« LOVERS IN JAPAN | トップページ | Coming Soon »

2021/06/14

戦略に基づいた練習計画

Tj202107

月刊トレーニングジャーナル7月号

近頃のスポーツを取り巻く環境はとても細分化されているようです

選手がいて監督・コーチが指導をしてトレーナーが体調管理やパフォーマンス向上を図る

そういう役割分担がイメージとしてありましたが

「アナリスト」という存在もおられるそうです

「分析家」と訳せばいいのでしょうか?

チームのメンバー・戦い方・弱点などを分析して

そのチームが目指す戦い方に必要かつ適切な練習をプランニングされるお仕事だそうです

特徴的なのはあくまでも分析が仕事ですから

直接練習に立ち会う必要もないようです

監督・コーチ・トレーナーの仕事に対し客観的な状態を知らしめ

より合目的的な練習を可能にされるようです

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今月のテーマは「膝を打つ」

「閃き」とはすばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶこと

優れた発明・発見にはひらめきがつきもの

ダラダラ長考するよりいい考えが浮かぶことが多いかもしれません

閃きには磨き方があるようです

精度の低い閃きは身を滅ぼしかねません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« LOVERS IN JAPAN | トップページ | Coming Soon »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LOVERS IN JAPAN | トップページ | Coming Soon »