« 周年 | トップページ | Choice »

2018/03/07

のうだま

5190vsjurl_sx329_bo1204203200_
のうだま 上大岡 トメ ,‎ 池谷 裕二

いきなり不心得なお話しですが
人様を騙すのは難しいものです
真実ではないことを他人に信じ込ませるためには
それなりに信憑性の高い話をしなければならないからです
ある程度高い知識力をお持ちの方が対象であれば
なおさら騙すためには高度の嘘を考えなければなりません

しかしながらさらに難しいのは自分を騙すこと
なにせ最初から騙そうとしているのを自分自身が知っているから至難の業…
と思ってたら意外に簡単だということを知りました

本書のタイトル「のうだま」とは脳を騙すという意味
脳には基本的な特性があるらしく
それを利用すれば脳を騙すことも可能だそうです

騙し方の要点は「BERI」という4つの頭文字がコツ
基本4つのポイントを理解し都合よく操作すれば
コントロールが可能というわけです

それをご紹介したら見事なネタバレになりますのでそれは控えます
しかし思い返せば私が何かやるときは
けっこうここに書いてあることを考えずにやっていたように思います
そうすればいい結果が出ていましたし
そうでないときは挫折しているのも明白です

「脳を騙す」といえば聞こえが悪いですが
「やる気」を引き出すための方法論ですから
知っていて利用すれば潜在能力をグッと引き出すことも可能

おりこうさんになって先読みして諦めるのが賢明なのか
それともバカになって何かをやり遂げる方がいいのか
そんなことを感じた本です

150頁を超える内容ですがわずか30分ほどで読み終えました
漫画やイラストが多いのでスイスイいけました
お子様でも読みやすい本です
説明もわかりやすいんですが
書いてあることは高度だと思います

あとはこの本を読んでみただけにとどめるか
それとも実行してみるか

具体的なやり方も記されていますので
試してみないと損というものです

脳は意外と単純なヤツです

|

« 周年 | トップページ | Choice »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 周年 | トップページ | Choice »