« 良薬口に苦し | トップページ | ラニーニャ »

2017/12/12

脊柱管狭窄症をトレーニングで治す

41gvut5cqtl_sx347_bo1204203200_
脊柱管狭窄症をトレーニングで治す 稲葉晃子

月刊スポーツメディスンの特集記事を読んでもう少し掘り下げて知りたくなって購入
読み始めは大きな文字で細かい字が苦手な私にはありがたかったのですが
半面その分情報量は期待できないと思いました
それも延々と続く著者の履歴を読んでいいるうちに期待は失望に変わりつつありました
私の知りたいのはあなたの生き様ではないといったところ

四分の一以上を読み終えたところからようやく本題に突入
ここからの快進撃はお見事のひと言につきます
脊柱管狭窄症の解説も実に鮮やか
きちんと整理されていてどういうケースが本書に該当するか
禁忌事項も踏まえて述べられています

場合によっては本書に紹介されているトレーニングは
脊柱管狭窄症に特化したものではなく
非特異的腰痛に対するエクササイズでるといえるのかもしれません

「腰再生プログラム」と名付けられた5つのステップも
我流のものではなく過去の様々な研究を基に編み出されたもので
5つのステップに関しても目的が明確で
多元的な思考を上手く組み合わせたものだと感じました

正直書いてあることに関しては私も知っていることが多かったのですが
どうも知識のための知識になっていたフシがあります
いわば呼吸をしていない知識とでもいいましょうか
この本のおかげで知識が息を吹き返したような感じがします

200頁余りの本でわかりやすく書かれているのですが
そのくせ内容が濃い本だと感じました
著者の研究量の多さとそのリテラシーの高さに感服です

ギョーカイではこういう取り組みも多くなってきていますが
それでも医療機関はまだまだ昔のまま
数十年先は主流になっている可能性を感じました

読みやすいのにこれだけ考えるところがあった本は久しぶり
ピラティス習いに行こうかな…

|

« 良薬口に苦し | トップページ | ラニーニャ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良薬口に苦し | トップページ | ラニーニャ »