« キツイ | トップページ | お盆期間中の営業 »

2019/08/06

月刊スポーツメディスン212

Sq212

月刊スポーツメディスン212

今月の特集は「スポーツ現場からみたスポーツ医学のニーズ」

スポーツに特化した医学も目覚ましい進歩を遂げ

今までわからなかったケガの詳しいことも

様々な角度からの分析により明らかになりつつあることもずいぶんあるようです

 

同時に競技特性も分析されることで

どういった動きでどういったケガをするのかも興味があるところです

 

今回私が一番興味を持ったのは「足関節内反捻挫の後遺症」

先日来から足関節、特に距骨に対していろいろ調べていたのですが

私にとっては実にタイムリーな記事でした

確かに距骨の問題も取り上げられていますが

距骨単体で考えるのではなくその周辺の靭帯

その他の関節などの関連性についても解説されていましたので

単純な発想から抜け出せるかもしれません

次元の高い解説に感謝です

 

 

オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« キツイ | トップページ | お盆期間中の営業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キツイ | トップページ | お盆期間中の営業 »