« バッハ:インベンションとシンフォニア | トップページ | 完成 »

2022/08/22

椎間板の動き

20220821_142805043

背骨と背骨の間には椎間板というクッションが存在します

ありがたいことではありませんが椎間板ヘルニアでおなじみの

といった方が通りはいいかもしれません

 

椎間関節という背骨同士の関節は

伸展・屈曲・側屈・回旋という動きを見せますが

硬い骨同士ではいろいろ問題も出るので

椎間板という軟部組織が背骨同士の間を取り持つ形で

問題なく動けるのです

 

ところがあまり知られてはいませんが

椎間板の中心にある髄核がその動きに応じて

様々な方向に動くことで動きによる圧力を上手くさばいているのです

髄核の流動性が背骨の円滑な動きを支えていると言ってもいいでしょう

ベアリングのようなと言いたいところですが

実際はベアリングよりも機能性は高く

背骨の動きをより円滑支えるシステムには感心せざるを得ません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« バッハ:インベンションとシンフォニア | トップページ | 完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ:インベンションとシンフォニア | トップページ | 完成 »