« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/31

バイタルサイン

手技療法の世界に興味を持ちいろいろ考えだしたのが今から20年ほど前
当時の私は身体もボロボロでひどい腰痛に悩まされていただけではなく
週種類のアレルギーがでたり今では考えられないほどよく風邪を引いたものでした

体力だけには自信があった私もさすがに参りました
30代後半になってから年々弱っていくのがわかり
なんとなく気持も萎えてきました

そんなこんなで会社を辞めて今の世界に足を弾み入れましたが
師匠が事あるたびに「歩きなさい」と言われたので
それから歩くようになりました

そのころの私の体温が35.8度くらいで
かなり下がっているのに気づきました
気になってそれ以来毎朝体温を測る習慣がつきました

エライもんで歩いたり運動をして3~5年たったころ
体温は36.5度くらいに上昇しました
するとそのころから腰痛がなくなりだし
アレルギーも消え風邪も引かなくなりました

今度50歳を超えたあたりから血圧も気になりだし
体温とともに毎朝チェックするようになりました
そのころは120-80くらいの血圧も
ここ数年で130-90を超えるようになり
ランニングも始めるようになりました

その時々の体調とバイタルサイン(血圧や体温などの数値)が
連動していることがハッキリわかりました

一日一日の数値はあまり気にはしませんが
一か月単位や一年単位になれば
けっこう体調の変化が見えてくるものです

病院の入院患者さんはたいてい毎朝バイタルチェックをします
この数値で身体の異変をいち早く発見できるからでしょう

多くの人は血圧でも上がってずいぶん経ってから指摘され
降下剤を飲み続けるパターンになってしまいます
決して薬が悪いわけではありませんが
薬のお世話になる前に気づき自分の身体を変える方がより健康的だと思います


オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2019/01/30

初期化

Dscn0916

「姉さんたいへんです」
二十年くらい前のドラマじゃないですけど
思わぬトラブルです

先日スマホのキャリアから
セキュリティーソフト無料サービスを受けました
信頼のおけるセキュリティーなので喜んで入れたまではよかったんですが
いろいろ操作しているうちに音声入力ができなくなり
グーグル関係のソフトが立ち上がらず
最後にはキーボードも使えなくなりました

いろいろ調べて修正しようと試みましたが
意外に難しくて立ち往生
結局スマホ自体を初期化しました
最近、動作が遅くなってきたので
そろそろ時期かと思ってましたので
ここらがやり時だと思って初期化しました

最近は初期化したのちの設定もさほど難しくないので
1時間ほどで完了しました

結局無料サービスのセキュリティーは入れず
前に使ってた無料ソフトを入れました
結局この一週間ほど何やってたんでしょうね?


オステオパシー整体院 腰痛館 ホームページ

| | コメント (0)

2019/01/29

胸が痛い

先日、胸が痛むといって来られた方がいました
場所が場所だけにビックリされたようで
慌てて病院で検査をしてもらったけど何もないと言われたそうです
わけがわからないときはまず病院で受診するのは正しい選択です
ただ何もないと言われる場合は病気ではないということ

それで腰痛館にお越しになったのですが
意外とこういうケースは多く
たぶん寒くなったので冷えてしまい
肋間筋か大胸筋か小胸筋当たりが拘縮したんだろうと推測しました

往々にして冷えが原因となっている場合
その付近の筋肉がまとめて拘縮していることもあります

原因不明で病院でもわからないとなると
ちょっと不安になるものですが
意外と冷えて筋肉が縮こまることが原因だったりすることがあります

胸郭全体を緩めて痛い場所にある筋肉にカウンターストレインをかければあっさり痛みがなくなることもあります
余談ではありますがカウンターストレインって技法は
拘縮している筋肉の筋紡錘に利かせて反射の信号を切れば上手くいくわけですからいくらでも応用が利きます
わりと勝手に自分で考えればいろんなやり方が可能なことがわかってきました

胸という部位は心臓があったり肺があったり
命にかかわることもあるので恐いものですが
こういうケースもあったりします

本当は毎日でもラジオ体操をしていたら
防げたかもしれないんです
それをお伝えして家でラジオ体操をやっていただくようにアドバイスしました

| | コメント (0)

2019/01/28

ウォーミングアップ

ここへきてようやく真冬の寒さがやってきました
朝布団の中から出るのがツライです
朝からやるべきことが多いので勢いをつけて起きないと
眠さにと寒さに負けてしまいそうです

起きた後も身体が重だるく
重りを引きずっているような感覚で気持ちよく動けません
ドクダミ茶の効果かもしれませんが
血圧が下がったついでに体温まで下がっています

結局寝ているうちに血液の流れが弱まり
それで起き抜けの身体が冷え切っているのがよくわかります

それならば運動して心拍数を上げてエンジンをかければ
冷えた身体も温まってくるはずです
そういうことでこの頃毎朝ウォーミングアップが欠かせません

一通り始業準備が終わった後
今までだったらゆっくり休憩していましたが
けっこう身体を動かしています

とりわけふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれていますし
もっとも冷えやすいところである上に内臓との関わり合いもあると考えていますので
けっこう入念にやっています

それと胸郭も固まりやすく可動性が減少すると
腰椎や頸椎にも負担がかかるので必須です

最後に真向法を続けているので
股関節のストレッチも欠かせません

キチンとウォーミングアップができた日は午後からが楽になります
たまにさぼると一日中だるい身体を引きずるように動いています

ウォーミングアップがが必要なのは何もスポーツ選手だけではありません

| | コメント (0)

2019/01/27

Shamwari

50521874_2557615507643313_332554775
Shamwari IYCO & KAKA FURAHA

IYCO & KAKA FURAHAのカバーアルバムが発売になりました
さっそく送っていただきました

今までノリがよくてアップテンポな曲のイメージが強かったのですが
今回の作品は情緒タップリ
聴けば聴くほど心の奥底に染み込んでくる感じ

セルフカバーの「Life is colorful」でさえ前作の「MOYO」に収録されたものとはずいぶん雰囲気が違います
味わい深い曲になってました

今までのIYCO & KAKA FURAHAとはイメージが変わったように感じました
きっとジンバブエの空気や太陽や人が彼らにもたらしたものだと勝手な想像をしてしまいました
奥行きの深いアルバムです

| | コメント (0)

2019/01/26

背胆のガーリック焼き

Dscn0860

いつもと違うスーパーにいったら背肝がありました
背肝は鶏の腎臓です
なかなか売っているお店は少ないのでコレは買い!

シンプルに塩コショーで焼くのもいいですが
今回はガーリックチリパウダーを使ってみました

盛り付けてから花椒を振りかけ刻んだパセリを散らしました

| | コメント (0)

2019/01/25

問題解決「脳」のつくり方

41nhmi6ht7l_sx351_bo1204203200_
問題解決「脳」のつくり方 マシュー・E・メイ

筆者は米国トヨタの社内教育機関をはじめとする多くの企業で
問題解決の研修やワークショップを続けてきた方です

難しい問題があり考え抜いても上手く解決できることって意外に少ないかもしれません
本書では7つの「思考の落とし穴」を紹介し
なぜそういった思考の欠陥が存在するか
そしてそれを解消するために何をすべきかを説いています

心理学的なアプローチでこれらの「落とし穴」を解説していますが
人は知らず知らずのうちに欠陥的な思考パターンを生み出しているようです
なおかつそれは身体に染みついたような感じで
認識されることなく習慣となっていることがわかりました

自分自身で「あるある」って項目もいくつかありました
こんな人いてるよなって浮かんだ顔もありました
ある意味思考パターンのクセってその人の人格そのものかもしれません

ただ単に筆者が考え出したという「思考の落とし穴」というのではなくて
学術的に裏付けのある研究結果の集約なので
説得力は相当なものです

欠陥を暴き出しただけではなく解決策も提示されているのでありがたいです
ただそれが本当にに有効かどうかは疑問な部分もありました
結局は本人自身が思考の欠陥に気づき真摯な反省をして
自分を何とか変えたいという意思がないと難しいでしょう
逆にいえばそれほど「思考の落とし穴」は深く
人格の奥底に根付いたものだからだと感じました

| | コメント (0)

2019/01/24

スマホサイト立ち上げました

腰痛館をオープンしたときにホームページを立ち上げました
ISDNのブロードバンドが普及してきたころに
やっぱりホームページぐらいないといけないと考え手作りで作成しました

その後来院されたプロの方のご協力で
そこそこいいホームページになったのが10年近く前のこと

ところが時代の移り変わりは激しく
携帯電話でサイトを見るようになり
その後はスマホが普及し
今やアクセスはパソコンよりスマホの方が多くなっています

私もうっかりしてましたが
スマホで腰痛館のホームページを見ると
あまりにも細かすぎてみる気も失せるような状態でした
私自身がパソコンで閲覧することが多く
スマホで自分のページを見ることがなかったので
時代に取り残されていたことにようやく気付いたのです

そこで今回も自作ではありますが
腰痛館ホームページ(モバイル仕様)を立ち上げました
なにぶん急に思いついて作ったので
まだまだ改良しないといけない箇所がかなりあります

またお気づきのことやアドバイスなどがあれば
お声をかけてくださいませ
何せ時代に取り残された私のすることですので
手を差し伸べてくださるとうれしいです

| | コメント (0)

2019/01/23

下腿三頭筋

Img097Img098

下腿部でもっとも大きな筋肉を下腿三頭筋といいます
下腿三頭筋は奥にあるヒラメ筋と
その上にかぶさる腓腹筋とで成り立ちます
この二つの筋肉はアキレス腱で合流しかかとの骨(踵骨)に付着します

面白いのは似たような走行の筋肉ではありますが
それぞれの役割が異なります

左の図はヒラメ筋ですが遅筋が多く持久力に長けています
だから姿勢を安定させるために足首(足関節)をキープするのが主な役割です

それに対し腓腹筋はジャンプしたり地面を蹴って走るときに活躍する筋肉で
両者の性格は対照的だとも言えます

先日月刊トレーニングジャーナルの特集記事を読んで
足部や足底に問題を抱えている場合ヒラメ筋がポイントになるという仮説が紹介されていました

理屈の中では大いに成り立つお話しで
ヒラメ筋が筋力不足があれば足関節は不安定になります
不安定な関節では動作も抑制され安定性が優先されます
だから力が出ないのは自然なことだと思います

面白いと思って下腿から足底に問題を抱えている方数名に
ヒールアップ(つま先立ち)をしていただいたところ
ある程度までは上がりましたが最大の底屈はできなくて
しかも何かにつかまらないとグラグラして不安定な状態でした

これでその方たちが抱えていた問題の本質を見たような気がしました
そこでこういう説明をして家で壁に手をついてつま先立ちの練習をして
ヒラメ筋の筋力アップをお願いしました

結果が出るのはずっと先の話でしょうけど
足部の症状がある人はその場は治っても違う部位に症状が出たり
同じ部位に痛みが再発したりしてなかなか厄介でした
これでちょっと光明が見えてきました

| | コメント (0)

2019/01/22

ライセンスコード

以前から使っているスマホのSIMカード
長く使ったということでいくつかのサービスがついてきました
格安SIMではありますがとても良心的です
某キャリアは入る時だけはお得感満載で入ればあとはほったらかし
長い年数利用して突然サービスを提供されると嬉しいものです

いくつかのサービスの中から選んだのはマカフィーモバイルのセキュリティ
今まではフリーのアプリを使ってたんですが
やはり若干の不安は残ります
それでなくても今話題の中国系のスマホを使っているんですから
情報は丸裸にされているかもしれません

喜んでマカフィーのアプリをダウンロードしたら
無料サービスのアプリではなく通常版のをダウンロードしていました
慌ててマカフィーのサポートセンターに電話したら
アンインストールしてからまた入れなおせばいいとのことでした
そのあとはキャリアに連絡してどういうふうにすればいいか確認してくださいといわれました

で、アンインストールしたのちキャリアのサポートセンターに連絡し
ダウンロードに仕方を教えてもらい一件落着…と思ったんですが
今度はライセンスコードを入力しても無効になってばかり
再びサポートセンターに連絡して入力方法を教わりました

結局、注意書きを読むことなく雰囲気でやってたのが失敗の原因
いつも説明を見ることなく経験則に頼ってしまう傾向があるようです
ちょっと落ち着いて読めばなんてことなかったんですけどね

セキュリティソフトを立ち上げるまでに半日近くかかったので疲れました

| | コメント (0)

2019/01/21

足部・足関節がパフォーマンスを支える

Tj
月刊トレーニングジャーナル2月号

今月の特集は「足部・足関節がパフォーマンスを支える」
ほとんどのスポーツは足が地面につくことが前提です
自身の体重と運動によるエネルギーという負荷に耐えて初めてパフォーマンスが可能です
そんな足部・足関節に問題が生じると安定性を失い
身体運動が適切に行えません

捻挫やアキレス腱などの障害は強い負荷に耐えられなくなり起こります
仮に治ったとしてもその後再発したり足関節不安定症になるケースもあり
より詳しい足の構造と機能を理解した上で取り組まないと
これらの問題は解決しないようです

Img096

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「手当て」

我々手技療法の世界では手を身体に触れることから始まります
機械でも出来そうなことが多くなりましたが
手が触れることで身体に起こる反応とは…

| | コメント (0)

2019/01/20

Seven Metals

51qfm1ams0l
Seven Metals Benjamin Iobst

中古CDを漁っているとき偶然発見
シンギングボールのCDは持ってなかったので迷わず購入
シンギングボールとは楽器というよりもチベットの仏具
仏壇にあるおりんといった方がわかりやすいでしょう
お寺に行くと大きなものもありその音色は様々

このCDはSeven Metalsというくらいですから7種類のシンギングボールを使っているのでしょうか?
独特の長い間に響く音は人の心を癒します
瞑想用で流されるCDかと思いきや
不眠症の方が結構愛用されているみたいなレビューが多かったです
布団に入って数分で爆睡してしまう私にはピンとこなかったんですが
世の中不眠症で悩む人は少なくありませんから
そういう用途でお聞きになる方がいらっしゃることは納得できます

フツウに聞いていれば頭の中は空っぽになるので
聴き終わった後現実に戻され寝起きみたいな感覚になってしまいます

こういう「当たり」があるから中古CD探しはやめられません

| | コメント (0)

2019/01/19

親子うどん

Dscn0850

なんとなく遊びで作ってしまいました
うどんのだし汁をどんぶり用の鍋にいれ
鶏肉とネギを加熱してから卵でとじました

ご飯に乗せるとフツウの親子丼になるのですが
これをうどんの上に乗せていただきました

かけダシも入っているので当然つゆだく
玉子の下から麺が出てくると
これはちょっと感動ものです

粉山椒をかけていただきました

| | コメント (2)

2019/01/18

ドクダミ茶

Dscn0891

もう2か月近くになりますが毎日ドクダミ茶を飲んでいます
秋に父親が病気になったのもありますし
私自身もここ数年血圧が上がり気味
一回試してみようと思い続けています

ドクダミは十薬ともいわれ利尿作用、高血圧、動脈硬化の予防作用があるそうです
実際に飲みだしてから10近く血圧が下がっています
それに伴い体温も下がってきました
それがいいのか悪いのかわかりませんが
しばらく続けて様子を見ようと思っています

| | コメント (0)

2019/01/17

考え方のコツ

41v8m6v7cfl_sx344_bo1204203200_
考え方のコツ 松浦弥太郎

ネタの収集のために読みました
本書は筆者の「考えるスタイル」を紹介したもの
編集長、文筆家、書店経営といろんなお仕事をされているようですが
考え方にいくつもの流儀を確立されています

わざわざ決まった時間を割いて考えることに集中なさるというのは
クリエイティブなお仕事をされておられるから
アイディアを生む出すということが重要であるからなんでしょうね

私らのように何か思いついたら考えるというのと真逆のようです
職種が違う方それは当然かもしれませんが
なかなかそこまで考えるということに意識が向いていないのも事実

「物事呑の真ん中ばかりを見ない」とか
「逆に考えてみる」とか
「自分の敵になって考えてみる」など
取り組み方の視点が様々な方向から考えられているのですごく参考になりました

もちろん全部が全部参考になるわけではありませんが
自分に合ったものをチョイスして取り入れてみるとよさそうです
そうすればもうちょっとマシなアイディアが浮かぶようになるかもしれません

| | コメント (0)

2019/01/16

上腕二頭筋と肘痛

Img095

肘から手首までを「前腕部」と呼びます
前腕部の特徴は親指側を走る橈骨と小指側を走る尺骨の2本の骨があります
単純に肘や手首の曲げ伸ばしだけなら
1本の骨でもよかったかもしれませんが
ここに2本の骨があるために回旋運動が可能になります

2本の骨が平行になったりクロスすることで
前腕部をねじることができるわけです
ちょうど2本のお箸を操るのと似ています

ちょっとばかり複雑な動きになるので
橈骨と尺骨のバランスや位置関係はとても大事になってきます
もし位置関係がおかしくなると
肘や手首の関節にも影響が出るからです

そのために前腕骨間膜などで両者を連結し
必要以上の動きを制限しています
骨間膜は回内時に緩み回外時には可動性を制限します
まあ、2本の骨が離れないように結び付けているわけです

話は変わりますが上腕二頭筋という力こぶを作る筋肉があります
二頭筋の主な仕事は肘を曲げることです
そして地味ではありますが付着している橈骨を回外する働きがあります
前腕部の回外はもう一つ回外筋という筋肉と共同して行われます

この上腕二頭筋は重いものを持ち上げたり
いろんな作業や動きの中で活躍する筋肉なんですが
ときとして疲れてしまい筋拘縮を起こすことがあります

二頭筋が疲れて縮まれば必然的に橈骨は回外の方向に引っ張られることになります
二頭筋は腕の筋肉の中では上腕三頭筋に次いで太い筋肉ですから
それが筋拘縮を起こしたときに引っ張られる力は強いです

そうなると橈骨と尺骨の間で頑張っている前腕骨間膜も
引っ張られてその機能が果たせなくなり
橈骨と尺骨の感覚が広がってしまうこともあります

そうなると連鎖的に肘や手首のバランスを狂わせることもあります
それが続くと肘や手首に痛みが発生することもあります
こういうときに直接肘や手首にアプローチしても
ほとんど効果がなくて途方に暮れることもあります

そうなると骨間膜や上腕二頭筋に目をつけ
アプローチすることで問題が解決することがしばしばあります

骨間膜の問題はそんなには多くないんですけど
一般的な肘や手首のアプローチしても効果がない場合次善策として用いることがあります

| | コメント (0)

2019/01/15

心拍数と成長ホルモン

昨日ご紹介した「間違いだらけ!日本人のストレッチ」に興味深いところがありましたのでご紹介いたします
心拍数を上げると成長ホルモンの分泌が促されるということが書かれていました
成長ホルモンと聞くと成長が止まった私らには関係なさそうに思えますが
実はそうではなくて免疫システムを刺激したり
脂肪の分解の促進や細胞の修復にも必要なホルモンだそうです

運動して心拍数を上げることで血流量が増加しますが
そのときに成長ホルモンが放出され
血液中から体中にまわるのです
だから安静にしていても成長ホルモンは身体を周ってくれないのです

私も以前はストレッチ中心の緩やかな運動だけしかしてなかったのですが
心臓の能力が落ちてきたと感じてから走るようにしています
これからはラストは心拍数を上げるためにスピードアップすることにします

| | コメント (0)

2019/01/14

間違いだらけ! 日本人のストレッチ

Photo
間違いだらけ! 日本人のストレッチ - 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です 森本貴義

年を取ってますます頭も身体も硬くなってきました
最近、真向法を毎日やってますが
なかなか昔の可動域を取り戻すことができません

そんなタイミングでこの本を読んだのですが
通常のストレッチ本とは違いストレッチの良さばかりをアピールされずに
過度なストレッチのデメリットも示されています
とかく柔軟性を追い求めるあまり
柔らかさ自体が目的となっている風潮に警鐘を鳴らしています

そして大切なのは動きの「自由度」であり
自由な動きに必要な柔軟性があればそれでいいという考え方
私が憧れる180度の開脚なんて必要ではないとバッサリ否定
逆に可動性が広がることで安定性を失い
自由な動きができなければ本末転倒というわけです

この本のキーワードが「自由度」なんですが
意外と自分の身体を受有自在に動かすことはできません
かつて私がゴルフをしていたとき
タイガーウッズのフォームを真似して打ったのですが
ビデオ撮影したものを見れば似ても似つかないものでした

結局自由度とはイメージ通りの動きをきちんとできるかということ
スポーツ選手でも理想のフォームでプレーできないものですが
そのときに必要な関節可動域と筋力のバランスがあり
様々な関節・筋肉を連動させて初めて可能になるということが書かれています
だから柔軟性自体が目的になると
過度なものを目指しがちになり
結果バランスが損なわれケガにつながりかねないということだそうです

新書なんで一般の方に向けて書かれたものだと軽く見ておりましたが
内容はむしろ専門家向けといってもいいかもしれません
「文章ばかりでわかりづらい」といったレビューも見かけましたが
ある程度の知識がなければ難しいかもしれません

でも後半は具体的なストレッチ方法が写真つきでありますので
面倒な方はそこだけやってみても十分価値はありそうです

私にとってすごく勉強になりました
知っておきたい知識も満載です

| | コメント (0)

2019/01/13

フィガロの結婚

51ka1wqrezl
「フィガロの結婚」全曲

縁あってこの春に「フィガロの結婚」の舞台を見に行く予定です
ついに私もオペラデビュー
といってもまったくどんなもんかもわからんので
予習としてこのアルバムを購入

「フィガロの結婚」という作品があることは知っていましたが
内容たるやまったく知らず、どんな曲があるのかもわからない状態なんですが
序曲を聞いて驚きました
むかし勤めていた会社の始業のときの音楽だったんで
いろいろ思い出深い曲からは入れてひと安心

それでもオペラの迫力たるやすごいですね
こんなのを劇場で見たら感動もんですよ

| | コメント (0)

2019/01/12

牡蠣のペペロンチーノ

Dscn0817

冬場の食材として好きなのは牡蠣
しかしながらずっと前から牡蠣が食べられるのが私だけ
よって一人のときに牡蠣を買って調理するしかありません

よくオイスターソースで炒めてオリーブ油に漬けておいたものを使ってパスタを作ってましたが今回はペペロンチーノ
乳化って手間がいりますし難しいです
今回は動画を参考にじっくり時間をかけて取り組み見事成功

いい感じに仕上がりました


| | コメント (2)

2019/01/11

くじける

昨日は初めて0℃を記録
これまでで一番寒い朝でした
一昨日は初めて雪を見ましたし
暖冬と言えどもやはり冬
本気を出したらこんなもんだとばかりに冷え込んできました

おかげで朝が起きづらく朝のジョギングもサボりがち
週に二回くらいのペースで走ってますが
2日に走ったきりでその後は寒さと眠さにくじける毎日

これではいかんとネット配信のドラマ「陸王」を見てテンションを上げて
何とか昨日は5時前に布団を抜け出し走ってきました
我ながら単純な人間であるjことに呆れるのですが
それでもちょっとは頑張らないといけません

| | コメント (0)

2019/01/10

断食

日曜日に断食をしました
といってもわずか1日だけなんでプチ断食といった感じです
毎年この時期にはよくやってますが
年末年始、飲みすぎ食べすぎ不規則な生活
まあ、たいてい胃腸も酷使され疲れ気味

こんな時は薬に頼るより休ませてやった方が得策です
1日に消化器系が必要とするエネルギーは全体の1割に及ぶそうで
けっこうな労力を使うわけです

断食で胃腸を休ませてあげると同時に
そのエネルギーを身体の修復にあてるというメリットもあります
現に翌日には年末からあまり動きがよくなかった胃腸も
スッキリした感じになり動きも明らかに良くなっています

むかしは3日間くらいやってましたが
アレって結構大変なのといろいろ細かい注意点もありますから
1日くらいの方が気楽にできてやりやすいです

| | コメント (0)

2019/01/09

蠕動運動と腸腰筋

たまに便秘を訴えて来られる方がいらっしゃいます
私は滅多にないことなんですがなってみたら辛いもの
とりわけ女性に多いのは一般的に知られていることです

女性ホルモ ンが蠕動運動を抑制したり
男性 に比べて食事摂取量や筋肉量が少ないのがその理由だそうですが
それ以外にもストレスが原因で便秘になることや
加齢や運動不足なんかも原因になるそうです

便秘薬のお世話になる方も多いようですが
私は運動をお勧めしています
とりわけ腹式呼吸は腸に対するマッサージ効果もあるので有効だと考えています

最近の研究では腸腰筋を鍛えることで蠕動運動が促進され
改善が見られたというデータが出ているそうです
私も詳しいことは知りませんので
腸腰筋と蠕動運動との間にどういう因果関係があるかわかりませんが
私が思うに腸腰筋を活動を活発にすることで
増大する代謝量が腸にも伝わり活発になるのではという推測をしています

腸腰筋は大腰筋・小腰筋・腸骨筋と3つの筋肉からなり
大腸・小腸のすぐ後ろを通る大きな筋肉です

これらの筋肉を鍛えるのに一番いいのがウォーキングだと
それらの研究では言われています
時間は30分程度が一番いいそうです
特に負荷をかける必要はありません

いつもウィーキングとラジオ体操をお勧めしていますが
蠕動運動に効果があるとは初めて知りました

Photo


| | コメント (0)

2019/01/08

新品

Img_20190105_144012

2019年の最初の営業日から新しい白衣を着用しています
今まできていたのもまだもう少し使えそうなんですけど
新年度から全部真っ新のに替えたら
なんとなく気分も一新

生地がまだごわついているので
若干着づらさもありますが
何度か洗濯すれば落ち着いてくるでしょう

| | コメント (0)

2019/01/07

怒り・不安 感情にとらわれると病気になる

51xie4ibkil
怒り・不安 感情にとらわれると病気になる おのころ心平

心と身体は一つである
この命題は真実であると確信しています
普段人様の身体を触っていると心理面の影響が身体に出ていると感じるケースはいくらでもあります
私の経験則でもいくつかのパーターンは持っていますが
まだまだわからないことの方が圧倒的に多いでしょう

本書を読んでみてすごく事細かに心理が身体に及ぼす影響があるのを知りました
ぶっちゃけ「ホンマかいな?」というくらいに具体的で多岐にわたるので驚きながら読んでました

エビデンスを言われるとどうかなって感じですが
著者は東洋医学やチベット医学体質論、アーユルヴェーダ、
シュタイナー医学、ケイシー・リーディング、スピリチュアル生理学などを学ばれているようなので
土台西洋医学の視点から評価することに無理があるでしょう
西洋医学の知恵が森羅万象に通じるのならともかく
追い付いていない部分もあるでしょうから
エビデンスをいうだけ野暮なもんだと考えます

後は書かれている項目が私の感覚とどれだけ一致するか
その辺を踏まえながら施術に活かせることができればいいかなと思います

全部は覚えきれませんが
大きな項目だけでも頭の中に入れておきたいです

| | コメント (0)

2019/01/06

ウシュクダラ

31q399me41l
ウシュクダラ トルコの吟遊詩人

あるラジオ番組を聞いていたらトルコ音楽の「ウシュクダラ」がかかっていました
ずいぶん昔にトルコ音楽のCDを聴いてましたがちょっと感じが違うので
興味を持ちすぐに購入

トルコの軍曲と吟遊詩人では違って当然なんですが
吟遊詩人の歌って哀愁がありますね
中東でありながらヨーロッパの影響を受けた国の独特の雰囲気って音楽にもでるんでしょうかね?
歌詞はまったくわかりませんが日本語訳の解説があるので
なんとなくでもわかりそうです

| | コメント (0)

2019/01/05

鶏茶漬け

Dscn0733

お茶漬けというもののお茶は使いません
最近マイブームなのが鶏ガラスープを作ることです
前日から3時間ほどかけて鶏ガラと長ネギの青い部分を弱火で煮込みます

ご飯にセセリの炒めたもの
梅干し・三つ葉・白髪ねぎをのせて
後はスープを注ぐだけ
今回はあらかじめ塩味にしていますので
お茶漬け海苔は使用せず
刻み海苔をちらして出来上がり

鶏がらスープのあっさりしててコクのある味は
お茶漬けといえども存在感がバツグンです

ご馳走に飽きてきたころには食べたくなります

| | コメント (0)

2019/01/04

不適切な運動プログラム

ブックハウスHDから出ているアスレティックボディ・イン・バランスという本があります
去年その中で紹介されていた「不適切な運動プログラム」という概念に感銘を受けました

簡単にいうと一つの動作に様々な関節や筋肉が働き
一連の動きのなかで評価をするといった考え方でした

どうしても症状がある部位だけを評価しがちなんですが
痛みのない部位に問題があることも少なくなくて
例えば膝が痛い人なんかは股関節が硬かったり
足関節の可動域が狭かったりというのが
施術中に確認するとけっこうあって
それらを改善することで症状がおさまったり軽減したこともありました

「構造と機能とは相互に関係を持ち、自らを防御する」と
オステオパシーの創始者であるA.T.スティルが言ってましたが
こういう考え方はまさにそれなんですね

わかっていたようでまだまだ一つのユニットたる身体が
どういう相互関係をしているかわかってなかったということ
こういったつながりを知り施術に活かすのが
この仕事の一番の面白さなんだろうと思います

| | コメント (0)

2019/01/03

カウントダウンライブ

20181231_213715033

大晦日に出かけたカウントダウンライブ
たぶんラグタイム大阪はこれで最後になりそうです
楽しかった思い出を反芻しつつ楽しいひと時を過ごしました

| | コメント (0)

2019/01/02

マラソン研究

Sq207
月刊スポーツメディスン207

今月の特集は「マラソン研究」
2019年になったということは東京オリンピックまであと1年半ほど
なんかもうすぐって雰囲気になってきました

真夏に行われるということで気になるのはマラソン
あまり真夏に行われる競技ではないだけに
体力的・技術的なことだけではなく暑さとの戦いもあります

汗をかくことで体内から栄養素が出ていくわけですが
真夏ともなれば汗のかく量も多くなり様々な問題が発生します

そして普通のスポーツであれば身体を温めてから競技に移るのが当たり前ですが
炎天下のマラソンにおいてはいかに身体を冷やすかも重要な項目
冷やすことで内臓の機能を低下させてはいけませんし
かなりいろいろな研究が進んでいるようです

去年大阪マラソンの出場されすぐに施術をさせていただいたことがありましたが
意外に筋肉は柔らかく驚きました
ダメージは翌日に来るとわかって納得がいきました

マラソンによるダメージも事細かに分析されています

| | コメント (0)

2019/01/01

謹賀新年

Img_20181230_073649

寒いお正月になりました
12月の中旬まで暖かかったので
この寒波は結構堪えた方も多かったようです

「平成最後の」というフレーズをあちらこちらで聞きましたが平成もまさに大詰め
元号を三代にわたって生きてきた私には
なんだか明治生まれの方の心境がわかるような気がします

それでも私らの生活はたいして変わることもなく
いつも通りのことをいつも通りにこなしています
特段悪いことも嫌なこともない生活は幸せなんだろうと感じています

今年もいつも通りにやってますんで
どうぞよろしくお願いします

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »