« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/31

ホタルイカと菜の花のバターソテー

Imgp0029_1

やっぱり春ですからね
ホタルイカと菜の花は食べておかないとね

最初はパスタにするつもりでしたが
予定が変わりバターソテーにしました

鷹の爪・ニンニクのスライスとホタルイカをバターで炒め
菜の花を入れ塩コショーと少し醤油で味付け
菜の花がしんなりしてきたら出来上がり

ホタルイカの甘味と菜の花の苦みが程よくバターの香りに包まれて美味しかったです

| | コメント (2)

2018/03/30

二代目

Imgp0004_1

長年愛用してきた一本歯の下駄

Imgp0005_1

歯がすり減ってとうとうこんな姿になりました
しかも道路の傾斜に合わせて斜めにちびってしまいました
もはや真っすぐ立つことさえかなわず
民宿の便所の下駄を思い出させるありさま

Imgp0003_1

同じメーカーから二代目の下駄を購入
今回は歯の長さを変えて2倍の高さになりました

歩いてみるとけっこう怖いもんです
高さもさることながら前のタイプは下駄の前方部分も接地したので
微妙に安心感もあったのですが
今回はまったく下駄の歯だけしか接地しないので恐さを感じます

夕べ試しに外に出てみたら
わずかな時間で3回こけました
ムリせずに慣らしていって距離を伸ばさないと!

| | コメント (0)

2018/03/29

備えあれば

Imgp0035

3月中に扇風機を持ってきたのは記憶にありません
ここへきて連日の20℃超え
ひょっとしたら夏日になるかも…
そんな話さえ聞こえてきます

例年なら窓を開けて風を取り入れますが
今年に限っては外壁工事中のため窓が開きません
外からしっかり固定されています

クーラーをかけるにはちょっと早い
ということで扇風機を持ってきて事態に備えているところです
昨日までは室内も23℃どまり
果たして使う機会があるんでしょうかね?

| | コメント (0)

2018/03/28

満開

Img_20180326_094228

一週間ほど前は一つ二つほころんでいましたが
あっという間に満開になりました

初夏を思わせる陽気にせかされて
例年よりも早く咲いたようです

入学式までもつかな?

| | コメント (0)

2018/03/27

1からわかる!キネシオロジー

51in7nselel_sx351_bo1204203200_
筋肉反射テストが誰でもできる! 1からわかる!キネシオロジー 齋藤慶太

以前読んだ本の流れで買ってしまったこの本
私の周りでもAK(アプロイドキネシオロジー)を活用しておられる方がいらっしゃるので
その名前は存じ上げておりましたが
あまり興味もなかったんでスルーしてきました
今回心境の変化ってやつで足を踏み入れてみました

何冊か候補に挙がった本はあったんですが
この本が一番わかりやすそうなのでチョイス

AKは筋反射テストでその人の問題点に踏み込むことができるという優れもの
病気はエネルギーの乱れからくるという発想のもと
氣・感情・栄養・構造・環境・人間関係・それ以外のストレス
様々な視点から病気の原因追及をしようという発想は人間の持つ問題点に切り込むという点が純粋な医学にとどまらない壮大さを有しています

とにかく本書はその説明がわかりやすい
目線を下げて一般人向けに書かれているので
書いてあることはよくわかります
しかし優しい分深い理解はほとんど得られません

プロとしてここに足を踏み入れるならばもっと難しそうな本を読んだ方がいいのかもしれません
しかしそれでは私自身が拒絶反応を示すおそれもあったので
あえてこの本を選んだという潜在意識の発動があったのかもしれません

簡単に説明されてますけど
五行陰陽説が根底にあったり
けっこう難しそうなんです

方法論として感情ストレスの解放(E.S.R)というのがありましたが
アプレジャーが提唱する体性感情の解放(S.E.R)と酷似していたりして
オステオパシーの要素も取り入れられているようです

こういう系統の考え方も嫌いではないので
こそっと自分の中に取り入れてきたこともありますが
もうちょっと深く知りたいと感じさせてくれたという点では
入門書としての役割は十分果たせたんじゃないでしょうか

| | コメント (0)

2018/03/26

新芽

Imgp0030_1

工事期間中はプランターなどを部屋の中に入れています
シートは敷いているもののその下は畳なんで
水やりは霧吹きで最小限にしています

それでもまだこの季節ですから
そんなにたくさんの水を必要としませんので助かります

逆に部屋の中に取り込んでいるので気温が高く
育ちはいいようです

アスパラガスが芽を出しました
今年で四年目になりますがやっぱり細いままです
工事が終わったら一番日当たりのいいところに置く予定です

ミョウガも芽を出し始めました
山椒も緑色の葉をつけ始めました

部屋の中に春がやってきました

| | コメント (0)

2018/03/25

ClaChic

81ioqgy2rcl_sl1500_
ClaChic 高橋真梨子

最近、日本の歌謡曲が登場する機会が多くなっていますが
これはCDを貸してくださる方の好みで偏りが出ます
私としたら貸してくださるのならジャンルを問いませんので

洋楽邦楽、新しい古いはなんでもアリ
いいものはなんでもいいんです

体調がすぐれないと噂に聞く高橋真梨子さんも
押しも押されしない実力者ですから聞きたくないわけがありません

数年前にリリースされたこのアルバムは
「クラシック」のアルバムタイトルの通り
ひと昔前の名曲のカヴァーアルバム

酒と泪と男と女、旅の宿、夢の途中など
その時代を飾った楽曲ばかり
オリジナルとは全く違う高橋真梨子さんの世界
シブイ!シブすぎる!!

| | コメント (0)

2018/03/24

油淋鶏(ユーリンチー)

Imgp0028

久しぶりにユーリンチーを作ってみました
フツウは一口サイズに切ってから作るのですが
鶏もも肉丸ごとの方が豪快で好きなんですよ

もも肉は醤油・酒・ごま油・おろしショウガで下味をつけて
片栗粉を付けて油で揚げます
事前にフォークで突いていた方が
味も染み込みやすく
揚げたときに熱も伝わりやすいです

揚げ方は2分揚げて取り出して5分間余熱で中まで火が通るのを待ちます
そしてもう一度3分ほど揚げて出来上がり

ソースはポン酢・砂糖・ごま油・長ネギのみじん切り・すりゴマ・鷹の爪を混ぜ合わせました

酸味が利いてて鷹の爪の辛味砂糖の甘味が絡み合って美味しかったです

| | コメント (0)

2018/03/23

着々と

外壁工事も折り返しをすぎ
外壁塗装とバルコニーの防水加工を残すのみ
そんなときに雨続きで工事は中断したままです
それでもたぶんあれこれ言っているうちにあっという間に終わりそうな感じがします

Imgp0019

ホームセンターで土と肥料を買い込んできました
車で外出したついでに寄ったのですが
さすがにこの量は自転車で運ぶことは無理ですから
機会を見て買いそろえようと思ってます

後はプランターも買わないといけません
土もこの量では足りないでしょう
時間のあるときに少しずつ進めていきましょう

| | コメント (0)

2018/03/22

いのちはモビール

416tdevgfl_sx332_bo1204203200_

いのちはモビール(精神科医と整体師の技術対話) 神田橋條治,‎白柳 直子

有名精神科医と整体師の技術対話という異色ともいえる組み合わせではありますが
神田橋先生ならそういう垣根のないお方なんで面白く読ませていただきました

それにしても読み始めたとき軽い違和感を覚えましたが
読んでいるうちにその違和感の正体が明らかになってきました
これまで私が読んだ本の多くは技術のHow toものが多く
普遍的で客観性を持たした感じの内容が大半
でないと伝えにくいですもんね

ところがこの本ときたら技術といってもHow toの技術ではなく
医師や整体屋の主観的な部分にまで踏み込んで書かれてあるので慣れてなかったんでしょうね
言い方を変えればいわばホンネの部分まで書かれているような感じがしたので
読んでいる私の脳がビックリしたようです

どちらかというとこういうお話は心を開ける同業者同士が
酒を酌み交わして議論するというのが私の習慣なもんで
そういう誰も明かそうとしない大事な部分を
活字にしようっていう試みは画期的であると同時に
よほど考え方がまとまっていないと収拾がつかなくなるだろうと思いました
それだけお二方の考え方がしっかりまとまっておられるからこそ書籍化できたのでしょう

できることならこの議論に参加して私も直接話を伺い
自分の意見も言ってみたいという衝動が沸き上がってきました

この本に書かれてあることは時として私の仕事のプロセスにおいても
同じようなことを考えながらやっている部分も多々あるように思いました

How toの技術も大切ではありますが
むしろクライアントをどう診て
自分の中で考えをめぐらし何が起きているのかを推察し
それから自分の持ち技どう組み合わせて
どう展開していくのか

そしてそれが上手くいったら次はどういう手を打つのか
逆に上手くいかなければどの視点を修正すべきか

こんな作業の繰り返しが我々の仕事ですから
まるで将棋を指しているような感じすらあります

その中でこういう本に出合えたことは
他の先生方はどういうプロセスを取られているのか
自分にできるできないは関係ないとしても参考になる部分の多い内容です

正直、お二方のレベルが高すぎてついていけない部分も少なくなかったのですが
それはそれでおいといて自分の中で展開できる要素を試してみたいと思いました

| | コメント (0)

2018/03/21

おかげさまで

今まで経験したことのないほどの寒さも遠ざかり
桜のつぼみも膨らんできたら本格的な春の訪れ
冬で何がつらいかといえば指のヒビワレ

指先をよく使うのと水仕事で指先は硬くなり
これが割れたら痛いんです
毎年冬になると何度かはヒビワレして
指先に絆創膏をはりテーピングで固定

やっぱり指先に何か巻いていると微細な感覚が伝わらず
仕事もやりづらいのですが
この冬は一度もヒビワレしていないことに気づきました

Imgp0013

快挙の立役者はこのワセリン
毎年ニ〇アとかアト〇ックスとか馬油とか
手を変え品を変え塗ってみても
やっぱり何度かはヒビワレになってましたが
ワセリンの効果が高いのか
それともタップリの量のおかげで頻繁に塗っていたからか
なんとか一度もヒビワレの痛みを味わうことなく春を迎えることができました

ワセリンって結構優れもので手に塗るだけじゃなく
整髪料としても使っています
髪の毛のタイプとも相性がいいようで
ほぼ毎日髪にも使っています

これだけ入って1000円ほどでしたのでかなり安上り
これからもワセリンを愛用することにします
創傷処置にも使えるのでケガの時にも役に立ちそうです

| | コメント (0)

2018/03/20

Coming Soon

Img_20180319_090021

昨日は小学校の卒業式だったようです
喜連小学校に向かう大勢の大人が正装されてたので気づきました

小学校の少し南側にある桜の木に
ポツリポツリとつぼみがほころんできているのを見つけました
毎年この木は一番最初に開花します
例年通りの順番は変わりません

今年は少し早いみたいです

| | コメント (0)

2018/03/19

窓を開ければ

Imgp0005

夏場からずっと更地のままだった向かいの土地
ようやく住宅が建つことになりました
窓を開ければこちらも工事であちらも工事
相当にぎやかな状態になっています

来院者や近隣の方にはご迷惑をおかけしておりますが
去年の幼稚園の建て替え工事以来
このあたりは工事続きってことになります

さすがに私も大きな声を張り上げないと
会話できないので大変です
地声が大きくてホントよかったです
しばらくは「癒し」は期待しないでください(笑)

ウチの外壁工事は4月上旬で終了しますが
お向かいは6月までかかるそうです

| | コメント (0)

2018/03/18

Naked Eyes

91mhnxlval_sl1403_
Naked Eyes 杏子

BARBEE BOYSが解散したのちのソロファーストアルバム
やっぱりこの人の歌は魅力的です
私と同い年なんですが今も活躍されているそうです

当然バンド時代とはテイストが全く違います
すごく力のあるアーティストであることは変わりありません
楽曲自体がバービーボーイズのそれと違い
上品なものが多いという印象です

逆にハスッパな感じがなくなったのはちょっと寂しい気がしました
迫りくる迫力は乏しいもののこういう歌も歌えるんだと再認識した次第です

| | コメント (0)

2018/03/17

ネギ塩だれで食べる鰹のたたき

Imgp0017

最近はまっているのがネギ塩だれ
長ネギをみじん切りにして
ごま油・鶏ガラスープの素・塩・レモン汁・すりゴマをミックスしたものですが
これが何にでも会うんですよ

炒めものに味付けにしてよし
炒めた鶏肉や豚肉のソースとしてトッピングしてもよし

今回は鰹のたたきにネギ塩だれを乗せてみました
ごま油が利いているのでいつものたたきとは全く違います

いつもはネギ一本を使って作るのですが
余った分は冷蔵庫でしばらく保存がきくので便利です

| | コメント (0)

2018/03/16

効率のいい練習とは

Tj
月刊トレーニングジャーナル4月号

今月の特集は「効率のいい練習とは」
逆に効率の悪い練習とはなにかということに本特集のポイントが集約されるかもしれません
これがそれぞれの記事の共通認識となっています

で、何が一番効率を悪くするのかといえば、それはケガ
パフォーマンスを最大限にすることを目的で練習するわけですから
それの一番足かせとなるのはケガということ

とりわけコンタクトスポーツではケガをする機会は多いわけですから
どういう状況でそれが起きやすいかを分析して
工夫を凝らした練習がなされるべきです

またそれ以外の競技でも
やみくもに全力を出したりいたずらに時間だけ長くしてもダメ
テーパリングとピーキングという概念が広がりつつある今
練習のメリットとデメリットを抽出し
もっとも効率のいいところを知っておかなければなりません

「練習は嘘をつかない」というのは今も昔も真理です
質のいい練習をするか
ダラダラと時間だけを費やすのか
コンディショニングを考えながら練習をすることが求められていると思います


Img076

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今回のテーマは「這う這うの体」
これで「ほうほうのてい」と読みます

自信やプライドを完全につぶされて負ける
とてもつらいことではありますが
そこからどうするかが問題です

戦うのをやめるか
それとももう一度立ち上がるか
そしてその時に必要なことは

| | コメント (0)

2018/03/15

春のコンディショニング講座

日曜日に自閉っ子の春のコンディショニング講座に出かけました
弁天町までくるのもこの機会だけになりましたが
心ならずも迷子になり方向感覚の危うさを感じた次第です

栗本さんの講座も何回も参加してるんですが
自分なりに疑問点や問題点が見つかるのでまだまだ自分の勉強不足を痛感します

最近は違う発想に出会ったりするので
自分自身の考え方も変わってきて
見る角度が変わってきつつあるのかなって思います

こんなもんだろうと決めつけて見ること自体に間違える元凶があるのではないかと考えだしたことに進歩も感じたりします
言葉がそのままを伝えるという先入観自体に問題があるのかもしれません
観察眼と考察力を発揮して本質を見ようとする努力が必要です
これは自閉っ子だけに限った話ではありませんけどね

私個人の感覚としてはこの講座のポイントは
どいういう見方をするのかの意識付けじゃないのかなという点に関しては以前と同じなんですが
今まで会得してきた知識がつながりだしてきたのかなと感じたりしています
咬合と腰痛の関連性のヒントもいただきました

| | コメント (0)

2018/03/14

カラ

Img_20180310_072508

3階のベランダファームがこういう状態です
これから防水シートを敷いてから塗装に入ります
いくつかのプランターは室内に取り込みましたが
大半は処分してもらいました

そこそこ年数も立ちプランターも土も古くなってきたので
この際だから整理して4月から新しいものに変えていく予定です
土も古くなるといいものが育ちませんからね
古いプランターと一緒に連れていかれたナメクジもさぞやビックリしていることでしょう

壁が布袋寅泰のギターみたいになっているのを見て笑ってしまいました

| | コメント (0)

2018/03/13

気づき

ひと月ほど前に芦原橋まででかけ
Erico先生のオーラルコンディショニングを受けてきました
その時にいくつかのことを指摘されましたが
早食いの習慣を見事に言い当てられました

どこをどう見てその事実を見抜かれたのかはいまだに不思議ですが
我ながらあきれるほど食べるのが早い
誰に盗られるわけでもないのに

噛むのもそこそこで喉が詰まりそうになりながら
胃袋に押し込みすぐさま口の中に詰め込みます
元々胃腸が弱いのもお酒だけのせいだとはいえません

以前勤めていた会社でも
昼食は5分で帰ってこいと命令され
猛ダッシュでお店まで走り
あらかじめ用意されていたカレーライスを
2~3分で食べてまた走る
明らかに身体に悪そうな食事をしていました

それでも昼飯にありつけたらまだマシな方で
昼食抜きも日常茶飯事
今でいえば典型的なブラックなんでしょうが
当時はそれがフツウなんだと思ってました
それを強制した上司も胃がんになり
まったくもって酷い環境で育ったものでした

人間、一度身についた習慣はなかなか変わりません
仕事が変わってゆったり時間をかけて食べられるのに
今でも早食いは変わっていませんし
早食いという認識すらありませんでした

ところがErico先生に指摘され
あらためて自分のクセを認識した次第です
以降できるだけゆっくり噛んで慌てないで食べることを意識付けしました

それで気が付いたのは食べているときに
無意味にイライラしていたことを知りました
味わうどころか食べてからの予定を考えながら
食べることに集中していませんでした

最近気が長くなったつもりではいたんですが
元々の気性は極度のイラチ
大阪以外ではせっかちだとか気が短いと表現します
歳を重ねることでイラチを隠すすべを身に着けてはいたものの
根っこの性格は変わっていなかったようです

何が悲しくて食事のときにイライラしないといけないのか?
無意味ですよね
得することなんてひとつもありません

食事を介してもそういうことがわかるなんて面白いものです
もちろん少しずつでも変えていかないといけません

| | コメント (2)

2018/03/12

脳はなにかと言い訳する

51hgoxwyc4l_sx347_bo1204203200_
脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?  池谷裕二

ここのところ立て続けにこの筆者の本を購入しています
この間ご紹介した「のうだま」のように一つのテーマに絞って書かれたものではなく
脳科学のいろんな研究や知識を集めたもの
雑誌に掲載されたエッセイを一冊にまとめたものですからあるいは当然

それぞれのテーマで脳の面白い活動や特性をわかりやすく解説
実際の研究結果を羅列するだけではなく
そこから筆者の考えやテーマの広がりを記した
「さらにさらに解説」というコーナーでは
単品の知識だけではなく具体性を持たした考察があり
読者に二段階の興味を持たせてくれます

本書を読んだからといって仕事の上のヒントにはなりそうにはありませんが
サラッと頭の片隅に記憶しておくと
いつか何かで使えそうな気もします

「鬱」に対する記述は興味深く拝読しました
最近マインドフルネスなんかも登場し
治療法も変化しつつあるように感じています
ああいう心理学的な方法論も脳の思い込みの習性を
その方向性を変えることで成り立つメソッドではないかと感じました
プラシーボでも信じて治った者勝ちですからね

面白い本でした

| | コメント (0)

2018/03/11

Sunday at the Village Vanguard

51pieifn0l_2
Sunday at the Village Vanguard  ビル・エヴァンス

ビル・エヴァンスが好きだったりします
そこそこのジジィになったのに大人っぽいものに憧れるのは
「抑制」と「制御」が自在にできたらという願望があるのでしょう

パッションがほとばしるようなジャズも大好きなんですが
ビル・エヴァンスのようなクールな音楽にも惹かれてしまいます
全体と先を見通して音楽を作る
そんな印象があるんですよね

実生活では薬物に溺れ破天荒な人生だったみたいですが
それと裏腹に計算されつくしたクールな音楽
こんなギャップがいいのかもしれません

| | コメント (0)

2018/03/10

トンカツ

Imgp0016

大分にいる甥っ子が送ってくれた鹿児島の黒豚
やっぱりトンカツが一番です

肉たたきでトントン
すじをつぶして柔らかくします
塩コショーをしてから
小麦粉を付けて卵にくぐらせてパン粉を付けます
この作業を二回やればしっかりした衣になります

まず2分間油で揚げてから取り出します
5分間あけることで余熱で中まで火を通します
そしてもう一度油で揚げること2分
これで完成です

ちょっと手間がかかりますが
これで美味しいトンカツが出来上がります

| | コメント (0)

2018/03/09

自重

Imgp0001

昨年の7月からこれで遊んでたんですが
ちょっとやり過ぎたかして年末くらいから肘が痛み出しました
テニス肘なんて言われるヤツです

橈側手根伸筋がゴリゴリになってて
物を持ったりして手首が伸展する方向に負荷がかかると
激しい痛みが襲ってきました

それでも回数を減らしてトレーニングを続けてたんですが
この冬の強烈な寒さに冷えてしまい痛みは増すばかり

さすがにこれはマズイと思って
先月から自重していました

先月に肩を酷使して肩から手首まで痛みがつながり
腕を挙げることも難しくなってきたんですが
最近気温も上がり少しずつ痛みが取れてきつつあります

予定通り春になったら治りそうな雰囲気です
ここでムリして再び悪化するのだけは避けたいと思ってます

腹筋ローラーのくせに
お腹の脂肪はまったく取れなかったんですが
逆に僧帽筋や三角筋は大きくなりました
休んで筋肉が落ちないうちに再開したいものです

| | コメント (0)

2018/03/08

Choice

雨にたたられながらも外壁工事がスタート
いささかにぎやかな周囲も工事の華
これで雨漏りと闘わなくてもいいわけです

Imgp0026

こんなものを渡されました
外壁塗装のサンプルです
現在は白なんですが50年前にこの家ができたときは桃色だったんです
なんと奇抜な家だと驚いたものですが
父親に訊けば全部工務店にお任せだったそうで
少しあきれてしまいました

白はけっこう汚れるんで
結局グレーを選択
まあ、無難なところです

| | コメント (0)

2018/03/07

のうだま

5190vsjurl_sx329_bo1204203200_
のうだま 上大岡 トメ ,‎ 池谷 裕二

いきなり不心得なお話しですが
人様を騙すのは難しいものです
真実ではないことを他人に信じ込ませるためには
それなりに信憑性の高い話をしなければならないからです
ある程度高い知識力をお持ちの方が対象であれば
なおさら騙すためには高度の嘘を考えなければなりません

しかしながらさらに難しいのは自分を騙すこと
なにせ最初から騙そうとしているのを自分自身が知っているから至難の業…
と思ってたら意外に簡単だということを知りました

本書のタイトル「のうだま」とは脳を騙すという意味
脳には基本的な特性があるらしく
それを利用すれば脳を騙すことも可能だそうです

騙し方の要点は「BERI」という4つの頭文字がコツ
基本4つのポイントを理解し都合よく操作すれば
コントロールが可能というわけです

それをご紹介したら見事なネタバレになりますのでそれは控えます
しかし思い返せば私が何かやるときは
けっこうここに書いてあることを考えずにやっていたように思います
そうすればいい結果が出ていましたし
そうでないときは挫折しているのも明白です

「脳を騙す」といえば聞こえが悪いですが
「やる気」を引き出すための方法論ですから
知っていて利用すれば潜在能力をグッと引き出すことも可能

おりこうさんになって先読みして諦めるのが賢明なのか
それともバカになって何かをやり遂げる方がいいのか
そんなことを感じた本です

150頁を超える内容ですがわずか30分ほどで読み終えました
漫画やイラストが多いのでスイスイいけました
お子様でも読みやすい本です
説明もわかりやすいんですが
書いてあることは高度だと思います

あとはこの本を読んでみただけにとどめるか
それとも実行してみるか

具体的なやり方も記されていますので
試してみないと損というものです

脳は意外と単純なヤツです

| | コメント (0)

2018/03/06

周年

なんとなく3月6日ってなんかあったかな…
なんて思ってたんですが
思い出したら腰痛館をオープンした日でした
これでまる17年続いていることになります

最近は後になって思い出すことも多く
周年をスルーしてしまっているのが現実

別にそんなにたいしたことでもないんですが
むしろ今日まで続けてこれたことの方が奇跡的だと感じています
実際近所で10年以上続く整体院ってあまり見かけません
内情を知らないから下手なことは言えませんが
気が付いたらなくなっていたってわりと多いみたいです

一応80歳くらいまで現役で続けられたら
という夢みたいなものはありますが
そこまでにはまだ折り返しにも行っていないのが現状
まだまだひよっこみたいなものです

いまだに新しい考え方やアイデアに触れては
感動し勉強したくなるようなワクワク感もあります
この先まだまだ伸びしろがあるんじゃないかと
密かに思っています

10代のころのように将来どうなるかも
期待したい今日この頃
自分でも楽しみにしながら
今日一日を精一杯楽しんでいきたいと思います

| | コメント (0)

2018/03/05

開始

Imgp0021

こんなことになってます
お家お取り潰しになったわけではありません

3月1日から外壁工事が始まりました
足場を組んでいる際には前の道路も半分封鎖
資材を積んだトラックも止まり
交通整理の作業員も来られ
物々しい雰囲気でスタート

来院された方も入りづらかったでしょう
施術中も外から聞こえる大きな音に落ち着かないで
ご迷惑をおかけいたしました

ご予約のお電話をいただいた際には
事情をお話ししてご了解をいただいてはおりますが
しばらくは落ち着かないでしょうね

朝、シャッターを開けるとき
足場のパイプに何度か頭をぶつけ
痛い思いもしています

予定は4月6日まで
何かとご迷惑をおかけいたしますが
何卒よろしくお願い申し上げます

| | コメント (0)

2018/03/04

1969

61gieefwqml_sl1050_

1969 ピンク・マルティーニ 由紀さおり

アルバムタイトルの「1969」とは1969年のこと
私が9歳のころなんですが
東京オリンピックも終わり翌年には大阪万博を控え
日本中が勢いに乗っていたころだったように思います

高度経済成長で人々の暮らしが変わり
戦後、意気消沈した日本が息を吹き返した絶頂期だったのかもしれません

ジャズオーケストラのピンク・マルティーニのリーダートーマス・M・ローダーデールが
由紀さおりとコラボした2011年のアルバムで
驚くなかれ日本だけではなく世界中でヒットした作品となりました

去年初めて由紀さおりさんの生歌を聴いて感動しましたが
その実力、魅力は折り紙付き
世界がそれを認めた形となりました

「夜明けのスキャット」はもちろんのこと
「ブルーライトヨコハマ」「いいじゃないの幸せならば」「夕月」「マシュ・ケ・ナダ」
など当時のヒット曲がズラリ
オールドファンには懐かし名曲が揃います

| | コメント (0)

2018/03/03

ミンチと白菜の中華丼

Imgp0001

中途半端に余った白菜があったのであいびきミンチを足して丼にしました

ミンチをすりおろしたニンニク(たまり漬)とショウガと一緒に炒めます
火が通ったら細切りにしたためネギを入れ
シャンタン・オイスターソース・醤油・酒を入れて味付け

水溶き片栗粉を入れて香付けにごま油を落として
青ネギを入れて混ぜ合わせば完成
ご飯の上に乗せれば簡単な中華丼の出来上がり

これが結構美味しかったりします

| | コメント (2)

2018/03/02

地域を動かすスポーツ医学

Sq198

月刊スポーツメディスン198

以前月刊トレーニングジャーナルの特集記事で読んだんですが
日本の学生スポーツは世界では珍しく
学校の中でクラブ活動としてやるのが当たり前になっています
私もその中で育ってきたので他所の国もそうだと思っていたらとんでもない話で
外国では学校は勉強をする場所であり
スポーツは放課後に地域のチームに入り行うものだというのが一般的なんだそうです

監督やコーチはボランティアみたいな形で
競技経験者が行い地域ぐるみで支援するんだそうです

ところが日本の場合学校の先生が
経験したことのないスポーツクラブの顧問として
半ば強制的なボランティアみたいな歪んだ形で
指導者(責任者)として残業手当もなくサービス残業させられるケースも少なくありません

私も中学のときバスケットボールをしていましたが
私らのころは大学で本格的に活躍されていた先生が顧問だったのでよかったのですが
卒業と同時に移られ後任はバスケットの経験がない国語の先生でした
私も何度かOBという立場で練習を見たことはありましたが
どこまでいっても所詮は指導経験のない素人
それが先輩面して指導というのも片腹痛いものです

余談ではありますが私らの顧問の体育教師が移られたあと
代わりに赴任されてきた先生は
シンクロナイズドスイミングの指導者として有名な井村雅代先生だったりします
我が母校では茉奈・佳奈にならぶ有名人です

日本の場合教育の一環としてスポーツを取り入れている形にはなってはいますが
指導者の問題やサポート体制に関してはあまり進んでいるとはいえないかもしれません

要らない話が長くなりましたが地域ぐるみでスポーツ医学のサポートをするという取り組みが取り入れられているところもあるようです
これなら学校であろうがクラブチームであろうが
簡単に専門家の知識を得られることができそうです

お金の問題や組織の問題もあるでしょうが
全国に広がり学生だけではなく老人にいたるまで
安全で適切な運動をできるようになればと思いました

| | コメント (0)

2018/03/01

運動をすすめて五十年

51nrpgsdfml_sx353_bo1204203200_
運動をすすめて五十年―身体運動科学の発展 宮下充正

アタックネットにブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

ブックレビューの本のブックレビューを書くのは合わせ鏡のようです
それにしてもストーリー性のあるブックレビューは実に異色
本自体の構成がすごく練り込まれている印象です
筆者が同時に多くの要素を頭の中で展開され
見事な組み合わせを作り上げたんでしょう

内容もさることながらこの本を作り上げられたプロセスにただただ関心するばかりです

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »