« 潜在能力を最高に引き出す法 | トップページ | 動きの前提 »

2022/10/04

まあちゃんの文芸評論・スポーツ論ノート

9784434234415

まあちゃんの文芸評論・スポーツ論ノート 山村正英

アタックネットのブックレビューが掲載されました

こちらをご覧くださいませ

 

ブックレビューはリンクの方からご覧いただきたいのですが

本書を読んでいて一番感銘を受けたのは

「青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方を言う。年を重ねただけでは老いない。人生の理想を失うとき、初めて老いる」

という冒頭に引用されたサムエル・ウルマンの言葉

いまさら「青春」という言葉を口にするのもこっぱずかしいのですが

「人生の理想を失うとき、初めて老いる」

という言葉には全くその通りだと思います

 

「どうでもエエわ」と流されるように生きるようになったときが老いるとき

そう言い換えてもいいのではないでしょうか

自らの無力に打ちひしがれ向上心を失い

更なる成長が閉ざされ

座して死を待つのもあながち悪いことだとは思いません

むしろそれこそが自然なあり様なのかもしれません

しかし「青春」という言葉が持つ勢いがなくなったわけですから

ウルマンの言葉は正しいといえるでしょう

 

ま、そんなことどうでもエエわけでして

本書に潜む勢いみたいなものを感じたのでした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« 潜在能力を最高に引き出す法 | トップページ | 動きの前提 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 潜在能力を最高に引き出す法 | トップページ | 動きの前提 »