« スポーツ医科学の背景が活きる仕事 | トップページ | 早すぎる梅雨 »

2021/05/18

ライフピボット

51et8hurxvl_sx339_bo1204203200_

ライフピボット 黒田悠介

いつも感じるのは良い時代に生まれ育ったということ

戦後復興した日本がそれこそ日の出の勢いで高度経済成長をへて

日本人全体が活力にあふれ

「JANAN AS NO,1」という本では今や世界をリードしているのは日本であるといわれ

20代後半ではバブル期を迎え

戦争も知らずイケイケで育ってきた感はあります

 

今は昔、バブルは崩壊し失われた20年か30年か?

斜陽の日本経済は低迷期を迎え

終身雇用を軸としたライフプランも期待できず

こんな時代が来るとは夢にも思いませんでした

 

しかしこんな時代でも上手くやっている人はいるもんです

私自身は経済的には恵まれていませんが

いまさらバブル期に戻りたいかといわれれば答えはNo

今が一番幸せで充実した日々を送っていると感謝しています

 

私事はどうでもいいのですが

この先もどんな時代が待っているか予想もできません

本書でも触れられていますが

コロナウィルスが世界中を取り巻き

1年余りで生活・経済あらゆる環境が変わってしまいました

 

きっとこれまでもそうだったはずなんですが

有事に上手くやる人間の特徴はいかに時代にアジャストできるかどうかだと思います

本書の主旨は変化に対応する力をいかにつけるかということ

「いつだってやり直せる」という副タイトルにもありますように

永遠の安寧を望むべくもないのであれば

切り替えの能力をいかにして身につけなければなりません

 

この本には素晴らしいことがたくさんあるのですが

もっとも心に刺さったのは「Connect the Dots」という

スティーブ・ジョブズの言葉

「点をつなげる」という意味になるんでしょうが

私達は皆1日1日を生きています

その時間を上手くつなぎ合わせることができれば

将来大きな財産になりピボット(転換)の際に役に立つということ

この説明ではイマイチわかりづらいでしょうけど

私自身の今の生活には小学生の頃のアノ経験が役に立っている

高校生のころのアノ経験が役に立っている

大学生のころのアノ経験が役に立っている

ということをすごく感じているのです

 

それぞれは今の生活と全く関連のないことではありますが

全部私という人間の基礎となっている要素で

それがあったから今の時代でも比較的オモシロオカシク暮らせていると確信します

それぞれの時代にまさか還暦を超えて整体の仕事なんかやるとは思ってませんでしたし

そういった勉強も全くしていなかったのですが

意外と陰で役に立っているのは大昔の経験であり

その時代時代で我ながら一生懸命やっていたことが

こんな形で活きてくるとは不思議なもの

 

私らの世代は平均寿命が100歳を超えるといわれています

今、そのころを意識して体力貯金を蓄えています

本書に書かれているほど要領よくやれることもありませんが

自分自身の将来を意識して生き延びるための準備はしておきたいと思います

 

この本は面白かったので息子にも買いました

彼が何をどう感じるかは彼次第

人格が違いますからまた違ったことを感じてくれて

それを実行してくれたらいいように転ぶかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

|

« スポーツ医科学の背景が活きる仕事 | トップページ | 早すぎる梅雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツ医科学の背景が活きる仕事 | トップページ | 早すぎる梅雨 »