« 時代 | トップページ | 窓を開けて »

2022/03/13

無題

Dsc_0099-1

ストウブ鍋を購入して1年ほどになりますが

調理の仕方がずいぶん変わったように思えます

 

今回はストウブ鍋にチー油を入れ

タマネギ2個・ニンジン1本・鶏モモ肉をそのままで2枚

シメジを2パック詰め込んだら鍋は山盛り

ニンニクのたまり漬けと刻みショウガを隙間にツッコミ

長崎の塩小さじ一杯ふって料理開始

 

中火で水蒸気が出るまで加熱して

焦げないように鍋底をしゃもじで返して

あとは超弱火で50分

火を消してからは余熱でじっくり火を入れて完成

 

思い付きで作ったのでレシピの名前すらありません

小さじ一杯の塩を入れましたが

塩分よりも野菜の水分の甘みで食べるので

全体の味としてかなり薄め

そのクセ濃厚な味わいは無水調理の真骨頂

 

塩分は少なめにしておいて食べるときに不足があれば

そのタイミングで調味料をいれ再加熱するのもアリなんで

失敗はよほどでない限り起こりません

水臭いと感じる程度の方が食材の旨味が引き立ちます

 

切らずに入れた鶏肉もお箸で切れるほど柔らかでした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 時代 | トップページ | 窓を開けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時代 | トップページ | 窓を開けて »