« アランフェス協奏曲 | トップページ | 痛みがなければ »

2019/10/28

中殿筋

Img008

中殿筋は腸骨の外面から大腿骨の大転子につく筋肉で

股関節の外転と内旋という作用があります

 

解剖生理学の本にはだいたいそう書いてありますが

作用というのは動きのことであって

働きや役割のすべてを内包するものではありません

 

中殿筋の隠れた役割として骨盤を安定させる働きがあります

主な作用の股関節の外転は安定した骨盤があり

そのうえで中殿筋を収縮させると大腿骨が外転します

左右の中殿筋を収縮すると股関節が伸展しますが

逆に大腿骨が動かない場合には骨盤を支えるような働きをします

 

中殿筋が麻痺などで筋力低下する

骨盤の安定性が損なわれることになります

これを調べる方法として片足を上げて立つとき

骨盤を水平に支えることができず上げた足の方に傾きます

これはトレンデレンブルグ徴候と呼ばれ

骨盤が落ちるのを防ぐために体幹を支えている足の方に傾けるのを

デュシェンヌ徴候と呼ばれます

 

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« アランフェス協奏曲 | トップページ | 痛みがなければ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アランフェス協奏曲 | トップページ | 痛みがなければ »