« Time | トップページ | 胸郭のねじれ »

2021/06/21

五十肩体操

近頃どういうわけか仕事でももちろんのこと

プライベートでも友人知人が五十肩で腕が上がらず相談を受けることが多くなってきています

一つの症状が出だすと同じ症状がしばらく続くのが腰痛館あるある

正直、施術を受けられた方でも容易に治せないのが五十肩の難しいところ

お帰りになるときは「楽になった」と喜んでもらえても

それもひと月持てば御の字

1日雨が降っただけで痛みが再発するケースもざらにあります

 

私が考えているのは五十肩が3~40年かかって

地道に老化・運動不足を積み重ねた産物だと考えています

だからその時だけの痛みをマシにすることはできても

キレイに治すなんてまず無理くらいに思っています

 

さりとて痛みをそのままにしておくわけにもいかず

腰痛館に来られるのですが

施術が終わって痛みが軽減してから

お教えする体操があります

 

一応私が考案しましたが

ヒントとなったのは空手の正拳づき

空手道場で観察していて気付いたのは

威力のあるツキは当たってから肩甲骨が前に出て

威力を倍増させるようです

大打者イチロー選手もバットが届きそうにない外角低めを

ひょこッと肩甲骨を動かしてバットに当ててヒットにする

水泳の金メダリスト北島康介さんも肩甲骨を上手く使うことで

手の動きを大きく強くしたのが印象に残っています

 

前置きが長くなりましたが

手を上手く使いには肩甲骨から動かすことが大事なポイントになります

ところが我々の生活で肩甲骨を動かす腕の使い方など皆無

動かない肩甲骨は中高年になれば肋骨に癒着します

そうなると腕の動きにおいてクッションの役割も果たす肩甲骨が固着します

結果負担や衝撃は肩や肘が背負うことになります

 

具体的な五十肩の悪い部分はそれほど単純ではありませんので

そこだけ改善すれば治るというほど簡単なものではありませんが

肩甲骨を動かす習慣をつけることで

負担が減り痛みがいくらかマシになることは私が確認しています

正直、絶大な効果がある方もいれば

まったく効果がない人

それ以前に痛くてできない人もいたりするのですが

肩甲骨を動かす五十肩体操は

いくらか楽になるようなので多くの方にお教えしています

 

エエ加減早く本題に入れと声が聞こえそうなので

ここらでご説明いたします

イメージで言えば空手の正拳づきを両手同時にやる感じです

先ずこぶしを脇の下くらいまで持っていきますが

その時のポイントは肩甲骨主導の動きで

背中で肩甲骨同士がぶつかるくらいの感じで肘を引きます

 

そうして次はこぶしを前に出していきますが

誰かを殴るのが目的ではないのであくまでゆっくり大きく

手を内側に回す(回内)しながら肩甲骨を前に出すように腕を伸ばしていきます

これを数回繰り返せば何人かに一人はちょっとだけ痛みが軽くなります

 

先ほども申し上げた通り状態によって痛みでできない人がいるはずです

「それでもなんとか」って頑張ると翌日痛みが激しくなることも予想されますので

あくまでも動きの最中痛みを感じない方限定ということでよろしくお願いします

時として薬は毒にもなるということですから

無理はなさらないように

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« Time | トップページ | 胸郭のねじれ »

コメント

私にとって、これ以上ないほどのタイムリーなお話をありがとうございます
動かせられるようになったら、筋肉を使う、鍛えてやるといいですよって。
リハビリ担当の先生に同じことを言われまし
た。

肩甲骨を動かすというのは、日常の動きの中では「意識」を伴うものなんだと実感しました。

痛みが引いたら、五十肩体操をやります。
早くそれがやれるようになりたい(◞‸◟)

投稿: うどん好きのあゆ | 2021/06/21 07:11

痛みのスタートラインはかつて「インナーマッスル」と呼ばれていた肩甲骨から腕の骨(上腕骨)についているローテーターカフという筋肉群が長年の不活性により縮んでしまい肩関節内に位置関係がずれることによりインピンジメントや炎症などの症状を引き起こすものと考えています

お医者さんはもっと違った説明になると思いますが
あくまでもスタートラインのお話です

この記事で紹介した体操はスタートラインをただす目的ですので
直接痛みの緩和につながるわけではありません
でもどうせ時間がかかる症状ならば指をくわえて見ているよりも
何かプラスに働くアクションを起こした方がちょっとでも改善の方向に進むと思います

これから身体に襲い掛かる痛みの大半は
何かしたからではなく、何もしてないから劣化することによる痛みだと考えてください
いつも軽い運動をお勧めするのはとりあえず軽く動かしておけば
不動による劣化は起こりにくいからです

投稿: ひろ | 2021/06/21 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Time | トップページ | 胸郭のねじれ »