« 低くかがめ | トップページ | 晴耕雨読 »

2020/04/09

健康の謎を解く

417054yjcrl_sx330_bo1204203200_

健康の謎を解く アーロン・アントノフスキー

先日読んだ「首尾一貫感覚で心を強くする」は

アントノフスキー博士の「首尾一貫感覚(以後SOCと表記)」をわかりやすく説明したものですが

深く振り下げてみたかったのでSOCのネタ本である本書を読んでみました

同じ内容のものを2度読むことになる懸念もありましたが

両者は全く違うものでそれぞれが意義のある内容なので

ホッとしたのが正直なところ

 

本書は学術書でありますがアントノフスキー博士の研究が細かく書かれています

この間の本はいきなりSOCが登場しましたが

そのバックボーンが「健康生成志向と疾病生成志向」という概念があり

SOCはいわばどうすれば健康になれるかという考えに基づいたもので

社会疫学というジャンルの学問になるようです

つまり単なる心理学というのではなく

社会構造やシステムによるストレスから身を守り健康を目指す的な学問と私は認識しました

 

とにかくSOCがどんなものであるかが書かれているわけなんですが

外因性の出来事が免疫に影響を与えるという具体的な思考に驚いた次第です

正直、もっと抽象的な感じのものだと思っていたのですが

具体的に人の免疫というところに切り込んできて

首尾一貫感覚が免疫つまり人の健康に作用するという発想だったわけです

 

正直、人の身体はその人の考え方に影響されるのはいつも見ています

本書に登場した精神神経免疫学なるものを調べていると

心身症やプラシーボなど外因性のものが

具体的に身体に影響するのは否定できない事実です

難しいことはわかりませんが

SOCも同じような形で人の健康生成に影響するのは

何となくわかります

 

SOCが弱い人は不安におびえ自らの心を病み

身体をも病んでいくのは実際に見ています

 

把握可能感=「だいたいわかった」
処理可能感=「なんとかなる」
有意味感=「どんなことにも意味がある」

これら3つの感覚がSOCの基礎になりますが

今のコロナウィルスの問題にしても

その正体やいつ収束するかや罹患したらどうなるかというのがきちんと把握できておらず

自分自身でどう処理していいかもわからず

この問題に意味を感じることができないからこそ

世界中いたるところでパニックになってしまっている人も少なくありません

SOCを当てはめてみれば少なくとも心理状況は理解できそうです

 

偶然このタイミングで出会った本ですが

心を落ち着け何をすべきかを考えてみることにします

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« 低くかがめ | トップページ | 晴耕雨読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 低くかがめ | トップページ | 晴耕雨読 »