« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020/11/30

身体感覚をひらく

51xiuobrjl

身体感覚をひらく 羽鳥操

スポーツなどで高いパフォーマンスを発揮するには

筋力も必要ですがその筋力のコントロールも大切です

ありがちなのは全身力んでしまいかえって力を発揮できないことです

つまりは筋力の分別が必要であり

力を入れるべき筋肉とその筋出力

そして脱力すべき筋肉をしっかりと身体感覚で覚えること

 

そんな話を仕事中にしていると

「野口体操と同じ考え方ですね」と言われました

不勉強で申し訳ないのですが

野口整体は知ってますが野口体操は聞き初めでした

それで野口体操の本を読むことを勧められて

本書を購入した次第です

 

なるほど基本的な考え方は同じなんですが

具体的なメソッドについては私は知識も経験も乏しいので

観念的なものから具体的なものに引き上げるためには

とても勉強になった一冊でした

 

「体操」と聞くと身体を動かすことから

力を入れる動きだと考えがちですが

野口体操に関しては身体操作の中で

力の出し入れの分別が必ず含まれています

そして本書が強調されているのは

動きの中に身体を感じることの必要性を説かれている点で

我々がイメージする体操の概念とは大きく異なります

なんなら体操でなくても身体を感じることもできるわけで

タイトルにありますように「身体感覚をひらく」というところに本書の肝があります

 

感覚というものは誰にでもありますが

その感覚のほとんどが身体の外に向けられたものであり

身体の内側に感覚が向くときはお腹がすくとか痛みなど

何らかの不具合があるときに限られるのはフツウです

言い換えれば平常時に身体の内側に意識を向け何かを感じることはありません

 

大した問題ではなさそうに見えて

私にとっては仕事の上においてとても大事な項目となります

多くの人が必要のないタイミングで出力されています

大きな力ではないがゆえに気づかず何年も何十年も力みっぱなしでは

いずれ疲弊し痛みに変わることも稀ではありません

 

腰痛館にお越しになる方の大多数は何もしていないのに痛くなった方です

スポーツやトレーニングのしすぎで痛みが出たという人は少数です

ということは前者に方々は痛みの原因が何かを理解されていないわけで

まさかそれがわずかな力みの積み重ねを何十年もなさった結果であることは夢にも思わないのです

こういった現象は内側に向けられた身体感覚の欠如に他なりません

 

普段、不要な力が入っていることに気づける身体感覚があれば

それは意識の上にあり自らの意思で脱力が可能です

ところが不要な力は無意識が起こしているからこそ

気づくことなく平気で長い年月にわたって続けることができるわけです

 

だいぶ本書の内容から脱線してしまいましたが

本書に紹介された体操は決して難しいものではありませんが

ただ単に身体を動かすものではなく

身体操作の中から感じる習慣を身につけるためのメソッドだといえそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/11/29

アフロ・サンバ

51qjqw4gazl_ac_sx425_

アフロ・サンバ バーデン・パウエル

この人のギターに惹きこまれるのは

卓越したテクニックゆえ

サンバといえばノリノリのリズムが主体ですが

このアルバムに関しては独特の存在感があります

サンバには違いないんですがすごく高尚なイメージさえあります

リズムの軽快さと演奏の重厚さが同居するってところでしょうか

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/28

ロールキャベツ

Dsc_0014_20201029172101

温かいロールキャベツは冬のごちそうです

コンソメ味で作ることが多いですが

カットトマトを入れるとその酸味で雰囲気がコロッと変わります

たくさん作ったときは冷凍保存して味変でいただきます

 

翌朝は残ったスープをリメイクして

スープパスタを頂きました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/27

ローテーターカフと外旋六筋

けっこう変わった時間の潰し方ですが

むかしから暇なときに解剖学の本を見るのが好きでした

勉強するつもりなんかではなくとりあえず見てるだけ

雑誌を読んでいる感覚に近いかもしれません

 

解剖学の本を眺めながらいろんな想像をることがあります

想像は好き勝手なことができるから面白いです

静止しているはずの画が頭の中では動いたりするわけです

これは実に便利なことで3Dで動くのですから見てても飽きません

 

夏に3Dの解剖学アプリを購入しましたが

動きはしませんから想像の方が機能が高いです

 

ずいぶん昔のことですが肩甲骨に付着する

ローテーターカフという筋肉群を見ていると

骨盤から大腿骨に付着する外旋六筋と呼ばれる筋肉群と似ていることに気づきました

考えてみれば四足歩行の動物にとっては手は前足なんですから

元々は足の機能として共通した役割が必要なのは当たり前

肩甲骨を前足の骨盤と捉えると面白いことが見えてきます

 

Dsc_0069 Dsc_0068

若干の違いはありますが

それぞれ股関節と肩関節の安定性に寄与する筋肉であることは共通

外旋六筋の拘縮は股関節の痛みに関係したり

ローテーターカフの拘縮は五十肩と関係したり

似ていることがたくさんあります

 

以前キリンとラクダだけが右前後の足が同時に出て

次に左前後の足がそろって出ると聞きましたが

それ以外の動物は前足・後ろ足がクロスして出るんだそうです

そうなれば同時に出るクロスする足のラインは動きの上で関係性が高いことを想像させます

ひょっとしたら筋膜の連続性を類型化したアナトミートレインのスパイラルラインも

そのことと大きく関係するかもしれませんね

 

そんなことを考えて五十肩の人の臀部(左右逆の)を触ってみれば

痛みが消失したケースも実際にあったりします

 

解剖学は覚えることばっかりでしたが

ある程度わかってきたら頭の中でいろんな想像をしてみると

見えてくることもたくさんありそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/11/26

リンパと免疫

時間がおありの方は下に張り付けた動画をご覧になってください

いつも拝見している医師のYoutubeチャンネルなんですが

今年最も参考にさせていただいている動画の一つです

昨日アップされた動画なんですが

免疫力を高める方法で忘れられているものがあり

それは運動という要素だと述べられています

 

詳しいことは動画をご覧いただいたほうがわかりやすいですよ

運動をすることでリンパの流れがよくなります

リンパは免疫の一丁目一番地ともいえる重要な要素

それにもかかわらず食品という要素はあちらこちらで語られているのに

運動のことを言われる方はあまり目にしません

 

運動による効果はリンパだけではなく

運動によって筋肉をつけておくことは

いざという時たんぱく質を貯蔵しているとも言われています

さすがに医師らしいご意見ですね

 

運動といっても極端に体力を消耗することはかえって免疫力が低下することもありますのでご注意ください

運動に関しては私もやっているHIITも勧められています

HIITに関しましては川田浩志先生の世界一効率がいい最高の運動

をお読みになっていただければわかりやすく解説されています

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/25

内転筋

Img049

恥骨筋

Img051

短内転筋

Img050

長内転筋

 

Img052

薄筋と大内転筋

(画像:動きの解剖学Ⅰ)

 

先日、夜中に内転筋がつりました

午前3時ごろでしたがあまりの痛さに目が覚め

そのまま眠れず朝を迎えました

その後2日間痛みが続きました

痙攣であそこまで痛かったのは生まれて初めてです

 

いつも「内転筋」と気安く呼んでいますが

上の図の通り5種類あって正しくは「内転筋群」と呼ばないといけません

ふだん十把一絡げの扱いをしていますが

内転筋には重要な役割があります

教科書通りに言えば大腿部を内側に寄せる動きをするのがメインで

あと股関節の屈曲であったり内旋・外旋もします

薄筋は二関節筋で股関節の屈曲にもかかわります

 

たぶんその時の痛みは股関節から膝の近くまで痛かったので

薄筋が痛みの中心だったようです

原因がランジであることは間違いなさそうです

中断していた筋トレもようやくペースを取り戻し

バックランジの歩幅を広くとったので

薄筋にエキセントリックな負荷がかかっていたのでしょう

 

閑話休題

内転筋群が5種類もあるのは重要な役割を果たすのに

それだけきめの細かい働きは要求するから

違うタイプの似たような筋肉を複数設けたと考えています

その重要な働きとは体幹の安定性だと思います

胴体は二本の脚の上に乗っかりますが

常に二本の足が不動で体幹を支えていることはむしろ稀です

 

歩いているときなんかはどちらかの足で全体重を支えないといけません

その際に軸足は体幹の中央に入らないと身体全体が倒れてしまいます

片足で立って足底が身体の重心の外側にいたら倒れてしまうのは容易に想像がつきます

しかも案山子のようにピンと張った竹の一本足ならいざ知らず

人間の足は股関節・膝関節・足関節から足底の様々な関節が曲がったり伸びたり

実に複雑な動きを見せます

それら一連の動きの中で常にいいポジションをとらなければいけないわけで

頭で考えながらマニュアルでいい位置を探しながらやってたらおかしくなりそうです

 

有難いもので脳の神経回路の横のつながりで

一歳ぐらいの時にそれら一連の動き方は脳の中にプログラムがあるのです

そしてそれを体現してくれる各種内転筋の働きは

私レベルの知識では説明もできませんが

間違いなくこれらの内転筋群や大腿部・臀部の筋肉が協調しあって

転ぶことなく歩くことができることは間違いなさそうです

 

不幸にして脳に損傷があって神経回路が壊され

それぞれの筋肉の協調性を失ったり

老化で筋力が著しく低下したとき

歩きづらさを覚えるのはよくご存じのはず

 

激しい痛みに襲われた翌日

久しぶりに内転筋を調べてみた時

ふとそんなことを考えてみました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/24

世界最新の太らないカラダ

51mdc3xxdkl_sx339_bo1204203200_

世界最新の太らないカラダ ジェイソン・ファン

ここのところこういう本を立て続けに読んでますが

直接的なダイエット本って読んだのは初めてかもしれません

50代になってから血圧が上がりだし

朝、走るようになったおかげで血圧も下がってきました

ところが体重も落としてと目論んでいたのですが体重は変わらず

むしろ暴飲暴食がたたり体重はかなり増えました

 

運動量だけでは痩せないことを痛感

今年はHIITをメインとする無酸素運動中心の運動に切り替え

食事も変えていったので去年の今頃より7㎏体重が落ちました

運動と食事の収支が合えば痩せるものと信じていたのですが

本書を読んで見事に覆されました

 

ダイエット自体にはあまり興味もなかったので

ローファットもカロリーオフも試したことはないのですが

本書を読んでそれらが無意味なことがわかりました

今年読んだ本のほとんどがむしろいい脂肪をとること推奨しています

そして糖質制限をしても基礎代謝が低下しカロリーの消費の帳尻が合うだけで

あまり意味がないことが指摘されています

 

ならばダイエットで何に注目すべきかといえばインスリン

これにはちょっと驚きました

あの糖尿病治療で使うインスリンをコントロールすることが体脂肪を減らす有効な手段ということのようです

以前も食べても太らず、免疫力がつく食事術

を読んでインスリンは「肥満ホルモン」であるとの表記があったので

なるほどなと思いましたが

ひと昔前だとダイエットとインスリンの関係性など

微塵もなかったように思います

 

実際に気を付ける項目は割と皆さんが仰ってることと同じなんですが

それがインスリンの結びつくという発想は私にとって目新しさを感じました

たぶんきちんとした知識をお持ちの専門家なら

その結びつきはお分かりだったのでしょうが

私ら素人にしたら画期的といえるダイエットだとも言えます

 

いい脂肪をとるとか食物繊維をとるとかのくだりは

誰もが言われていることですし

間欠ファスティングを勧められるのもよく聞く話です

しかし健康な体作り目的ではなくあくまでも痩せることを目的としている点で

それらの解説も若干変わってくるみたいです

 

この本の触発されて24時間ファスティングをやってみましたが

本書では1日おきの24時間ファスティングで慣らしておいて

いずれ36時間ファスティングをするという

涙がちょちょぎれそうなプログラムも用意されています

 

たるんだ体を若返らせるためにはそこまでしないといけないようです

まあ、たまに気が向いたらファスティングをやってみることにします

私にはこれをこなすのは無理です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/11/23

夏日の爪痕

11月19日は26℃まで気温が上がりました

ちょっと動いただけで汗をかく陽気

この時期に窓を開けて仕事をしたのは記憶にありません

夏日の記録としてはもっとも遅い時期の夏日なんだそうです

 

ここへきてようやく涼しくなりましたが

さすがに11月に「夏」を味わうと身体が悲鳴を上げるようです

私自身もあまり体調がよくありませんでしたけど

あの日以来来院者数も増え

何よりも来られた方の調子がすこぶる悪い

歩けなくて車で送ってもらった方も数名いらっしゃいました

きっと体の許容範囲を超えた暑さだったんでしょうね

 

もちろん真夏の猛暑日とは比べるべくもありませんが

身体はオートマチックでそれぞれの季節になった仕様になります

野生の動物だって冬になると毛が長くなり夏になったら抜け落ちるものもいます

衣服や冷暖房でコントロールできる人間だってやはり動物

季節外れの気候は身体に触ることを改めて感じた一週間でした

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/22

Walking Into The Forest

71jkish8l_ac_sl1000_

Walking Into The Forest The Pilgrim

何となく懐かしいギター中心のアコースティックサウンドは

70~80年代を思い出します

ストーナーというジャンルだそうで

マリファナでハイになった状態なんだとか

その割にしっかりした音楽という印象でロレッてる感じはしません

 

歌詞がわからないので

曲の雰囲気でいうとさわやか系なんで聞きやすいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/11/21

三碼麺

Dsc_0036

三碼麺(サンマーメン)とは神奈川県のご当地ラーメンだそうです

たまたまYoutubeでレシピを紹介した動画を見つけ

さっそく作ってみました

 

ニンジン・タマネギ・ピーマン・モヤシ・焼き豚の順で炒め

鶏がらスープの素を入れて水を入れ

醤油と酒で味をつけます

最後に片栗粉であんかけにして完成

 

それからフツウにラーメンを作り

あんを上からかけて出来上がり

 

フツウのスープがあんかけと混じりあい

微妙なとろみ具合

これから寒い日には食べたくなるラーメンです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/20

収穫期

Dsc_0053

我が家のベランダでは収穫期を迎えています

Dsc_0054

里芋は例年並み

Dsc_0032-3

生姜は去年より少し発育が悪いみたい

でもこれだけ採れたら上々です

Dsc_0048

問題はクワイです

去年より一株多く植えたにもかかわらずたったこれだけ

去年はこのタッパーに入りきらないくらい収穫できたんですが

これではお正月前に買わないといけません

 

今年は春に植えたものはほぼ全滅に近い形になってますが

里芋とショウガは上手くいきました

 

今年の冬はタマネギが中心になりそうな感じです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/19

科学が証明した自分を変える最強戦略

51ya75mpovl_sx338_bo1204203200_

FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略 ベンジャミン・ハーディ

最初に言っておきますとこの本は掟破りの凄さです

ひと言でいうと「意志力」や「努力」では成功しない

それよりも環境を変えることが成功への最強戦略だという内容

 

強い意志や努力は誰もが認める成功への最強ツール

人類全体が共有する共通認識でありテーゼであるわけですが

筆者はそういったものに価値を示しません

 

「それを言っちゃおしまいよ」というくらいのちゃぶ台返し

そして成功を導くには環境を変えることが必要だと説きます

そうです!そうなんです!

心の底では薄々わかっていることなんです

悪い友達と付き合えば不良になるし

金持ちの家で育てば金持ちになるし

医者の子供は医者になるし

政治家の子供は政治家になる

認めたくないことですが現実的に環境というのは人の人生を決定づけます

 

だったら好ましくない環境で過ごしている人は絶望なのかといえば

あながちそうでもないようです

本書はあくまでも「最強戦略」を説きます

要するに努力の方向性を好ましい環境に変化させていくことに向ける方が有効だということ

今の時代むやみな努力や根性は流行りません

むしろ努力と根性の中身や方向性を精査して戦略を立てることこそ成功への近道

 

もちろん今更医者の家に生まれ出るわけにもいきませんが

自分で変えることができる環境もあり

それが本書の一番の見どころというわけです

「帯」には精神論を完全否定してと紹介されていますが

私は質の高い精神論がこの本の本質的なものだと感じました

 

むしろ環境を変えることは自分ではできないという固定観念が

環境に目をつむり、生産性の低い努力に走らせているとさえ感じました

現実問題として私自身も20年前にまったく違った環境に飛び込み

おかげで楽しい時間を過ごすことはできました

お金はさほど儲けてはいませんので成功者には程遠いですが

私なりに環境を変えて人生が変わったと信じております

 

自らを振り返りながら読み進めると

共感できる項目もあって

なるほどと思いながら読むことができました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/18

肘・手首と上腕二頭筋

毎度毎度のことですがひとつの症状の方が来られると

そのあと何人も同じ症状の方が続くというのが腰痛館あるあるです

ここ2~3日の間に肘や手首が痛くなったという方が続きました

 

年間でもそんなに件数は多くない症状なんですが

不思議なくらい重なるものです

 

肘の痛みといってもいろいろ原因はわかれますが

わりとよくあるのは上腕二頭筋の緊張による肘や手首の痛み

 

001_20201117152401

(画像:筋肉のしくみ・はたらき事典)

 

上腕二頭筋長頭腱として関節包内・上腕骨結節間溝を通り大部分は橈骨粗面に停止し

一部は尺骨の前腕筋膜に停止します

上腕二頭筋が緊張すると橈骨の内側に付着する停止部が

引っ張られて外側に回転するように動きます

そのとき橈骨と尺骨の間隔が開くこともあります

 

この日本の骨は骨間膜で結ばれていますが

少しだけ引っ張られる形になります

橈骨と尺骨の感覚が広がると

影響を受けるのは肘であったり手首であったりします

 

この場合両者の間隔を狭め

関節のアライメントを修復してやると

わりと痛みは消失します

でもその元が上腕二頭筋の緊張ですから

そのアプローチなしにはよくなることはありません

 

さらには上腕二頭筋に連続する筋膜に対するアプローチは不可欠ですから

結局周辺の全体のアプローチとなってしまいます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/17

投球とコンディショニング

Tj202012

月刊トレーニングジャーナル12月号

今月の特集「投球とコンディショニング」

コロナウィルスの影響はスポーツの世界にも影を落とします

先ず今まで通りみんなが集まって練習することが困難になりました

自粛期間は練習が不足するし

使える施設も限られてきますから

コンディションを調えることができずケガをする選手もいたことでしょう

 

こういう時こそ工夫する力が試されているのかもしれません

とりわけ指導者側は個人の課題とチームとしての課題をクリアしていかないといけませんから

ご苦労も多いようです

 

また肩甲骨の動きに着目したトレーニングは興味深いです

ちょっと面白そうなのでしばらくやってみようと思います

思ったほど使ってないのですぐにバテてしまいました

 

 

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』

今回のテーマは「怒り心頭」

「怒り」という感情をバネにして頑張ることもわるくありませんが

けっこう身体に堪えます

「怒り」は決して悪い感情ではありませんが

怒りに振り回されると大切なものを見失いがちになります

正しい怒り方があります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/16

カレンダー

Dsc_0050-1

来年のカレンダーを買ってきました

卓上カレンダー2つと壁にかける大きなカレンダー1つ

あれよあれよといってるまにひと月半で2021年

卓上カレンダーはあと2週間で実践投入の運びです

来年はどんな年になるんでしょうね

| | コメント (0)

2020/11/15

Padê

71olpgbvzal_ss500_

Padê  Juçara Marçal & Kiko Dinucci

最近知ったのですが「ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ(MPB)」

と呼ばれるジャンルがあるそうです

ボサノヴァの影響を受けつつ他のブラジル音楽の要素を取り込んだブラジルのポピュラー音楽

これがMPBの解説なんだとか

ジュサーラ・マルサル(vo)とキコ・ヂヌッシ(gu)のユニットのアルバムです

 

確かに聴いてみるとボサノヴァの要素もありますが

明らかにボサノヴァとは違います

すごくセンスのいい曲で現代の音楽という感じです

様々な要素がちりばめられたアコースティックサウンドは

一度聞くと虜になりそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/14

雷豆腐

Dsc_0032

ちょっと面白いレシピを見つけたので作ってみました

雷豆腐という強そうなネーミングです

 

先にニラダレを作っておきます

5㎜程度にニラを刻んで同量の醤油をかけて漬け込んでおきます

 

フライパンに大さじ4杯のごま油を入れて熱します

煙が出だしたら豆腐を入れ揚げ焼きにします

本当はつぶしながら炒めるのですが

上手く形が定まってしまったので

潰すのが惜しくなりそのまま

 

ごま油ごと器に入れて

ニラダレをかけて完成

なんとなくノリですりゴマもかけてみました

ごま油とニラダレがいい感じで

淡白な豆腐に絡んで美味しかったです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

2020/11/13

伝え方が9割

Photo_20201112163101

伝え方が9割 佐々木圭一

むかしから自覚している自分の弱点なんですが

口数が多い割に言葉にスマートさがないという点です

印象深いワンフレーズを生み出す力がない分

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる式で会話をしてしまう傾向が強いわけです

 

筆者はコピーライター

いわばワンフレーズで人を惹きつけるのがお仕事

糸井重里さんに代表されるコピーライターという職種は

ひと言にその人のセンスを感じてしまいます

本書を読んでそのコツをちゃっかり頂けたらと思い読んでみました

 

まず読んでよかったと思うのは

印象に残るフレーズはその人の才能だと思ってたら

意外にそうではなくて

筆者も最初はセンスあふれるフレーズを考え付くことはなかったというから驚き

そして努力と経験の積み重ねで印象深いフレーズの法則性を見つけ出したそうです

 

ザックリいうと「サプライズ法」「ギャップ法」「赤裸々法」「リピート法」「クライマックス法」と

5つの法則性を解説されています

これを一つずつご説明するとネタバレになりますので控えますが

才能がなくてもこれらの法則を理解し

使う練習をすれば誰にでもできるという

とても都合のいい代物です

しかもそれぞれの法則がさほど難しいものではないので

意識して使う習慣がつけばそれなりに格好がつきそうな気がします

これはありがたい本ですね

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/12

よくなるまでの時間

わりとよくあることなんですけど

腰が痛くて腰痛館に来られて

帰るときに痛みが治まっていないことがあります

きっと失望されているだろうなと思うわけですが

私自身はあまり気にしていません

 

なぜならば多くの方は翌朝になればある程度楽になることを知っているからです

もちろん施術後すぐに楽になる方もいますが

私がやっている施術は治すことを目的としているわけではなく

あくまでもその方の自然治癒力を発動させることを目的としているからです

そういう理屈になるとむしろ施術が終わった後から

身体の機能として治療が始まるということになります

 

だから施術が終わってから時間をかけて治っていくわけで

その人の悪い箇所の多さ、悪さの程度、さまざなまつながりによって

よくなるまでの時間は異なるのが当然なんです

 

厚みのある大根と薄い葉物野菜で

味がしみこんでいく時間が異なるのとそっくりで

太い大きな筋肉と細くて小さい筋肉とで

弛緩に要する時間が異なるような感じです

 

私ができることは血液の循環をよくしたり

関節を取り巻くアライメントを修復したりするのですが

そこから身体が治る方向に動いてくれるのです

 

「治る」という結果は同じでもこういったややこしい言い回しをするには理由があります

もし私自身が治せると思っていると施術の本質を見誤ることになりかねないからです

私にはできることとできないことがありますが

当然できることの組み合わせで施術を進めます

私が直接的に治すつもりで施術をすると

できないことでもやってしまいそうな気がします

理性を失い「下手な鉄砲」を数多く打てば

たいてい余計に悪い結果を導き出すことになります

無理してできないことをやって失敗するくらいなら

できることを少しずつ積み重ねて

時間がかかってもいい結果を出す方がいいと考えています

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/11

MCTオイル

Dsc_0039-1

MCTオイルを使うようになって1年が過ぎました

元々は月刊トレーニングジャーナルの特集でMCTオイルが紹介されていたのがきっかけ

スポーツ選手のオフ期間中に筋肉が落ちないようにすることを目的として使用されるということのほか

高齢者は代謝を糖質を分解して行われるよりも

筋肉を分解して代謝が行われがちになり

筋肉が萎縮し運動能力が落ちるのを防ぐため

MCTオイルを摂取することでケトン体質になり

筋肉ではなく脂肪を分解し代謝に用いる体質を作ることができるとありました

 

私の父親も年々筋肉が落ち

長時間歩くこともままならず

年に何度か寝たきり状態になることもあったので

明らかに筋肉が落ちていると感じてました

渡りに船とばかりにMCTオイルを購入し

ご飯を炊くときにMCTオイルを入れるようになりました

 

摂取し始めて1年がたちましたが

結果としてはこの一年歩けなることもなくなりましたし

寝込むこともなくなりました

運動量は相変わらず少ないので筋力アップは無理でしたが

少なくとも衰えるスピードが弱まったようにも思えます

 

その後ごはんにもち麦を入れて短鎖脂肪酸の効果もあるかもしれませんが

要は結果オーライなんでMCTオイルを使ってよかったと思います

MCTオイルは中鎖脂肪酸でもち麦は腸内細菌によって短鎖脂肪酸にかわりますが

それぞれが脂肪から燃焼する体質に改善されることで

私自身も今現在一年前に比べて5~6㎏体重が落ちました

運動ももちろんしていますのですべてMCTオイルのおかげとはいえませんが

「MCTオイルでダイエットを」と推奨されている方々の後押しをした形となっております

ただ問題もあってMCTオイルを摂取すると下痢をしやすいそうですが

この一年でそういった傾向が強くなりましたので

最近は摂取量を少し控えています

ご飯ににがり(塩化マグネシウム)も入れてますので

そっちの方が原因かもしれませんので

細かいことはわかりませんが

少なくとも父親に関しては上手く働いているように思えます

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/11/10

増える

コロナウィルス感染拡大防止で緊急事態宣言が出たのが4月

そのころから生活が変わりました

仕事はもちろんヒマになり

ヒマなのに外出もできず

結果その時間をつぶすために見始めたYoutube

いろいろなチャンネルで勉強させて頂いたり楽しんだり

その後普段の生活に近づきつつあるも

Youtubeを見る機会は増える一方です

 

秋口から見始めたのが書籍の要約動画

けっこう今まで読んできた本も紹介され

復習するいい機会になってました

次々に本を買って読んでいると

前に読んだ本の内容もけっこう忘れてしまっているので

要点を整理して解説してもらうと読んだ内容がよみがえってきます

すごく有難いことです

 

そして読んだことのない本も多数紹介されていますが

面白そうな本をついつい買ってしまいます

ここ一週間ほどで5冊も買ってしまいました

読むスピードもさほど速くありません

ドンドン積読が増えていくばかり

 

どうも欲しいものがあると抑制が利かないタイプなんで

このままいったらエライことになりそうです

買った本も全部読めるかどうか不安になってきました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

 

| | コメント (0)

2020/11/09

肩透かし

10月30日に受けた特定健診の検査結果が送られてきました

前回同様γGTPと中性脂肪の値が高く

このところの飲酒量の多さに反省の日々を過ごし

11月に入ってからお酒を飲んでいません

でものど元過ぎたら熱さを忘れるタイプなので

そう長くは続かないでしょう

 

それにしてもだんだん検査項目が少なくなっています

自分としては赤血球と白血球の数値も知りたかったのですが

その項目はなくなっています

アルブミンの数値もないし

最近炎症体質になってないか気になっていたんですが

CRPの数値もなし

 

それでもHbA1cや血糖値の値も正常で糖尿病の心配はなさそうです

尿酸値も正常値だったので突然足が激しい痛みに襲われることも今のところなさそうです

 

還暦を超え身体のことをそれなりに心配になってきたわけですが

その分だけ自分の身体がどうなっているかもっと知りたい部分もあります

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

| | コメント (0)

2020/11/08

密航

616iccroqml_ac_sx466_

密航 佐井好子

ジャケットのイラスト、アルバムタイトル

これだけでただの音楽ではないことが想像できます

浅川マキや山崎ハコなど異色のシンガーの臭いがプンプンします

 

1976年のアルバムなんだそうですが

当時キャンディーズや山口百恵が好きだった私にとって

この世界は無縁でした

 

初めて聞いたときいきなりシタールやタブラの音色が響きます

インドからの密航がテーマなんかいなと思ったのですが

澄み切ったボーカルは逆に意表を突かれました

たいていこういうのはハスキーボイスと相場が決まっているのですが

意外に本格派のボーカリストでギャップを感じました

 

聴いていると中身は普通のアレンジなので

最初に一発かまされた感じが残りました

それでも彼女は作詞家ではなく詩人

歌われる歌詞は抒情的なポエムって感じ

抽象的で現実の世界とは乖離した世界観が広がります

 

聞き終わって結局何だったんだろうという感じは否めません

でも間違いなく言えるのはこの世界観に引きずり込まれたら

抜け出せない予感はします

 

昭和の時代らしい独特の音楽かもしれません

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/07

昭和のドライカレー

Dsc_0028

時代が変われば品も変わります

今ごろ「ドライカレー」で検索したらキーマカレーが出てきます

古い人間にとって「ドライカレー」とはカレーチャーハンのことを言います

そもそも昭和には「カレーチャーハン」って言葉があったんでしょうか?

喫茶店に行ってドライカレーを食べるのはハードルが高かった記憶があります

 

時代時代の価値観って面白いもので

子供が喫茶店に行くこと自体眉をひそめられたような感じがありました

立ち食いうどんを食べるのとは違った独特の感じがありました

高校生くらいから喫茶店に行くことを覚えましたが

それでも一人で行くのにはためらいがありました

いまだに一人で喫茶店は入れません

居酒屋だったら何の躊躇もなくは入れるのに

いったん植え付けられた記憶ってなかなか変わるものではありません

 

で、昔懐かし禁断のドライカレーを作ってみました

そんな難しいものではありません

いつもチャーハンを作る過程でご飯に卵を絡ませて

玉子かけご飯にするのですが

そのタイミングで醤油を入れあじをつけて

そのあとカレー粉を入れました

後は具材と一緒に炒めるだけ

 

今までこれを食べたのは何度目でしょうか?

ひょっとしたら片手で足りるくらいかもしれません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (2)

2020/11/06

腰痛とハイヒール

腰痛で来院された方からのご質問で

女性から尋ねられることが多いのはハイヒールについてです

結論から言えば腰痛の方がハイヒールを履かれることはあまり賛成できません

そして質問される方も実際にハイヒールで仕事をされるときに

症状が悪化することに薄々気づいておられるから

お尋ねになるんだろうと思います

 

ハイヒールの一番の問題点といえば

ふくらはぎに筋肉つまり下腿三頭筋がほとんど使えないところにあります

足首の関節が底屈した状態になり

下腿三頭筋は自然と収縮した状態になります

筋肉が活躍するのは伸びた状態から縮むところにあります

ところがふくらはぎの筋肉は強制的に縮んだ状態になりますので

その力を発揮できません

 

本当は歩くときにはニュートラルな位置にある足首が

ふくらはぎが縮む動きで地面をけり前に進みます

その動きはハイヒールによって封印された形になります

 

その分あおりを受ける形になるのが太腿の前にある大腿四頭筋です

足首が伸展している状態から膝の関節もバランスの上からも十分曲げることができなくなり

これが足かせ状態ですごく疲れます

 

足首・膝・股関節はバランスをとり連動して動くのですが

いずれか一つの関節が使えなくなれば

他の関節にも影響が出ます

 

一連の動きの滑らかさが阻害されると

その影響は足から体幹に移ります

腰痛には様々な要素が絡みますが

そのうちの一つとして足やお尻の筋肉の問題も

大きく影響します

 

高いヒールでさっそうと歩く姿はカッコイイものですが

せめて腰痛が癒えるまでは注意された方がいいでしょう

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/05

すべり症

Img048

(画像:専門医が治す 腰痛)

 

背骨は一個一個がバラバラの骨から成り立ちます

しかし本当にバラバラだと脊柱としての役目は果たせません

だから前縦靱帯と後縦靱帯が前後からホールドして

動きを担保しつつ安定性を維持します

ところが加齢により椎間板などが変性し

しっかりとホールドできなくなり

背骨が前後にずれることがあります

そういう症状をすべり症といいます

 

右の図のように突起と椎体が骨折してしまう腰椎分離を伴うケースもあります

私が先ず病院で受診することをお勧めする理由は

こういう骨折を伴うケースは我々が扱うべきではないからです

ずいぶん昔の話ですが、私の母親が元気なころ

腰痛が起こり何度か施術しましたが

一向に治る気配がありません

これはおかしいと思い病院でレントゲンを撮ってみると

腰椎分離が見つかりました

これでようやく納得したものでした

 

すべり症は背骨が前後のずれるわけですから

場合によっては下の図のように脊髄を圧迫することもあります

 

いずれの場合も加齢や疲労などで

腰椎を支える機構のバランスが著しい低下がそもそもの原因になりますので

アプローチの仕方もそういう視点で探っていかなかればなりません

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/04

アンチ・ドーピングの今

Sq225

月刊スポーツメディスン225

来年8月には東京オリンピックが開催されるんでしょうか?

利害関係のある方は絶対にやると言われてますが

決して経済的な問題だけで変なバイアスにかからないようにご判断願いたいものです

 

毎回オリンピックが終わると出てくるのはドーピングの問題

国家的に意図してドーピングをするのは論外ですが

「意図せぬドーピング」が一番コワイようです

薬に気をつければいいくらいに考えていましたが

現場では様々な形で体内に入ってくる禁止薬物に神経をとがらせているようです

 

塗り薬・目薬・点鼻薬にどんな薬物が混入しているかわかりませんし

化粧品にも注意しないといけないそうです

驚いたのは海外の食肉にも肉質を上げるために禁止薬物が含まれていることがあったそうです

 

こうなると身体に触れるものすべてに注意を払わないといけなようです

日本でもアンチ・ドーピングの専門機関がアスリートの指導をしているそうです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/03

ピーク

先日けいれんのお話をしたばっかりですが

夜中寝ているときに実践してしまいました

部位は内転筋群

理由はハッキリしています

9月半ばから筋トレを再開して

当初は筋力もかなり落ちていたので

恐る恐るやってたんですが

ここにきて運動負荷も回数も増やしてきたんで

時期的にも疲労がピークに差し掛かっているのでしょう

 

内転筋がけいれんを起こしたのは

バックランジ・フロントランジのフォームが

最大限に大きくなってきたので

内転筋は引き延ばされながら筋力を使う

いわゆるエキセントリックな運動になっているから

もっとも効果が期待できる反面運動としてはキツクなるわけです

 

けいれんを起こした後丸一日痛かったですから

相当なもんだったわけです

 

誰でも痛いのはイヤですけど

これも生みの苦しみと思って続けていきたいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/02

特定健診

Dsc_0017_20201030132501

大阪市の特定健診に行ってきました

毎年行こう行こうと思っているうちに日にちが決まらず

結果的に何年も行ってないんですよね

いつでも行けるという安心感はかえって行きづらくなるもんです

 

前回はがん検診や肝炎の検査もやりましたが

今回は時間の余裕もないもので特定健診だけ

尿検査と血液検査がメインになりますが

この時に限って血圧が高かったので別室に呼ばれ健康相談

普段はそんなには高くはないんですが

小心者はこういう時に緊張して血圧が上がるようです

Dsc_0018-1

でも健康相談を受けたのでメジャーを頂きました

これでウエストを測れということのようです

前職では毎日人様のウエストを測っていたのに

今では自分のウエストを測る羽目になりました

 

検査結果は2週間後なのでまだわかりませんが

一つショックだったのは身長が2㎝縮んでました

血圧よりこっちの方が悲しいです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2020/11/01

Antiphon

81c2h158l_ac_sl1500_

Antiphon アルファ・ミスト

最近ではUKジャズというジャンルが話題なんだそうです

アルファ・ミストはキーボードプレイヤーにとどまらず

プロデューサーや作曲家としての活躍が目を引きます

 

このアルバムを聞いてみても私の知っているジャズの要素もありますが

ヒップホップやソウルなど様々な要素が入り込んできます

ジャズの予想可能な緊張感とは異なり

どこから何が飛んでくるかわからない予定調和ではないスリリングさが魅力

全体にクールなムードが彼らの特徴なのでしょうか?

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »