« 仕事始め | トップページ | ポケットwifi »

2022/01/03

21 Lessons

51qh404wcml_sx353_bo1204203200_

21Lessons:21世紀の人類のための21の思考 ユヴァル・ノア・ハラリ

本書をひと言で説明するなら

20世紀までの人類史の総括に基づく

21世紀を生きるための着眼点となるのでしょうか?

 

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」という言葉を聞いたことがありますが

21世紀を生きる私たちが賢くあるためにはまず歴史を振り返ってみるべきです

ただ本書の狙いは単に史実を省みるのではなく

様々なテーマに分類した歴史からその意味を見出し

それが21世紀という時代にマッチするのかを検証している点が

本書の肝となる部分です

 

その時代に必要だったストーリーも

時代にそぐわなくなればひずみが生じるのは必定

例えば労働力の搾取を解消するために生まれた共産主義も

AIに仕事を奪われたら労働力自体の必要性も薄れ

搾取よりもさらに深刻な問題が発生しそうです

 

古い時代の社会規範を民衆に知らしめるために宗教というものが存在したとすれば

21世紀という時代に古代の社会規範がそのまま当てはまるかという問題も生まれます

今すぐになくなりはしなくてもその形は変わりそうな感じがします

 

本書の主役は「虚構の物語」であり

社会を形成することで巨大な力を得た人類の原動力となった物語も

社会構造が変わり物語そのものを見直す必要性があると筆者は説きます

 

物語の虚構を知るための方法論として筆者が提案するのが

古代仏教から生まれたヴィパサナ瞑想であったりする点は

矛盾ではないにしろクスっと笑ってしまいましたが

こういうメソッドには賛否が分かれそうな気がします

私個人としてはもろ手を挙げて賛成するところではありますが

この辺は好き嫌いの問題かもしれません

 

しかしながら従来の歴史を下支えした「虚構の物語」は

さらにシビアな見方が増えることが予想されます

その度合いこそが21世紀の新たなる物語に影響しそうな気がします

 

たぶん2021年に読んだ本の中で一番面白かったと言えそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 仕事始め | トップページ | ポケットwifi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事始め | トップページ | ポケットwifi »