« 結局 | トップページ | ほうじ茶ごはん »

2021/10/08

専門職としての備え

Sq234

月刊スポーツメディスン234

今月の特集は「専門家としての備え」

専門家とは「特定の職域で精通し、専門的な知識能力のある人」

こんな定義がウィキペディアにありました

それぞれの場面で起きている事象はひとつでも

それを解き明かすとき様々な可能性をどれだけ準備できるかが専門家の専門家たる所以だと思います

専門的な知識とは数多くの可能性を準備しつつ

そこからもっとも適切な答えを導き出す能力を有してこそ「精通」という評価ができるのでしょう

 

本特集では整形外科医やアスレティックトレーナーの教育者という立場から

それぞれ「正解」にたどり着くための準備を述べられています

答えは一つでもそこにたどり着くまでにいくつもの引き出しを持つことで

いろいろな可能性に対処できるのでしょう

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

|

« 結局 | トップページ | ほうじ茶ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結局 | トップページ | ほうじ茶ごはん »