« うつも肥満も腸内細菌に訊け! | トップページ | 最強の野菜スープ »

2020/07/14

病は気から

「病は気から」の解明に注目 

前向き思考でアレルギー改善、山梨大グループが発表

 前向きな気持ちが花粉症などのアレルギー症状を改善させるという研究結果を山梨大の中尾篤人教授(免疫学)らの研究グループが発表し、欧州アレルギー学会誌「アレルギー」のオンライン版に掲載された。「病は気から」の科学的根拠をめぐっては、ストレスが体調不良につながるメカニズムは解明されつつあるが、逆にポジティブな思考が体にいいという結果は注目される。(渡辺浩)

 

 ■「世界初の知見」

 

 中尾教授によると、花粉症や気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などの新薬の臨床試験では、患者が偽薬が効いたと信じ込む「プラセボ効果」が他の疾患の薬より高く出ることが知られており、患者の気持ちがある程度影響するとみられていた。

 

 そこで研究グループは、マウスを使い、前向きな感情を脳内でつかさどるドーパミン報酬系と呼ばれる神経をさまざまな方法で活性化し、アレルギー反応の影響を解析。その結果、いずれも通常より2、3割程度症状が軽くなったという。

 

 中尾教授は「ポジティブな精神状態を生み出す特定の脳内ネットワークが、アレルギーを生じさせる免疫の仕組みと密接にリンクしていることを直接的に証明した世界で初めての知見」としている。

 

 ■研究者の後悔

 

 「アレルギー疾患の治療は、もちろん薬を適切に使うことが第一だが、患者さんが前向きな気持ちを保ち続けることも大事であることが研究で示された」と中尾教授は話す。

 

 今回の研究に携わり、この春から福島県立医大に移った中嶋正太郎講師は「私は高校生の頃から花粉症に悩まされてきた。学校の成績の落ち込みや失恋で精神的にかなり不安定な状態だった」と振り返る。

 

 研究結果を受けて「今思えば、もっと明るくポジティブに日々を送っていたら良い方向に進んでいたのではないかと思う。これからも、こうした体の仕組みを明らかにしていきたい」と語った。

 

 ■免疫力も向上か

 

 「病は気から」の研究では平成26年、大阪大のグループがストレスが免疫力を低下させるメカニズムを交感神経の働きから証明。29年には北海道大のグループが、ストレスで起こる脳内の炎症が胃腸の病気や突然死につながる仕組みを解明している。

 

 ストレスの反対である前向きな気持ちが体にいいという考えは、書店に並ぶ健康本や自己啓発本に目立つ。平成7年にはプラス思考で出る脳内ホルモンが心身の最良の薬だと主張する本がベストセラーになったが、学術的な研究はあまりなかった。

 

 中尾教授は「前向きな気持ちは、免疫の過剰な反応であるアレルギーを抑える一方、ウイルスへの正常な免疫の働きを高めると考えられるので、新型コロナウイルスなどへの抵抗力は上がるはずだ。脳と免疫の関係を今後も研究したい」と話している。

 

昨日ご紹介した「うつも肥満も腸内細菌に訊け!」という本では

ストレスが腸内細菌に大きな影響を与えると書かれていました

そして腸内細菌は免疫に対する役割を担っていることもいわれています

 

このニュースの因果関係に腸内細菌がかかわっているならば

すごく納得のいくことです

 

私自身会社勤めのころ複数のアレルギーで病院通いしていましたが

退社して数年でアレルギーが治りだし

一番困っていた花粉症も5年ほどで完治

きっとこの記事で書かれていることが私の身にも起きたんだと確信します

 

「病は気から」という言葉は

漠然と精神的な問題だと考えていましたが

科学的に解明されそうなところまで来ているようです

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

 

|

« うつも肥満も腸内細菌に訊け! | トップページ | 最強の野菜スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うつも肥満も腸内細菌に訊け! | トップページ | 最強の野菜スープ »