« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021/04/30

過保護

ここしばらくは久しぶりの雨模様

農作物にとっては恵みの雨なんですが

私達にとってはビミョーなところ

 

ここのところ晴天続きで日中は汗ばむほどのときもありました

ところが雨の日は実際の気温よりも体感温度が低く感じますので

油断すると風邪をひいてしまいそうになります

 

去年、今年とコロナウィルスが猛威を振るう中

うかつに風邪さえ引けぬ世間の風潮があります

今までならちょっとした風邪くらいなら

薬で熱を抑えて仕事ができたのですが

このご時世発熱はご法度

コロナウィルス感染の可能性があれば仕事もできません

万が一のことがあればあとから大きな代償を払わなければいけません

 

本当はいつだってそうなんですが

用心に用心を重ねて風邪すら許さない環境づくりは必須

今までならもうちょっと薄着で過ごしているタイミングでも

厚手のものを羽織ろうとしますし

まだまだ午前中は暖房を入れることもあります

 

こんな過保護はあまり好きではありませんが

こんなご時世ですから要領よく生きないと損をすることになります

午前中に暖房を入れて午後から窓を開けて仕事する

そんなおかしな毎日になってはいますが

過度な気配りもやむを得ません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/04/29

ベランダ事情

Dsc_0217

この時期は夏野菜に切り替えのタイミング

所狭しとタマネギを植えたもんだから

ほとんどのプランターが占領されていましたが

毎日のように葉タマネギを食べ

食べてくださる方がいれば誰かれなく差し上げたおかげで

夏野菜の苗を植えることができました

上の写真は定番のナス

Dsc_0218

去年1本しか収穫できず

うどん粉病にやられたキュウリ

今年は大いに期待しています

Dsc_0221

夏になると食べたくなるのはミニトマト

今年は品種を変えてみました

Dsc_0222

去年の秋口に植えたジャガイモが今ごろ育ってきました

アンデスとキタアカリです

Dsc_0219

去年1個しか収穫できなかったスダチも順調に新芽をつけます

お正月のポン酢に期待してます

Dsc_0220

こちらは食べられませんが

10年ほど腰痛館の玄関口に置いてあったベンジャミン

汚らしくなったので丸坊主にして

新芽から育てなおすことにしました

 

クワイも芽が出てきたようです

ひと月ほどしたら生姜も発芽予定

これからが楽しみです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/28

Fasciaリリースの基本と臨床

51i7l1iak5l_sx351_bo1204203200_

解剖・動作・エコーで導くFasciaリリースの基本と臨床

本書は基本的に注射によるfasciaリリースについての解説であり

当然医師に向けた疼痛治療がその中心的内容となります

そういう点では私らには関係ないものなのですが

私が本書を読みたかったのは我々が今まで筋膜と呼んでいたもの

あるいはfascia(膜)というべきものの知識の更新と

エコーを用いた身体の中で起きている状態の

客観的な認識がしたくて購入

 

Kinnmakunoyutyaku

ちょっとばかりネタバレ感があるところはご容赦いただきたいのですが

左の画像は僧帽筋と棘上筋の筋膜同士が重積、肥厚した状態を映し出します

さらに右の画像は筋膜リリースにより癒着した筋膜が剥がされ正常な状態に戻ったことを映し出しています

 

ここで重要なのは我々手技療法家が行う

「こりをほぐす」であったり筋拘縮などを画像であらわす画期的なものだと言えるでしょう

我々のギョーカイはこのような画像所見はありませんので

触覚によりあくまでも主観的な感覚器官による情報が頼りだったわけです

俗に言うところの「コリ」って筋膜同士の癒着であったり

本書のミソになる部分として「筋膜」という表現に対し

昨今異論が唱えられ「筋肉」の膜だけではなく

広く皮膚、皮下組織、筋膜、腱、靱帯、体脂肪、腹膜、髄膜、骨膜すべて含まれた「膜」こそがfasciaであることを述べられています

ずっと以前より筋膜リリースという概念がギョーカイの流行みたいな感じではありましたが

あくまでも筋膜というものに注目し

筋肉のストレッチに似た技法がその中心となっており

本書で提唱されるfasciaの概念とは異なるものであると言わざるを得ません

 

本書の後半で具体的な部位の問題点をエコーにより

可視化できる状態で解説がありますが

今後そういった傾向が広がれば

従来の筋膜リリースも進化の余地を残すものと期待したいです

 

そういう点で福井勉先生が提唱された「皮膚運動学」も

皮膚と他の軟部組織との癒着という視点から展開された理論ですが

この理論もfasciaリリースと共通した要素であり

再評価されるべきだと考えます

そのうえで福井先生がテーピングという手段で問題解決を図ろうとなさってますが

手技による方法論も考慮の余地があるでしょうし

本書のように注射というやり方も出てくるだろうと思います

 

私にとっては長年の疑問点がかなり整理され

スッキリした感じがしてなりません

こういうことがわかってきたのはすごく楽しいことです


 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/27

肥満と運動不足

去年、受けた特定健診でウエストサイズが85㎝だったので

めでたくメタボ認定を受けました

今までセーフだったんですがタイミングで2~3㎝くらいはかわりますからね

その後特定健診を担当していた病院から

毎月血圧とウエストサイズと体重を書いて送るようにと封書が送られてきます

 

あまり気にもしてなかったんですが

すごく数値を大切にされているようにも思えました

先月体調がすぐれず体重が落ちウエストもかなり細くなったのですが

体調を壊したので痩せたと特記事項として書いておいたのに

エラク褒めていただきなんか本末転倒だと思いました

 

もちろん太りすぎは様々な病気を誘発するのですが

2015年にケンブリッジ大学が肥満と運動不足では

運動不足の方が死亡リスクが2倍程度高くなるということを発表しました

30万人に対する調査なんですが

肥満よりも運動不足の方が早死にするということ

 

しかもこの研究のスゴイところは

どれくらいの運動が必要であるかについては

20分のウォーキングで30%死亡リスクが低下するとのこと

ゴリゴリに鍛え上げなくても大きな効果が得られます

 

例によってYouTubeを見ていたらそんなお話がありました

Dr Ishiguro

このお話はこちらのチャンネルからいただきました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/26

要注意

この頃本代もバカになりません

年間を通じてとなるとビックリする金額になっています

古書があるなら少しでも安い方を買うようにしています

 

この間も12,000円の本を1割強の値段で買ったのですが

届いた本は新品と変わらないほどの美品

すごくラッキーだと喜んでいたらあちこちに書き込みがありました

やっぱり値段なりでした

でも私自身がいっぱい書き込みをしたり付箋を貼りつけているので

少々汚くても慣れているせいか気になりません

 

以前だったらAmazonのマーケットプレイスだったのですが

去年くらいからブックオフの店頭受け渡しも送料がかからないし

ヤフオクやメルカリでけっこうな出物があるので要チェックです

 

以前から欲しかった本がメルカリで安値で売られていました

これは迷わず買いだと思って即時購入

3日後に届いた品物を見てビックリ

 

Dsc_0211

 

自炊後の裁断された本が届きました

これはさすがにドン引き

結局穴あけパンチとファイルを買ったらそこそこのお値段になりました

もちろん取引の商品内容にはしっかりど「裁断済み」と表記があります

見落とした私の落ち度なんで文句はいえません

 

私自身裁断して自炊した経験がありませんので

こういうものまで出回っているとは思っても見なかったのです

これからはこういう商品もあるということを肝に銘じて古書を買い続けます

でも電子書籍がもっと普及したら「古書」というもの自体存在しなくなる時代がくるんでしょうね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/25

サン=ジェルマン=デ=プレの出逢い

51x4utyydl_ac_sy450_

サン=ジェルマン=デ=プレの出逢い ダニエル・コラン 桑山哲也

サン=ジェルマン=デ=プレは昔フランスに行ったとき通ったと思います

当時はわけがわからなかったのですが

けっこう魅力的なところだったので

帰国してからの方がフランスにかぶれていったのです

 

サン=ジェルマン=デ=プレは文化や芸術で象徴的な街だそうです

フランスでは有名なミュゼット奏者のダニエル・コラン

日本有数のミュゼット奏者の桑山哲也のコラボ

たまたま見た動画で桑山さんの演奏を聞き

そのままの勢いでこのアルバムを購入

 

よくきいた曲が大半なんですごくなじみやすかったです

ミュゼット音楽はアコーディオン奏者は一人が多いみたいですけど

最高峰奏者がデュオとなるのはある意味貴重な作品かもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/24

ホタルイカのパスタ

Dsc_0198

旬のものを食べられるのはこの上ない幸せ

春は美味しいものがいっぱいあります

この間からホタルイカのパスタが食べたかったんです

 

ペペロンチーノを作る要領でオリーブ油にニンニク(たまり漬け)を入れ弱火で加熱

ホタルイカだけを入れる予定がサバ缶の残りも入れました

味付けはサバ缶の醤油味の汁とパスタの煮汁だけ

鷹の爪を入れて味見をしたらちょうどよかったのでそのままパスタと和えて完成

 

色付けでアスパラガスも入れるつもりで買っておいたのですが

この記事を書いているその時に入れ忘れに気づきました

通りで華やかさに欠けるビジュアルです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/23

睡眠と老化と髄液循環

去年から私のルーティンになってしまったYouTube視聴

たまたま見ていた動画で興味深いお話をされていました

かいつまんでご紹介させていただきます

 

身体の細胞は新陳代謝によって入れ替わりました

脳神経系の細胞は3歳を過ぎると分裂することなく

そのまま死ぬまで使い続けることになります

そこで大切なことは脳細胞を若い状態で維持すること

神経細胞を若々しく維持するためには睡眠が必要なんだそうです

睡眠の中でもノンレム睡眠時には脳の神経細胞の電気活動も見られなくなるそうです

脳の電気活動の停止こそが老化を防ぐために重要だと考えられています

電気活動がなくなると脳細胞は収縮して老廃物を外に押し出すんですって

収縮した脳細胞の隙間を通って老廃物が流されるのですが

押し流す役割を果たすのが脳脊髄液

脳脊髄液は睡眠時には流速を増しシャワーで汚れを洗い流すかのように脳をきれいにしていくんだそうです

この老廃物の中にはアルツハイマーの原因となるアミロイドβなどが含まれています

こういうシステムで脳の老化を防ぐそうですが

睡眠時間が短いとアルツハイマーになりやすいという研究がワシントン大学でされたといいます

 

論文解説チャンネル

(ここでのお話は8:07くらいから)


詳しいことはこちらのチャンネルをご覧いただきたいのですが

寝ているうちに脳を洗濯してくれるのも脳脊髄液の働きだと知ってビックリです

オステオパシーの頭蓋仙骨療法は脳脊髄液の循環を健全な状態にしますが

逆に言えば脳脊髄液の循環が阻害された状態だと

アルツハイマーになりやすいという仮説も成り立ちうることになります

脳脊髄液の循環が悪いと脳神経系に何らかの異常が出やすいことは

経験上承知していますがそのうえで

睡眠と脳と脳脊髄液の循環の関係性もさらに明らかになることを期待したいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

| | コメント (0)

2021/04/22

軟部組織テクニック

オステオパシーにはかなりの種類の技法がありますが

もっとも基本的な手技とも言えそうなのが軟部組織テクニック

手技のスタイルには牽引や押圧などがありますが

修業時代に私の師匠が最も大切にされていたのが軟部組織テクニックかもしれません

とりわけ押圧に対しては基本中の基本として

「これができんヤツは他のテクニックもできん」とまで言われていました

正直、その当時は押圧なんかそこらへんのマッサージとかわらんやんか

てな感じで考えていたこともありましたが

年数を重ねるごとに考えても見なかった効果を感じるようになりました

 

実際に軟部組織テクニックを使うことで

マッサージ屋といわれたこともありました

しかし一般に思われているような軟部組織、とりわけ筋肉の「ほぐし」という効果もありますが

画像所見がない我々にとって身体の中で何が起こっているかを察知できうるセンサー的な役割は極めて重要です

師匠が「これができんと何もできん」といわれたのも

外からでは見えない身体の内なる状態を把握することなしに

何らかの技法を用いるのは道が見えてないのに車を運転するがごとしと思っています

ある程度のヒットはあるでしょうがピンポイントで的確なヒットを狙うには

身体に対する「読み」は不可欠です

年数を重ねるごとにというのは手から得られる情報が年々増えていき

身体が見えているような感覚に達するまで相当時間はかかるのはわかります

私がその域に達するまでまだまだ時間が必要であることは明々白々ですが

目指すものがハッキリとしているのとそうでないのとでは

10年後20年後の姿も変わるはず

 

またクラニオワークなど繊細な感性が要求される技法においては

基本的手技に熟達することなく一足飛びに難易度の高い技法を用いても

表面だけは同じでも中身のないものになることは想像に難くありません

 

近年、筋・筋膜リリースが「流行」とでもいうべき状況ではありますが

同じ技法ではないにしろ類似性はかなり高く

筋膜を読める力は必要です

それを養うためにに軟部組織テクニックの熟達は必要だと考えます

 

二十年ほど前は耳にタコができるほど聞かされたセリフの意味合いが

少しは変わってきたのかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/21

運動習慣がないと

昨日、五十肩と大殿筋の関係についてお話しました

そこにかかわる一番の問題点は筋力低下

考えてみれば腰痛館にお越しになる方の大半は

筋力低下により身体を支えることが若いころにくらべると

だんだん難しくなってくるといっても本人はピンとこないでしょう

でも若いころと比べると力がなくなり

余裕がなくなっていることにはお気づきでしょう

 

毎回のように聞くセリフなんですが

「何もしていないのに痛くなった」といわれます

ほとんどの方がそうなんですが

実は無理なことをなさって痛くなる方なんて

スポーツ選手や若い方のほんの一握りにしかすぎません

ほとんどの方は何もしてないのに朝起きたら痛かったとか

クシャミをしたら腰を痛めたとか

フツウでは考えられない軽い動きで痛み出したとなるわけです

 

こういうことのほとんどすべてに言えるのは

冒頭で申し上げた筋力低下がそもそもの原因だったりします

若いときに比べて年を取ると筋力が低下するのは当然の話

当たり前のことだから問題意識がない方が多いのもわかります

しかし筋力低下も度が過ぎると痛みにつながるから怖いのです

高齢になって足腰の力が衰え痛みが出だすのは

皆さんよくご存じのはず

しかしそれも他人事だからわかっていても問題意識は芽生えません

それが当事者になってしまっていたい思いをしてもなお

その原因が筋力低下だとは気づかず

「何もしていないのに痛みが出るのはおかしい」と考えられます

私にしたら「何もしていないから痛むのが当然」

遅かれ早かれどこかに症状が出るのは当然の結果

そんな冷ややかな目で見ております

 

昨今「サルコペニア」という言葉が聞かれるようになりました

「加齢によって生じる骨格筋量と骨格筋力の低下」を意味します

最後の方で寝たきりになる方もいらっしゃいますが

そこに至るまでに様々なプロセスはあったはず

それが腰痛であったり膝痛であったり

普段何も運動をしていないことで起こる痛みのほとんどが

サルコペニアの一部だと思います

 

身体に異変が起き

それをきっかけに筋力低下の怖さを思い知り

そこから運動習慣を身につけられる方もいます

私の知る限りその後のQOL(クオリティ オブ ライフ)

つまり生活の質は向上され活動レベルが上がっています

先に痛い思いをしたおかげで現状自分の身体に何が起きているかを知り

先の10年20年30年後のために筋力の貯金をされた方は幸いです

そういう方が一人でも増えることを願ってやみません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/20

五十肩と大殿筋

世間で五十肩と呼ばれる現象には多くの筋肉がかかわっています

それゆえに一か所だけアプローチして改善することはほとんどなく

多くの筋肉や関節などにアプローチしなければならないのですが

問題は痛みや可動域制限に加担しているものの

主役と脇役を明確にしたうえで

症状の起こるストーリーを見極めるという作業が重要です

 

結局は関わり合いのありそうなところはすべて触るのですが

やみくもにするのとターゲットを絞り込み

痛みのメカニズムを理解してメリハリのきいた施術をしないと

時間の浪費はもちろんのこと

各部位のバランスを整えることができなければ結果はでません

 

偉そうに言ってるけど実際にやってみたら

毎回上手くいくとも限らず

効果が出ないこともありますので

あくまでも自分自身に対する戒めであったり

努力目標的なこととして申し上げているにすぎません

 

すごく長い前置きになりましたが今回注目したいのは大殿筋

読んで字のごとくお尻にある大きな筋肉なんですが

なかなか上手くいかなかった五十肩が

お尻の筋肉を触ることで改善したことがあるというお話

お尻を触って肩の痛みを和らげるといえば手品的な雰囲気もありますが

これには筋肉同士の連鎖からくるバランスの重要性がわかれば

さほど大した問題ではないのですが

そういった知識がなければ不思議に感じるのも当然です

 

Img20210419_09351268

(画像:骨盤と仙腸関節の機能解剖)

この図をご覧いただくと広背筋と大殿筋が

対測につながっているのがわかります

広背筋は上腕骨に付着し収縮することで上げた腕を下す動作をします

逆に言えば広背筋が拘縮すると腕を上げようとしても

邪魔をして上がらなくなります

これが直接痛みを誘発することも稀ですが

少なくとも可動域は減少します

 

腕が上がらない方には毎回広背筋の弛緩を試みますが

たとえその時は緩んで腕が上がりやすくなったとしても

2~3日もすればまた腕が上がらなくなることがよくあります

こんな場合私が疑うのは対側の大殿筋

高齢の方によくあるのが大殿筋の筋力低下による場合

大殿筋の機能を語りだしたら話がまた長くなるので割愛しますが

大殿筋の筋力低下は広背筋に余計な負担をかけ

その結果として広背筋の筋拘縮を惹起させる場合があるということです

これがけっこう厄介でして

筋力低下って我々では如何ともしがたい状況で

結局歩いたりしてもらって長い期間をかけて筋力アップを目論み

大殿筋と広背筋の張力バランスを調えなければいけませんので

運動療法に頼る部分が大きいことになります

 

五十肩を治す目的で歩く習慣をつけていただくのですが

まあ、この説明が難しいのです

なんで肩の痛みををとるために歩かないといけないか

それを納得していただくための説明も腕のうち

そんな考え方で取り組まないといけません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/19

教科書では学べない数学的思考

51q80vkn8xl_sx337_bo1204203200_

教科書では学べない数学的思考

今気になっていることのヒントになると思って購入

読んだ感想は「ああ!しんどかった」といったところ

数学的思考といっても高校に入ってから一度も数学の勉強をしたことがなかったので

例として出された問題がチンプンカンプン

感覚的には漢字を飛ばしてひらがなばかり読んだみたいな感じ

それで分かったようなフリをするのもけっこうキツイものです

 

数学の問題はほぼスルーしましたが

肝心の数学的思考に関しては求めていたものに出会えた気はします

要するに知りたかったのは思考のプロセス

どうも行き当たりばったりで考えて生きてきた人間にとって

思考のひな形を得られるのはありがたいこと

 

私の仕事もここでいう数学的思考がすごく役に立ち

それを積み重ねることで正解にたどり着く確率は間違いなく上がりそうです

もちろん習慣化しようとする意識が必要になってきますが

取り組んでみたい思考習慣です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/18

Jazzmasters 1

51k3zaxq4pl_ac_sy450_

Jazzmasters 1  ポール・ハードキャッスル

タイトルを見てジャズだと思って聞くと肩透かしを食らいます

ポール・ハードキャッスルはスムーズ・ジャズのアーティスト

フツウに聴いたらクラブ系の音楽です

 

それだけに音楽そのものはすごくシャレています

サックスの音色が大人っぽさを演出

透明感のある女性ボーカルが妖艶

 

サラッと聞き流すにはちょうどいい音楽だと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/17

葉タマネギのポン酢柚子胡椒和え

Dsc_0191

去年の年末にタマネギの種をいっぱい植えました

葉タマネギをいっぱい食べたかったからです

今までだとすき焼きやぬたに使うくらいでしたが

食べてみると使い勝手がよく

いろいろなレシピがあることを知りました

 

今回は私の思い付きで作りました

そんなに難しくありません

葉タマネギを4㎝くらいに切り茹でるだけ

 

お湯を切りぽん酢と柚子胡椒を合わせるだけ

シンプルだからこそ葉タマネギの美味しさが際立ちます

この間おひたしにして食べましたが

温かいまま食べても存在感があります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/16

トレーニングに必要なもの

Tj202105

月刊トレーニングジャーナル5月号

今月の特集は「トレーニングに必要なもの」

一番最初に思いつくのはやはりトレーニング器具

限られた時間で効率よくトレーニングするためには

一定数の器具は必要

限られた予算の中でどういったものを揃えるのか詳しく解説されています

 

そして競技によって鍛えるべきポイントの見極めも重要です

競技の動きや選手の動作の問題点を洗い出したうえで

的確なトレーニングを指示することが大切です

チーム全体の方向性を確認して

個々の選手の特徴を把握して

必要なトレーニングを明確にしてこそ

試合に生きるトレーニングが選択できるそうです

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今回のテーマは「頭角を現す」

才能を力に変えるには優れた指導者の存在がカギを握ります

どういう指導をするかで成長の度合いが変わるはずです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/04/15

手ごたえ

先月から上手くいかないケースが何度かありました

普段から百発百中で上手くいくわけではありませんが

そういう意味ではなく手技療法で扱えないケースが何軒かあったということです

 

病院で腰椎椎間板ヘルニアだと言われた方が施術を受けて楽になるということが何度もあります

いつも申し上げている通り

ヘルニアと痛みが関係しているのはわずか3%だそうで

逆に言えばヘルニアと診断されても痛みと関係ないのは97%という単純計算になります

現実的にはもっと考えるべきことはたくさんあるはずですが

私が考えているのは実際にヘルニアが画像所見で認められたとしても

それがヘルニア由来だとは限らないみたいです

そしてもっとも大事なのは手技療法で扱えるのはヘルニア由来の痛みではないこと

またまた逆に言えばヘルニア由来の場合手技療法ではどうしようもないわけです

 

20210414_140006690

(画像:骨盤と仙腸関節の機能解剖)

これがヘルニアの画ですが

ご覧の通り椎間板中央の髄核が飛び出して

(黄色の)脊髄を圧迫しているのがわかります

この画像は一つの背骨の部分を輪切りにした画像ですが

実際は腰椎の骨の内側で起こっている現象です

この状態を手でどうやれば切り取ったりへこませたりできるというのでしょう

私が考える限り外科手術で切断するしか方法はありません

 

例えこのように髄核が飛び出していても

痛みとは関係ない場合や程度もあるようなので

私らが触って痛みが消失するケースもあるのですが

たいてい医師の診断で手術が必要だと言われた場合

確証があってのことなので我々の出る幕ではありません

 

最初に申し上げた「上手くいかないケース」というのは

医師が手術が必要だと診断されたケースだったのです

ところが手術が怖いからといって腰痛館に来られたのですが

いつもならそれぞれの技法で何らかの手ごたえがあり

一つ一つの手ごたえの積み重なりで想像している結果が得られるのです

私の頭の中では最初からある程度筋書きが決まっているような感じです

ところが上手くいかない場合というのは

そういう手ごたえがまったくなくすべて空振りに終わる感覚があります

しばらく施術するうちに「これはおかしい」となるわけです

で、よくよく聞いてみれば手術しか方法がないとまで言われたそうです

本音をいうと「そりゃアカンわな」と思うわけです

 

もちろんそのあともきちんと説明して

どうして手技療法ではどうしようもないかをお話して

もう一度医師の説明をお聞きになるように促すのが

私にできる一番の方法だということ

 

別に私でなくても誰が治してくれてもいいはずです

そう考えれば選択肢は広がり

ベストに近いものを選ぶべきだと思います

そういう意味では上手くいかないケースにも意味はあるんじゃないかと思うのです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/14

スウィングガールズ

413egswysdl_ac_

スウィングガールズ

映画を見るのも久しぶりならDVDを買うのも久しぶり

買ったのは今更ながらの「スウィングガールズ」

2004年の映画だったと思います

テレビかなんかで観たことありました

 

今では大女優の雰囲気もある上野樹里さんの初主演

わきを固めるキャストも今も活躍される方がたくさんいます

ストーリーとしてはどこにでもいそうな女子高生たちが集まり

ジャズのビッグバンドをやろうとする内容です

 

ラストがコンクールで演奏するシーンなんですが

私は勝手にプロが吹き替えをやっているもんだと思っていました

ところがそれが大きな間違いで実際に役者が練習を重ねて

実際に演奏していることを知り

もう一度ちゃんと観たくなりDVDを購入

 

もちろんプロのビッグバンドと比べると

「あれ?」と思うところもありますが

楽器を持ったこともない役者が練習を重ね

あのレベルの演奏をしたとなると話は別

 

映画自体も感動的ですがメイキングストーリーもまた感動的

2枚組のDVDは1枚が本編でもう1枚にはメイキングストーリーが収録

本編を見た後にメイキングストーリーを見れば

感動は数倍に跳ね上がります

 

メイキングストーリーにはジャズの解説で

何度かお目にかかった元スウィングジャーナル編集長の岩波洋三先生の懐かしいお姿も見ることができました

ちょうどお目にかかったころの作品だったので

余計に懐かしさが増しました

岩波先生のことを確認したらもうお亡くなりになられてずいぶん経つとのこと

 

「ジャズやるべ!」を合言葉に音楽に打ち込む姿は

映画本編でもそれまでの練習シーンでも感動ものです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/13

ふんだんに

 

Dsc_0187

コロナウィルスが流行りだして緊急事態宣言が出たのが去年の4月

一年たってなお感染者が増えていく現状

多くの皆様がご苦労をされています

腰痛館でもあれだけいらっしゃった他府県からのご来院はほぼほぼなくなりました

一時期はどうなることかと思いましたが

何とか持ち直しつつあります

 

とりわけ大阪は今までで一番ピンチという状況に

普段の生活から気を引き締めて感染予防に取り組まないといけません

こんなご時世でも去年をはるかに上回る来院者の皆様に対し

できる限りの対策は取っています

 

画像のエタノールもかれこれ10年以上前から使用していますが

さすがに去年からは使用量も従来の10倍近く増えています

ある医師がティーツリーが免疫力を上げるという医学論文が出たといわれてましたので

さっそくオイルを買ってきて使用しています

 

外出を躊躇されるこのときにわざわざ腰痛館にお越しになられるのですから

こちらとしてもできる限りのことをしておきたいという気持ちが強くなります

もちろん施術で身体を楽にして差し上げるのが本分ですが

それ以外にも気を使わないといけない時代になりそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/12

窓から見える風景

Dsc_0186

隣家が取り壊されて数週間

最初のころは気づかんかったんですが

暖かくなって窓を開けるようになったら

当然今まで見えていた風景が一変

 

今まではお隣さんのブロック塀だけが見えていたんですが

それがなくなったら見通しがよくなり表通りが一望できます

逆に言えば表通りからウチの様子が丸見えになるわけです

 

換気のためにも窓を大きく開けていたいんですが

ちょっとそれも気恥ずかしくなり窓は半開状態

 

自分にとって都合のいいことがあれば

必ずそれに匹敵する不都合も生じる

いつもそう思ってますが

遮蔽物がなくなり視界が開けるということは

向こうからこちらがよく見るということ

 

いずれ近いうちに建売住宅が建つみたいなんですが

今度は遮蔽物ができると同時に

お隣の窓から丸見えになる状況が想像できます

 

それでも何年かたてばそれにも慣れてくるんでしょうけどね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/11

modal soul classics II

811pnaqu6l_ac_sl1500_

modal soul classics II Nujabes

初めて聴いたときすごくセンスがいいと思いました

ヒップホップのジャンルになるんでしょうが

落ち着いた感じが大人っぽい印象が残りました

Lo-Fi Hip Hopと呼ばれるそうですが

明らかに今までのヒップホップとは違います

 

そして驚いたのはこのアルバムを作ったのは日本人で

11年前に交通事故で亡くなっていたそうです

 

私も最近利用している「スポティファイ」で

海外でもっとも再生された日本人アーティストの第3位らしいです

国を問わずこの音楽の良さが認められている証拠ですよね

 

コンピレーションアルバムはたくさん聞きましたが

これは最高レベルです

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/10

キノコのリゾット

Dsc_0167

リゾットといえばトマトのリゾットばかり作っていましたが

キノコの風味を楽しみたいので今回はシフトチェンジ

 

で、いざ作ろうと思ったらコンソメがありません

仕方がないので今回は鶏がらスープの素と和風だしの素を使いました

結果、これが功を奏してキノコの風味と相性ヨシ

 

先ずキノコをオリーブ油で炒め軽く塩をします

水を加えだしの素を入れて温めた冷凍ごはんも入れました

味を見ながら塩で味の調節

 

色が地味なのでクレソンとパセリを入れ

仕上げに粉チーズをふって完成

トマト味とは全く違うので美味しかったです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

2021/04/09

セイバーメトリックスの落とし穴

41ecu3e0kdl_sx306_bo1204203200_-1

セイバーメトリックスの落とし穴 お股ニキ

野球に限らずスポーツに「絶対」という言葉はないと思っています

セオリーや理論も時代によって変わり

野球というスポーツもまた進化を続け

私が子供のころとはバッティングもピッチングも様変わりしています

 

人によっては自分の経験しか信じることができず

むかしのスターが当時の理論でしか解説をすることができないというのもよく見る光景です

また安易に得られる情報を武器に情報通を気取る素人もいます

いったい何が正しいのかといえばきっと人の数だけ正解があるのかもしれません

 

筆者は中学までの野球経験しかないいわば素人

それが思わず納得させられる理論で今の野球界を解説します

Twitterのつぶやきから人気が高まったというのはまさに時代の寵児

しかもダルビッシュ有というカリスマが支持するくらいですから

ただの素人の戯言と侮るわけにはいきません

実際に読んでみてもなるほどと思う理論も少なくはありません

 

少なくとも昭和の時代に活躍した解説者よりも

受け入れやすいのは正直なところ

まあ、ツーシームもカットボールも経験したことがないという点では

ある意味今の時代の野球に関しては未経験という解説者もおられるわけですから

どっちが正しいかなんて私にわかるはずもありません

 

しかし一ついえることは様々な議論が起こることは

それだけ野球が人々からいまだに興味を持たれているスポーツであるということ

誰からも相手にされずひっそりとブームを終えたスポーツやエンタメもあります

 

Amazonのブックレビューでも賛否が分かれるのが面白いところです

野球がどうなろうと私の生活にはあまり関係ないのですが

こういう議論が白熱するのはとても面白いことです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/08

さえずり

朝の日課といえば朝食をとってから

3階に上がって野菜の水やり

この時間の農作業がけっこう癒しになります

 

職業ではありませんので上手くいかなくても死にはしません

真面目にやりながらも気持ちの上で余裕ができます

最近、気になりだしたのは野鳥の声

先日もウグイスの鳴き声が聞こえました

5~6年前にも神社でウグイスが鳴いているところに通りかかりました

きっとこれも神社に住み着いているウグイスだろうと思います

 

昨日はヒバリの鳴き声がします

ちょうど去年の今頃も鳴いていました

調べてみると大阪市内で生息しているのはわずかな地域だけ

それでも近隣の八尾市や松原市でも生息が確認されています

去年の今頃コロナウィルスで緊急事態宣言が出た時も

車の量が減り稼働してない工場もありましたから

きっと空気がきれいになってヒバリが現れたんじゃないかと思いました

それから一年たってまたヒバリが鳴いてました

 

YouTubeでヒバリの鳴き声を確認しましたが

どうやら間違いなさそうです

ずっと鳴いているわけでもないので

朝のこの時間はとても貴重です

写真に収めようとしても遠すぎて撮影できません

その姿も望遠レンズで確認できればいいんですけどね

 

私が子供のころは大阪の空はとても汚く

空をかける鳥も限られていましたが

近年、見たことのない鳥が現れるようになりました

ちょっとうれしいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/04/07

解剖学カラーアトラス

51bgd8gml_sx355_bo1204203200_

解剖学カラーアトラス

ある方のご推奨で解剖学アトラスを買いました

初めてオステオパシーを習うときに教材として

解剖学アトラスを買って以来ですから実に20年以上ぶり

解剖学の図解本なんですが

かなり多くの種類が出回っていますが

コレを買った理由は多くの解剖学アトラスは絵で説明されているのですが

本書はだいたい実物なんです

本物の死体を解剖したものを写真撮影されています

 

正直グロいです

この手のやつは私自身苦手なんですけど

その分すごくリアルなんです

きめ細かく描かれていても所詮絵と実物の写真とでは違いすぎます

 

あまり進んで調べ物には使いたくありませんが

ここ一番で精度の高さを要求される場合

本書で調べた方が頭に入ってくる情報としては明確なものが入ってきそうです

 

間違えても本書の写真をここに掲載することはあり得ません

ブログをご覧になる方を減らしたくはありませんので ハイ

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/06

腰痛と声

ずいぶん昔のお話なんですが

あるアナウンサーの方がおいでになりました

主訴は腰痛と声が出ないこと

声が出ないといっても普通にお話はできますので声が出ます

要はアナウンサーとしての声が出ないということ

歌手やアナウンサーや役者さんは

腹式呼吸でハリのある通る声を出します

ところがその方はアナウンサーの命ともいえる

プロとしての声が出せずボソボソと聞き取れないほどのか細い声しか出なかったのです

 

私自身も激しい腰痛に見舞われたとき

喋れなくなり絞り出してかすれ声で喋った経験があります

この場合問題になるのは横隔膜の緊張と腰方形筋の筋拘縮

発声の際に横隔膜が大きく伸びることで胸腔を圧迫し

空気を押し出すような恰好になります

横隔膜だけではなく筋肉は自動で縮むことはできますが

伸びるときには作用せず他の筋肉に力で受動的に伸びるのです

たまに腹式呼吸を指導される際

「横隔膜を伸ばして」ということを言われる方もいますが

横隔膜が自動で伸びることはありませんので意識するポイントとしては間違っています

 

閑話休題

腹式呼吸の場合呼吸筋としての腹筋群や骨盤底筋を収縮させて

腹腔の空気圧を上げることで横隔膜を押し上げるのですが

この時に第12肋骨を固定し横隔膜を安定させる役割を果たすのが腰方形筋なんです

 

Img20210405_14081802

(画像:骨盤と仙腸関節の機能解剖)

その腰方形筋が緊張したままでは

第12肋骨は不安定となり、その不安定さは横隔膜の弛緩の妨げとなります

イメージとしては足元が不安定なところに立つと

全身が緊張で硬直してしまうのに似ています

身体というのは一次的に安定を欲し

安定が確保されてから動きが可能になります

 

腰方形筋は腰痛関連では上位にランクされる筋肉です

第12肋骨を安定させるというのは全体像を考えると

骨盤に対し腰椎から肋骨全体、いわば体幹を安定させる働きに他ならないからです

 

身体にしたら声を出すよりも身体を安定させる方が優先されるということになります

だから下肢の緊張を取り除き骨盤の自由度を回復させることで

腰方形筋の緊張を取り除くことができれば

自ずと腰方形筋は第12肋骨を安定させ横隔膜が自由に動くことができ

それで初めて声がしっかりと出るようになるわけです

 

施術を進めているうちにお話している声が

少しずつ大きくなりだし最後には響く声が出るようになり

施術の進捗状況が手に取るようにわかりました

 

普段喋るときそんなことを意識せず喋るのですが

腰痛になり声が出なくなって初めて

こういった関連性があることに気づくようです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/04/05

先月、ストウブ鍋を購入して以来

無水調理を楽しんでいます

噂には聞いてましたが実際に味が違います

 

Dsc_0161

それでその気になって購入したのは15㎝のホーロー鍋

さすがにストウブばかりだと出費がかさみますので

今回は三重県で造られたホーロー鍋

ほとんどパ〇リともいえるほど酷似した造り

実際に調理してみてもけっこうイケてます

22㎝の鍋と15㎝の鍋があれば使う場面も広がります

 

Dsc_0166

それでおさまらないのが私の性分

ホーロー鍋の次は銅鍋

特性が違うので使う場面も変わります

これで昔からある古い鍋はだいたい処分しました

 

これぐらいでやめておかないと

キッチンが厨房になってしまいそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2021/04/04

スティルライフⅡ

71j7dzpkbcl_ac_sl1500_

スティルライフⅡ haruka nakamura

ピアノのソロアルバムなんですが

ピアノが独特でミュート・ピアノというそうです

初めて聞いた言葉なので調べてみたら

練習用に音を消す消音べダルを装着したままでの演奏です

 

すごく大胆な発想です

まさにミュートピアノですから音色が切ないというか儚いというか

生で聞くならそこそこ近づかないと聞き取れないかもしれません

きわめて音が小さいから鍵盤をたたく音など

すごくピアノを弾くリアルな音が聞こえてきます

 

その分、高らかに鳴り響くピアノとは違い

生活感であったり心臓の鼓動であったり

現実の世界にある何気ない音

雑音と言ってしまえばそれまでですが

身近な感じが音楽の中にあふれています

こういう着想はなかなか面白いと思います

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/03

揚げ出し豆腐

Dsc_0139

揚げ出し豆腐はよく居酒屋でも頼んだりするのですが

今回はちょっといい豆腐を使って揚げてみました

木綿豆腐の水を切りしばらく置きます

 

キッチンペーパーで水を拭いて片栗粉をまぶします

後は揚げるだけ

その間に大根おろしとショウガをすりおろします

 

カラッと揚がった豆腐に

予め作っておいただし汁をかけ

大根とショウガを乗せて完成

 

揚げててをフーフーしながら食べるのが一番美味しいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

2021/04/02

手外科とスポーツ

Sq229

月刊スポーツメディスン229

近年、整形外科医の専門性も高まり

膝の権威、腰痛の権威など対象を絞った専門医が活躍されています

技術・知識などが高まるにつれ

広く浅くだけではなく狭く深いという医療も増えてきています

私の知る限り整形外科医だけではなくかなりのジャンルで専門医が増えてきているようです

 

今月の特集は「手外科とスポーツ」

手の障害は少なくありません

日常生活で一般の方が患うケースもあれば

アスリートが患う場合もあります

 

手の構造は複雑かつ繊細で

細かな骨も多く動きが複雑になる分

マルアライメントが障害につながるケースも多々あります

そんなときに様々な組織によるバランスを診るのは

やはり専門医ならではの視点があることがわかりました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2021/04/01

呼吸補助筋

Kokyuukin

(どこから画像を拝借してきたのか失念しました)

呼吸は横隔膜を引き下げ胸郭を広げることで吸い

横隔膜を押し上げ胸郭を狭めることで吐きます

生まれてこの方数えきれないくらいの呼吸をしているわりに

呼吸のことをあまり知りません

 

横隔膜、肋間筋、腹筋らがメインの筋肉となり

胸鎖乳突筋、斜角筋、僧帽筋、大 ・小 胸筋が呼吸補助筋として扱われています

今日は普段呼吸に使われることなく

いざというとき大量の酸素を必要とするとき

呼吸筋としての役割を果たす呼吸補助筋が今日のテーマ

 

これらの筋肉は普段違うお仕事をしていますが

全力で運動した後など大量の酸素を必要とするときにだけ

胸郭を引き上げる役割をします

イメージとしては「肩で息をする」というときの感じ

 

なぜ呼吸補助筋をテーマにしたかといえば

今これらが調子が悪く大変な人が多いからです

過緊張の時や疲れているとき

あるいは自律神経が乱れているとき

心理的ストレスが強いときなど

胸郭が硬くなって伸び縮みが十分にできないことがよくあります

幸いそれ自体痛みを伴うことは稀ですので

本人はほとんど気づきません

 

しかし胸郭が固まると呼吸補助筋にストレスがかかります

言い換えれば微妙に引っ張られた状況になります

短期間であれば持ちこたえることもできますが

時間が長ければ長いほどこれらの筋肉にストレスが蓄積し

筋拘縮を起こして伸びなくなってしまうケースが最近目立ちます

 

最も多いのは俗にいう「寝違い」

首が痛くて回らない場合はたいてい呼吸補助筋がかかわります

この場合固まっている頚の筋肉は細くてデリケートですから

強い力で刺激を加えると逆効果になりかねません

私は主に引っ張られている頚の筋肉よりも

引っ張っている胸郭にある呼吸筋を弛緩させ

頚の筋肉を引っ張る状態を中止させる方向でアプローチします

 

もっともこういうケースには内臓が関連する場合もあり得ますので

いろんな場面を想定しながら施術しないとなかなか中心的問題にたどり着くことも難しくなります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »