« スペンサー手技 | トップページ | 「代謝」がわかれば身体がわかる »

2020/04/22

姿勢能力

姿勢を保持する力を姿勢能力といいます

整体に来られる方で姿勢がいい人なんてそうそういません

姿勢が悪く偏った部分に負担がかかり機能障害を起こしているからこそ

整体のお世話になるといってもいいでしょう

 

疲れ果てて姿勢を維持できない方もいますが

危ないのは姿勢を維持するための筋力が低下してしまうこと

一時的に施術を受けて楽になったとしても

根本的に力がないわけですからすぐにでも元に戻ってしまいます

ご高齢の方によくあるパターンなんですがこれは怖いことです

 

たまに説明するために遊びでやるのが検査法

マチアス姿勢能力検査というのが簡単で分かりやすいです

Img029

(画像:徒手筋力検査ガイド)

上の図のように両腕を前に出して90度をキープして30秒保持します

Img030

30秒の間に体幹を後ろに引いたり腕が下がればアウト

姿勢能力の低下が認められます

 

この検査で体幹の筋肉、肩甲帯の筋肉、肩甲骨を胸郭の固定する筋肉の能力を見ます

ホントは6歳から16歳の子供に用いる検査ではありますが

けっこう高齢者になればちゃんとできない人がいるんですよ

 

一度お遊びで鏡で見ながら試してみられてはいかがでしょう

知らず知らずに衰えているかもしれませんよ

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« スペンサー手技 | トップページ | 「代謝」がわかれば身体がわかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スペンサー手技 | トップページ | 「代謝」がわかれば身体がわかる »