« 生命科学的思 | トップページ | 連動 »

2022/09/06

循環不良

いつの季節でもそうなんですが

暑さが残るこの時期でも

来院される方のほとんどは足が冷えています

ご本人は30℃を超える残暑に「暑い」という印象しかなく

「冷えている」といわれてもピンとこないのが当たり前です

 

ところが暑いと感じているのは上半身であって

気が付かないだけで足元は冷えています

 

いつもこのブログで申し上げるのは

「冷えている」という状態は血液の循環が悪いということを表します

だから物理的に暖めても血液の流れが改善しなければ

「冷えた」状態のままであって

一時的に温まったとしても

すぐに冷えてしまいます

 

だから私の施術は血液の循環が改善することにかなりのウェイトを置いています

逆にいうと血液の循環がよくなれば

冷えている個所に温かい血液が流れ込み

時間がたてば冷えている状態から抜け出せることができます

 

こういった身体のしくみを考えると

体調が悪いことの原因の多くに「身体が回っていない」というイメージが付きまといます

別に身体をクルクル回すわけではありませんが

身体の中の機能が上手く働いていないという意味合いで

「回っていない」と表現するということ

 

血液だけではなくリンパ・脳脊髄液などは

所定のコースを循環します

それにより身体のそれぞれの機能が正常に作動するのですが

どれひとつとってもストップすれば命にかかわる状態となり

ストップしなくても回り方が悪いだけで様々な機能障害を引き起こすことは知られています

あたかも惑星が自転公転をやめてしまえばその星の存亡にかかわるのと酷似しています

もっと身近な例で言えば企業の資金繰りが回らなければ会社はつぶれるのと同じですね

 

何らかの損傷を受けて機能を害することもありますが

正常な営みができなくなって起きる傷害もあるということです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« 生命科学的思 | トップページ | 連動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生命科学的思 | トップページ | 連動 »