« モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第24番 | トップページ | 腰痛は一日にしてならず »

2020/02/03

「やればできる」の研究

51iwa8gbil_sx340_bo1204203200_

マインドセット「やればできる」の研究 キャロル・S・ドゥエック

内容はタイトルのとおり「やればできる」ということを具体的な事例を挙げて研究したものです

イヤな言い方をすれば書かれてある内容はわりと当たり前のことです

要するに「努力しなさい」ということ

 

そういってしまえば身も蓋もないのですが

この本を読んですごく納得してしまうのは

その努力をあまりすることもなく

中途半端な生き方をしてきた私には

身につまされることが多かったからです

 

頭の中で分かっている当たり前の「いいこと」をどれだけ実行しているのかと自問自答すれば

あまりやっていないのが現実です

これは私だけではなく同じような人が多いだろうと予測します

 

本書は「こちこちマインドセット」と「しなやかマインドセット」の

二つのタイプの考え方に分けています

できないものと決めつけ努力をしない考え方と

柔軟に物事を考え自分の可能性を信じる考え方の比較で内容は進行します

 

だんだん年を取ると経験則でできることとできないことがわかるので

挑戦してみようという気持ちが薄れてしまいつつあるのですが

そういう年の取り方は面白くなさそうな気がしてきました

ちょっと考え方を変えんといけませんね

 

心のネジを巻いてもらいました

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第24番 | トップページ | 腰痛は一日にしてならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&第24番 | トップページ | 腰痛は一日にしてならず »