« シナモン | トップページ | 鯛の酒蒸し »

2022/03/24

思い込み

人の脳って一度こうだと思い込むと

それを覆すアップデートってなかなかできません

社会心理学で人は一度承認すると

以後の行動に対し一貫性を持たせるために

多少の間違いがあったとしても見て見ぬふりをしてなかったことにする

そういう思い込みの強さと覆すことの難しさを説く研究もあります

人って非合理的なことやそれによる不利益があったとしても

一度決めたことに対し頑固な一面を見せます

 

なるほどなと感じるのは

その人にある症状が治らないものだと思い込むと

なかなかそれを覆すことができません

時間薬で自然に治ってしまうケースだとそれも問題ありませんが

治るために生活習慣を改善することや

考え方を改めることが必要な場合

こういった心理学的な法則性を痛感せざるを得ません

 

専門家の意見も聞いて納得はしても

心の底から納得して思い込みを覆すことは容易ではありません

話は聞いて理解しても信じていないわけですから

結果的に同じ生活を繰り返すだけでいたずらに時間が経過し

「治らない」という現実に「やっぱりな」となるわけです

 

まあ、長期戦が予想される場合

あせらず時間をかけて一つずつ現れる結果を基に

信頼関係を積み重ねることしかできないのですが

それだけの月日をいただけない場合がほとんどなので

人の思い込みの難しさを感じずにはいられません

 

私が使っているスマホは電源ボタンを押してから

指紋認証をすることでホーム画面が現れると思い込んでいました

ところが最近になって電源ボタンを押さずとも

指紋認証だけでホーム画面が開くことを知りました

 

こりゃ便利だと思ったのですが

一度染みついたクセは治りません

無意識に電源ボタンを押して指紋認証をする

今までと変わらない2アクションをやってしまいます

社会心理学のそれとは次元の違うお話ではあるんですが

意識・無意識のアップデートの難しさを思い知りました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« シナモン | トップページ | 鯛の酒蒸し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シナモン | トップページ | 鯛の酒蒸し »