« Third World Child | トップページ | 窓を開けても »

2017/05/29

「資格と仕事」の課題と可能性

Sq191
月刊スポーツメディスン191

今月の特集は「『資格と仕事』の課題と可能性」
まあ、無資格の私がいうのもアレですが
理学療法士・柔道整復師・鍼灸師など医療系の国家資格はいくつかあります
また民間の資格ではありますがアスレチックトレーナーという資格もあります

私の周りにもこのような資格を生かしてスポーツの世界で活躍される方も何人かおいでです
私のところにもスポーツ選手は来られますが
わざわざ間口を狭くするのもコワイので何でもアリで仕事をしています

もちろんスポーツ選手に対象を絞るには
高い専門性を必要としますので
お持ちの資格に頼るだけでは生き残ることはまず不可能
「資格を活かして」というのはその上にさらなる上乗せが必要であると感じました

4つの特集記事が掲載されていますが
それぞれの方々がオンリーワンとしての仕事をクリエイトされているのがわかります
つまりは誰でもできるレベルの仕事内容では淘汰されるんでしょうね

なんでもホイホイ首を突っ込む私とは対極の仕事ぶりです
いろいろ考えさせられることもありました

|

« Third World Child | トップページ | 窓を開けても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Third World Child | トップページ | 窓を開けても »