« スポーツ現場における目標設定 | トップページ | ヤマノイモ »

2018/10/17

アスレティックボディ・イン・バランス

Abody
アスレティックボディ・イン・バランス Gray Cook

他の本で身体の関節・部位の安定性と可動性のパターンという理論を知り
もっと詳しく知りたいと思って探していたら
私がいつもお世話になっているブックハウスHDさんからこの本が出ているのがわかりさっそく取り寄せました

様々な関節には安定性を司る部位と広い可動性を生み出す部位とに分かれ
安定性が担保されて初めて可動性が活きてくるというような理論で
安定性と可動性の部位が交互に存在するというお話しです

ちょっと考えてみればわかることですが
不安定な状況で大きく動けばバランスを崩します
ゆえに安定性を欠けば可動性も損なわれるという目からうろこの理論です

そうなれば私の施術において
どこかの部位に痛みが発生する場合
当該部位だけではなくその前後の関節の安定性や可動性に問題があるかもしれないわけで
そこのところを素通りして痛みのある部位ばかりにアプローチしていても
問題の全容は明らかにならず対処療法的な施術になってしまうと考えました

例えばここで紹介されているパターンで言えば
膝関節は安定性を生み出す関節であり
膝の動きに何か問題があろとき
膝そのものの評価だけでは不十分で
股関節の可動性に問題はないか?
あるいは足関節の可動性に問題はないか?

そういう評価のパターンを習慣づけることで
全体の中での膝関節が置かれた状況を把握することができるわけです

そういった問題が発生することにより
不適切な運動パターンが形成され
パフォーマンスの低下や
それが長く続くとケガにもつながりかねないということがわかりました

本書はスポーツトレーニングの本ではあるんですが
こういった問題は運動習慣のないご老人でも当てはまるはずです
そのときの評価にこういった理論に照らし合わせて考察すれば
全体の把握もできますし、施術手順の確立にも役立ちます

私の目的と著者が本書を書いた目的とは乖離がありますが
具体的に使えることがいくつもあり
実際に役立っています

本書に紹介されている運動プログラムもいくつか試してみましたが
全身筋肉痛でエライ目にあいました

やっぱりブックハウスHDさんの本は役に立ちます

|

« スポーツ現場における目標設定 | トップページ | ヤマノイモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スポーツ現場における目標設定 | トップページ | ヤマノイモ »