« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/06/30

トマトとツナの冷そうめん

Dscn0199

夏のメニューで一番最初に浮かんでくるものは素麺
暑い暑い夏にあっさりとした味とのど越し
これがあれば食欲が減退することなんて考えられません
しかしながらワンパターンにはまると途端に食べる気が失せることもあります
だからこそスポット的に変化を欲するのも夏の楽しみのひとつ

何といっても素麺は麺つゆが決め手
軸足がしっかりしてないと身動きが取れないのも
淡白な素麺の特徴といえるかもしれません
毎回市販の麺つゆでは飽きるのも当然です
だからこそしっかりダシをとって自分好みに仕上げる必要があります

今回は混合節と真昆布、追い鰹でダシをとり
醤油・酒・みりんで味付けし冷めてから冷蔵庫でで冷やします

今回はトマトが主役
水っぽいので麺つゆが薄まるので
細かく切ってからツナと一緒に麺つゆに合わせておきます
ついでにごま油とすりゴマも一緒に入れて
しばらく冷蔵庫で寝かせます

素麺を2分湯がいて水でしめてしっかりと水切りをします
ある程度まで麺つゆを入れてから
別に冷やしてあったトマトをトッピング
この時味が薄まらないようになるべく水気を入れないようにして
素麺の上に盛り付けます
さらにその上から刻んだ大葉を乗せ
バジルとおろしショウガを添えればできあがり

ごま油の香りがいつもの素麺に力強さを与えます


| | コメント (0)

2018/06/29

痛み

Sq202
月刊スポーツメディスン202

今月の特集は「痛み」
身近すぎてほとんど考えたことがなかったです
人間だれしも痛みは経験しているはずですので
なんとなく知っているつもりになっていたようですが
個々の人間が経験する痛みなど様々な種類の中の一部に過ぎないことがよくわかりました

この特集では当たり前のように考えていた「痛み」という身体感覚を整理して
どこでどうその痛みを感じているのか?
痛みの要因はいったいどこにあるのか?
フィジカルなものかメンタルなものなのか?
そういう様々な要素に分けて問題点が整理されています

20年前と今では痛みに対する見方やアプローチもずいぶん変わっています
いろいろ考えさせられる箇所も多かったので
反省しつつ私自身の考え方を修正していく必要がありそうです

| | コメント (0)

2018/06/28

完成

Dscn0243

グリーンカーテンが窓の外を覆いました
このところの雨と晴れたときの日差しで一気に成長しました
ところどころゴーヤの黄色い花が咲いています
まだまだ小さいゴーヤが2つ3つ
葉の後ろに身を潜めています

Dscn0254

ここ数日の暑さで窓を閉めてクーラーをつけています
せっかく成長したのに窓を閉めるのはもったいない気もします
それでも朝晩は窓を開けると鮮やかな緑色が飛び込んできます

| | コメント (0)

2018/06/27

ダメなときほど運はたまる

41hd1pfxk1l_sx298_bo1204203200_
ダメなときほど運はたまる 萩本金一

ご存じ欽ちゃんこと萩本欽一さんの独特ともいえる考え方を綴った本です
浮き沈みの激しい芸能界で長年一線で活躍する人なんてそうそういません
この本を読んでみると本人の中では激しい浮き沈みの中で
ここまでやってこられたという実感が伝わってきます

「運」というものは自分の力ではどうしようもないから
運に任せてしまうのがフツウの発想なんでしょうが
欽ちゃんの場合、不確定要素の運でさえ自分でこちらに向けてしまおうっていうのですから
これも一つの力量だと考えていいように思いました

前提としていいことと悪いことは生きている上において交互に来るものだという信念がおありのようです
だからこそいいことばかり続いていると次には悪いことが起きる
悪いことが続くときこそ運がたまるというタイトルにつながる考え方が起点になります

自らでコントロールできない運をコントロールする
その部分だけ捉えてみれば荒唐無稽のようにも思えるのですが
言い方を変えれば「小欲知足」と捉えることができそうです
人間いい時に調子に乗っているとそのうちに油断が生じ
いずれは足元をすくわれることがあります
いい時にこそ足るを知り
足元をしっかり見据えておくことに対する戒めだと考えてよさそうです

この本を買ったのはネタの収集が目的ですが
欽ちゃんの考えのうちに一番沁みたのは
ダメなときにどう辛抱するかというところ
拗ねて文句を言って辛抱していても運はこない
そうではなく悪い時こそ素直ななっすぐな気持ちで
上を向いて辛さに向き合う姿勢はこの本の肝になる部分だと思いました

気楽に読んでみると欽ちゃんらしさがにじみ出る本ですが
弱さの中に強い心があってこそ運が向いてくることを教えてくれた本です

| | コメント (0)

2018/06/26

北へ

Img_20180623_164853

金曜から日曜にかけて北海道に行ってきました
甥っ子の結婚式に出席しましたが
大分在住の二人が遠く離れた苫小牧で式を挙げるのって
ピンとこないのですがそういう時代なんだそうです

ずっと義弟の運転でホテルからホテルへと移動したので
どういうスケジュールなのかあまり把握せず
なんとなく連れていってもらったという印象です

行くとこ行くとこで美味しいものをいただきました
披露宴で出されたお寿司ですが
なんとシシャモのお寿司という珍しいものがあって
ずいぶん驚かされました

慣れない革靴を履き続けていたので
下半身も疲労困憊

微妙な寒さに困惑しガーデンパーティーではダウンベストが大活躍
それでもわざわざ持ってきた貼るカイロもスーツケースにしまいこんで
いざというときに使えなかった間抜けぶりもご愛敬です

帰ってきてヤレヤレ
当たり前の日常生活がやっぱりホッとします
やっぱり大阪は暑い!

| | コメント (2)

2018/06/25

自分ですぐできる! 筋膜筋肉ストレッチ療法

51wlrlc9fgl_sx351_bo1204203200_
自分ですぐできる! 筋膜筋肉ストレッチ療法 マーティ松本

アタックネットにブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

オステオパシーの技法も数々ありますが
筋膜リリースとマッスルエナジー・テクニックは主要な技術です
それを使って自己治療も可能です

難しいやり方は排除して基本をきっちり押さえておく方が一般の方にはやりやすいです
これでダメなら腰痛館にお越しくださいませ(笑)

| | コメント (0)

2018/06/24

Second to None

71mgadhscwl_sx355_
Second to None ケミストリー

なしくずし的にJ-POPを聞く機会が減っていきました
テレビを観なくなったのは大きいです
ニュースはおろか歌番組なんかも全く見なくなったので
近年のアーティストはネットで評判にならない限り触れる機会もなくなりました

10年前に比べカラオケブームが沈静化したのも理由のひとつ
人前で歌うこともなくなったので
新しい曲を覚える必要がなくなったわけで
新しい曲の情報に耳を澄ませることもなくなりました

このアルバムは2003年のリリースで
ちょうど今の仕事も軌道に乗ってきて
精神的にも余裕ができしばらく遠ざかっていた音楽に興味が向いてきたころでした

この時代だけ妙にJ-POPのアルバムを持っているんですよね
まだまだCDセールスの全盛期でしたから
ギョーカイにも勢いがあったんじゃないですかね

ケミストリーも活動を休止していたそうですが
それすらも知りませんでした
何でも去年から活動を再開されたとか

このレベルになれば時代とか流行とかを超越した彼らの魅力があるから
ブランクも問題ないと思います

今聞いても魅力のある曲がたくさんあります

| | コメント (0)

2018/06/23

かつおのたたきのサラダ

Dscn0172

アニサキスのニュースを時々耳にすると鰹を食べる機会が少なくなってしまいます
そんなときでも安心して食べられるのがこのレシピ

鰹のたたきをできるだけ薄くして切れば
もしもの時は発見しやすいという発想です

サラダ菜やクレソンをベランダから採ってきて
オニオンスライス・トマトと一緒に混ぜ合わせます

オリーブ油・塩レモン・柚子胡椒・ポン酢でドレッシングを作って上からかければ出来上がり
サラダに柚子胡椒というのもちょっと変わっていますが
そこは魚が入りますので旨くマッチしています

| | コメント (0)

2018/06/22

本日休業

誠に勝手ではございますが
本日22日から24日までお休みをいただきます

今苫小牧への旅支度を終わり
まもなく出発の予定です

甥っ子の結婚式に出席します
この間生まれたような気もするのですが
すっかり立派になってよき伴侶を得られたことは
叔父としても感慨深いです

願わくば苫小牧では晴天に恵まれますように

| | コメント (0)

2018/06/21

梅干し

Img_20180620_062707

梅雨になると気温・湿度ともに急上昇
食中毒など食物に気を使う時期です
それでなくとも胃腸が強いわけではありませんので
一年中気にしています

子供のころからお腹の調子が悪いとき
いつもお世話になるのが梅干し

梅干しには黄色ブドウ球菌や大腸菌の増殖を抑制し
食中毒の予防に役立つといわれています

ポリフェノールも含まれていますので抗酸化作用も期待できます
それだけではありません
梅干しに含まれるクエン酸が
善玉菌の増殖を促し悪玉菌を抑制する整腸効果もあるそうです

子供のころは親戚が集まって梅肉エキスをよく作ったものです
これでずいぶん助けられた記憶があります
さすがに私一人で梅肉エキスを作るほどヒマではありませんので
最近は梅干しを買ってきて食べるくらいですが
むかしの日本人の知恵に頼りながら
梅雨の時期を乗り切りたいと思っています

| | コメント (0)

2018/06/20

羽化

Img_20180619_065258

ベランダで水やりをしていると
羽化したばかりのアゲハチョウが現れました

Img_20180619_071004

水やりが終わると羽を伸ばして飛ぶ準備が完了
それにしても山椒の葉を食い散らしたのはオマエやな…

| | コメント (0)

2018/06/19

ドライチ ドラフト1位の肖像

51ilackp6vl_sx325_bo1204203200_
ドライチ ドラフト1位の肖像 田崎 健太

アタックネットにブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

注目を浴びることは嫌なことではありません
承認欲求が満たされるからです

ただそれが過剰になると自分自身を見失ったり
何らかの利益を得ようと群がる人が出てきたり
「そっとしておいてほしい」と思うこともあります
逆に期待通りに活躍できなかったときは犯罪人のような扱いを受けます

それよりも自分自身が描いていたビジョンが崩れると
精神的にも大きなダメージを受けることもあります

そんな環境にあっても夢をあきらめないために
必死でしがみつく様に憧れよりも
もっと泥臭い共感みたいな感情が沸き上がってきます

| | コメント (0)

2018/06/18

関節の可動性と安定性

新しく買った一本歯の下駄ですが
ここへきてようやくコツが飲みこめてきました

下駄の歯の高さが5cmから10㎝になったことで恐さも倍増
何度か転んでいるもんだから恐さもリアルです
それが原因で力んでしまい不要な力が入ることで
逆に安定性を損なってしまってたということに気づきました

先日あることがきっかけで
股関節に力が入ると膝関節の安定性が損なわれ
膝の位置がグラグラ動くことに気づき

それを自分に当てはめてみれば同じ感じで
股関節に力みがあり膝の位置がグラつくのを感じました
それから股関節をユルユルにすれば
膝の位置がピタッと決まることを体感しました
さらに足関節の動きを大きく柔らかくすれば
さらに安定性が高まりました
それ以来こけることも不安定さもなくなりました

マイク・ボイルとグレイ・クックというアメリカの理学療法士が
「Mobility &Stability Alternating Pattern」という理論を提唱されています
人間の関節は可動性と安定性が交互にできているということなんですが
可動性の性質を有する関節の可動域が減少すると
次に来る安定性を生み出す関節に影響し
安定性をも阻害するという趣旨の理論です

この問題に当てはめれば
股関節と足関節は可動性の関節で
膝関節は安定性の関節ということになりますが
股関節や足関節の可動性が奪われると
膝関節の安定性が損なわれるということになります

単純に動きの問題だけではなく
安定性が特徴の関節が不安定になれば
痛みが生じる可能性が高くなるという問題にまで発展するということです

いろんな関節に痛みが生じる可能性はありますが
パーセンテージでいえばやはり腰と膝の痛みは
数的には多くなります

この理論によると腰や膝の痛みの原因となるのはその前後の可動性のある関節に対し
何らかの理由でバリアゾーンが発生したときに痛み出すという理屈になるわけです
これは私の経験上でも納得できる話です

もうちょっとこの理論を深く勉強してみたいと思って
書籍を探してみると何冊か出ていました
その中でよさそうなものを選んでみれば
出版社がいつもお世話になっているブックハウスHDさんだったりします

考えてみればこの理論を知るきっかけになったのは
月刊スポーツメディスンの特集記事でしたから
ここに行きついたのは必然だったのかもしれません
さっそくその本を注文しました

またこの続きはその本を読んでみてから後日ブックレビューという形でお届けすることになりそうです

| | コメント (0)

2018/06/17

ショパン夜想曲全集

71j5fz5ezyl_sl1077_
ショパン夜想曲全集 アシュケナージ・ウラジミール

20世紀を代表するピアニストと呼ばれるくらいですからその演奏は圧倒的
穏やかで儚くて柔らかな演奏ではあるんですが
何かこう輪郭がはっきりしたような感じがして
聴き手の心をつかんで離さないって感じでしょうか?

よく聞くショパンの夜想曲ではありますが
他とは違って聴こえるような感じがするのは
名ピアニストといわれる所以かもしれません

聴きだしたら一日中でもこの音楽の中に浸っていたい
そんな世界観というか空気が時間を支配するようです

| | コメント (0)

2018/06/16

グリルパンを使ったグリルチキン

Dscn0143

グリルパンを購入したらやっぱりコレを作らないと始まりません
そのままグリルで焼いたときと比べてソフトな焼き具合になります

できるだけ肉の状態を見極めるために
ハーブソルトに乾燥タイムをまぶしただけで焼き上げました

引っ付かないようにオリーブ油を塗る手間はありますが
やっぱり肉の旨味と食感を引き出す方が優先事項

今度はこれで魚を焼いてみたいです

| | コメント (0)

2018/06/15

補強

Dscn0209

春先に買い替えた一本歯の下駄
10㎝の高さに慣れず何度もこけたりしてましたが
あることからヒントを得てコツをつかみかけております
まだまだ走ることはできませんが
散歩の距離を少しずつ伸ばしています

その距離と早さに比例して下駄の歯がすり減ります
先代はゴムが擦り切れたとたん歯のチビリ方が激しくなって
みるみるうちに5cmの歯が2㎝ほどになってしまいThe End

二代目はその反省をもとにゴムの補強を行っています
前回は百均で買ってきた靴の修理セットで行いましたが
今回はホームセンターで厚手のゴムを買ってきて
ボンドで接着してから釘を打ち外れないようにしました

そこがゴムだとカランコロンと音が鳴らないので
散歩中イヌに吠えられることもありません
それでもなぜか私を追い抜いた自転車の人が
必ずと言っていいほど振り返ります
近所のアヤシイおじさんとして評判になる日もそう遠くはなさそうです

| | コメント (0)

2018/06/14

フィードバックを届ける技術

Tj
月刊トレーニングジャーナル7月号

今月の特集は「フィードバックを届ける技術」

「フィードバック」とよく使われる言葉ではありますが
しっかりした意味を知っているわけではなく
なんとなく雰囲気でそうだろうなと感じている程度でした

「ある機構で、結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること。」
これが一番わかりやすい解説だったんですから苦笑いのひとつもしたくなります

要するにやっている本人は意外と自分のしていることを客観視できてなくて
第三者からどう見えているかを本人に伝えることってところなんでしょうか?

余談ではありますがむかしゴルフをしていたころ
プロのスィングをビデオで観てその通りに振っているつもりだったんですが
自分のスィングをビデオで撮ってもらったらお粗末極まりない姿を見て愕然としました
それだけ自分のイメージなんてアテにならないもの

他人さんのスポーツの動きであれば偉そうに動作解析の真似事をすることもありますが
本人の意識と実際の動作はなかなか一致しないものです
そしてそれを分析して原因を探り出し
そこから伝えるという作業に入るわけです

少々前置きが長くなりましたが
フィードバックを伝えるというのは本人に客観的な姿(動き)を正しく認識してもらうと解釈します
しかし実際に自分を観ても何が問題点でどうやれば解決するのか
そこまでのプロセスがあってこそ意図するところが本人に伝わるのでしょう

スマホやタブレットを使って分析するアプリがあるというのはいかにも今の時代ですね
今回の特集ではバレーボール用のアプリが紹介されていますが
次に時代には多くのスポーツでこういうのが出てくるだろうと予測します

高額な機械を買う必要もなく
多くの人が持っているスマホやタブレットでそれができるなら
爆発的に広がりそうな予感がします

投手のコントロールにおけるフィードバックは
阪神タイガースの藤浪投手にも読んでもらいたいです

この記事で面白かったのは研究者が嫌う「気持」という要素を
パフォーマンスの要素の一つとして捉えているところ
まさしく心と身体の要素が一つになるわけですから可能性に期待したいところです

リハビリでも実際にどこまで回復しているのか筋活動を音でフィードバックするというのも興味深い試みです

Img081

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今回のテーマは「徒手空拳」
戦うには武器があった方が有利です
しかし素手で戦っても戦略・戦術が優れていれば優位に立てることもあります

戦うには知恵と勇気と行動力が必要です

| | コメント (0)

2018/06/13

メタボ&ロコモ予防講座

41uncdrawxl_sx344_bo1204203200_
メタボ&ロコモ予防講座~メタボとロコモの意外な関係~

アタックネットにブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

お腹が出てきたらメタボと言われ
ヨタヨタと歩いたらロコモと言われます
専門用語というよりは一般的に使われる言葉になりつつあります

ところがその定義も知らなければ
身体の中で何が起こっているのかさえ知らないのが実情
ましてやその恐ろしさを理解している人はわずかだと思います

いえ、理解できた人は辛い現実を体験なさった方かもしれません
「転ばぬ先の杖」は転ぶ前に使わないと意味がありません
心当たりのある方にはぜひお読みいただきたい一冊です

| | コメント (0)

2018/06/12

懐かしい

Img_20180611_133832

昨日仕事がらみで明石に行ってきました
22年ぶりです

学生時代は毎日通っていたのですが
さすがに遠いところです

駅から見える風景はむかしのまま
それでもバス停のは南側に変わっているようです

変わっているところと昔のままのところの差は激しいみたい

Img_20180611_162249

何が変わったってやっぱり明石大橋でしょ!

| | コメント (0)

2018/06/11

田植え

この週末、初めてクーラーのお世話になりました
暑さよりも湿度が高く雨が降っていないにもかかわらず80%前後を記録しました
こうなると不快指数は跳ね上がり汗ばんできます

土曜の夜も寝苦しくて目が覚めました
かといって窓を開ければヒンヤリとした空気がはいってきて
間違いなく風邪をひいてしまいます

梅雨入りした実感がわいてきました
まだ暑いとも言えないくらいの気温なんですがとにかく不快

Img_20180610_045846

私にとっては迷惑極まりない環境ではありますが
稲にとってはありがたい環境のようです
朝周辺を周っていてもほとんどの田んぼが田植えを終わっていました
皆さんタイミングをみはからっていらっしゃったんでしょう

昨日も晴れていたのは明け方だけで
すぐに雨が降ってきました

| | コメント (0)

2018/06/10

バディ・リッチ

Dscn0151
ジャズ・ヒストリー9 バディ・リッチ

むかしこのシリーズを買いあさったものです
某百均が版権の切れた音源を集めてアルバムにして100円で売ってました
原価なんてたかが知れてます
いいのか悪いのかこの商売
2003年頃に売られていたとのこと
ジャズを聴きだしたころでしたからありがたい企画でした
レンタルで借りるよりもずっと安いわけですからね

しかも古い名盤のエエとこどりですから
内容が悪いわけがありません

戦前から活躍したドラマーのバディ・リッチ
最近安っぽくなったレジェンドという言葉
本来ならこういうプレイヤーにこそふさわしい言葉だと思います

ドラムに革新をもたらしたといわれています
(知らんけど…)

100円で聴けるなんてなんて素晴らしい

| | コメント (0)

2018/06/09

鯖の竜田揚げネギソース乗せ

Dscn0131

塩サバを一口サイズに切り片栗粉をまぶして揚げます

長ネギを微塵切りにして醤油・ごま油・酢・砂糖・沙茶醤・豆板醤を混ぜ
しばらく冷蔵庫で寝かしてなじませます

後は竜田揚げに乗せるだけ

カリッとした食感にネギソースが絡みます

| | コメント (0)

2018/06/08

アレクサンダー・テクニーク完全読本

51vw8yfrill_sx352_bo1204203200_
アレクサンダー・テクニーク完全読本 リチャード・ブレナン

アタックネットにブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

アレクサンダー・テクニークに対しての誤解がようやくとけました
ボディーワークとマインドワークの複合として捉えました

| | コメント (0)

2018/06/07

入梅

Dscn0179

昨日、関西から東海・関東にかけて梅雨入りしたようです
火曜日まで30℃近い暑さだったんですが
さすがに昨日は一日中雨で20℃を少し超える程度でした

じっとしてたら寒いし、動いたら汗ばむし
油断してたら風邪でもひきそうな一日でした

ここのとこまた朝晩の気温差が激しく
土曜日からずっと満員状態で忙しかったんですが
来られた方の足とお腹は冷たくなってました

皆さんのそれぞれの症状は違っても
足とお腹の冷えは共通事項
それだけ体温調節が難しいということなんでしょう

ここから先は湿度にも悩まされることになります
多湿の環境も体温の管理が難しく自律神経に影響し
体調不良の原因になりかねません

毎年梅雨は迎えているわけですから慣れていそうなものですが
身体としても四季折々の気候についていくのがやっとのところ
せめて自己管理で補ってあげないと
無防備でやり過ごせそうにもありません

今年の梅雨明けは例年よりも早そうだとの予報も出ていますが
そのあとに待っているのは灼熱の猛暑日ですから
梅雨が早く明けたから喜ばしいということでもなさそうです

| | コメント (0)

2018/06/06

困った 困った

ある本を読んでいるんですが
10年以上前からすごく興味があり
関連本を何冊か読んでいたんですが
知れば知るほどその内容の奥深さに認識を新たにします

今回読んでいるのは表面的なものではなく
理論的なことまで踏み込んでいるので
興味深く食いつきました

いろいろ医学的な難しい話も出てきたので
理解を深めるために調べてみました
するとそんな話どこにもなかったりしたんです

どうも翻訳の段階で日本の医学で使われている用語と違った表記をしているであろう部分を発見
これは困ります
共通言語を用いてこそ定義づけであったり
他のこととの関連性もわかってくるんでしょうが
その本の中でしか通用しない説明をされても
余計にわかりづらくなります

翻訳者の経歴を調べると特に医学に明るい感じはしませんでした
おそらく英語を自分の解釈で訳されているんでしょうね

これはとてもメンドクサイことになります
訳されたものをそれに当てはまりそうなことに翻訳しなおさないといけません
日本語を別の日本語に訳すというのはとてつもなく労力の要る作業になります
私に医学的知識があれば簡単なのかもしれませんが
それほどの知識もありませんので難航しています

浅学者が浅学者の書いた本を読むほど危ういものはありません
なんか気持ちの悪い読書になりそうです

| | コメント (0)

2018/06/05

西日

Dscn0164

ついこの間まで更地だったお向かいにも家が建ちます
このあたりの風景もずいぶん変わりました

それにしても今の建築ってすごいですね
あらかじめ切られた材木を運んできて組み立てるだけ
たった2日ほどで建前が完成

あれよあれよという間にパネルが打ち付けられ壁が出来上がり
この間わずか一週間ほど
このスピード感に唖然とするばかり

6月21日は夏至だそうです
日の出は早いし陽が沈むのも遅い
この時期は西日に悩ませられるのですが
西側に三階建てが建つと西日がシャットアウト
実にありがたい話です
これからはブラインドを閉じることも少なくなるかもしれません

Dscn0165

東側の窓の下にもフウセンカズラを植えました
工事の時植え込みを全部切ったので
空いたスペースを利用してグリーンカーテンを作ろうと目論んでおります

| | コメント (0)

2018/06/04

医者だけが知っている本当の話

51w4xfkge5l_sx331_bo1204203200_
医者だけが知っている本当の話 薬を使わない子育て&不必要な治療  内海聡・真弓定夫

今週もブックレビューでスタートです
自分でも「エエ加減にせえよ」と思うのですが
こういう偏りもこのブログの特徴だったりします

Facebookでよくお見かけする内海先生の記事
わりと面白く拝見しているのでこの本を買ってきました

医師ならではの内側から見た医療の話は説得力があります
しかもやみくもに否定されるのではなく
必要な場面とあまり効果がないという場面をきちんと整理されているのは納得です

医療に関してはいくつかの種類にわかれ
現代ではアロパシー(薬物による治療)がヒエラルキーの頂点であるかのような認識が半ば常識となっていますが
それぞれの医療には特徴があり
効果もあれば無効な場合もあります

本来は適材適所みたいな方法論がいいと思われますが
妙なヒエラルキーが存在するがゆえにフラットな発想がなくなっていると感じています

本書ではその辺のところを具体的に解説されておられるので
医師が指摘される意味を感じています
通常我田引水の論調になり
自分の立場を有利に導く論調が多く
読んでいて辟易するものもかなり多いです
とりわけ我々手技療法家の書かれた本にはそういうくだらないものが多いのも事実

ただ一つ気になったのは真弓先生の発想は
全て「昔はよかった」的な断定が多いのが少し鼻につきました
時代が変われば物も変わりますし考え方も変わります
そしてそれぞれに良い点もあれば悪い点もあります

そういう点に言及されることなく軍配が「昔」に上がるのは
かなり強いバイアスがおありなんだろうと推測しました
こうなると客観性に欠けますのでちょっとどうかなと感じ

全部むかしがよければ平均寿命が延びたという説明もつきませんし
高齢者でも昔と比べるとはるかに元気になっている事実と矛盾するように思います

それと子育てはさすがに医師の専門分野ではありませんので
あまり参考にするつもりもありませんが
生まれ育った時代に強い思い入れがおありなんだろうと推察しました

でも平安時代の方が見られたら
やっぱりその時代に対しても不満を持たれるじゃないでしょうか?

人類は変化を重ねそれぞれの時代を築いていきました
だからあまり明治・大正・昭和にこだわる必要はないように思います
それぞれの時代の人たちが良いと思ったら踏襲されるでしょうし
そうでなければすたれるのが自然なのだと思います

| | コメント (0)

2018/06/03

リリース

3185df41fel
リリース アフロケルトサウンドシステム

この世で起こる事象は変化します
それは音楽とて例外ではありません
古典と呼ばれ残るものもありますが
それですら何らかの変化はあるんじゃないかと思います

御大層なお話しではありますが
このアーティストのようなパターンも多いのではないでしょうか?

アフロケルトサウンドシステムはその名の通り
アフリカ音楽とケルト音楽を融合したもの
どんな感じなのか興味を持ってアルバムを聴いてみれば
意外にそれぞれの要素はあまり感じることなく
別のどこかのダンスミュージックを聴いているよう

正直、拍子抜けした感もありますが
古典の要素を求めなければけっこう面白いかもしれません
この手の音楽がずっと残るかどうかは疑問ですが
こういう試みには惹かれるものがあります

| | コメント (0)

2018/06/02

ホタテとほうれん草のスープパスタ

Dscn0126

ほうれん草が育ってきました
今年のほうれん草はいい種を買ったので味が違います

いろんな食べ方で楽しんでいますが
今回はパスタに入れました

水・牛乳・ショウガ・塩コショー・鶏ガラスープの素でスープを作り
ホタテとシメジを入れて煮ます

ほうれん草はアクが強く
カルシウムの吸収を阻害する成分があると聞いたので別に塩ゆで

スープにパスタを絡めてから器にいれ
ほうれん草をトッピングして乾燥バジルをふって完成

ホタテの味がスープに溶け出しています
別茹でしたのでほうれん草の存在感が残ります

| | コメント (2)

2018/06/01

足関節捻挫

Sq201
月刊スポーツメディスン201

本当に今週のウィークデーは全部ブックレビューになってしまいました

何度も何度も取り上げられている話題です
今月の特集は「改めて問うべき疾患 足関節捻挫」

足首の捻挫を知らない人はいないでしょうが
足関節捻挫の実態を知る人はあまりいないようです
私だって聞きかじりの知識が多少あるくらいで
毎回捻挫の特集記事を読むと新知見に出会います

捻挫が靭帯の(部分)断裂であることは承知していましたが
骨棘ができたり裂離骨折までも起きてしまうことは今回初めて知りました

捻挫の予防法として片足立ちなどバランス系のトレーニングが有効なのは覚えておきたいです

私もむかしバスケットボールをしてましたが
そのころは時々捻挫をしてました
高校に上がるくらいまでは身体が出来上がっていないから
捻挫も起こりやすいようです

一人一人の捻挫では見えないことでも
ある程度のデータの数が揃えば見えてくることもあるようです

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »