« 変速機 | トップページ | 中華ダレで食べる揚げナス »

2017/10/06

南海平野線

001

昨日の午前5時ごろの公演です
谷町線が八尾南まで延長したのが1980年のこと
ちょうど私が二十歳の時です

それまでの喜連は陸の孤島
バスで40分かけて天王寺にでるか
1時間ほど(当時は子供でしたので、今なら40分ほどです)
歩いてJR平野駅にでるか
そして平野商店街の奥にある南海平野線でアベノまで出るか
いずれにしてもずいぶんと時間がかかったもんです

地下鉄谷町線の喜連瓜破駅ができて便利になりました
梅田やなんばに行くのに45分ほど
町そのものが急速に変わっていきました

地下鉄は南海高野線の下を走っています
だから地下鉄が開通すると同時に終了

始発駅の平野が公園となり
当時のプラットホームがそのままの形で保存されているのです
この路面電車を利用したのは雨の日に予備校に行くときだけ
だからほんの数回乗っただけなんで
さほど思い出もありませんが
今もアベノでは阪堺線の駅が残っています

この公園を見るとにぎやかだった平野商店街を思い出します
むかしむかしのお話しです

|

« 変速機 | トップページ | 中華ダレで食べる揚げナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変速機 | トップページ | 中華ダレで食べる揚げナス »