« 2018年9月 | トップページ

2018/10/19

起きられない

最低気温が15℃を下回るようになりました
ゆっくり眠ることができるのはいいことなんですが
逆に朝起きづらくなりました

夜の散歩に加えそろそろ朝のジョギングも再開したいところではありますが
一度ついたサボり癖はいかんともしがたいところ
午前5時は真っ暗で視覚に対する刺激もなし

このままではいかんと思いつつ布団の中で反省の日々を過ごしております

| | コメント (0)

2018/10/18

ヤマノイモ

Dscn0616

差し入れ?といっていいのでしょうか
珍しいものをいただきました

これはヤマノイモの苗
しかもプランターごといただきました
2つのプランターに2つずつの苗
合計4つの苗です

ベランダで野菜を育てはじめて
年々エスカレートしているのは間違いありません
ヤマノイモはどう育てればいいのかもわからず目下研究中

とにかく大きなプランターを3階のベランダまで運んだので
現在筋肉痛にさいなまれております

| | コメント (0)

2018/10/17

アスレティックボディ・イン・バランス

Abody
アスレティックボディ・イン・バランス Gray Cook

他の本で身体の関節・部位の安定性と可動性のパターンという理論を知り
もっと詳しく知りたいと思って探していたら
私がいつもお世話になっているブックハウスHDさんからこの本が出ているのがわかりさっそく取り寄せました

様々な関節には安定性を司る部位と広い可動性を生み出す部位とに分かれ
安定性が担保されて初めて可動性が活きてくるというような理論で
安定性と可動性の部位が交互に存在するというお話しです

ちょっと考えてみればわかることですが
不安定な状況で大きく動けばバランスを崩します
ゆえに安定性を欠けば可動性も損なわれるという目からうろこの理論です

そうなれば私の施術において
どこかの部位に痛みが発生する場合
当該部位だけではなくその前後の関節の安定性や可動性に問題があるかもしれないわけで
そこのところを素通りして痛みのある部位ばかりにアプローチしていても
問題の全容は明らかにならず対処療法的な施術になってしまうと考えました

例えばここで紹介されているパターンで言えば
膝関節は安定性を生み出す関節であり
膝の動きに何か問題があろとき
膝そのものの評価だけでは不十分で
股関節の可動性に問題はないか?
あるいは足関節の可動性に問題はないか?

そういう評価のパターンを習慣づけることで
全体の中での膝関節が置かれた状況を把握することができるわけです

そういった問題が発生することにより
不適切な運動パターンが形成され
パフォーマンスの低下や
それが長く続くとケガにもつながりかねないということがわかりました

本書はスポーツトレーニングの本ではあるんですが
こういった問題は運動習慣のないご老人でも当てはまるはずです
そのときの評価にこういった理論に照らし合わせて考察すれば
全体の把握もできますし、施術手順の確立にも役立ちます

私の目的と著者が本書を書いた目的とは乖離がありますが
具体的に使えることがいくつもあり
実際に役立っています

本書に紹介されている運動プログラムもいくつか試してみましたが
全身筋肉痛でエライ目にあいました

やっぱりブックハウスHDさんの本は役に立ちます

| | コメント (0)

2018/10/16

スポーツ現場における目標設定

Tj201811
月刊トレーニングジャーナル11月号

正直に言うと小中高での学校の勉強はキライでした
押し付け、やらされているというのが性に合わない
そう言ってしまえばただの劣等生なんですが
自分が勉強が嫌いではないと感じたのは大学のころ
自分で好きな研究をし思う存分勉強した感じがありました
それでも必修科目だった英語やフランス語なんかはやっぱりキライで単位を落としたものです

小中高の学校教育の主体は生徒であるべきなんでしょうが
未熟であるがゆえに先生側の指導方針が主となり
子供たちの主体性は育みにくいというのが現状かもしれません

で、今月の特殊は「スポーツ現場における目標設定」
体育の授業でも同じことが言えます
算数や国語などの教科と同様に
体育が好きな児童と嫌いな児童がいます
前者は張り切ってその力を伸ばしますが
後者は苦手意識がブレーキとなり益々運動から遠ざかり
その差は開いてきます

そこで個人個人の目標設定を教師と児童が相談して決め
その目標にどれだけ近づけるかをゴールとすれば
他の生徒とではなく自分のオリジナルの目標ができモチベーションが維持されやすいという取り組みが紹介されてました
さらに目標設定を段階的に決めることにより
そのプロセスが認識でき子供たちに主体性が芽生えてくるとのこと

こういう試みは体育の授業だけではなく
他の授業でやっていただければ
私のような気難しい子供ももっと伸びそうな気がするんですけど…

Img090

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「起死回生」

何をやっても上手くいかなくて空回りすることがあります
何とかして悪い流れを変えて形勢逆転といきたいところ
流れを変えるコツなんてあるんでしょうか?
でもそれは小賢しいテクニックではないそうです

| | コメント (0)

2018/10/15

バッグ

Dscn0609

ずっと前からヨガマットのバッグが欲しかったんです
ヨガマットを買ったときについていたバッグはチャチな造りで
一年と持たずに破れて以来
使ってなかったベルトで巻いて持ち歩いていました

先日倉庫で合皮の端切れを発見
つぎはぎにすれば使える大きさだったので
久しぶりにミシンを踏みました

実家が数年前まで縫製工場をしていたので
こういうときは助かります
普通の9号の針では細いので11号に換えて作業開始

野球のグラブの革ひもがあったので
それを入れ口に通してしぼれるようにしました

子供のころからミシンは扱いなれていたんですが
久々なので不器用な手さばき
それでもなんとか完成しました

| | コメント (0)

2018/10/14

無伴奏チェロ組曲全曲

81onww3v2jl_sl1200_
J.S.BACH/ 6 SUITES FOR SOLO CELLO  ISTVAN VARDAI

イシュトヴァーン・ヴァルダイは新進気鋭のチェリスト
私らが評価などとおこがましい話ではありますが
聴いていて流せる音楽もあれば
何気なしに聴いていても惹きつけられるものがあります
このアルバムはおそらく後者になるでしょう

押しつけがましいところは微塵もないのに
それでいて心にしみるような印象を持ちました

秋の夜長に聴きたい音楽です

| | コメント (0)

2018/10/13

土佐寿司

Dscn0560

以前勤めてたところの社員食堂で好きだったメニューを作ってみました
鰹のたたきを醤油・酒・みりん・おろしショウガの中に漬け込みます
一時間ほど寝かせて漬けにしてから
酢飯の上に並べます

今回はミョウガ・ネギ・大葉を刻んでトッピングしました

| | コメント (2)

2018/10/12

うつは体から治せる!

61nb4fc0x2l
うつは体から治せる! 鈴木直人

いつのころからかいわゆる精神疾患を訴えてこられる方が多くなりました
いろんなケースがあって投薬治療で上手くいかなかった方が
どこかで調べて来られたり
うつといっても身体的な問題が起こる場合もあり
それをどうにかしてほしいということでお越しになる人もいます

それでも十人十色と言っても差し支えないほど
うつが抱える問題点は人それぞれです
一筋縄ではいかないのがいつものこと
それで何かヒントを得ようと本書を購入

読んでいて驚いたのは筆者は私と同じオステオパシーセラピスト
最後まで読んでみたら基本的に似たような考え方で
正直やっていることもあまり変わらないように感じました

そりゃそんなに都合よく目からうろこみたいなヒントが転がっているわけではありませんからね
ただ自分のやっていることを承認していただいたような気がして
その点では読んだ甲斐がありました

むしろ筆者との違いはうつを専門的にみておられて
その精度の違いは感じずにいられないわけでして
やはり臨床例が多くそれに費やす時間も意識も違うのですから
結果に置いて差が出るのも納得できます

筆者の考え方で舌を巻いたのが
交感神経と副交感神経の捉え方
大体が生理学的な観点から考えるのは当たり前のことですが
筆者は自律神経を社会学的な見地から行動心理学のような分析をされています

うつという病気は個人の身体的な問題もありますが
社会的な状況という要素と切り離して考えることはできません
他人との交わりに置いてどう対応するのかを
交感神経と副交感神経がどういう働きをするかでプロファイルすることは画期的かもしれません
そしてプロファイルを基にした個別のアプローチは
今の私にできる芸当ではありません
この辺の差が大きいのかもしれません

用いる技術はオステオパシーセラピストですから
クラニオワークであったりMETであったりなじみの深いものばかりなんですが
タイプを分析して整理する作業は私の課題になってきそうです

最後に参考文献が記載されていましたが
私が読んだことのある本ばかりで笑ってしまいました
そりゃまあ似たような考え方にもなりますわ

| | コメント (0)

2018/10/11

開脚

7月に傷めた左の股関節
いつまでたっても治らないのでレントゲンを撮ってもらって
そこでようやく関節唇の炎症であることが判明しました
この手のやつは結局は時間薬なので
大人しく治るのを待つしかありませんでした

一番負担になってたのが自転車
最初は降りるときだけ激しい痛みがあったのですが
酷くなってからは5分程度自転車をこいだだけで
違和感で力が入らず
そして降りたときに激痛

それで自転車のサドルをいっぱいまで下げて乗っていたのが功を奏して
9月に入って痛みは治まってきました

ところが運の悪いことに父親が入院して
自転車で30分かけて病院通いをすることになりました
せっかく治りかけていた股関節も
再び痛むようになり元の木阿弥

今度は積極策に打って出ました
自転車を降りるときに痛むということは
開脚時に関節唇がどこかに擦れるような感じになっていると判断
ほとんど開脚できない状態になっていたわけで
それならばと内転筋と半腱半膜様筋を伸ばすことで
股関節に負担がかからないようにしようとする作戦を遂行中

あれこれと考えて自分で実験するのはいい勉強になります
まあ、そのうちに治るでしょう

| | コメント (0)

2018/10/10

提灯下の音楽会

42622041_245351729656843_1094864765

平野区は流町にあるお店亀千人さんでのコンサート
大きなコンサートホールも雰囲気があっていいもんですが
小さな箱でのライブはダイレクトに伝わってくるものがあります

Img_20181008_163140

リハーサル風景を一枚パチリ
スタートはベートーヴェンの「月光」とドビュッシーの「月の光」
ドビュッシーの「月の光」クラシックを聴くきっかけになった大好きな曲
今までCDしか聴いてなかったのが生で聴けたのが一番うれしかったです
やっぱり最高です

Img_20181008_170547

亀千人さんの持ち味はやはり独特のメニュー
刺身用のサンマをあぶってサラダにしたものです
この発想はなかったですね

Img_20181008_180231

自家製エビラー油の冷や奴
すごく個性的

Img_20181008_190954

前回訪れたとき気になっていたBLTサンド
名前から想像のつかないので悩んでました
結局、ベーコン・レタス・トマトのホットサンド
これは美味かった

コンサートが終われば宴会の始まり
いつもながら吉山先生のコンサートは楽しい時間が過ごせます

| | コメント (0)

2018/10/09

後頭直筋

Img089

後頭部には多くの筋肉が付着します
画像の後頭直筋は最も深いところにある筋肉です
頭斜筋と共同して頭を伸展したり、側屈したり、回旋したりする働きがあります

このあたりに付着する筋肉は動作だけではなく
5~6㎏ほどある顔面・頭蓋を支えるという仕事もあります

皆さん自分の顔や頭は生まれたときから当たり前についているので
重たいという感覚はあまりないと思いますが
ボーリングの球と同じくらいの重さがある頭を支えるには
それなりの労力が必要なことはちょっと想像してみたらわかることです

もちろんいわゆる「良い姿勢」をしていたら
その重量は脊椎にかかるのですが
そうそういい姿勢をずっと続けてらっしゃる方なんていませんよね
ということはこれらの筋肉にかかる負担は増えてくるわけです

オステオパシーに「頭蓋底の解放」という手技があります
私の師匠がこの技が好きでもれなく使ってたことは今でも記憶しています
そういう私も必ず使ってます

単純な肩こりにはもちろんのこと
頭痛などにも効果があるときもあります
(原因によって効果がない時もあります)
それだけではありません
カイロプラクティックに頸椎の1番と2番だけにアプローチすることで
自然治癒力を活かすという考え方をされている一派もありますが
脳脊髄液の循環にもかかわるという人もいます

だから私の場合は肩こりが取れて気持ちがいいからというよりも
全体の活性化を促す目的で頭蓋底の解放を使います

技自体は両手の示指から小指を直角に立てて
後頭部に当てて頭の自重で深部まで指が入るというやり方です
これって意外に難しくてねらい目が頸椎2番くらいを目指すのですが
滑ってもっと下部にずれてしまったりします
また指の力で修正しようとすれば頸椎に対し牽引がかかり
かえって妙な緊張を強いることになれば解放はできません

単純な技ではありますがけっこう熟練度が必要です
修行してた頃練習で間違ったやり方をされて
翌日逆に痛くなったりすることもありましたから
下手にやる怖さも体感しています

| | コメント (0)

2018/10/08

片麻痺回復のための運動療法

Photo
片麻痺回復のための運動療法 川平 和美・下堂薗 恵・野間 知一

何年か前に月刊スポーツメディスンの特集記事で
川平法を知り「家庭でできる脳卒中片マヒのリハビリ」という本を購入しました
この本はあくまでも本人さんが家でリハビリをされるときの
簡単な方法を紹介いたものであって
実際に川平先生がなさっている促通反復療法とは違うメソッドでした

今回は本格的な川平法に触れるために購入
やっぱり内容が全然違いますね
理論的な解説も明確ですし
実際に動くとき問題になる連結動作のスムーズさを取り戻すための促通法のようです

何がありがたいかといえばDVD
写真ではわかりにくいところもありますが
DVDを見れば迷うことなくそのやり方がわかります
その上で解説を読んで二度納得

画像と文章だけだときちんとマスターするのは困難ですが
DVDを見ながらやると意外なほど簡単に思えたりします

先日父親が入院していたとき
担当のPTに川平法のことを尋ねてみたところ
あまり認知度は高くないようでした
まあ、普及している様子はないみたいですが
高いレベルで効果があれば自ずと広がっていくのではないかと見ております

| | コメント (0)

2018/10/07

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番~第27番

61qda3s69tl_sx355_
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番~第27番 リリー・クラウス

きっと内田裕也さんがコレを聞けばロックンロールだと評するに違いありません
包み隠さずパッションを表現する音楽は
聴いているだけで興奮しそうです

クラウスはモーツァルトの演奏では大家だと聞きました
他を知らないもんで比較のしようもありませんが
グイグイと迫りくる圧力のようなものはその名に恥じないパワーを感じます

| | コメント (0)

2018/10/06

きのことじゃがいものすり流し

Dscn0587

ブレンダーを買いました
この夏ミキサーが大活躍しましたが
ブレンダーだと手軽で汎用性が高いので欲しかったんです
第一弾で作ったのがこちら

Dscn0593

ジャガイモとタマネギを細かく刻みオリーブ油で炒めます
しんなりしてきたらエリンギ・マイタケ・シメジも細かく刻んで投入
火が通ったら鍋に移し替え鰹風味の化学調味料と水を入れて煮込みます
さらに牛乳を入れてひと煮立ちしたところで火を止めます

ここでブレンダーの登場
あらかた潰れたら塩で味を調節します
器に入れてオリーブ油を垂らして完成

ビシソワーズではコンソメ味にしますが
和風のダシを入れることで雰囲気がかわります
キノコ類を入れているので粘り気が出ています

意外と違和感もなく美味しかったです

| | コメント (0)

2018/10/05

パフォーマンス向上と障害予防

Sq204
月刊スポーツメディスン204

今月の特集は「パフォーマンス向上と障害予防」
競技によって様々な違いはありますが
正しいフォームはパフォーマンスの向上を生みます
逆にそうでない動きはパワーロスがあるばかりか
どこかに余計な負担をかけひいてはケガにつながります

正しい動き、効率的な動きを模索することは
本特集のテーマそのものにかかわるようです

私が興味を持ったのはスポーツにおける腰の使い方
よく「腰を回す」とかいいますが
構造上腰椎はさほど大きな可動性がありません
むしろ「腰を回す」という言葉の本当の意味は股関節の使い方にあります
ところが運動学的な知識がないとその辺で大きな勘違いが生じ
パフォーマンスの向上はおろか障害にもつながるわけです
そのあたりを分析的に解説されているのは興味深かったです

バッティングフォームは後ろ足を軸足として回転する
それがひと昔前の常識だったようですが
この理論にも大きな見落としがあったようです
まあ、百人いれば百通りのバッティング理論があるようですが
それを一から検証してみると面白そうです

| | コメント (0)

2018/10/04

LED

Dscn0584

最近、LEDの照明にしているところが増えました
いずれ蛍光管もなくなるそうで
どこかのタイミングで替えないといけないのですが
全部一から替えるとなればずいぶん高くつくので
思案していたところです

ネットを見れば従来の蛍光灯と同じ形のLEDが安価であることを知り
試しに購入してみました

替えてみれば蛍光管のより明るく大満足
あとはどれくらい寿命があるかですね

| | コメント (0)

2018/10/03

運動療法学

413wjzn54nl_sx352_bo1204203200_
運動療法学 市橋則明

自分の間抜けさに苦笑いするしかなかったのですが
「運動生理学」の本を探してて間違えて選んだのが「運動療法学」の本
しかもご丁寧に読んでいてすごく勉強になることがいっぱい書いてあって
気持ちよく読み進めているうちに
自分が知りたかった運動生理学の話がいつまでたっても出てこないことに不信を抱き
もう一度タイトルを見直してみれば「運動療法学」であることに初めて気づきました

結局総論部分だけ読んでそのまましまっておいたのが去年の秋
ところが状況が変わってしまい
リハビリの勉強をする羽目になり
10か月たった今ごろ再びこの本を引っ張り出してきて読んでみました

私の大ボケであったわけですが
この本が良書であることは疑いのない事実
実際に運動療法の基礎知識に関しては
運動生理学も同じ必須項目が書かれているわけでして
やはり動きが伴えば解剖生理学の知識とは相違点が多かったことに感動
それだけでも当初の目的は果たしていたんじゃないかと思えるほど

今回、父親の脳梗塞を受けて知りたいことが山ほどあったわけですが
その辺は本書の面目躍如
実際にPTやOTから受けていたリハビリの目的も調べることができました
電話帳みたいな本ですから全部は読めませんが
必要なことはすべて網羅されていました

| | コメント (0)

2018/10/02

台風の影響

各地で猛威をふるった台風24号ですが
21号でエライ目にあった大阪は不安に包まれたのですが
少なくとも私の聞くところ大きな被害はなかったようです

それでも昨日は朝から何本も電話がかかり大忙し
こちらのスケジュールも元々タイトだったもので
施術を受けられない方が何人もいらっしゃってご迷惑をおかけいたしました
以前から台風の時は忙しくなるということもよくあったので
ある程度は予測できたのですが
こうも一度に電話がかかってくるととこちらもてんてこまい

こんなところにも台風の影響があったということなんでしょうね
気圧が下がると赤血球の色素でもあるヘモグロビンが減少すると言われています
ヘモグロビンは酸素の運搬という重要な役割をにないます

低気圧の親玉みたいな台風がくればそういう影響もあって
身体活動が低下し様々な症状を引き起こします
忙しくなるのもわかるような気がします

| | コメント (0)

2018/10/01

24号

Dscn0590

昨日は台風24号に振り回されました
自然災害に強いと言われた大阪も
今年は6月の地震に次いで台風21号で大きな被害を受け
今回の台風24号に対してもナーバスになっていたのかもしれません

朝早くから対応に追われ
結局時間前倒しで午前8時からオープン
夕刻に来院予定の方も時刻を変更し
午後3時過ぎにはシャッターを下ろしました

幸いにもここらあたりは大きな被害もなく
事なきを得たようです

それでも全国各地で大きな爪痕を残したようです
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ