゴルフに出かけたものです

お世辞にも上手いとはいえずブービー賞の常連だったりします

 

私の下手さ加減を見かねて上司が教えてくれたのですが

そこはやっぱり素人のそれですから

整体の勉強で身体の構造や機能を理解するに従い

上司のアドバイスがけっこうデタラメだったことに気づき

上達しない理由もわかってきました

 

いつもよく言われたのは「腰の捻転で打つ」ということ

幾度となく腰のひねりが足りないから飛距離が出ないと言われたんでが

もし同じことを今言われたら大いに反論するはずです

 

20221104_102809696

(画像:「脊柱管狭窄症をトレーニングで治す」より)

腰椎の模型ですが腰椎の関節は下関節突起と上関節突起が重なり合い

回線運動はわずか5度と言われています

聞きなれない難しい用語はさておき

腰椎は構造上わずかな回旋運動しかできず

「腰の捻転で打つ」という理論はあり得ないということになります

 

元々骨盤と腰椎は可動性より安定性重視の関節となり

あまり動くと具合が悪いのです

 

ならばゴルフスィングの時の捻転はどこで生み出されるのかといえば

それは左右の股関節を双方反対方向に動かすことで

あたかも腰が捻られているように見えるのです

 

実は腰の周りには回旋に使う筋肉で強力なものはなく

股関節をまたぐ縦方向の筋肉を左右逆に動かすことで

大きな力を得られるわけです

 

ゴルフに限らずスポーツ全般でランニングをはじめとする

足からお尻の筋肉を鍛えるトレーニングを重視するのはそのためです

スポーツトレーニングで腰椎を回す筋肉を鍛えることはあまりしないのもそのためだったりします

 

このように理屈がわかっても

実際にクラブをにぎったらやっぱりヘタクソなんでしょうね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« シューベルト 即興曲 | トップページ | 立冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シューベルト 即興曲 | トップページ | 立冬 »