« Doo Bop | トップページ | ファーストエイドの疑問と課題 »

2019/03/04

腰痛ベルトと腹横筋

来院される方の中に腰痛ベルトを着用されていることがあります
アレを巻いているとけっこう楽なんですよね
湿布薬を貼っているより楽になるという点では腰痛ベルトの方が効果があるかもしれません

ただ一つ大きな問題があって
一時的な腰痛で着用なさる分にはいいのですが
長期的に毎日腰痛ベルトを使用されるのはとても危険です

Img105
(画像:一生痛まない強い腰をつくる)

上の図で赤く描かれているのは腹横筋という腹筋です
実は腰痛と腹横筋は深い関係がありまして
この筋肉がウエスト部分を引き締め
お腹の空気圧を高めます

自転車や車のタイヤのように空気圧が下がると不安定になるように
お腹の空気圧が下がると腹部が不安定になり腰椎に負担が集中します
これも腰痛の原因の一つとなります

そこで腰痛ベルトやコルセットでお腹をギュッと引き締めてあげると
安定感が増し腰痛が軽減するという優れものです

ただ問題は腰痛ベルトは痛みを和らげてはくれますが
決して治してくれる道具ではないということ
あくまでも弱った腹横筋の補佐をするに過ぎない道具というのが実際のところ

筋肉は甘やかしてしまうと弱ってくるもの
だから痛みを和らげるために腰痛ベルトを装着すると
腹横筋は楽ができるのですが
これが長期間続くとさらに弱体化し
また腰痛がひどくなる恐れがあるということ

ある有名な整形外科医は最長で3か月くらいまでにやめた方がいいと言われています
個人差はあるでしょうが長期の装用
あるいは一日中つけているというのは好ましくないのは事実です

だから仕事をしているときとか
動かないといけないときに限定し
それ以外は極力装着しない方が賢明だと思います

薬でも何でもそうですが必要なときに頼るのはかまいませんが
べったり依存して程度を超えてしまうと毒になることもあります

それを知った上で有効にお使いいただきたいと思います
そしてやっぱり大事なのは少しずつでも身体を動かすことが大事です
腹横筋は腹式呼吸で使われる筋肉としても有名です
腰が痛くて身体を動かせなくてもゆったりと大きな腹式呼吸で
腹横筋を鍛えることもできます

そのときそのときでできることをやっていくのは大事なことです


オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

|

« Doo Bop | トップページ | ファーストエイドの疑問と課題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Doo Bop | トップページ | ファーストエイドの疑問と課題 »