« つながり | トップページ | 都合のいい人 »

2021/07/22

春宵十話

41ck7chmthl_sy291_bo1204203200_ql40_ml2_

春宵十話 岡潔

筆者は世界的な数学者です

1901年(明治34年)のお生まれですから

私の祖父母の年代ということになります

 

数学者の随筆だからたいそう論理的なお話かと思いきや

本書の中心的なテーマは「情緒」

筆者の論調に触れると数学が哲学であったり芸術であるかのような印象を受けます

数学と情緒とは対極のイメージを持っていたのですが

そんな思いは軽く吹き飛ばされてしまいました

AIの技術が進む今の世の中情緒が薄れてしまうような気もしますが

考えてみれば優秀なコンピューターでもプログラミングは人間の仕事

計算は早いけど無いところから何かを生み出す能力はないわけですから

こういう時代だからこそ筆者が大事にした情緒というものが

これからの時代のキーワードになってくるかもしれません

 

昭和初期から日本人の情緒が薄れてきたのではないかと筆者は危惧されていました

筆者が今の時代にいらっしゃるならひっくり返りそうな気もします

ただ情緒も時代によって移り変わるものですから

今の時代にも情緒あふれる人もいるでしょうし

明治の世の中でも情緒の乏しい人はいたでしょうから

そうそう嘆く必要はないと思いました

 

ただ筆者が言われる通り情緒捨て無機質になることは危険かもしれません

情緒とは幅広く物事を感じ取る能力とするならば

目の前に見えているものしか感じ取れず

奥行や裏表、時の流れなど見えない要素を感じ取ることができなかったとしたら

それこそ数学という学問は成り立ちえないでしょう

 

過去の政府が国立大学を理科系だけにするということを言われたことがありますが

これは生産性を上げるための方法論と捉えました

筆者は教育について渋柿の木に甘柿の枝を挿し木して促成栽培するようなものだと述べられています

教育はじっくり熟成させて人間性を高めることが大事だと言われています

私らも学生時代どちらかというと詰め込み教育を受けて育ったという認識があります

そのうえでこの年になって身についているものは自分自身で考え抜いて理解したものだけ

今の時代なら覚える情報量はコンピューターにお任せして

人間は考えて悩むという作業をもっとした方がいいのかもしれません

 

昔々の随筆ではありますが

その内容はいつの時代にも共通したテーマかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« つながり | トップページ | 都合のいい人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つながり | トップページ | 都合のいい人 »