« 初期化 | トップページ | 入れ替え »

2017/10/18

人生を変えるボイストレーニング

51dypely07l_2
人生を変えるボイストレーニング Maya

ボーカリストの門馬綾子さんがMaya名義で出された電子書籍です
長年ボイストレーニングも指導されている豊富な経験が
この一冊に詰まっています

プロの発声はここまできめの細かいものかと驚かされました
声を出すということは意外に全身を使うものです
そのあたりのきめの細かい技術論が満載

それにしてもタイトルで「人生を変える」とは
これまた大きく出たもんだと思いました

前半は具体的な方法論ですが
特に後半からは彼女の自叙伝みたいになっていました
最初読んだときまとまりがつかなくなるのではと懸念しましたが
実はこの部分が「人生を変える」というタイトルにつながります

私ごとで恐縮ですがいつも仕事中にクライアントの声をチェックします
誰でも同じですがどこかに痛みや苦しみがあれば
その声は小さく力のないものになります
それが施術が終わって声が大きくなったり
元気な弾むような声になったら
「もうすぐ治るな」と確信します

嬉しいときは嬉しい声
悲しいときは悲しい声
怒っているときは怒っているときの声
そんなに難しい話ではありません

元気で明るい人の周りには人が集まります
そういう人はだいたい声がしっかり出ていてパワーを感じます

暗い陰気な人のところに行こうという人は
そんなに多くはありません

その要素として声って意外に大きなウェートを占めます
元気でしっかり声を出す人は幸せそうな空気を作ります
そして本人だけではなく周りの人をも幸せにします

それを長年続ければそれはそれで一つの既成事実となり
幸せを呼ぶ力は次第に大きくなります

ここに書かれた彼女の生きざまは
そういうことが言おうとしているのです
だから声を変えるということは積もり積もれば
人生を変えてしまう可能性を秘めているということ

そこらへんがちょっと発声のHow toものとは違うところ
元気いっぱいでいつも周りに人が集まり
彼女も幸せで、周りの人も幸せ
そんな生き方が書かれています
二回目を読み終えてようやくそのことに気づきました

お読みになられてしっかり声を出してみると
それだけでも気持ちのいいものです
そんなちょっとした幸福感を積み上げていくことで人生が変わる
まんざら大げさでもないように思うのです


実は表紙や本文中の挿絵は
Heart&SoulのRocoちゃんが担当しています
スマイルアゲインで福島に行ったとき
お遊びで描いた絵が玄人はだし

そこからとんとん拍子で話が進み実現したわけです
それが8月19日のことですから今から2か月前のお話

本文中も違和感なく文章をしっかりサポートしたたので
誰がどんな才能を秘めているかわからないものだと驚きました

|

« 初期化 | トップページ | 入れ替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初期化 | トップページ | 入れ替え »