« コツとカンを伝えるには | トップページ | 二番手 三番手 »

2021/11/18

行先のない

電子書籍を読むためにタブレット端末を買ったのが去年の春

まだまだ価格が安いので古書を買う機会が多く

電子書籍を読む機会はまだわずかしかありません

 

ほとんどがkindleアプリを使って読むのですが

しっかり読めば読むほど不満が募るのが書き込みができないこと

紙の書籍を読むときおびただしい数の付箋を貼って

気になるところはチェックを入れ

コメントを入れる習慣が学生時代からあります

本を汚すことが読書なり

そんな考え方が身についてしまった今

電子書籍のようにきれいに読まないといけないのは一種のストレス

読んで全部頭に入れば苦労はしないというのが本音

 

何かいい方法があればと調べてみると

スクリーンショットをとってスタイラスペンで書き込みするとかありましたが

本の流れの中で書き込みたいのに

スクリーンショットのように独立すれば

大量の書き込みをする私にとってそれは切り離された感じがしてしっくりきません

それ以前にスタイラスペンもなければ古いタブレットはそもそも対応していません

 

Dsc_0038-1

行き場を失った付箋がパソコンに貼られてユラユラ

受験生のころを思い出します

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« コツとカンを伝えるには | トップページ | 二番手 三番手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コツとカンを伝えるには | トップページ | 二番手 三番手 »